Agentspace 環境の
Real-Time Java 上への移植
SMAF Workshop
髙汐 一紀
電気通信大学 情報工学科
はじめに

Takuro-san ごめんなさい..
– RT-Java 上への porting は鋭意進行中..

ちょっとだけ言い訳
– JSSST’98 の大会アレンジメントは大変..
現状
Kaffe-1.0b1 and Kaffe-snap 上でトライ
 AgentMonitor agent までは起動
 他の agent を起動できない

– AWT まわり?
– Thread まわり?

というわけで..
移動エージェントベースの
分散実時間システム記述
高汐 一紀
電気通信大学 情報工学科
Timed Mobile Agent
時間依存エージェント
 要求事項
 EIP モデル
 プロトタイプの実装
 実験

移動エージェント
ソフトウェアモジュールの自律性
 非同期実行
 並列実行
 非接続時の待機機構
 システム構成の柔軟性

分散システムの記述に
有効なフレームワーク
なぜ,移動エージェントベースの
分散実時間処理?

移動エージェントにして唯一有効な適用ド
メイン?
– 自律巡回型センシングシステム
– ネットワーク移動型生産管理システム
Device
Monitor
User
Interface
Client
Monitor
Agent
Network
FA Computer
時間依存移動エージェント
タイムスケジュールに基づくホスト間移動
 各種デバイスとの実時間的協調動作

Schedule:
1. xxx..
2. yyy..
Network
Monitor
Agent
Place A
Place C
Place B
Browsing
Application
Plant Control System
Timed Mobile Agent
時間依存エージェント
 要求事項
 EIP モデル
 プロトタイプの実装
 実験

環境情報に基づく QOS 制御

移動先ホストの計算機性能
– CPU 性能,デバイス性能
– ハードウェア vs. ソフトウェア

セルフスタビライズ
– 移動エージェント向き?
– QOS 制御機構とスケジューラの連携なし
資源管理と QOS 制御の統合
資源の予約機能 (reservation)
 利用可能資源への適応機能 (adaptation)
 資源の割り振り調整機能

 環境への適応と資源量の見積もり機能
 環境情報の提供機能
環境情報 2種

計算機構成に関する属性値
– 属性名から一意に決まる
 計算機性能に関する属性値
(中粒度)
Frame / sec
– 特定の条件ごとの離散的なデータ
– 性能情報の導出関数
– 導出方法の補正関数
Frame size
Timed Mobile Agent
時間依存エージェント
 要求事項
 EIP モデル
 プロトタイプの実装
 実験

EIP モデル全体像
移動エージェント
 環境情報プロバイダ

– 計算機構成
– 計算機性能

QOS マネージャ
Agent
Agent
Agent
Agent Context
Agent Context
Agent Context
A
Agent Platform
C
Real-Time Java VM
A.
B.
C.
D.
E.
query
attribute registration
report
resource ticket
resource reservation
QoS Manager
Thread List
Environmental Info.
Provider
Database
B
Mediator
D
E
Real-Time Mach
属性の定義
環境サーバモデル [中島97] の拡張
 インタフェース PerfIF
VideoCard

– 性能情報の導出関数
– 導出方法の補正関数
Device
Object
Network
PCCard
PCCardController
Disk
APM
Location
Performance
Interface PerfIF
getPerfData(attName, attHint, ..)
revisePerfData(attName, attHint, ..)
PDevice
BenchMark
PVideoCard
PNetwork
PDisk
属性の操作

問合せ条件
– @[ 属性名 ] 条件式

例:
– PGet(FPS@/Performance/PDevice/PVideoC
ard, @[Size] == 320x240, ..)
– PReport(FPS@/Performance/PDevice/PVide
oCard, @[Size] == 320x240, 20fps, ..)
Timed Mobile Agent
時間依存エージェント
 要求事項
 EIP モデル
 プロトタイプの実装
 実験

プロトタイプ

RT-Mach
– QOS マネージャ
– Q-Thread ライブラリ
– CPU reserve

Agentspace
Agent
Agent
Agent
Agent Context
Agent Context
Agent Context
A
Agent Platform
C
Real-Time Java VM
QoS Manager
Thread List
Environmental Info.
Provider
Database
B
Mediator
D
E
Real-Time Mach
Timed Mobile Agent
時間依存エージェント
 要求事項
 EIP モデル
 プロトタイプの実装
 実験

時間制約を持つアニメーション表示
時間制約: 1シーンの再生時間
 性能情報: イメージ面積と表示時間

おわりに

環境情報としての性能情報
– 演算プリミティブ性能
– グラフィック/イメージ描画性能

プリミティブな性能情報とは?
– 粗粒度:
– 細粒度:

Dhrystone, Whetstone,
Rhealstone, Hartstone, 他
bytecode レベル
積み上げ可能 or not
おわりに
条件式の記述能力の検討
 RT-Mach/Real-Time Java 上での実装

– Agentruntime の変更


Non-rt-agent は non-rt-thread
Rt-agent は rt-thread に割り当て
– RT-Agent クラス


rt-thread ベース
信頼性の問題
ダウンロード

時間に依存した移動エージェントのための 動的資源予約機構