移動体におけるネットワーク構築
~航空機を例に~
慶應義塾大学 政策・メディア研究科
太田宏佑(80331363)
岡村春香(80233234)
徳原徹 (80131975)
1.はじめに
ネットワークの設計というものは、固定された
構造物に限ったものではない
 移動する構造物においても、ネットワークの
要求はあるはず
 移動する構造物として、乗り物についてネッ
トワークの設計を試みる

2.場所
乗り物の例として、航空機を設定
 空からの授業中継が目標
 日本航空 ボーイング777型機
ボーイング社の最新鋭の機材
定員は350人程度

3.現地からのネットワーク

コネクションバイボーイング(CBB)の技術
下り 5Mbps
上り 1Mbps
機内で有線LAN・無線LANによる接続可能
日航は2004年12月から一般サービス開始
(サービス料は1フライト20~30ドル)
4.ネットワークの設計
機内から地上の日航のサーバを経由して、
大学のサーバに動画を送信
 大学のサーバが一般に動画配信する
 機内からは1Mbpsでデータが地上に行く
 地上では公衆インターネット網を利用
 大学のネットワークは50Mbps程度を想定
 機内のネットワークは有線LANで構成
 機器は中継のたびに航空機に積むとする

5.アプリケーションの想定
WMV(Windows Media Video)を利用
地対空の通信で安定性に欠けることが予想
されるため、低レートの圧縮が強いWMVを
利用する
 ユーザはWindows Media Playerを利用
して動画を見る
 動画のレートは256kbpsとし、200人程度
まで閲覧が可能

6.設計図
1.動画送信
50Mbps
地上日航サーバ
大学サーバ
公衆インターネット網
1Mbps
航空機
100Mbps SOIスタッフ
ルータ
ビデオ端末
2.動画再配信
256kbps
ユーザクライアント
7.予算
航空機ネットワークの貸切に係る費用
およそ1回30万円(サービス100人分として)
 ネットワーク機器および端末に係る費用

ルータ2万円(NTT-MEMN8300)
デジタルビデオカメラ15万円(ソニーDCRPC300K)
地上と機内の端末2台40万円(富士通
FMVC70GV)
LANケーブル50m分1万円(エレコムLD-CTFS)

航空運賃
8.おわりに
「SOI初!空からの授業中継」を実現させる
ネットワークを設計した
 移動体からの通信は、特に上り回線の速度
が低く、動画のやり取りは難しかった
 今後、携帯電話などの無線通信の発達で、
様々な移動体からの動画配信が可能となり
そう

ダウンロード

移動体におけるネットワーク構築 ~航空機を例に~