5.チューリングマシンと計算
1
5-1.チューリングマシンとその計算
これまでのモデルでは、
テープに直接書き込むことができなかった。
また、入力テープヘッドの操作は右方向だけしか
移動できなかった。
これらの制限を取り除いた機械を考える。
このような機械をチューリングマシン(Turing Machine,TM)
と呼ぶ。(実は、TMは、現実のコンピュータの能力を持つ。)
TMの特徴(DFAとの比較)
無限長テープを持つ。
書き込み可能ヘッドを持つ。
ヘッドは左右に移動可能。
2
TMの概略
無限長テープ
B B B
0 1
読み書きヘッド
有限
制御部
TMを定める要素
テープ
入力記号
テープ記号
空白記号
有限制御部
内部状態
初期状態
状態変化
受理かどうかの判断
3
TMの数学的定義
TMは、T  (Q, , ,  , q0 , B, F ) の7項組で与えられる。
ここで、
1. Q は有限集合で、状態を表す。
2.  は有限集合で、入力アルファベットを表す。
3.  は有限集合で、テープアルファベットを表す。
4.  は Q   から Q  {L, R} への写像
(  : Q   Q {L, R} )で、
状態遷移を表す。 を状態遷移関数という。
5. q0  Q は、初期状態を表す。
6. B   は空白記号を表す。
5. F  Q は受理状態の集合を表す。
ここで、   , B   である。
4
TMの図式表現(状態遷移図)
TMは、状態遷移図で表現できる。
セルへの書き込み
 (q, s)  (q ', s ', R) のとき、 ヘッド位置のテープ記号を
書き換える。
読み込み記号
ヘッドの移動方向
q
s  s ', R
q'
右方向に移動
状態の変化
5
TMの様相
TMでは、複数の対象が同時に変更される。
すなわち、一回の遷移で、
○状態
○テープ内容、
○ヘッド位置
の3つが同時に変化する。
これらの3つによってTMの様相が定義される。
また、下のようなTMの様相は、
a1a2 L am qibb
1 2 L bn
と記述できる。
a 1 a 2 L a m b1 b2 L bn B
qi
6
TMの状態遷移図例
言語 L1 = {0n 1n | n ³ 1} を受理するTM T1 を示す。
0 ® 0, R
Y ® Y ,R
q1
0 ® X ,R
1 ® Y ,L
q0
X ® X ,R
Y ® Y ,R
q2
q3
B ® B, R
q4
Y ® Y ,R
0 ® 0, L
Y ® Y ,L
7
TMの形式的定義例
T 1 = (Q, S , G, d, q0, B , F )
Q = {q0, q1, q2, q3, q4 }
S = {0,1}
G = {0,1, X ,Y , B }
F = {q4 }
d
0
1
q0 (q1, X , R )
q1
(q1, 0, R )
q2
(q2 , 0, L )
q3
q4
X
Y
B
(q3, X , R )
(q2,Y , L )
(q1,Y , R )
(q0, X , R ) (q2,Y , L )
(q3,Y , R ) (q4 , B , R )
8
TMの計算例
ここでは、TM T1 が0011を受理する計算を示す。
なお、TMの計算は、TMの様相の列として表される。
q0 0011 Þ X q1 011 Þ X 0q111 Þ X q2 0Y 1
Þ q2X 0Y 1 Þ X q0 0Y 1 Þ X X qY
1 1Þ X X Y q1 1
Þ X X q2Y Y Þ X q2X Y Y Þ X X q0Y Y Þ X X Y q Y
3
Þ X X Y Y q3 Þ X X Y Y Bq4
9
TMの例2
言語 L2 = {0を 2 のべき 乗個並べた文字列}
2n
={0 | n ³ 0}
を受理するTM T2 を示す。
X ® X ,R
X ® X ,R
X ® X ,R
0 ® X ,R
q1
0 ® B, R
q0
B ® B, R
B ® B, R
q5
0 ® X ,R
q2
B ® B, L
q3
0 ® 0, R
q4
X ® X ,L
0 ® 0, L
10
TMの計算例2
ここでは、TM T2 が0000を受理する計算を示す。
q0 0000 Þ Bq1 000 Þ BX q2 00 Þ BX 0q3 0
Þ BX 0X q2B Þ BX 0q4X B Þ BX q4 0X B
Þ Bq4X 0X B Þ q4BX 0X B Þ Bq1X 0X B
Þ BX q1 0X B Þ BX X q2X B Þ BX X X q2B
Þ BX X q4X B
Þ L
Þ Bq2X X X B Þ L
Þ BX X X Bq5
Þ q4BX X X B
Þ BX X X q2B
11
練習
言語 L = {a nbnc n | n ³ 0}
について考える。
L は文脈自由文法では生成できなかった。
よって、 L を認識するDFAおよびPDAは存在しない。
しかし、 L はTMでは認識可能である。
L を認識するTM を作成せよ。
12
5-2.多テープTM
チューリング機械の拡張として、多テープチューリング機械
を考えると便利なことが多い。
有限
制御部
無限長テープ
B B B
0 1
テープ1
1
1 0
B B B
テープ2
1
1 0
B B B
テープk
多テープチューリング機械の概略
13
多テープTMの状態遷移関数
多テープTMの形式的定義では、
状態遷移関数 d を次のように定めればよい。
d : Q ´ G ® Q ´ G ´ {L, R }
k
状態と k ヘッドの
読み取り値が決まると、
k
k
遷移後の状態と
k ヘッドの書き込み値
および移動方向が
定まる。
14
多テープTMとTMの等価性
1本のテープを用いて、多テープをシミュレートできればよい。
○アイディア
ヘッド位置を表す記号を導入する
テープ
a 1 a2
B B B
ak
ヘッド
a 1 a2
aµ
k
B B B
15
a 1 a2
テープ1
a1
テープ2
b1
テープ3
c1 c 2
aµ
i
a l # b1
テープ区切りを表す
特別な記号
ai
bj
al B B B
bm B
ck
bµj
B B
cn B B B
bm # c 1 c 2
cµ
k
cn #
B B
16
5-3.ランダムアクセスマシン(RAM)
より現実的な計算機モデルとしてRAMが考えられている。
間接アドレス
方式のアドレ
スを蓄えるレ
ジスタ
メモリアドレス
レジスタ(MAR)
R0
レ
ジ
ス
タ
R1
R 15
プログラム
(ROM)
1
2
メモリ
17
RAMとTMの等価性
多テープを用いてRAMをシミュレートすることができる。
(すなわち、1テープTMによってもシミュレートすることができる。)
ここでは、厳密な証明はおこなわない。
直感的に、シミュレートが可能であると認識できればよい。
○アイディア
機能ごとにテープを用意して模倣する。
メモリテープ # 0$ x 0 # 1$ x1 # 10$ x 2 # 11$ x 3 L
MAR
ワークテープ
R0
R 15
18
5-5.非決定性TM
状態の遷移を非決定的にできるTMを
非決定性チューリングマシン
(Non-deterministic Turing Machine,NTM)
という。(なお、これまでのTMは、
決定性チューリングマシン
(Deterministic Turing Machine,DTM)
といわれる。
q
同一様相から、
2つ以上の状態
遷移が可能なTM
s  s ', R
s  s '', L
q'
q ''
19
NTMの状態遷移関数
NTMの形式的定義では、
状態遷移関数 d を次のように定めればよい。
d : Q ´ G® P (Q ´ G´ {L, R })
状態とヘッドの
読み取り値が決まると、
いくつかの遷移の
可能性のなかで
都合の良いものに
遷移する。
d(q, s ) = {(q ', s ', R ),(q '', s '', L )}
20
NTMの計算の木
(様相の遷移の可能性)
DT M
NT M
の計算
の計算
:様相
21
DTMによるNTMのシミュレーション
NTMの計算の木を一本道で辿るような
DTMを設計すればよい。
計算の途中
では、
どのくらい
深さ優先探索
の深さ
か不明
×
幅優先探索
○
計算の途中
が長くても、
NTMが受
理でれば、
TMもできる。
22
非決定性TMとTMの等価性
すべてのNTM Nに対して、
それと等価なDTM Dが存在する。
テープ3
証明
Dは3つのテープを持つものとする。
B B B
0 1
D
X # 0 1
1 2 3 2 1
B
B B
入力テープ
シミュレーションテープ
B B B
アドレステープ
23
テープ1(入力テープ)は常に入力文字列を含み、
決して変更しない。
テープ2は、現在シミュレートしている非決定的計算上での、
Nのコピーを維持する。
テープ3は、現在シミュレートしている非決定的な計算木の
探索点の位置を保持する。
24
Nの遷移可能の選択数の最大値をbとする。
木のすべての節点に対して、 S b = {1, 2, L , b}
の文字列を割り当てる。
e
122
次のようなアルゴリズムにしたがって、
シミュレーションを行う。
25
1.テープ1にNへの入力 w をセットし、
テープ2、テープ3は空とする。
2.テープ2に、テープ1をコピーする。
3.テープ3のアドレスにしたがって、Nの一つの枝を
シミュレートする。
受理状態になれば、受理する。
テープ3のアドレスを使いきったり、遷移不可能に
なったら、ステージ4にいく。
4.テープ3の文字列を長さの順でかつ辞書式順に
並べ換える。
ステージ2に行って対応する計算を一つシミュレート
する。
このアルゴリズムによって、DはNをシミュレートすること
26
がわかる。
QED
5-5.チャーチ・チューリングのテーゼ
(計算の定義)
このように、DTMはいろいろなモデルと等価であることが
示された。
このような状況証拠から、
「機械的な計算(アルゴリズム)とは、
チューリング機械で計算できるものとしよう。」
という提唱がなされた。
これを、チャーチ・チューリングのテーゼ
(Church-Turing thesis)という。
つまり、アルゴリズムの定義とは、対応するチューリング機械
が存在することである。
27
ダウンロード

ppt