輻射優勢円盤のMHD数値実験
千葉大学宇宙物理学研究室 M2
松尾 圭
2003-7-31 Thu
概要
近年、系外銀河で明るいブラックホール候補天
体(ULX)が続々と発見され、輻射圧優勢なブラッ
クホール降着円盤への関心が高まっている。
輻射圧優勢円盤における磁気回転不安定性の
非線形時間発展を輻射の効果を含めた3次元磁
気流体数値実験によって求めた研究(Turner
2003)を紹介する。
今後の課題を示す。
2003-7-31 Thu
Optically Thick Disk
ガス圧優勢
輻射圧優勢
(Shakura Sunyaev 1973)
2003-7-31 Thu
BH 降着円盤の熱平衡曲線
ULXs
GRS1915+105
(Abramowicz et al
1988)
2003-7-31 Thu
Plasma と Photon の相互作用
Photon
吸収・散乱
Plasma
Frozen-in
磁場 B
: Height integrated pressure
2003-7-31 Thu
Limit Cycle の周期
Honma et al 1991, Watarai et al 2003
2003-7-31 Thu
Photon の拡散と MRI の成長
Photon diffusion length
MRI wave length
2003-7-31 Thu
Turner ら(2003)の計算
(基礎方程式)
2003-7-31 Thu
結果
No Radiation
z
y
x
2003-7-31 Thu
20 周後
Turner 論文の問題
z 方向の重力が入っ
ていない
鉛直方向の浮力の
効果が無視される
表面の効果が入って
いない
表面からフォトンが逃
げる影響が無視され
る
B
g
Arons 1992, Grammie 1998
2003-7-31 Thu
Turner 論文の問題
z 方向の重力が入っ
ていない
鉛直方向の浮力の
効果が無視される
B
表面の効果が入って
いない
表面からフォトンが逃
げる影響が無視され
る
2003-7-31 Thu
g
Turner 論文の問題
z 方向の重力が入っ
ていない
鉛直方向の浮力の
効果が無視される
表面の効果が入って
いない
表面からフォトンが逃
げる影響が無視され
る
2003-7-31 Thu
今後の発展
表面・重力の効果を含めたグローバルシミュレー
ション
への
の依存性を明らかにする
GRS1915+105 など明るいBHC の観測
をαモデルを仮定せずに説明する
2003-7-31 Thu
2003-7-31 Thu
結果2
2003-7-31 Thu
ダウンロード

PowerPoint ファイル: 401KB