障害者自立支援法による改革
~「地域で暮らす」を当たり前に~
厚生労働省社会・援護局
障害保健福祉部
障害保健福祉施策の直面する課題
支援費制度の施行(15年4月~)により新たにサービス
の利用者が増え、地域生活支援が前進
しかし
• 新たな利用者の急増に伴い、サービス費用も増大。今後も利用者の増加が見込ま
れる中、現状のままでは制度の維持が困難。
• 大きな地域格差(全国共通の利用のルールがない、地域におけるサービス提供体
制が異なる、市町村の財政力格差)
• 障害種別ごとに大きなサービス格差、制度的にも様々な不整合、精神障害者は支
援費制度にすら入っていない
• 働く意欲のある障害者が必ずしも働けていない
2
障害者が地域で普通に暮らせるための基盤が十分整備されていない
支援費制度施行後、
利用者数は急増
障害種別間の格差は大きく、
未実施市町村も多数
ホームヘルプサービス実施市町村数
ホームヘルプサービス支給決定者数の推移
(平成15年4月~平成16年10月)
単位:人
180,000
14年3月
160,000
140,000
身体障害者
ホームヘルプ
120,000
100,000
80,000
知的障害者
ホームヘルプ
60,000
40,000
2,283
1
5
年
4
月
6
月
8
月
身体障害者
1
0
月
1
2
月
知的障害者
2
月
1
6
年
4
月
5
月
7
月
9
月
1
0
月
精神障害者
ホームヘルプ
16年3月
2,328
2,447
(72%) (73%) (78%)
986
1,498
1,780
(30%) (47%) (56%)
20,000
0
15年4月
1,231
ー
1,671
(39%) (53%)
児童
対象者は1年半で1.
6倍に
精神障害者は
支援費制度の対象外
3
平成18年度予算(案)の概要(障害保健福祉部)
7,525億円 → 8,131億円(+606億円 +8.1%)
+604億円(+9.1%)
【平成18年度予算(案)】
+10億円(+1.2%)
▲8億円(▲14.4%)
義 務 的 経 費
7,272億円
○介護給付・訓練等給付等
4,131億円
○公費負担医療(精神通院医療・育成医療・
更生医療)
862億円
○特別児童扶養手当
911億円
裁 量 的 経 費
812億円
○地域生活支援事業(6月分)
200億円
○障害者就労訓練設備等整備事業
20億円
○障害者保健福祉推進事業等
35億円
○社会福祉法人等減免事業
36億円
公共投資関係
47億円
○指定入院医療機関の整備
(医療観察法)
40億円
○国立更生援護所
7億円
【平成17年度予算】
義 務 的 経 費
6,668億円
裁 量 的 経 費
公共投資関係
802億円
55億円
4
障害のある人が普通に暮らせる地域づくり
(目指す方向)
・できるだけ身近なところにサービス拠点
・NPO、空き教室、小規模作業所、民間住宅など地域の社会資源を活かす
・施設入所者も選べる日中活動
・重度の障害者も地域で暮らせる基盤づくり
地域社会
地域生活
通 所
自宅・アパート
就 労
訪問介護等
一般企業等
グループホーム
通 所
たとえば空き教室等
を利用したNPO等が
通 所 運営する小規模な通
所型の事業所
入所施設(通所機能つき)
5
「障害者自立支援法」のポイント
障害者施策を3障害一元化
現状
・ 3障害(身体、知的、精神)ばらばらの制度体
系(精神障害者は支援費制度の対象外)
・実施主体は都道府県、市町村に二分化
法律による改革
○3障害の制度格差を解消し、精神障害者を対象に
○市町村に実施主体を一元化し、都道府県はこれをバッ
クアップ
利用者本位のサービス体系に再編
現状
・ 障害種別ごとに複雑な施設・事業体系
・ 入所期間の長期化などにより、本来の施設目
的と利用者の実態とが乖離
○33種類に分かれた施設体系を6つの事業に再編。
あわせて、「地域生活支援」「就労支援」のための事業や
重度の障害者を対象としたサービスを創設
○規制緩和を進め既存の社会資源を活用
就労支援の抜本的強化
現状
・養護学校卒業者の55%は福祉施設に入所
・就労を理由とする施設退所者はわずか1%
○新たな就労支援事業を創設
○雇用施策との連携を強化
支給決定の透明化、明確化
現状
・全国共通の利用ルール(支援の必要度を判定
する客観的基準)がない
・支給決定のプロセスが不透明
○支援の必要度に関する客観的な尺度(障害程度区分)
を導入
○審査会の意見聴取など支給決定プロセスを透明化
安定的な財源の確保
障
害
者
が
地
域
で
暮
ら
せ
る
社
会
に
現状
・新規利用者は急増する見込み
・不確実な国の費用負担の仕組み
○国の費用負担の責任を強化(費用の1/2を負担)
○利用者も応分の費用を負担し、皆で支える仕組みに
6
自
立
と
共
生
の
社
会
を
実
現
障害程度区分について
支給決定手続きや基準の透明化、明確化
○ 障害者のニーズに即して、支援を効果的に実施するための仕組み(ケアマネジメント)を制度化。
○ 福祉サービスの個別給付については、支援の必要度に関する客観的な尺度(障害程度区分)を
開発。
○ サービスの長時間利用のケース等については、市町村は、住民に対する説明責任が果たせる
よう、審査会に意見を求めることができるようにする。
支援費制度の場合
アセスメント(市町村)
新制度の場合
アセスメント(市町村又は相談支援事業者)
障害程度区分の判定(審査会)
以下の事項を勘案
以下の事項を勘案
○障害の種類及び程度その他の心身の状況
○介護者の状況
○支援費(他のサービス)の受給の状況
○その他の厚生労働省令で定める事項
支給決定
○障害程度区分
○介護者の状況
○障害福祉サービスの利用に関する意向
○その他の厚生労働省令で定める事項
支給決定
審査会
必要に応じ
意見照会
※ 支給決定について不服がある場合は、市町村長に
対し、異議申立て
不服審査会(都道府県)
8
支給決定について
障害者の福祉サービスの必要性を総合的に判定するため、支給決定の各段階において、①障害者
の心身の状況(障害程度区分)、②社会活動や介護者、居住等の状況、③サービスの利用意向、④
訓練・就労に関する評価を把握し、支給決定を行う。
障害程度区分認定調査項目(106項目)
介護給付を希望する場合
一次判定(市町村)
医師
の意
見書
①障害者の心身
の状況
訓練等給付を
希望する場合
二次判定(審査会)
障害程度区分の認定
勘案事項調査項目
○ 地域生活
○ 就労
○ 日中活動 ○ 介護者
○ 居住 など
サービスの利用意向の聴取
暫定支給決定
訓練・就労評価項目
個別支援計画
②社会活動や介
護者、居住等の
状況
③サービスの利
用意向
④訓練・就労に
関する評価
審査会の意見聴取
支給決定
9
介護給付における障害程度区分の判定ロジック
【障害程度区分】
1 79項目の調査結果から一定時間以上の介護時間を要すると推計される状態
2 79項目の調査結果に加え、行動障害の頻度とIADLに係る支援の必要性に関する調査
結果も勘案して1に相当すると認められる状態
3 106項目の調査結果、特記事項及び医師意見書も勘案して1に相当すると認められる状
態
1次判定
2次判定
障害程度区分
79
項
目
要介護5
区分6
区分6
要介護4
区分5
区分5
要介護3
区分4
区分4
要介護2
区分3
区分3
要介護1
区分2
特記事項
区分2
要支援
区分1
+
区分1
行動障害
非該当
IADL
非該当
医師意見書
等
10
介護サービス以外の訪問型サービスに関するニーズへの
対応
家事等の訓練
見
守
生 活 訓 練 事 業
り
安 否 確 認
家 事 支 援
地域生活支援事業
(生活サポート事業(仮称))
レスパイト
同居者(子ど
も・老親)に障
害
ひとり親等の
子(孫)育て
障害児サービスや
介 護 保 険
母子家庭等支援事業
11
訓練等給付におけるスコアについて
○ 利用希望者は、できる限り本人の希望を尊重し、明らかにサービス内容に適合しない場合を
除き、暫定支給決定の対象とする。
○ 当該地域において、定員を超えて利用希望があった場合には、申請者の待機時間を考慮して、
暫定支給決定の優先度を判定する。ただし、自立訓練(機能訓練・生活訓練)事業の場合には、
待機期間に加えて、IADL・生活関連のスコアをあわせて勘案して判定する。
訓練等給付
・自立訓練
(機能・生活)
・就労移行支援
・就労継続支援
・共同生活援助
(グループホーム)
認
定
調
査
(
106
項
目
)
等
暫
定
支
給
決
定
訓
練
効
果
の
期
待
可
能
性
、
本
人
の
利
用
意
思
な
ど
の
確
認
中間 策 者 基 評
のの 定 が づ 価
処見 ( 個 き 指
遇込 成 別 、 標
計み 果 支 サ に
画、 目 援 ー よ
等当 標 計 ビ る
)該 、
画ス評
期訓案事価
間練を業に
期
支給決定
確
認
で
き
な
い
場
合
サービスの種
類の見直し、
別の事業者で
の再評価など
支給決定
他の給付(ケ
アホーム等)
12
への変更など
障害程度区分関係の今後のスケジュール
12月
1月
2月
3月
4月
~
国
都道府県
市町村
政省令の公布
試行事業実施市町村における
1次判定ソフトの検証作業
都道府県等に対する
マニュアル等の説明会
市町村審査会条例
ソフトの配布
認定調査員、市町村審査会
委員等に対する研修
障害程度
区分の順
次実施
(10月か
ら適用)
市町村審査会
委員選任
13
相談支援事業とサービス利用計画作成費について
新制度では、
(1)一人一人の利用者が、必要に応じて支援を受けられるよう、市町村の必須事業(地域生活支援事業)
として相談支援事業を位置付け、これを相談支援事業者に委託できるようにする。
(2)特に計画的な支援を必要とする者を対象として、サービス利用のあっせん・調整などを行うための給
付(サービス利用計画作成費)を制度化。
相
談
(
就
労
・
教
育
等
の
支
援
)
(
福
祉
サ
ー
ビ
ス
)
相談、情報
提供・助言
サービス利用者のうち、
特に計画的な自立支援
を必要とする者
支給決定プロセス ※
申
請
ア
セ
ス
メ
ン
ト
障
の害
認程
定度
区
分
支
給
決
定
サ
ー
ビ
ス
利
用
計
画
サ
ー
ビ
ス
利
用
サービス利用
計画作成費
(個別給付)
・サービス利用の
あっせん・調整
・モニタリング
相談支援事業者
申請支援
連絡調整
相談支援事業【市町村事業】
(相談支援事業者に委託可能)
14
※支給決定事務の一部(アセスメント等)について、市町村から相談支援事業者へ委託可能。
相談支援事業の見直し
○
相談支援事業が、市町村と都道府県に分散している状況を改め、障害種別にかかわらず、
市町村に一元化。
○ 都道府県の役割は、専門性の高い事業など、広域的対応を要するものに明確化。
○ 地域の実情に応じた多様なかたちを推進。
【現行】
市
町
村
身体障害
一般的な相談支援
(3障害に対応)
知的障害・障害児
都
道
府
県
【新制度】
精神障害
特定の支援
・障害者就業・生活支援センター
・発達障害者支援センター
等
専門・広域的な支援
・ 基盤整備
・ 高い専門性や広域的対応を要する
もの
・ 当面、市町村では十分確保できな
い場合があるもの
・ 障害児等の療育支援
15
地域における相談支援体制について
(市町村が相談支援事業者に委託して行う場合)
○ 地域において相談支援事業を適切に実施していくため、市町村は「地域自立支援協議会(仮称)」を設
置し、次のような機能を確保。実施に当たり、個別ケースの調整会議を開くなど、多様なかたちを想定。
・中立・公平性を確保する観点から、相談支援事業の運営評価等を実施
・具体的な困難事例への対応のあり方について指導・助言
・地域の関係機関によるネットワークを構築
利用者
・総合的な相談支援
・サービス利用につなげる支援(サービス利用計画作成費)
・支給決定事務の一部(アセスメント等)
・サービス利用につな
げる支援
(サービス利用計画
作成費)
委託
相談支援事業者(委託あり)
(中立・公平性を確保)
指定
行政機関
主催
相談支援事業者(委託なし)
当事者
サービス事業所
市
町
村
地域自立支援協議会(仮称)
(市町村又は圏域(複数市町村)単位)
企業・就労支援
保健・医療
子育て支援・学校
基盤整備
市町村業務への支援
都道府県
高齢者介護
専門・広域的観点
からの支援
都道府県自立支援協議会(仮称)
16
相談支援体制の整備について(イメージ)
○ 新制度において、相談支援事業を市町村に一元化することとしているが、直ちに、市町村では十分な体
制を確保できない場合も想定されることから、次のとおり、都道府県が積極的に支援を行う。
・ 相談支援に係る専門的職員を市町村に配置
・ アドバイザーの派遣を通じ、圏域ごとのネットワークづくり、困難ケースへの対応等を支援
【A圏域】
相談支援
事業者
学校
当事者
【B圏域】
サービス
事業所
地域自立支援協議会
必要に応じ、個別
ケース会議の開催な
ど
保健・医療
学校
企業、就労
関係機関
行政機関
相談支援
事業者
当事者
地域自立支援協議会
委託相談支援事業者
配置
配置
専門的職員
・精神保健福祉士
・就労支援のコーディネーター
・権利擁護の専門家
・発達支援の専門家 等
保健・医療
企業、就労
関係機関
行政機関
委託相談支援事業者
市町村(単独又は共同)
サービス
事業所
専門的職員
ネットワーク構築、
困難ケースへの助言等
調整 補助
市町村(単独又は共同)
調整
補助
アドバイザー
都道府県
17
都道府県自立支援協議会
相談支援事業者の指定等について
○ 都道府県知事は、申請により、事業所ごとに、相談支援事業者を指定。
○ 指定相談支援事業者は、サービス利用計画作成、サービス事業者との連絡調整等の支援を行う(個別給付
の対象)。
*市町村は、相談支援事業や支給決定のためのアセスメント等について、指定相談支援事業者に委託可能。
○ 指定相談支援事業者の指定は、6年ごとに更新しなければ、効力を失う。
1
○
○
○
2
視点
利用者の意向を踏まえ、自立した日常生活・社会生活を支援
公正・中立
地域の関係機関・社会資源の連携
概要
○ 人員の配置
・ 相談支援専門員(仮称)を配置
・ 市町村の委託を受ける場合については、常勤とするなど一定の要件
○ 相談支援専門員(仮称)
・ 一定の実務経験
・ 国又は都道府県による研修の受講
※ 研修資格の有効期間を定め、定期的な継続研修の受講を要件とする。
○ 運営の基準
・ 中立・公平性を確保するための仕組み ⇒ 地域自立支援協議会(仮称)における評価
18
サービス利用計画作成費について
○ 市町村は、福祉サービス利用者のうち、特に計画的プログラムに基づく支援を必要とする者を対象と
して、指定相談支援事業者から相談支援を受けたとき、サービス利用計画作成費を支給。
○ 法定の障害福祉サービスに限定せず、インフォーマルサービス、保健医療、教育、就労等を含め、生
活設計を支援。
1 対象者
特に計画的プログラムに基づく支援の必要性が高い者を重点的に支援する観点から、以下を対象とし、
国庫負担基準を設定。
○ 長期間の入所・入院から地域生活へ移行しようとする者
○ 家族や周囲からの支援が得られず、孤立しており、具体的な生活設計ができない者
○ その他、福祉サービスを利用しようとする者であって、自らその利用を調整することが困難であり、
計画的な支援を必要とする者
※ 施設入所者等、現に計画的プログラムに基づく包括的支援を受けている者は除く。
2 支給決定
○ 申請に基づき、支給期間を定め、市町村が決定。
3 給付の内容
○ 相談支援
・生活全般の相談
・情報提供
・サービス利用計画の作成
・サービス事業者との連絡調整 ・モニタリング 等
○ 業務が適切に行われない場合に報酬を減算する仕組みを検討。
・サービス担当者会議の開催
19
新しい事業体系等について
20
(総合的な自立支援システムの構築)
市 町 村
介護給付
訓練等給付
・居宅介護
・重度訪問介護
・行動援護
・療養介護
・生活介護
・児童デイサービス
・短期入所
・重度障害者等包括支援
・共同生活介護
・施設入所支援
・自立訓練(機能・生活)
・就労移行支援
・就労継続支援
・共同生活援助
自立支援給付
自立支援医療
障害者・児
・(旧)更生医療
・(旧)育成医療
・(旧)精神通院公費
補装具
地域生活支援事業
・相談支援
・コミュニケーション支援、日常生活用具
【基 本 事 業】
・移動支援
・地域活動支援
・福祉ホーム
等
支援
・広域支援
・人材育成
都道府県
等
※自立支援医療のうち
旧育成医療と、旧精神
通院公費の実施主体
は都道府県等
21
利用者本位のサービス体系へ再編
○ 障害者の状態やニーズに応じた適切な支援が効率的に行われるよう、障害種別ごとに分立した
33種類の既存施設・事業体系を、6つの日中活動に再編。
・ 「地域生活支援」、「就労支援」といった新たな課題に対応するため、新しい事業を制度化。
・ 24時間を通じた施設での生活から、地域と交わる暮らしへ(日中活動の場と生活の場の分離。)。
・ 入所期間の長期化など、本来の施設機能と利用者の実態の乖離を解消。このため、1人1人の利用者に対し、
身
近なところで効果的・効率的にサービスを提供できる仕組みを構築。
<現
行>
<見直し後>
日中活動
重 症 心 身 障 害 児 施 設
(
年
齢
超
過
児
)
以下から一又は複数の事業を選択
進行性筋萎縮症療養等給付事業
【介護給付】
身 体 障 害 者 療 護 施 設
更 生 施 設 ( 身 体 ・ 知 的 )
授産施設(身体・知的・精神)
小規模通所授産施設(身体・知的・精神)
精 神 障 害 者 生 活 訓 練 施 設
精神障害者地域生活支援センター
( デ イ サ ー ビ ス 部 分 )
障 害 者 デ イ サ ー ビ ス
※ 概ね5年程度の経過措置期間内に移行。
新
体
系
へ
移
行
(
)
※
福祉工場(身体・知的・精神)
居住支援
① 療養介護
( 医療型 )
※ 医療施設で実施。
② 生活介護
施設への入所
又は
( 福祉型 )
【訓練等給付】
③ 自立訓練
( 機能訓練・生活訓練 )
④ 就労移行支援
居住支援サービス
(ケアホーム、グループホーム、
福祉ホーム)
⑤ 就労継続支援
( 雇用型、非雇用型 )
【地域生活支援事業】
⑥ 地域活動支援センター
22
地域の限られた社会資源の活用
(運営基準の緩和)
• 制度を抜本的に見直し、一つの施設で異なる障害を持つ人にサービス提供できる
よう規制緩和(特定の障害種別を対象にサービス提供することも可能)
(施設基準の緩和)
• 障害福祉サービスの拠点として、空き教室や空き店舗、民家の活用ができるよう施
設基準を緩和
(運営主体の緩和)
• 通所サービスについて、社会福祉法人のみならずNPO法人等も参入可能になるよ
う運営主体の規制を緩和
(既存のサービスの活用)
• 施設、事業体系を再編し、現在、法定外の事業である小規模作業所のうち、良質な
サービスを提供するものについては、新たなサービス体系の下でサービス提供でき
るよう、都道府県の障害福祉計画に基づいて計画的に移行。
身近なところにサービス拠点
23
小規模な市町村でも障害者福祉に取組可能・地域活性化に貢献
福祉と雇用の連携による就労支援の強化
現 状
• 養護学校の卒業者の半数以上(55%)が福祉施設へ
• 就職を理由に福祉施設を退所したのは年間1%
• 福祉施設から一般就労への移行を進めるための事業「就労移行支援
事業」を創設
• 福祉と雇用がネットワークを構成して、障害者の適性に合った就職の
あっせん等を行う。
• このほか、雇用施策においても、精神障害者への雇用率適用を含め、
さらに障害者雇用を進める。(障害者雇用促進法改正により対応)
障害者がその適性に応じて、より力を発揮して働ける社会へ
24
雇用と福祉のネットワークによる就労支援
障害者雇用促進法改
正法に併せて創設
※ 地域障害者就労支援事業
障害者雇用促進法改正
ハローワークが福祉施設等と連携して、個々の障害者に
応じた支援計画を策定。計画に基づく就職・職場定着支援
職業評価
トライアル雇用
職業相談
ジョブコーチ
職場開拓等
委託訓練等
法による拡充
ジョブコーチ
職業紹介
定着支援
継続的な
一般企業での
就職
雇用を希望
雇用の
実現
する障害者
福祉施策
(就労移行支援事業等)
雇用施策
作業訓練
・基礎体力養成
・対人関係構築
・施設外授産
等
職場開拓等
<再チャレンジ>
失
業
・
離
職
定着支援
施設体系の見直しによる
一般就労への移行促進(
障害者自立支援法)
※ 障害者就業・生活支援センター事業
(就業・生活両面にわたる一体的な相談・助言等)
拡充
25
地域生活支援事業
地域の実情に応じて、柔軟に実施されることが好ましい各般の事業について、
地域生活支援事業として法定化
(市町村の地域生活支援事業)
• 市町村が取り組むべき事業として以下の事業を法定化
・相談支援、コミュニケーション支援(手話通訳等)、日常生活用具の給付等、
移動支援、地域活動支援
• 都道府県は、地域の実情を勘案して、市町村に代わって上記の地域生活支
援事業を行うことができる。
(都道府県の地域生活支援事業)
• 都道府県は、特に専門性の高い相談支援事業等の広域的な事業を行うほか、
サービスの質の向上のための養成研修等を行うことができる。
○ 市町村及び都道府県は、障害福祉計画において、地域生活支援事業の提
供体制の確保に関し必要な事項を定める。
○ 国は、予算の範囲内において、市町村及び都道府県の実施する地域生活
支援事業の実施に要する必要の2分の1以内を補助する。(都道府県は市町
26
村に4分の1以内を補助する。)
新しい事業の利用者像
【介護給付】
利用者像
○ 常時介護が必要な障害者であって、次のいずれかに該当する
者
生活介護
① 障害程度区分が、区分3(要介護2程度)(施設入所は区分
4(要介護3程度))以上
② 年齢が50歳以上の場合は、障害程度区分が、区分2(要介
護1程度)(施設入所は区分3(要介護2程度))以上
現行制度における主な対象者
《通所》
・知的障害者通所更生施設全体の
約6割
《入所》
・身体障害者療護施設全体の約9割
・知的障害者入所更生施設全体の
約6割
等
○ 医療及び常時の介護を必要とする障害者のうち、長期の入院
による医療的ケアを要する者で、次のいずれかに該当する者
療養介護
① 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者等気管切開を伴う人工呼
吸器による呼吸管理を行っている者であって、障害程度区分
が、区分6(要介護5程度)
・重症心身障害児施設
・国立病院委託病床
② 筋ジストロフィー患者、重症心身障害者であって、障害程度
区分が、区分5(要介護4程度)以上
※ 現行の支援費施設利用者については、経過措置として、平成23年度末までの間、継続して利用が可能。
27
【訓練等給付】
利用者像
現行制度における主な対象者
機能訓練
① 入所施設・病院を退所・退院した者であって、地域生活への移行等を図る上で、身
体的リハビリテーションの継続や身体機能の維持・回復などの支援が必要な者
② 盲・ろう・養護学校を卒業した者であって、地域生活を営む上で、身体機能の維持・
回復などの支援が必要な者 等
・身体障害者更生施設 等
生活訓練
① 入所施設・病院を退所・退院した者であって、地域生活への移行を図る上で、生活
能力の維持・向上などの支援が必要な者
② 養護学校を卒業した者、継続した通院により症状が安定している者等であって、地
域生活を営む上で、生活能力の維持・向上などの支援が必要な者 等
・知的障害者入所・通所更生施設
・精神障害者生活訓練施設 等
○ 次に掲げる者であって、一定期間にわたる計画的なプログラムに基づき、就労に必
要な知識及び能力の向上、企業等とのマッチング等を図ることにより、企業等への雇
用又は在宅就労等が見込まれる者(65歳未満の者に限る)
① 企業等への就労を希望する者
② 技術を習得し、在宅で就労・起業を希望する者
・入所・通所授産施設 等
○ 次に掲げる者であって、就労の機会を通じ、就労に必要な知識及び能力の向上を
図ることにより、当該事業所において雇用契約に基づく就労が可能と見込まれる者
(利用開始時65歳未満の者に限る)
① 就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった者
② 盲・ろう・養護学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつか
なかった者
③ 企業等を離職した者等就労経験のある者で、現に雇用関係の状態にない者
・福祉工場 等
○ 次に掲げる者であって、就労等の機会を通じ、就労に必要な知識及び能力の向上・
維持が期待される者
① 企業等や就労継続支援事業(雇用型)での就労経験がある者であって、年齢や
体力の面で雇用されることが困難となった者
② 就労移行支援事業を利用したが、企業等又は就労継続事業(雇用型)の雇用に
結びつかなかった者
③ ①、②に該当しない者であって、50歳に達している者、又は試行の結果、企業
等の雇用、就労移行支援事業や就労継続支援事業(雇用型)の利用が困難と判
断された者
・入所・通所授産施設 等
自
立
訓
練
就労移行支援
雇用型
就
労
継
続
支
援
非雇用型
28
※ 現行の支援費施設利用者については、経過措置として、平成23年度末までの間、継続して利用が可能。
【グループホーム・ケアホーム】
利用者像
グループ
ホーム
現行制度における主な対象者
○ 就労し又は就労継続支援等の日中活動を利用している知的障
害者・精神障害者であって、地域において自立した日常生活を営
む上で、相談等の日常生活上の援助が必要な者
・知的障害者・精神障害者グループホーム
ケアホーム
○ 生活介護や就労継続支援等の日中活動を利用している次に
掲げる知的障害者・精神障害者であって、地域において自立した
日常生活を営む上で、食事や入浴等の介護や日常生活上の支援
を必要とする者
・ 障害程度区分が、区分2(要介護1程度)以上である者
※ 身体障害者については、重症心身障害者など、単身で地域生活を営むことが困難な極めて重度の者によるケア
ホームの利用を試行的に認め、効果を検証しながら検討。
29
経過措置の取扱い
1.事業者に関する経過措置
平成18年10月1日時点で、現に運営している支援費対象施設及び一部の精神障害者社会復帰施設について、平成23年度末ま
での間は、経過措置として、従前の形態による運営が可能。
2.利用者に関する経過措置
平成18年9月末時点で、支援費対象施設に入所・通所している者については、事業者が新しい事業へ転換しても、経過措置とし
て、引き続き平成23年度末までの間は継続的に入所・通所が可能。
【対象施設】
(
入
所
)
(
通
所
)
○ 身体障害者更生施設、身体障害者療護施設、身体障害者入所授産施設、
○ 知的障害者入所更生施設、知的障害者入所授産施設、知的障害者通勤寮
○ 身体障害者通所授産施設
○ 知的障害者通所授産施設、知的障害者通所更生施設
○ 各入所施設の通所部
【対象者】
○次のいずれにも該当する者
(1) 平成18年9月末時点で、支援費の支給決定を受けて、施設に入所・通所している
(2) 平成18年10月1日以降も、同一施設に継続的に入所・通所している
【支給決定の取扱い】
○ 事業者が新体系へ移行した場合、経過措置対象者であっても、改めて新制度における支給決定を行うことが必要。その上で、障害程度区分等の
要件に該当しない場合であっても、平成23年度末までは引き続き利用が可能。
新しい事業の人員配置
サービス管理責任者
・ 事業者ごとに、1名以上を配置。
・ 障害福祉施設等において個別支援計画の作成に関する経験があるな
ど、一定の実務経験を有し、かつ、一定の研修を修了した者であること
が要件。
施
設
管
理
責
任
者
※ 研修の修了については、経過的な取扱いを検討。
サービス提供職員
・ 事業ごとに、標準的なサービスを提供するために必要な人員基準を設
定。
・ 生活介護及び療養介護については、事業者ごとに、利用者の平均的な
障害程度に応じた最低基準を設定するとともに、事業者の判断により、こ
れより高い水準の人員配置をとることを可能とし、報酬上も一定の評価。
31
各事業の概要
① 生活介護事業
【利用者像】
○ 地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な者
○ 常時介護が必要な障害者であって、次のいずれかに該当する者
① 障害程度区分が区分3(要介護2程度)(施設へ入所する場合は区分4(要介護3程度))以上である者
② 年齢が50歳以上の場合は、障害程度区分が区分2(要介護1程度)(施設へ入所する場合は、区分3(要介護2程度))以上である者
(具体的な利用者のイメージ)
・ 身体機能の状態から、在宅生活を維持することが困難であり、施設に入所して介護を受けながら安定した生活をしたい
・ 病院は退院したが、介護等の支援が必要なため、直接地域生活へ移行することには、不安がある
・ 訓練施設を利用していたが、障害の状態が悪化し、介護が必要な状態になった
【サービス内容】
○ 食事や入浴、排せつ等の介護や日常生活上の支援を提供。
○ 併せて、軽作業等の生産活動や創作的活動の機会も提供。
○ これらを通じて、身体能力、日常生活能力の維持・向上を目指す。
(職員配置)
サービス管理責任者
(○:1(入所施設の場合は
○:1)で配置)
看護職員
生活支援員
(利用者の平均障害程度に
応じて、○:1~○:1で配置)
(サービス内容)
・個別支援計画の作成
・サービス内容の評価
・介護や訓練内容等の指示
・入所の場合、外部の日中活動分を含めた利用者負担上限額の管理 等
・機能回復訓練等の実施
・経管栄養や褥瘡等への対応
・健康管理
・服薬管理 等
・食事や入浴、排せつ等の介護
・軽作業等の生産活動の実施
・日常生活上の相談支援
・社会活動の支援 等
32
※1 居住の場として、夜間の介護等を行う「施設入所支援」を実施。
※2 利用期間の制限なし(利用者の状態に応じて地域移行を支援)。
② 療養介護事業
【利用者像】
○ 病院等への長期の入院による医療的ケアに加え、常時の介護を必要とする障害者
○ 医療及び常時の介護を必要とする障害者のうち、長期の入院による医療的ケアを要する者で、次のいずれかに該当する者
① 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者等気管切開を伴う人工呼吸器による呼吸管理を行っている者であって、障害程度区分が区分
6(要介護5程度)以上
② 筋ジストロフィー患者又は重症心身障害者であって、障害程度区分が区分5(要介護4程度)以上
(具体的な利用者のイメージ)
・ 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者等気管切開を伴う人工呼吸器による呼吸管理を行っている
・ 入院医療に加え、常時の介護が必要な筋ジストロフィー症患者
・ 入院医療に加え、常時の介護が必要な重症心身障害者
【サービス内容】
○ 病院等への入院による医学的管理の下、食事や入浴等の介護を提供。
○ 併せて日常生活上の相談支援やレクレーション活動等の社会参加活動支援を実施。また、声かけ、聞き取り等のコミュニケー
ション支援
○ これらを通じて、身体能力、日常生活能力の維持・向上を目指す。
(職員配置)
サービス管理責任者
(○:1で配置)
生活支援員
(利用者の平均障害程度に
応じて、○:1~○:1で配置)
医療保険
障害者施設等入院基本料等
※1 食費については、医療保険より給付。
※2 利用期間の制限なし(利用者の状態に応じて地域移行を支援)。
(サービス内容)
・個別支援計画の作成
・サービス内容の評価
・介護や訓練内容等の指示 等
・食事や入浴、排せつ等の介護
・日常生活上の相談支援
・社会活動の支援 等
・疾病の治療
・健康管理
・服薬管理 等
33
③ 自立訓練(機能訓練)事業
【利用者像】
○ 地域生活を営む上で、身体機能・生活能力の維持・向上等のため、一定の支援が必要な身体障害者
① 入所施設・病院を退所・退院した者であって、地域生活への移行等を図る上で、身体的リハビリテーションの継続や身体機能の維持・回復など
の支援が必要な者
② 盲・ろう・養護学校を卒業した者であって、地域生活を営む上で、身体機能の維持・回復などの支援が必要な者 等
(具体的な利用者のイメージ)
・ 病院で一通りのリハビリテーションは行ったが、地域において実生活を送る上では、家事等にまだ不安がある
・ 施設を退所し、地域生活へ移行するため、日常生活上の実践的なトレーニングを受けたい
・ 養護学校を卒業し、就労したいと考えているが、障害の状態から作業がこなせるかどうか不安
【サービス内容】
○ 理学療法や作業療法等の身体的リハビリテーションや歩行訓練やコミュニケーション、家事等の訓練を実施。
○ 併せて、日常生活上の相談支援や就労移行支援事業所等の関係サービス機関との連絡調整等の支援を実施。
○ これらを通じて、地域生活への移行を目指す。
(職員配置)
通所前期
サービス管理責任者
(○:1で配置)
(想定される移行先)
(サービス内容)
→
通所後期
→
※ 段階的なプログラムを組んで実施
・個別支援計画の作成
・サービス内容の評価
・リハビリテーション内容等の指示 等
訪問期
(
状
態
が
改
善
)
日中活動
・ 一般就労
・ 就労移行支援
・ 就労継続支援
・ 地域活動支援センターなど
看護職員
生活支援員
(○:1で配置)
・褥瘡等への対応
・健康管理
・服薬管理 等
居住の場
・ 福祉ホーム
・リハビリテーションの実施
・日常生活上の相談支援
・他のサービス提供機関との調整 等
・ 自宅、単身生活
(アパート、公営住宅) など
34
※1 原則、通所や訪問によるサービスを組み合わせ、必要に応じ施設入所を付加。
※2 利用期間を限定(原則、1回限り、更新可)。
④ 自立訓練(生活訓練)事業
【利用者像】
○ 地域生活を営む上で、生活能力の維持・向上等のため、一定の支援が必要な知的障害者・精神障害者
① 入所施設・病院を退所・退院した者であって、地域生活への移行を図る上で、生活能力の維持・向上などの支援が必要な者
② 養護学校を卒業した者、継続した通院により症状が安定している者等であって、地域生活を営む上で、生活能力の維持・向上などの支援が必
要な者 等
(具体的な利用者のイメージ)
・ 施設を退所し、地域生活を送る上で、日常生活を営むための準備を行いたい
・ 長期間入院していたため、食事等の家事を行えない
・ 養護学校を卒業し、就労したいと考えているが、障害の状態から職場環境に適合できるかどうか不安
【サービス内容】
○ 食事や家事等日常生活能力を向上するための支援を実施。
○ 併せて、日常生活上の相談支援や就労移行支援事業所等のサービス機関との連絡調整等の支援を実施。
○ これらを通じて、地域生活への移行を目指す。
(想定される移行先)
(職員配置)
(サービス内容)
(
状
日中活動
態
準備期 → 移行+通所期 → 通所+訪問期 → 訪問期
・ 一般就労
が
改
・ 就労移行支援
※ 段階的なプログラムを組んで実施
サービス管理責任者
善
・ 就労継続支援
(○:1で配置)
)
・個別支援計画の作成
・サービス内容の評価
・リハビリテーション内容等の指示 等
・ 地域活動支援センターなど
居住の場
生活支援員
(○:1で配置)
・ グループホーム・ケアホーム
・リハビリテーションの実施
・日常生活上の相談支援
・他のサービス提供機関との調整 等
・ 福祉ホーム
・ 単身生活
(アパート、公営住宅) など
35
※1 原則、通所や訪問によるサービスを組み合わせ、必要に応じ短期滞在、施設入所を付加。
※2 利用期間を限定(原則、1回限り、更新可)。
⑤ 就労移行支援事業
【利用者像】
○ 一般就労等を希望し、一定期間にわたって知識・能力の向上や企業等とのマッチングを図ることにより、 就労等の見込まれる者
○ 次に掲げる者であって、一定期間にわたる計画的なプログラムに基づき、就労に必要な知識及び能力の向上、企業等とのマッチング等を図ることにより、企業等へ
の雇用又は在宅就労等が見込まれる者(65歳未満の者に限る)
① 企業等への就労を希望する者
② 技術を習得し、在宅で就労・起業を希望する者
(具体的な利用者のイメージ)
・ 養護学校を卒業したが、就労に必要な体力や準備が不足しているため、これらを身につけたい
・ 就労していたが、体力や職場の適性などの理由で離職した。再度、訓練を受けて、適性に合った職場で働きたい
・ 施設を退所し、就労したいが、必要な体力や職業能力等が不足しているため、これらを身につけたい
就労移行支援事業の利
用により、就労し、職場に
定着している者が多数い
る場合、その成果に着目
した報酬上の評価を検討。
【サービス内容】
○ 事業所内や企業において、作業や実習を実施。
○ 適性に合った職場探しや就労後の職場定着のための支援を実施。
○ これらを通じて、一般就労に必要な知識・能力を養い、適性に合った職場に就労・定着を図る。
(職員配置)
サービス管理責任者
(○:1で配置)
職業指導員
(サービス内容)
通所前期
→
通所中期
・ 生産活動の実施
・ 事業所内授産の指導 等
(○:1で配置)
・ 健康管理の指導
・ 相談支援 等
(○:1で配置)
通所後期 → 訪問期
※ 段階的なプログラムを組んで実施
・ 個別支援計画の作成
・ サービス内容の評価
・ 生産活動等の指導 等
生活支援員
就労支援員
→
・ 適性にあった職場探し
・ 企業内授産、職場実習の指導
・ 就職後の職場定着支援 等
※1 通所によるサービスを提供、必要に応じ施設入所を付加。
※2 利用期間を限定(原則1回限り、更新可)。
(
知
識
・
能
力
の
向
上
)
(想定される移行先)
日中活動
・ 一般就労
・ 就労継続支援 など
居住の場
・ 単身生活
(アパート・公営住宅)
・ 福祉ホーム
・ グループホームなど
36
⑥ 就労継続支援事業(雇用型)
【利用者像】
○ 就労移行支援事業等を利用したが一般企業の雇用に結びつかない者等であって、就労機会の提供を通じ、生産活動にかかる
知識及び能力の向上を図ることにより、雇用契約に基づく就労が可能な者
○ 次に掲げる者であって、就労の機会を通じ、就労に必要な知識及び能力の向上を図ることにより、当該事業所において雇用契約に基づく就労が可能
と見込まれる者(利用開始時、65歳未満の者に限る)
① 就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった者
② 盲・ろう・養護学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつかなかった者
③ 企業等を離職した者等就労経験のある者で、現に雇用関係の状態にない者
(具体的な利用者のイメージ)
・ 養護学校を卒業して就労を希望するが、一般就労するには必要な体力や職業能力が不足している
・ 一般就労していたが、体力や能力などの理由で離職した。再度、就労の機会を通して、能力等を高めたい
・ 施設を退所して就労を希望するが、一般就労するには必要な体力や職業能力が不足している
【サービス内容】
○ 事業所内において、雇用契約に基づいて就労の機会を提供。
○ これらを通じて、一般就労に必要な知識・能力が高まった者は、一般就労への移行に向けて支援。
(職員配置)
サービス管理責任者
(○:1で配置)
職業指導員
生活支援員
(○:1で配置)
(サービス内容)
・ 個別支援計画の作成
・ サービス内容の評価
・ 生産活動等の指導 等
・ 生産活動の実施
・ 職場規律の指導 等
(
知
識
・
能
力
の
向
上
)
(想定される移行先)
日中活動
・ 一般就労 など
・ 健康管理の指導
・ 相談支援 等
※1 通所により、雇用契約に基づく就労の機会を提供。
※2 利用期間の制限なし(利用者の状態に応じて、一般就労等への移行を支援) 。
37
⑦ 就労継続支援事業(非雇用型)
【利用者像】
○ 就労移行支援事業等を利用したが一般企業等の雇用に結びつかない者や、一定年齢に達している者などであって、就労の機会等
を通じ、生産活動にかかる知識及び能力の向上や維持が期待される者
○ 次に掲げる者であって、就労等の機会を通じ、就労に必要な知識及び能力の向上・維持が期待される者
① 企業等や就労継続支援事業(雇用型)での就労経験がある者であって、年齢や体力の面で雇用されることが困難となった者
② 就労移行支援事業を利用したが、企業等又は就労継続事業(雇用型)の雇用に結びつかなかった者
③ ①、②に該当しない者であって、50歳に達している者、又は試行の結果、企業等の雇用、就労移行支援事業や就労継続支援事業(雇用型)の
利用が困難と判断された者
(具体的な利用者のイメージ)
・ 就労移行支援事業を利用したが、必要な体力や職業能力の不足等により、就労に結びつかなかった
・ 一般就労していて、年齢や体力などの理由で離職したが、生産活動を続けたい
・ 施設を退所するが、50歳に達しており就労は困難
【サービス内容】
工賃の支払い目標水準
を設定し、報告、公表、報
酬への反映等の仕組み
を検討。
○ 事業所内において、就労の機会や 生産活動の機会を提供(雇用契約は結ばない)。
○ 工賃の支払い目標水準を設定し、額のアップを図る。
○ これらを通じて、知識・能力が高まった者について、就労への移行に向けて支援。
(職員配置)
サービス管理責任者
(○:1で配置)
職業指導員
生活支援員
(サービス内容)
・ 個別支援計画の作成
・ サービス内容の評価
・ 生産活動等の指導 等
・ 生産活動の実施
・ 職場規律の指導 等
(
知
識
・
能
力
の
向
上
)
(想定される移行先)
日中活動
・ 一般就労
・ 就労継続支援事業
(雇用型) など
・ 健康管理の指導
・ 相談支援 等
(○:1で配置)
※1 通所により、就労の機会や生産活動の機会を提供。
※2 利用期間の制限なし(利用者の状態に応じて、一般就労等への移行を支援)。
38
⑧ グループホーム(共同生活援助)・ケアホーム(共同生活介護)事業
【利用者像】
○ 日中、就労又は就労継続支援等のサービスを利用している知的障害者・精神障害者であって、地域生活を営む上で、一定の日常生活上の
支援を必要とする者
(グループホーム)
○ 就労し又は就労継続支援等の日中活動を利用している次に掲げる知的障害者・精神障害者であって、地域において自立した日常生活を営む上で、相談等の日
常生活上の援助が必要な者
(ケアホーム)
○ 生活介護や就労継続支援等の日中活動を利用している知的障害者・精神障害者であって、地域において自立した日常生活を営む上で、食事や入浴等の介護
や日常生活上の支援を必要とする者
・ 障害程度区分が区分2(要介護1程度)以上である者
(具体的な利用者のイメージ)
・ 単身での生活は不安があるため、一定の支援を受けながら、地域の中で暮らしたい
・ 一定の介護が必要であるが、施設ではなく、地域の中で暮らしたい
・ 施設を退所して、地域生活へ移行したいが、いきなりの単身生活には不安がある
【サービス内容】
○ グループホーム(共同生活援助)については、家事等の日常生活上の支援を提供。
○ ケアホーム(共同生活介護)については、食事や入浴、排せつ等の介護を併せて提供。
○ また、日常生活上の相談支援や日中活動の利用を支援するため、就労移行支援事業所等の関係機関との連絡調整を実施。
(職員配置)
生活支援員
(○:1で配置)
ケ
ア
ホ
ー
ム
グ
ル
ー
プ
ホ
ー
ム
世話人
(○:1で配置)
サービス管理責任者
(○:1で配置)
(サービス内容)
・食事や入浴、排せつ等の介護 等
善(
)状
態
が
改
・食事や掃除等の家事支援
・日常生活上の相談支援
・日中活動を含めた利用者負担上限額の管理 等
・個別支援計画の作成
・サービス内容の評価
・日中活動事業者との連絡調整 等
※1 利用期間の制限はなし(利用者の意向や状態に応じ、単身生活等への移行を支援)。
※2 介護サービスについては、ケアホーム事業者の負担により、ホームヘルプ事業者への委託による提供が可能。
(想定される移行先)
居住の場
・ 単身生活
(アパート、公営住宅)
・ 福祉ホーム など
39
グループホーム・ケアホームに係る指定、職員配置基準等の考え方(案)
① 事業者指定の考え方
○ 個々の住居ではなく、一定の範囲内に所在する住居の特定を行った上で、法人ごとにグループホーム・ケアホーム事業
者を指定する。
○ 最低定員(4人)については、事業者全体で満たせば良い。
② 職員配置基準の考え方
○ サービス管理責任者については、事業者ごとに配置。
○ 世話人及び生活支援員については、事業者及び近接した住居の利用者総数に応じて、一定の人員を配置。
○ 一住居当たりの利用者は2人以上とする。
事業者(利用者計○人)
【3人】
⇒ 全体で世話人を○人配置
【○人】
【○人】
【世話人】
【世話人】
一住居当た
りの利用者
が2人以上
でも可能
【○人】
【○人】
【世話人】
【○人】
【○人】
【2人】
【○人】
【○人】
【世話人】
【○人】
【世話人】
【世話人】
(注)○で囲んでいる部分は1人の世話人が従事
できる範囲
40
サービス管理責任者を1人以上配置( ○:1を標準)
ケアホームの人員配置と評価の仕組み
○ 世話人は、グループホームと同様、事業者及び近接した住居の利用者総数に対して配置し、報酬上評価。
○ 生活支援員は、個々の利用者の障害程度に応じて配置し、報酬上評価。
○ 事業者に対し、夜間における緊急時の対応を義務付け、さらに夜間支援体制に応じて報酬上評価。
【
用費
】
非該当
+
区分1
(要支援)
区分2
(要介護1)
区分3
(要介護2)
区分4
(要介護3)
区分5
(要介護4)
区分6
(要介護5)
区
分
ご
と
に
必
要
と
な
る
費
用
を
報
酬
上
評
価
。
夜間支援体制
生活支援員
障害程度区分
に応じて設定
世話人
サービス管理責任者
グループホーム
ケ
ア
ホ
ー
ム
41
入所施設及びグループホーム・ケアホーム事業者
による外部の日中活動の利用支援
施設入所者等が外部の日中活動の利用を希望する場合、入所施設等は外部事業者
との利用調整等の支援を実施することを義務付け。
⑥ 報酬の支払い
(日中活動部分
を除く。)
入所施設及び
グループホーム・ケアホーム
※ 外部事業者分も含め、利用者負担
上限額を一元的に管理。
⑤ 個別支援計画に基づくサービ
ス提供
① 外部サービスの利用希望
② 外部サービスの利用を含
めた個別支援計画の作成
市
町
村
利
用
者
※ 支援内容を個別支援計画へ反映
③ 利用調整
⑤ 個別支援計画に
基づくサービス提供
⑥ 日中活動に
係る報酬の支
払い
外部の日中活動事業者
④ 契約
○ 入所施設等は、利用調整と併せて、利用者負担上限額について、外部の日中活動事業者分も含めて一
元的に 管理する。
日中活動の最低定員
○ 良質なサービスが安定的かつ効率的に提供されるようにするため、原則、社会福祉法に定める最低定員20
人を適用。
○ 就労継続支援事業(雇用型)については、様々な形により、障害者の雇用の場が確保されるよう、最低定員を
10人とする。
○ 単一のサービスについて、過疎、離島地域等において、利用者数を確保することが困難な場合は、都道府県
の判断により、10人以上を可能とする。
種 類
5人
10人
15人
20人
生活介護
自立訓練
原 則
例外的な取扱い(※1)
就労移行支援
(非雇用型)
就労継続支援
(雇用型)
原 則
地域活動支援センター(※2)
例外的な取扱い
※1 過疎・離島地域等の事情により、単一のサービスでは利用人数を確保することが不可能と都道府県知事が判断した場合には、10人以上で良いこととする。
※2 地域活動支援センターについては、定員ではなく、実利用人員とする。
新事業への移行(主な例)
<身体障害>
必要な新体系サービス
利用者の主なニーズ
身
体
障
害
者
療
護
施
設
利
用
者
更身
生体
施障
設害
利者
用
者
日中
生活介護
夜間
施設入所
(介護サービスを受けたい)
日中
機能訓練
就労継続支援(非雇用型)
夜間
施設入所
福祉ホーム・一般住宅等
(福祉サービスを受けながら働きたい)
一般就労等
日中
(自立して社会に出たい)
機能訓練
就労継続支援(雇用型・非雇用型)
夜間
(入所の場合)
施設入所
福祉ホーム・一般住宅等
44
<身体障害>
必要な新体系サービス
利用者の主なニーズ
身
体
障
害
者
授
産
施
設
利
用
者
(
入
所
)
施身
設体
(
通障
所害
者
)
利授
用産
者
日中
生活介護
夜間
施設入所
(介護サービスを受けたい)
一般就労等
日中
就労移行支援
(自立して社会に出たい)
就労継続支援(雇用型・非雇用型)
夜間
日中
施設入所
福祉ホーム一般住宅等
就労継続支援(非雇用型)
(福祉サービスを受けながら働きたい)
夜間
(介護サービスを受けたい)
日中
(自立して社会に出たい)
日中
[施設入所]※
福祉ホーム・一般住宅等
生活介護
就労移行支援
一般就労等
就労継続支援(雇用型・非雇用型)
(福祉サービスを受けながら働きたい)
※既入所者についてのみ経過的に施設入所あり
日中
就労継続支援(非雇用型)
45
<知的障害>
必要な新体系サービス
利用者の主なニーズ
日中
生活介護
夜間
施設入所
(介護サービスを受けたい)
知
的
障
害
者
更
生
・
授
産
施
設
(
入
所
)
利
用
者
日中
生活訓練
就労継続支援(非雇用型)
夜間
施設入所
グループホーム・福祉ホーム等
一般就労等
日中
生活訓練
又は
就労移行支援
(生活面で自立したい)
(自立して働きながら生活したい)
夜間
施設入所
就労継続支援(非雇用型)
グループホーム・福祉ホーム等
46
<知的障害>
必要な新体系サービス
利用者の主なニーズ
知
的
障
害
者
更
生
・
授
産
施
設
(
通
所
)
利
用
者
(介護サービスを受けたい)
日中
生活介護
(福祉サービスを受けながら働きたい)
日中
就労継続支援(非雇用型)
(自立して働きながら生活したい)
日中
生活訓練
又は
就労移行支援
一般就労等
就労継続支援(雇用型・非雇用型)
47
<精神障害>
必要な新体系サービス
利用者の主なニーズ
練精
施神
設障
利害
用者
者生
活
訓
精
神
障
害
者
入
所
授
産
施
設
利
用
者
一般就労等
日中
生活訓練
就労継続支援(雇用型・非雇用型)
(自立して社会に出たい)
夜間
施設入所
一般住宅・福祉ホーム・グループホー
ム等
日中
生活訓練
就労継続支援(非雇用型)
夜間
施設入所
日中
生活訓練
又は
就労移行支援
就労継続支援(雇用型・非雇用型)
施設入所
一般住宅・福祉ホーム・グループホー
ム等
(生活面で自立したい)
(自立して働きながら生活したい)
夜間
一般住宅・福祉ホーム・グルー
プホーム等
一般就労等
48
<精神障害>
必要な新体系サービス
利用者の主なニーズ
施精
設神
利障
用害
者者
通
所
授
産
(福祉サービスを受けながら働きたい)
日中
就労継続支援(非雇用型)
一般就労等
(自立して働きながら生活したい)
日中
就労移行支援
就労継続支援(雇用型・非雇用型)
<三障害共通>・・・福祉工場
必要な新体系サービス
利用者の主なニーズ
利福
用祉
者工
場
(福祉サービスを受けながら高い工
賃で働きたい)
日中
就労継続支援(雇用型)
49
報酬体系の考え方
【基本方針】
良質なサービスが、より低廉なコストで、できる限り多くの人に提供されるよう、現行の複
雑な施設・事業体系を見直し、利用者の状態像やサービス機能に即した報酬体系とする。
(1)日中活動と居住を区分した評価
○ 入所施設や病院の中で完結する入所・入院者の生活のあり方を見直し、その状況やニーズに
応じた適切な日中活動に係る支援を受け、地域社会と自然に交わりながら生活できるようにする
ため、日中活動と居住に係るサービスを区分して評価する。
○ その際、入所施設やグループホーム・ケアホームといった居住サービスを利用する者について
は、外部の日中活動事業者との利用調整等の支援を、居住サービスを提供する事業者が
行う。
(2)利用者の状態像やサービス機能に即した評価
○ これまで、施設の中に多様なニーズを有する利用者が混在し、必ずしも個々の状態に応じた
適切なサービスが提供されていないことなどにより、結果として、就労や地域生活への移行が
進んでいない状況にあることから、事業ごとに利用者像や機能を明確化し、これに応じた体制を
確保する。
① 事業ごとに、利用者像や標準的サービス内容に見合った人員配置とする。生活介護や療養介護につ
いては、事業者ごとに、利用者の平均障害程度に応じた人員配置基準を設定するとともに、より手厚い人
員
配置を事業者がとる場合には、報酬上評価する。
② 事業者ごとに、個別支援計画の作成、サービス内容の評価等を行うサービス管理責任者を配置し、サー
ビス提供に係る責任を明確化する。
(3)目標の達成度に応じた評価
○ 就労移行支援事業における一般就労への移行実績や、就労継続支援事業(非雇用型)にお
ける工賃水準など、客観的な指標により評価し得る事業運営上の成果について、報酬面に反
映することを検討する。
(4)利用実態に応じた支払方式への転換
○ サービス量に応じた利用者負担の導入等を踏まえ、日々の利用状況にかかわらず、毎日利
用することを前提とした定額の月額報酬が支払われる「月払方式」から、日々の利用実績に応じ
て報酬が支払われる「利用実績払い(日額払い方式)」に転換する。
○ 日額払いによる報酬額の設定に当たっては、利用者が、心身の状況等により一時的にサービ
スを利用できなくなるケースも想定されることから、一定の利用率を見込んで報酬を設定すること、
定員と実利用人員の関係の取扱いを柔軟化すること、入院や外泊期間中の取扱いについて報酬
上配慮することなどの措置を講ずる。
(5)サービスの評価のあり方の見直し
○ 事業ごとに、直接的なサービス提供に係る人件費を中心として評価することとし、事務費、減
価償却費等の事業運営に係る間接的経費については、極力効率化を図る。
○ 報酬単価については、利用者負担額の算定や地域差の反映を容易にするといった観点から、
従来の円単位を改め、単位制を導入する。
障害福祉サービスの基盤整備について
ーサービス利用者の将来見通しと障害福祉計画ー
障害保健福祉サービスの計画的な整備
国
障害保健福祉サービスの基盤整備に関する基本指針
市町村(市町村障害福祉計画)
○各年度における障害福祉サービス・相談支援の種類ごとの必要な量の見込み
○障害福祉サービス・相談支援の種類ごとの必要な見込量の確保のための方策
○地域生活支援事業の種類ごとの実施に関する事項
等
都道府県(都道府県障害福祉計画)
○区域ごとの各年度の障害福祉サービス・相談支援の種類ごとの必要な量の見込み
○区域ごとの障害福祉サービス・相談支援の種類ごとの必要な見込量の確保のための方策
○区域ごとの障害福祉サービス・相談支援に従事する者の確保又は資質向上のために講ずる措置に関する事項
○各年度の障害者支援施設の必要入所定員総数
○施設障害福祉サービスの質の向上のために講ずる措置に関する事項
○地域生活支援事業の種類ごとの実施に関する事項
等
国の障害者プラン
54
サービス利用者の将来見通し
推計結果のポイント
○新制度の障害福祉サービスについて、以下の3つに区分して推計
・訪問系サービス(ホームヘルプサービス)
・日中活動系サービス(生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援、地域活動支援センター等)
・居住系サービス(施設入所、グループホーム・ケアホーム)
○ 訪問系サービスについては、近年の動向を踏まえ、現在、利用率が低い地域を中心に利用者が増え、平
成23年度には現在の1.8倍(約16万人)に増加
○ 日中活動系サービスについては、旧体系サービスから新体系サービスへの段階的移行を見込むとともに、
小規模作業所利用者の法定サービスへの移行や精神入院患者の退院促進により、平成23年度には利用者
が現在の1.6倍(約47万人)に増加
○ 居住系サービスについては、地域における居住の場としてのグループホーム・ケアホームの充実を図ると
ともに、自立訓練事業等の実施に伴う入所施設定員数の減少とグループホーム等への転換、一般住宅等へ
の移行を進めることにより、平成23年度には、グループホーム・ケアホームの入居者が現在の3倍(約9万
人)に増加。結果として、施設入所者及び退院可能な精神入院患者のうち約6万人が地域生活に移行する
見通し
○ 障害者の就労については、就労移行支援事業等の推進により、平成23年度には、福祉施設から一般就
労への毎年度の移行者が現在の4倍(約0.8万人)に、福祉施設における就労の場が現在の10倍(約3.6
万人)に増加
26
推計結果の概要 Ⅱ (訪問系)
<推計の考え方>
○ 各都道府県を人口当たりの利用者数に応じて区分し、各区分ごとの近年の伸び率を基に、今後
予想される利用者数の伸び率を設定。
○
これに加え、受け入れ条件が整えば退院可能な精神入院患者の退院促進に伴う利用者数を推計。
訪問系サービス(
※)
の利用者数推計
(万人)
20
16
15
15
13
12
10
11
10
5
平成18年度
平成19年度
※ 移動支援を除く
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
推計結果の概要 Ⅲ (日中活動系)
<推計の考え方>
○
現行の法定施設(入所及び通所)、デイサービス、小規模作業所等の利用者数を基礎として、近年の利用者数の増を踏まえ、
利用者数を推計。
○ これに加えて、受け入れ条件が整えば退院可能な精神入院患者の退院促進に伴う利用者数を推計。
○ サービスの種類ごとの見込みについては、各サービスの対象者像(別添)を踏まえて推計。あわせて、小規模作業所利用者
については、平成23年度末において現在の利用者の約8割が法定のサービス(介護給付、訓練等給付、地域活動支援セン
ター)を利用するものと推計。
現状
旧体系のまま推移した場合
新体系
精神入院患者(※)
一般就労へ移行
2万人
小規模作業所
1万人
地域活動支援センター
8万人
生活介護
19万人
※ 受入条件が整えば
退院可能な者
小規模作業所
精神入院患者(※)
8万人
デイサービス等
小規模作業所
5万人
8万人
デイサービス等
新体系へ
移行
3万人
法定施設
30万人
40万人
法定施設
27万人
35万人
自立訓練(機能訓練)
自立訓練(生活訓練)
1万人
就労移行支援
4万人
就労継続支援(雇用型)
4万人
47万人
3万人
就労継続支援(非雇用型)
平成17年度
平成23年度
8万人
58
日中活動系サービス見込量(年度別)
日中活動系サービス見込量(
年度別)
60
(参考)
一般就労
への移行者
0.8
50
0.8
0.8
0.6
0.2
0.2
地域活動
支援センター
40
利
用
30
者
数
就労継続
(非雇用型)
就労継続
(雇用型)
旧体系
利用者
(
万
人 20
)
39
43
41
45
44
就労移
行支援
47
生活訓練
機能訓練
10
生活介護
0
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
59
将来推計の概要 Ⅳ (居住系)
<推計の考え方>
○ 自立訓練事業等の実施に伴う施設入所からグループホーム・ケアホーム等への移行を推計。
○ 受け入れ条件が整えば退院可能な精神入院患者の退院促進に伴う利用者数を推計。
17年度
23年度
25万人
24万人
16万人(△6万人)
22万人
入
所
・
入
院
7万人 ※
精神入院患者
(受入条件が整えば退院可能な者)
施設入所者等
16万人
新体系へ
移行
既入所者
地域移行
15万人
入所からの移行
入院からの移行
△6万人
△1万人
△5万人
※H14患者調査
グ
ケル
アー
ホプ
ーホ
ムー
ム
・
9万人(+6万人)
入所・入院からの移行
3万人
3万人
新体系へ
移行
3万人
60
※ 計数については、端数処理を行っているため、積み上げと合計が一致しない場合がある
福祉ホーム・一般住宅等へ
居住系サービス見込量(
年度別)
居住系サービス見込量(年度別)
35
30
3
0.3
福祉ホーム・
一般住宅へ
の移行者
( 累積 )
25
4
利 20
用
者
数 15
(
万
人
)
4
5
6
8
施設入所者
(旧体系施
設を含む)
・
精神入院
患者(※)
21
10
グループ
ホーム
・
ケアホーム
9
21
20
18
17
16
5
0
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
61
※ 受け入れ条件が整えば退院可能な者
基盤整備の基本的な考え方
○ 新サービス体系への移行に関する経過措置期間中(平成18年度~平成23年度)のサー
ビス利用者の将来見通しを踏まえつつ、国は基本指針を定め、都道府県及び市町村は障害
福祉計画を策定し、障害福祉サービスの計画的な基盤整備を進める。
1.全国どこでも必要なホームヘルプサービスを保障
・立ち後れている精神障害者などに対するホームヘルプサービスの充実を図り、全国どこでも
必要なホームヘルプサービスを保障
2.希望する障害者に日中活動サービスを保障
・小規模作業所利用者の法定サービスへの移行等を推進することにより、希望する障害者に
日中活動サービスを保障
3.グループホーム等の充実を図り、施設入所・入院から地域生活への移行を推進
・地域における居住の場としてのグループホーム・ケアホームの充実を図るとともに、自立訓
練事業等の推進により、施設入所・入院から地域生活への移行を進める
4.福祉施設から一般就労への移行等を推進
・就労移行支援事業等の推進により、福祉施設から一般就労への移行を進めるとともに、福
祉施設における雇用の場を拡大
62
障害福祉計画の中長期的なスケジュール
平成18年春
18年度
19年度
20年度
21年度
22年度
23年度
新サービス体系への移行
第1期計画期間
(18年度中に策定)
障害福祉計画策定
(都道府県、市町村)
国
の
基
本
指
針
第2期計画期間
障害福祉計画策定
(都道府県、市町村)
地域の実情に応じ、サービスの
数値目標を設定
・訪問系サービス
・日中活動系サービス
・居住系サービス
※ 第1期の実績を踏まえ、
第2期計画を策定
障害福祉計画策定に向けた手順について
国全体のサービス利用者の将来推計
平成17年12月
国の基本指針の策定
内容 ・基盤整備の基本的な考え方
・サービス量の見込み算定のガイドライン
・都道府県、市町村の障害福祉計画策定の手順
(ニーズの把握、意見聴取等)
平成18年春
平成18年春~夏
都道府県、市町村が障害福祉計画の策定を開始
(障害者や事業者の意向把握、サービス利用の見通し)
平成18年秋
国が都道府県、市町村のサービス量の見込みを集計
平成19年
3月まで
都道府県、市町村の障害福祉計画の策定
(参考) 受け入れ条件が整えば退院可能な精神入院患者の退院促進に向けて
「精神保健医療福祉の
改革ビジョン」の視点
国民の理解の深化
「こころのバリアフリー宣言」の普
及等を通じて精神疾患や精神障
害者に対する国民の理解を深め
る
地域生活支援の強化
精神医療の改革
救急、リハビリ、重度などの機
能分化を進めできるだけ早期に
退院を実現できる体制を整備す
る
相談支援、就労支援等の施設機
能の強化やサービスの充実を通じ
市町村を中心に地域で安心して
暮らせる体制を整備する
「入院医療中心から地域生活中心へ」
※ 平成24年度までに、受け入れ条件が整えば退院可能な者
(約7万人)が退院し、必要な精神病床数は約7万床減少
退院促進に伴う利用者見通し
障
害
福
祉
計
画
平成23年度
受け入れ条件が整えば
退院可能者 7万人
(平成14年患者調査)
受け入れ条件の
計画的な整備
ホームヘルプサービス利用 2万人
日中活動利用
3万人
グループホーム等利用
3万人
65
障害福祉サービスの利用者負担の見直し
利用者負担への配慮(福祉サービス)
原 則
考え方
サービス費用の1割(定率負担)
所得段階に応じた月額上限
(低所得者は0円、15,000円、24,600円、
一般は37,200円)
食費、光熱水費
(実費負担)
新たなサービス利用者が急速に増
えている中で、今後さらにサービス量
を拡大していくための費用を、障害の
ある方も含め、皆で支え合う
しかしながら・・・
生まれついて障害のある方など稼得機会が少なく負担能力の乏しい方への一層の配慮
これに加えて、
負担に係る配慮措置
○ 月額上限は、税制や医療保険で「被扶養者」とならない限り、障害者とその配偶者の所得で適用。
○ 障害年金以外にほとんど収入・資産のない方に特別に配慮。
・ 入所施設、グループホーム利用者
月収6.6万円以下の方は定率負担をゼロと
し、食費等の負担のみに。
・ 地域で暮らす方(ホームヘルプ、通所利用者)
社会福祉法人が減免することにより、月額上
限を半分に。
・ これらの措置を講じても生活保護となる場合
生活保護にならない額にまで減額。
○ 食費、光熱水費についても、低所得者(市町村民税非課税世帯)は軽減。
67
利用者負担の月額上限措置について
利用者本人の属する世帯の収入等に応じて、以下の4区分に設定
→次ページのとおり特例の取り扱いあり。
①生活保護:生活保護世帯に属する者
②低所得1:市町村民税非課税世帯に属する者であって、支給決定に係る障害者又は
障害児の保護者の収入が80万円(障害者基礎年金2級相当)以下の者
③低所得2:市町村民税非課税世帯に属する者
→ 障害者を含む3人世帯で障害基礎年金1級を受給している場合、概ね300万
円以下の収入に相当。
④一 般:市町村民税課税世帯に属する者
負
担
額
定率負担(1割)
(サービス量に応じ)
月額負担上限
(所得に応じ)
一 般
37,200円
市
町
村
民
税
非
課
税
世
帯
低所得2
24,600円
低所得1
15,000円
食費や光熱水費は原則自己負担
生活保護
0円
サービス量
68
上限額を設定する場合の「世帯」の範囲にはこんな取り扱いがあります
<原則>
月額負担上限額の設定に当たっては、住民基
本台帳上の世帯の所得で設定します。
住民票上の世帯
健保本人
世帯主
障害者の自立の観
点を考えると・・
住民税 扶養控除なし
健康保険 扶養なし
税制や健康保険制度において、同一世帯
の家族等の扶養となっていない場合
障害者
配偶者
同一世帯に家族等がいても、障害者とその
配偶者のみの所得とできるようにします。
69
あなたの利用者負担はこうなります(福祉サービス)
施設に入所している
場合(20歳以上)
サ
ー
ビ
ス
に
つ
い
て
の
費
用
軽ととた負
減とし上担
措し、で能
置ま国、力
をす民利に
講が全用応
体者じ
じ、
併
ませでのて
限
すて制1
割
。き度負度
を 額
め支担を
細えを
やる基設
かこ本定
し
な
減則実
措と費
置し全
をま額
講すの
じが自
ま、己
す各負
。種担
のを
軽
原
食
費
・
光
熱
水
費
グループホームを利用
している場合
通所サービスを使う場
合
ホームヘルプサービス
を使う場合
施設に入所している
場合(20歳未満)
① 原則は1割負担ですが、どの方でも負担が増え過ぎないよう、上限額を設定するとともに、所得の低い方にはより低い上限を設定します。
負担には月額上限額が設定されます
負
担
額
一
般:37,200円
低所得2:24,600円
低所得1:15,000円
生活保護:0円
サービス量
市
☆所得を判断する「世帯」の範囲に
一 般
○一般・・市町村民税課税世帯
町
ついて
40,200円
○低所得2・・市町村民税非課税世帯
☆「非課税世帯」の範囲に
原則は同じ世帯に属する方の
村
ついてあなたが税制と医療
状況で判断しますが、あなたが税
低所得2
民
(世帯3人世帯であれば、障害基礎年金1級を
制と医療保険で「被扶養者」でな
税
保険で「被扶養者」でなけ
24,600円
含めて概ね300万円以下の年収の方)
ければ、あなたと配偶者の収入と
非
れば、あなたと配偶者の収
低所得1
することもできます。
○低所得1・・市町村民税非課税世帯で障害者の
課
入とすることもできます
15,000円
税
収入が年収80万円(障害基礎年金2級相当
世
額)以下の方
市
町
村
非民
課税
税
世
帯
さらに
帯
② 同じ世帯で他にも障害福祉サービス、介護保険のサービスを受けている方がいれば、その合算額が①を超えないように負担額を軽減します。
さらに
③ さらに、収入に応じて個別に減免します(資産が350
万円以下の方)。
・収入が6.6万円までなら負担は0円です。
・収入が6.6万円を超えても、超えた収入の半分を上限額とし
ます。
・さらに、グループホーム入居の方については、6.6万円超えた
収入が年金や工賃等の収入であれば、超えた分の15%を上
限額とします。
④ さらに、社会福祉法人の提供するサービスを受ける場合については、①の上限
額を半額にします(資産が350万円以下の方等)。
・低所得1:15,000円→7,500円
・低所得2:24,600円→12,300円
(通所サービスを利用する場合 24,600円→7,500円)
さらに
⑤ さらに、利用者負担を行うことにより生活保護世帯に該当する場合は、生活保護に該当しなくなるまで負担額を引き下げます。
⑥収入が低い場合は・・・
サービスの利用者負担
と食費等実費負担をして
も、少なくとも2.5万円が
手元に残るよう、実費負
担額の上限額を設定しま
す。
※ 従前からグループ
ホームでの食費等は自
己負担していただいてお
りますが、通所サービス
を利用された場合は、⑦
の減額措置が適用され
ます。
⑦あなたの世帯の所得が
低い場合は・・・
食費負担額を3分の1
に減額します(月22日利
用の場合5,100円程度
の負担)。
⑧保護者の方の収入に応
じて・・・
地域で子どもを養育す
る世帯において通常か
かる程度の負担となるよ
う、実費負担額の上限額
を設定します。
70
※ この資料は、18年4月時点での利用者負担及び軽減措置を記載したものであり、3年後に障害者自立支援法全体の見直しを行う際に、利用者負担についても、併せて見直しを行います。
社会福祉法人減免のポイント
○ 社会福祉法人による利用料減免措置を促進するため、低所得者のうち、特に支援が必要となるような層
を対象に、利用者負担上限額が2分の1となるよう、経過的に3年間、公費による助成を行う。
低所得1 15,000円 →
7,500円
低所得2 24,600円 → 12,300円(通所については7,500円)
<減免対象サービス>
下記の定率負担のうち、一の事業者において月額負担上限額の半額を超える部分(低所得1は7,500円、低所得2
は12,300円(①についてのみ7,500円))について減免する。
① 通所施設、デイサービスの定率負担
② 入所施設(20歳未満の入所者)の定率負担
③ ホームヘルプサービスの定率負担
<減免対象となる低所得者>
低所得1,2のうち、収入、預貯金が一定額以下の者
単身世帯
2人世帯
3人世帯
収入基準額
150万円以下
200万円以下
250万円以下
預貯金基準額
350万円以下
450万円以下
550万円以下
※預貯金には、障害者自身を受取人とする個人年金(生命保険料控除等の対象となっている商品)や障害者自身を受
益者として設定された信託は含まない取扱とする。
<社会福祉法人に対する公費助成>
・減免額のうち、本来徴収すべき利用者負担額の5%までは2分の1,5%を超える部分については4分の3を公費助成
(公費助成の対象経費のうち、負担割合・・国:都道府県:市町村=2:1:1)
<減免を実施できる主体>
71
・ 原則として、社会福祉法人とするが、当該地域に障害福祉サービスを提供する社会福祉法人が存在しない場合につ
いては、それ以外の主体(NPO法人等)も実施できる取り扱いとする。
公費負担医療の見直し
障害に係る公費負担医療制度の再編について
<見直し後>
<現 行>
精神通院医療
(精神保健福祉法)
更生医療
(身体障害者福祉法)
育成医療
(児童福祉法)
平
成
十
八
年
四
月
に
新
体
系
に
移
行
・支給認定の手続を共通化
自
立
支
援
医
療
費
制
度
・利用者負担の仕組みを共
通化
・指定医療機関制度の導入
・医療の内容や、支給認定
の実施主体(※)については、
現行どおり
※ 精神、育成 → 都道府県
あ 更生
→ 市町村
73
利用者負担への配慮(公費負担医療)
考え方
医療費に着目した定率負担(精神通院)と、所得に着目した負担(更生医療・育成医療)を、制度間の負担の
均衡、制度運営の安定性の確保等の観点から、「医療費と所得の双方に着目した負担」の仕組みに見直し。
(対象となる疾病の範囲は従来どおり。)
原 則
医療費の1割(定率負担)
所得段階に応じて月額上限を設定
入院時(更生・育成)の食費
(標準負担額)
(低所得者は、0円、2,500円、5,000円)
低所得者への月額上限に加え、
負担に係る配慮措置
○ 低所得者(住民税非課税世帯)以外の方についても、継続的に相当額の医療費負担が発
生する(「重度かつ継続」)場合には、月の負担額に上限を設定。(5,000円、10,000円、20,000円)
○ 育成医療については、対象者に若い世帯が多いことなどを踏まえ、医療機関窓口における
支払額について激変緩和の経過措置を設定。
74
自立支援医療の対象者、自己負担の概要
1.対象者 : 従来の更生医療、育成医療、精神通院医療の対象者であって一定所得未満の者(対象疾病は従来の対象疾病の範囲どおり)
2.給付水準 : 自己負担については1割負担(
部分)。ただし、所得水準に応じて負担の上限額を設定。また、入院時の食費(標準負担額)
については自己負担。
一定所得以下
生活保護世帯
一定所得以上
中間所得層
市町村民税非課税
市町村民税非課税
本人収入≦80万
本人収入>80万
(20万≦市町村民税(所得割))
2万≦市町村民税<20万
(所得割)
市町村民税<2万
(所得割)
中間所得層
一定所得以上
※1
公費負担の対象外
負 担 上 限 額 : 医療保険の自己負担限度額
(医療保険の負担割合
育成医療の経過措置
生活保護
負担0円
※1
※2
※3
①
②
低所得1
低所得2
負担上限額
負担上限額
2,500円
5,000円
負担上限額
10,000円
負担上限額
40,200円
重
度
か
つ
・負担限度額)
継
続(※2)
中間所得層1
中間所得層2
一定所得以上(重継)※3
負担上限額
負担上限額
負担上限額
5,000円
10,000円
20,000円
育成医療(若い世帯)における負担の激変緩和の経過措置を実施する。
再認定を認める場合や拒否する場合の要件については、今後、実証的な研究結果に基づき、制度施行後概ね1年以内に
明確にする。
① 当面の重度かつ継続の範囲
・ 疾病、症状等から対象となる者
精神・・・・・・ 統合失調症、躁うつ病・うつ病、てんかん、認知症等の脳機能障害、薬物関連障害(依存症等)
精神医療に一定以上の経験を有する医師が判断した者
更生・育成・・・・・ 腎臓機能・小腸機能・免疫機能障害
・ 疾病等に関わらず、高額な費用負担が継続することから対象となる者
精神・更生・育成・・ 医療保険の多数該当の者
75
② 重度かつ継続の対象については、実証的な研究成果を踏まえ、順次見直し、対象の明確化を図る。
「一定所得以上」かつ「重度かつ継続」の者に対する経過措置は、施行後3年を経た段階で医療実態等を踏まえて見直す。
あなたの負担はこうなります(自立支援医療)
精神通院医療
医
療
費
①
更生医療
育成医療
医療保険の負担上限額まで、医療費を1割負担していただきます。
※入院している方については、食費につき標準負担額(日額780円。低所得の方には減額あり)を負担してい
ただきます。
② 原則は、医療保険の負担上限額まで1割負担ですが、所得の低い方にはより低い上限額を設定します。
生得担原
じの限則
る低度は
方い額定
に方と率
はや同一
更、額割
に継が負
低続上担
い的限で
上ににす
限相なが
を当り、
設額ま医
定のす療
し医。保
ま療加険
す費えの
。負て自
担、己
が所負
<上限額>
・低所得2・・市町村民税非課税世帯
(3人世帯であれば、障害基礎年金1級を含め
て概ね300万円以下の年収の方)
・低所得1・・市町村民税非課税世帯で障害者の収入が年収80
万円(障害基礎年金2級相当額)以下の方
※自立支援医療の「世帯」の範囲
医療保険単位(=異なる医療保険に加入している家族は、
別「世帯」になります。)
医療保険の負担上限
定率負担(1割)
(医療費に応じ)
※医療保険の負担上限は、中間的な所得層であれば、
③ 所得の低い方以外についても、継続的に相当額の医療費負担が発生する方(「重度かつ継続」)には、月当たりの負担
額に、別途、上限を設定します。
医療保険の負担上限
の起算点
・疾病等に関わらず、高額な費用負担が継続することから対象となる者
精神・更生・育成 : 医療保険の多数該当の者
低所得2:5,000円
医療
費
生活保護:
0円
④ 育成医療については、対象者に若い
世帯が多いことなどを踏まえ、月当たり
の負担額に特別な上限を設定する激変
緩和の経過措置を講じます。
負担額
(3年間の経過措置)
<当面の「重度かつ継続」の範囲>
・疾病等から対象になる者
精神通院医療 : 統合失調症、うつ病・躁うつ病、てんかん
認知症等の脳機能障害、薬物関連障害(依存症等)
一定以上の経験を有する医師が状態像から判断した者
更生・育成医療 : 腎臓機能障害、小腸機能障害、免疫機能障害
市
町
村
民
税
非
課
税
世
帯
低所得1:2,500円
「72,300円+(医療費-241,000円)×1%」として算出
<上限額>
・中間層2・・市町村民税額(所得割)が2万円以上20万円未満の世帯の方
・中間層1・・市町村民税額(所得割)が2万円未満の世帯の方
*一定所得以上・・市町村民税額(所得割)が20万円以上の世帯の方 負担額
一定所得以上(市町村民税
額(所得割)20万円以上の世
帯)の方は点線、それ以外の
市町村民税課税世帯方は破
線。
医療保険による
3割負担
負担額
医療保険の負担上限
の起算点
一定所得以上:20,000円
中間層2 :
10,000円
中間層2:40,200円
中間層1:
5,000円
中間層1:10,000円
定率負担(1割)
(医療費に応じ)
医療費
医療費
定率負担(1割)
(医療費に応じ)
※ この資料は、18年4月時点での利用者負担及び軽減措置を記載したものであり、3年後に障害者自立支援法全体の見直しを行う際に、利用者負担についても、併せて見直しを行います。
76
施行スケジュール等
障害者自立支援法の施行スケジュール
18年度
自
立
支
援
医
療
公費負担医療の見直し(利用者負担の見直し・医療機関の指定制度の導入)
新たな支給決定(障害程度区分等)の実施
(18年10月より全市町村で実施)
利用者負担の見直し(介護給付等)
国・都道府県の義務的負担化
介
護
給
付
費
等
第1期障害福祉計画(~20年度末)
(18年度末までに策定)
新体系
※1
施設・事業の段階的移行
旧体系
(
児障
童害
福児
祉施
法設
)
児童入所施設の契約制度への移行
利用者負担の見直し※2
18年4月
18年10月
※1 施行後概ね5年間(平成24年3月末までの政令で定める日までの間)で移行。
※2 児童入所施設の利用事務の市町村移譲及び施設再編につ いては、概ね5年後の施行を目途に3年以内に結論を得る。
78
今後の障害者施策を めぐ る 改革スケジュ ール
障 害
年度
1 8 年度
障害者福祉
障害者雇用
<障害者自立支援法>
<障害者雇用促進法>
4 月 利用者負担見直し
精神障害者の実雇用率算入
在宅就業障害者支援
介護保険
そ の 他
介護保険第Ⅲ期事業計画
( H 2 0 まで)
1 0 月 新サービ ス体系の導入
年度末 障害福祉計画策定
被保険者・ 受給者範囲の検討 社会保障一体的見直し
( 第Ⅰ期はH 2 0 まで)
1 9 年度
2 0 年度
抜本的な税制改革
3 年後の見直し ( 法附則)
・ 障害児の施設
・ 障害者の範囲
3 年後の見直し ( 法附則)
・ 法定雇用率、 納付金等の
額の見直し
・ 就労支援を 含めた 所得 ・ 新・ 障害者雇用対策基本
確保に係る 施策
方針の策定
2 1 年度
障害福祉計画( 第Ⅱ期)
( H 2 3 まで)
介護保険第Ⅳ期事業計画
年金財政再計算
( H 2 3 まで) ( 国庫負担1 /2 )
2 2 年度
2 3 年度
新サービ ス 体系への移行終
了
79
ダウンロード

厚生労働省障害保健福祉部企画官の伊原和人さん提供の障害者自立