紐帯がもたらす対人関係と恋愛消費
駒澤大学 菅野ゼミ 無形財 和田班
和田崇秀 金子裕李花
榎本未央 馬場未帆
大山莉奈 古市明日香
1
報告の流れ
1.
2.
3.
4.
5.
6.
問題意識と研究課題
仮説導出のための調査
出会いの場に関する仮説
仮説の検証
実務への応用
本研究のまとめと課題
2
1.問題意識と研究課題
3
みなさん、
恋愛していますか?
4
食事
洋服
電話
恋愛をすると、いろいろと
消費が増える
プレゼント
メール
デート
5
「非合法的な恋愛の合法的な子供である奢
侈は、資本主義を生み落とした」
( W.Sombart ,1922)
※ W.Sombartはドイツの経済・社会学者
恋愛は贅沢を生み、
贅沢は経済活動を活発にする
『新装開店「キャバクラ」の経済学』
6
最近の恋愛事情①
日経MJ「若者意識調査」(2008年10月29日)
90.0%
80.0%
70.0%
83.9%
64.6%
60.0%
50.0%
69.1%
53.2%
44%
40.0%
30.0%
27.1%
20.0%
10.0%
0.0%
30~40代既婚者の20代独身時
デートには車が必要
クリスマスに女性に宝飾品を贈ったことがある
20代独身男性
クリスマスにデートをしたことがある
7
資料① 交際相手がいない人の割合
• 男女ともに交際相手がいない人の割合は増加傾向
出所:オーネット「20 代・30 代未婚男女の意識調査」 (2009年)
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0233764_01.pdf
8
資料② 交際相手の有無
• 現在交際相手がいない人で、交際相手がほしいと思ってい
る人は、男女共に40~48%
出所:オーネット「20 代・30 代未婚男女の意識調査」 (2009年)
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0233764_01.pdf
9
最近の恋愛事情②
• 婚活ビジネスの繁盛(2009/10/03、日本経済新聞朝刊、 29
ページ)
– 「未婚男性はたくさんいても、恋愛につながるような出会いは積極的
に求めないとない」営業職の森川精恵さん(27)
–
交際相手がいない人たちは、
交際相手を見つけるために
「早く結婚したい」と週に1~2回、合コンやパーティーに参加する。P
R会社勤務の西野遥香さん(仮名、22)
努力している&消費している
– ある神社が主催する「縁結び会」に3回参加した。機械メーカー勤務
の町田彰敏さん(仮名、29)
10
資料③
合コン・出会い系パーティーへの参加有無
N=86
43%
参加したことがある
57%
参加したことがない
[調査概要]
• 駒澤大学の大学生86人(男性53人、女性33人)に調査
• 調査期間:2009年10月
• 調査方法:質問紙調査
11
恋愛事情のまとめ
① 恋愛は消費の原動力になると考えられる
② 交際相手がいない人は年々、増えている
③ 交際相手がいない人で、交際相手が欲しいと思ってい
る人の割合は高い
④ 従来の恋愛消費意向は減少傾向にある
⑤ 婚活や恋活といった恋愛の相手を探すための消費意
向は旺盛である
⑥ 婚活や恋活に参加している人は少なくない
12
問題意識
• 出会いの場を探そうと思えば簡単に見つけるこ
とができる
• 合コンやお見合いパーティーに参加している人
は少なくない
• 男女の出会いに問題があるのではないか?
• 出会いの場の数ではなく、出会いの場の質に問題
があるのではないか?
13
研究課題
• 恋愛の関係初期段階である「出会い」の場に着
目し、そこでの恋愛発展の可能性に影響する要
因についての考察を行う
• 研究課題①
– 「出会い」の場において、恋愛感情の高まりに影響を
与える要因とは何かを明らかにする
• 研究課題②
– 「出会い」の場において、恋愛感情を高めるための
マーケティング提案を行う
14
2.仮説導出のための調査
15
調査①
• 調査目的
– 男女の出会いの場における問題点を明らかにする
• 調査対象者
– 駒澤大学学生7名
• 調査方法
– 深層面談法(デプス・インタビュー)
• 質問内容
– 恋愛における出会いの場の問題について
• 合コン、ゼミ、サークル、アルバイト等での異性との出会い、
付き合い方、恋愛感情に至る可能性などについて質問
• 調査期間
– 2009年10月13日~16日
16
調査結果
• 21歳女性(恋人なし)
– 合コンは行くけれど、そこで付き合う相手を見つけるのはちょっと。合
コンに来ている男性とは付き合いたくない。
– バイトは働きに行っているので、基本的には恋愛は関係ないけど、雰
囲気によるかな。
• 20歳男性(恋人なし)
– ゼミやサークルには女性もいるけど、いまさら恋愛対象として見られ
ない
• 19歳男性(恋人なし)
– 友達関係が長いから、今さらこの関係を壊したくないし、友達としか見
られない
17
調査結果
• 20歳女性(恋人あり)
– サークルは友達以上恋人未満って感じです。
• 21歳男性(恋人なし)
– サークルはいろいろ面倒くさくなっちゃいそうで、合コンはその場限り
なイメージ。
• 21歳男性(恋人なし)
– 合コンにくる女性はガツガツしていそうで嫌だ。
• 20歳女性(恋人あり)
– サークルは家族的存在。
18
デプスインタビューのまとめ
• 合コン
– 合コンに来ている人とは付き合いたくない
– その場限りの関係
弱い関係性
• バイト
– 雰囲気によっては・・・
• サークル
–
–
–
–
–
いまさら恋愛対象として見れない
いまさらこの関係を壊したくない
友達以上恋人未満
周りを意識して付き合えない
家族的存在
強い関係性
19
つながりの強さと恋愛感情との関連
弱い対人関係と強い対人関係は恋愛感情に至る可
能性が低いのではないか
恋愛感情に至る可能性のある対人関係とはなんなの
だろうか
弱くもなく、強くもない中程度の対人関係にあるので
はないだろうか
20
3.出会いの場に関する仮説
21
出会いの場における仮説①
• 出会いの場における紐帯の強さは恋愛感情
に影響を与える
– 出会いの場:ゼミやサークル、合コン、パーティー
等の出会いとなるコミュニティ、場所のこと
– 紐帯(Granovetter, 1973 )
22
紐帯とは
• 社会の構成員を結びつけている、血縁・地縁・利害などのさ
まざまな条件(大辞林)
• 紐帯の強さとは共に過ごす時間量、情緒的な強度、親密さ、
助け合いの程度という四次元を組み合わせたものである
(Granovetter,Mark S,1973)
頻繁に会ったり、好意があったり、秘密を打ち明けられたり
できるということは紐帯が強いといえる
23
対人距離と快適さとの相互作用的関係
(Sundstrom and Altman,1976)
快適さ
対人距離
24
仮説①
出会いの場における紐帯の強さは、恋愛感情
に影響する
H1-1.強い紐帯は恋愛感情を弱める
H1-2.中程度の紐帯は恋愛感情を高める
H1-3.弱い紐帯は恋愛感情を弱める
紐帯が恋愛感情に与える影響は逆U
字型である
※ここでの恋愛感情とは「相手を恋愛対象として意識
する程度」を表わす
25
対人距離と快適さとの相互作用的関係
仮説①
(Sundstrom and Altman,1976)
紐帯の強さと恋愛感情の相互作用的関係
恋愛感情に
快適さ
至る可能性
弱い
中程度
強い
紐帯
対人距離
26
しかし、紐帯の強弱に関係なく、
感情の変化値に影響を与えるものが
あるのではないか
27
出会いの場における仮説②
• 出会いの場の紐帯の強弱に関わらず、出会
いの場において、類似性、相補性、障害があ
ると、恋愛感情は高まる
– フィルタリング理論(Kerckhoff&Davis,1962)
– SVR理論(Murstein,1977)
– ロミオとジュリエット効果(Driscoll,et al.1972)
28
フィルタリング理論
(Kerckhoff&Davis,1962)
• 親密さの鍵を握るのは類似性と相補性であ
ると考えられている。
趣味:旅行
ついていきたい!
お任せタイプ
類似性
企画したい!
連れてってあげたい!
プランの立案・実施
相補性
29
SVR理論(Murstein,B.I,1977)
恋愛の進行
出会い
進展
深化
刺激(S)
価値(V)
役割(R)
観察可能な刺激
(容貌や振る舞い)
価値観の類似性
(考え方や態度)
お互いの相補性
(お互いの取る役割)
30
ロミオとジュリエット効果
(Driscoll et al.1972)
• 有名な悲劇にちなんで妨害が大きいほど恋
愛感情が高まる。
31
出会いの場における仮説②
• H2:出会いの場において、類似性、相補性、
障害は、恋愛感情を高める。
H2-1 類似性は、恋愛感情を高める
H2-2 相補性は、恋愛感情を高める
H2‐3 障害は、恋愛感情を高める
32
仮説②
類似性
感
情
の
変
化
値
障害
相補性
弱い
中程度
強い
紐帯
33
4.仮説の検証
34
調査概要
• 調査目的
– 出会いの場における仮説の検証
• 調査対象者
– 駒澤大学学生61名(男性30人、女性31人)
• 調査方法
– 質問紙調査
• 調査期間
– 2001年11月11日~13日
35
調査項目
ほとんど会わない
1.その人と会う頻度はどれくらいですか
紐
帯
の
強
弱
1 2 3 4
ほとんど知らない
2.その人についてよく知っていますか
1 2 3 4
仲良くない
3.その人との仲のよさをお答えください
1 2 3 4
絶対に打ち明けない
4.その人に悩みや不安を打ち明けられますか
1 2 3 4
全く思わない
5.その人が困っていたら助けたいと思いますか 1 2 3 4
可恋
能愛
性感
情
に
至
る
全く魅力的でない
6.その人は異性として魅力的ですか
1 2 3 4
全く思わない
7.その人はあなたにとって恋愛対象ですか
1 2 3 4
よく会う
5
よく知っている
5
とても仲が良い
5
打ち明ける
5
とても思う
5
とても魅力的である
5
そう思う
5
類似性を測る質問
• あなたの所属している団体でクリスマスパーティー
を開くことになりました。そしてくじ引きで幹事役を決
めた結果、あなたとその人が幹事をすることになり
ました。パーティーの計画を立てるためにその人と
二人で企画の打ち合わせをすることにしました。そ
の人と打ち合わせをしているうちに相手と同じ趣味
を持っていることを知り、その話題で盛り上がりまし
た。その時あなたは、異性としての興味はどのくらい
高まりますか。
①すごく下がる
②下がる
③変わらない
④高まる
⑤すごく高まる
37
相補性を測る質問
• その後、その人とクリスマスパーティーの企
画の話を進めているうちに、彼(彼女)が自分
が知らないことを知っていたり、自分が苦手
なことが得意であったりするという一面を見つ
けました。その時あなたは、異性としての興
味はどのくらい高まりますか。
①すごく下がる
②下がる
③変わらない
④高まる
⑤すごく高まる
38
ロミオとジュリエット効果を測る質問
• パーティーが目前に迫ってきましたが、思ったより人
数が集まらず、困ってしまいました。二人でどうにかし
て、友達を誘ったり、寒いなか外で勧誘をしたりするこ
とになりました。時には夜9時まで学校に残り準備をし
ました。そして二人の努力が実り、予定以上の人数を
集めることができ、パーティー当日を迎えることができ
ました。パーティーは計画通り進み、大成功に終わり
ました。パーティーの後片付けをしているとき、相手に
笑顔で「ありがとう」と言われました。その時あなたは、
異性としての興味はどのくらい高まりますか。
①すごく下がる
②下がる
③変わらない
④高まる
⑤すごく高まる
39
分析方法について
• 回答者と特定他者との紐帯の強弱について、
3つのグループ(強・中程度・弱)に区分
– 1~2.7を弱、2.71~3.3を中程度、3.31~5を強
• それらのグループごとに、恋愛感情に至る可
能性についての平均値を算出
• それらの平均値に統計的有意差があるがど
うかについて、分散分析によって検定
40
仮説①
仮説①の調査結果
中程度の紐帯は恋愛感情に至る可能性が高い
恋愛感情に至
4
る可能性
3.5
異
性
と
し
て
魅
力
的
3
2.5
2
1.5
1
0.5
0
弱い
弱い
中程度
中程度
強い
強い
紐帯
紐帯
41
0.11~0.05
5%水準で有意
0.051~0.1
10%水準で有意
分散分析
平方和
異性として魅力的か
自由度 平均平方 F 値
グループ間
9.296109
2
4.648054
グループ内
103.7859
58
1.789411
113.082
60
合計
平方和
恋愛対象か
自由度 平均平方
グループ間
4.911326
2
2.455663
グループ内
115.3182
58
1.988245
合計
120.2295
60
2.597533
F値
1.235091
有意確率
0.0831
有意確率
0.298342
42
仮説②の検証結果
• 出会いの場の紐帯の強弱に関わらず、出会
いの場において、類似性、相補性、障害があ
ると、恋愛感情は高まる
4.2
異
性
と
し
て
魅
力
的
4.0
3.8
類似性
3.6
相補性
3.4
ロミオとジュリエット
3.2
3.0
弱い
中程度
強い
43
仮説の検証結果
H1-1.出会いの場において、強い紐帯及び弱い紐帯
は、恋愛感情を弱めるが、中程度の紐帯は、恋愛感
情を高める
仮説1-1は棄却された
H2-1. 類似性は、恋愛感情を高める
仮説2-1は棄却された
H2-2. 相補性は、恋愛感情を高める
仮説2-2は棄却された
H2‐3. 障害は、恋愛感情を高める
仮説2-3は支持された
44
検証結果のまとめ
① 出会いの場における紐帯の強さは、恋愛感
情に至る可能性に影響するが、逆U字型に
はならなかった。
紐帯の強さは恋愛感情を高める
②出会いの場の紐帯の強弱に関わらず、出会
いの場において障害があると、恋愛感情は
やや高まる
障害は恋愛感情を高める
45
5.実務への応用
46
実務への応用
• 強い紐帯を作り上げるサービスやコミュニティ
を提供すること
– 弱い紐帯から強い紐帯へ
– 中程度の紐帯から強い紐帯へ
• ロミオとジュリエット効果
– 強い紐帯の中でも障害を発生させる
– 二人で協力して何かを乗り越えるなど
47
実務での応用:事例
1. コミュニティの提供
1. 私たちがコミュニティで行う行事を企画・主催
2. 3ヶ月間、2週間に1度行事を行う
3. 3ヶ月後からはこちらが指定した2人で行事を企
画してもらう。
48
6.本研究のまとめと課題
49
本研究の反省点
• 質問紙による調査を行った際に、異性の友人との関
係性を調査するためにランダムサンプリングを行った
が、対象を“友人の中で思い浮かんだ人の中でアイウ
エオ順で一番早い人”としたが、思い浮かんだ人が
“強い紐帯の人”となってしまった可能性が高い。そう
捉えると“強い紐帯が影響を及ぼす”といった結論が
導かれたのは当然かもしれない。次は私たちが対象
となる人物を指定してその人について回答してもらうと
いう方法を取りたいと思う。
• 時間的制約の都合上、新たな仮説の構築・検証がで
きなかった。
50
本研究の限界
• 調査対象者を大学生に限らざるを得なかったこと、ま
たサンプル数にも限界があった。そのため、他の年代
の消費者に当てはまるかどうかわからない。
• 恋愛という概念は人それぞれであるため、調査対象者
を増やした場合に違った問題点が挙がってくるのかも
しれない。
• 恋愛事情、価値観というものはその時代とともに変化
していくものである。そのため、現在の恋愛事情を把
握するためには随時、現状分析が必要になってくる。
• 本研究では、紐帯という要素と対人関係と快適さとの関係
や、恋愛に関する心理学、または社会学からの研究を主
に行ってきたが、その都度、時代に適したアプローチが必
要になってくる。
51
参考文献
•
•
•
•
•
•
•
•
•
『広辞苑 第6版』 [2009]岩波書店
• (松井豊編集 [1998] 『現代のエスプリ』
至文堂 より)
『大辞林 第3版』 [2006]三省堂
片瀬一男 [2003]『ライフ・イベントの社会 • Dutton,D.G & Aron,A.P[1974],Some
evidence for heightened sexual attraction
学』世界思想社
under conditions of high anxiety. Journal of
山田昌弘・白河桃子[2009]『「婚活」時代』
personality and Social Psychology(松井豊
ディスカヴァー携書
編集 [1998] 『現代のエスプリ』至文堂
松井豊[1993]『恋ごころの科学』サイエン
より)
ス社
• Driscoll,R.,Davis,K.E.,& Lipetz,M.E.,[1972]
大坊郁夫・奥田秀宇編集[1996]『親密な
Parental interference and romantic
対人関係の科学』誠信書房
love:TheRomeo and Juliet effect. Journal of
Werner.Sombart [1922]『恋愛と贅沢と資
Personality and Social Psychology
本主義』講談社学術文庫
• (松井豊編集 [1998] 『現代のエスプリ』
Kerckhoff,A.C & Davis,K.E.,[1962]Value
至文堂 より)
consensus and need complementarity in • Granovetter,Mark .S[1973] ,The Strength
mate selection . American Sociological
of Weak Ties American Journal of
Review (松井豊編集 [1998] 『現代の
Sociology,78:1360-1380
エスプリ』至文堂 より)
(野沢慎司訳 [2006] 『リーディングス
Murstein,B.I.,[1977]The stimulus-valueネットワーク論』勁草書房 より)
role (SVR) theory of dyadic relationships .In
S.Duck(Ed.),Theory and practice in
interpersonal attraction. Academic press
52
参考文献
• 日経MJ「若者意識調査」2008年10月29日
(『日経流通新聞』 2008.10.29より)
• 『日経流通新聞』2009年1月7日
• 『日本経済新聞朝刊』 2009年10月3日,2009年6月23日
• 「日経トレンディネット」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080205/1006765/?P
=1
• 「オーネット」 20 代・30 代未婚男女の意識調査 2009
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0233764_01.pdf
• 「日経ネット」
http://woman.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=20090831ax012n1
53
ご清聴ありがとうございました
54
ダウンロード

発表資料 - 学生ページ