ITC咲くら 第3回総会 スケジュール
13:00~13:20
総会
開会
議題1:平成17年度事業報告
議題2:平成17年度決算報告
議題3:平成18年度事業計画
議題4:平成18年度収支予算
議題5:役員改選
議題6:会則の改正
閉会
1
議題1:平成17年度事業報告
2005年6月11日 「第2回総会」、「第3回ITC咲くらオープンセミナー」開催
(参加者51名)
講演テーマ①: 情報セキュリティと個人情報保護について
講師:NTT西日本 ソリューション営業本部 次長 柚木 勝博 氏
講演テーマ②:「ITコーディネータ活躍モデル
講師:広島ITC協同組合 ITコーディネータ・インストラクタ 普家 浩文 氏
2005年8月27日 「ITC咲くら第4回オープンセミナー」開催(参加者46名)
講演テーマ①:ITCプロセス的起業記
講師:ティーベイション 代表 馬塲 孝夫 氏
講演テーマ②:IT業界における不正会計事例について
講師:公認会計士 吉川 和美 氏
講演テーマ③:新制度会計と企業のシステム対応」
講師:新日本監査法人 マネージャー公認会計士 内田 聡 氏
2006年1月21日 「第5回ITC咲くらオープンセミナー」開催(参加者44名)
講演テーマ①:情報セキュリティ対策の実践」
講師 プライバシーコンサルタントISMS審査員補 吹井 秀之 氏
講演テーマ②:中小、中堅企業向けコールセンタと戦略的営業の仕掛け
講師 パシフィックシステム株式会社 営業部 箕岡 和隆 氏
2
議題2:平成17年度決算報告
第3回セミナー
兼第2回総会
収入
支出
残金
円
円 (会場使用料他 円、
食事代
円
第4回セミナー
収入
円 (円×名)
支出
円 (会場使用料他 )
残金累計 円
第5回セミナー
収入
支出
円)
円 (円×名、 円×名)
円 (会場使用料他円、
講師交通費他円)
残金累計 円
3
議題3:平成18年度事業計画
「オープンセミナー」もしくは「自主勉強会」を企画・開催
2回/年 程度
4
議題4:平成18年度収支予算
収入
xxxxxx円
オープンセミナー 60,000円/回× 2回= 120,000円
1回当たり内訳 会員 20名× 1,000円= 20,000円
非会員 20名× 2,000円= 40,000円
H17年度よりの繰り越し
xxxxxx円
支出
xxxxxx円
オープンセミナー 60,000円/回× 2回= 120,000円
1回当たり内訳 会場費用
30,000円
講師謝礼
20,000円
講師交通費・その他 10,000円
H18年度への繰り越し
xxxxxx円
5
議題5:役員改選
会 長
 副会長
 事務局長
 事務局次長
広 報
幹 事
幹 事
幹 事
幹 事
 会計監事
 会計監事
逝 去
退 任
矢部 哲史(C561)
榛沢 美保(C562)
立花 省造(C561)
梶 明夫(C562)
新井 浩一(C561)
小路 貴志(C561)
原田 騎郎(C561)
秋本 純二(B362)
松下 永昌(B362)
浅沼 宏司(C561)
三浦 健一(C562)
顧問:市村 保雄(インストラクタ)
幹事:国分 昭夫(C562)
役員のご承認をお願いします
6
議題6:会則変更(1/2)
【現 在】
(総 会)
第11条 総会は定期総会と臨時総会とし、本会会員を以って構成する。
2 定期総会は年1回と定め、原則として5月に開催するものとし、会員の1/2
の出席(委任状も可)をもって成立する。
【変更案】
2 定期総会は年1回と定め、5月以降に開催するものとし、通常会員の1/3
の出席(委任状も可)をもって成立する。
【現 在】
(自主勉強会・オープンセミナー)
第17条 第3条(1)に規定する事業として、自主勉強会ならびにオープンセミ
ナーを実施する。自主勉強会ならびにオープンセミナーの内容は、以下の通り
とする。
(4) 自主勉強会ならびにオープンセミナーの開催時期は、総会で決める。
【変更案】
(4) 自主勉強会ならびにオープンセミナーの開催時期は、幹事会で決める。
7
議題6:会則変更(2/2)
【現 在】
(任意退会)
第6条 任意退会については、以下の通りとする。
(2) 会員において、住所変更等で1年間連絡の取れない状態の場合、任意に
退会したものとする。
【変更案】
(2) 会員において、住所変更等で1年間連絡の取れない状態の場合、あるいは
総会の出欠確認のメールの回答が2回連続してない場合等、任意に退会したも
のとする。
【追加】
(会員種別)
第5条 本会の会員として、通常会員と地方会員を設け、それぞれ以下のとおり
取り扱う。
(1) 通常会員は、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井
県に居住もしくは勤務先がある者とし、総会において議決権を有するものとする。
(2) 地方会員は、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井
県以外に居住もしくは勤務先がある者とし、総会において議決権を有しないもの
とする。
8
閉会
ご協力ありがとうございました。
自主勉強会・懇親会をお楽しみください。
9
ダウンロード

2006総会資料