都市経済班中間発表
「回遊型のペデづくり」
担当教官 河端瑞貴
TA 長沢大介
大濱道徳 樺嶋直紀 谷口史門 薄井宏行 山本純
沖原敦司 林利充 菊田譲 安英伸
動機~Motivation~

つくば市は人口約20万の茨
城県南の拠点都市
⇒しかし、街中には20万都市
の賑わいが感じられない。
賑わいの感じられない街並み
つくば市の持つ経済ポテンシャル
つくばセンターは交通のターミナル
⇒市内外のバスが発着
 大規模商業施設が立地
⇒3月にQ’Tが開店
 つくばエクスプレス開業
⇒市内外からつくば駅の利用者が訪れる。

⇒更なる集客が見込めるチャンス!
背景~Background~
学園都市を縦貫するペデ
<特徴>
 歩車分離
 他都市にない規模
 周辺に商業・公共施設が
多く立地
<問題点>
×施設が不連続に立地
×施設間距離が長い
×通過交通が多い
つくば市の経済活性化のために・・・
通過型だけでなく、回遊型を兼ね備えた
ペデへの発展が必要
目標~Goal to Achieve~

歩きたくなるペデを作り、人を各施設
に引き付け、回遊させることで経済活
性化を図る!
※イメージ図
回遊性とは


回遊性とは目的だけで完結せずに、目的外
の施設などにも立ち寄ることである。
回遊性が増すと・・・
歩行者が消費活動を行う施設数が増え、経済
活性化が図れる。
「回遊性」が与える効果
「回遊性」は、地域にどのような効果を生み出
すのだろうか?
回遊性(歩行動線の数)
街自体の魅力
街の歩行者数
これらに着目して、関係性を考えてみる。
「回遊性サイクルモデル」
「回遊性」に関するサイクルを以下のように仮定した。
回遊性(歩行動線の数)
③
街の歩行者数
①
街自体の魅力
②
「回遊性」、「街の魅力」、「街の歩行者数」は
正のサイクルが生まれているのではないだろうか。
藤沢市における事例
市街地活性化を目的としたオープンカフェの運営実験
JR藤沢駅自由通路の歩行者
数が多い
一方で駅近接地区への歩行
者数が減少傾向にある。
→駅に隣接する大型店に人の
流れが集中している。
歩行者の行動範囲を分散・広
域化させることで、市街地の
回遊性を高め経済活性化を図
る。
実験の様子
オープンカフェ
藤沢駅改札階と同レベルの駅前ペ
デストリアンデッキに地元大学の学
生参加コンペで選定されたデザイン
による理想のオープンカフェを設
置・地域事業者の協賛により、藤沢
名産推薦品のお菓子の無料サービ
スおよび飲料類のサービスを実施
経済活性化とは?
回遊性 強
魅力ある街へ
歩行者数 増加
経済活性化を示す
経済活性化の指標
歩行者数と
販売額(=消費額)の増加は、 年間販売額と
には関係が見ら
経済活性化の一つの要因である
れる。
タカハ都市科学研究所HPより引用
http://www.udit.co.jp/kassei/index.html
歩行者数の増加と回遊性に関係がみられる
回遊性 高まる
歩行者数 増加
販売額 増加
歩行者数の増加と販売額の増加に関係がみられる
つまり、
『回遊性と経済活性化に関係が見られる』ことが言える。
土浦駅前の概要




かつて茨城県南地域
の中心都市
不況による商業の衰
退
再開発ビルURALAの
建設
歩行動線の軟弱化
土浦駅前の歩行者数の推移
市は駅前の23地点で年1回
歩行者の延べ人数を調査し
ている。
⇒全体的に減少しており、特
に駅から遠い地点で減少が
顕著である。
平成13年 平成14年 増減率(%)
歩行者数
75937人 73950人
-2.61
店舗数と販売額の推移
平成11年 平成14年 増減率(%)
2244店
2022店
-9.89
6955億円 5463億円
-21.45
店舗数
年間販売額
・店舗数、販売額
ともに減少。
・販売額の減少率
が著しい。
土浦市における衰退のサイクル
回遊性 弱
(歩行動線 減少)
街の魅力 減少
歩行者数 減少
ペデ周辺の施設の特徴
~周辺施設の調査から~
調査方法:


対象地域:ペデ対象区間(メディカルセンター付近
~南大通)とその周辺地域(松見、
センター、 竹園の3地区に分類)
調査手順:対象地域を実際に現地調査し、
どんな施設があるかを地図上に記入、
その後施設の種類別に分類
地図上の施設の分類
●赤色・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飲食店
●青色・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 日用品(スーパ-、コンビニなど)
●黄色・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 非日用品店(服、本など)
■茶色の斜線・ ・ ・ ペデ
■黄緑色の斜線・・ 公園
■水色の斜線・ ・ ・駐車場
■オレンジの斜線・ ・文化施設
■紫の斜線 ・ ・ ・ ・公共機関
調査から分かったこと(全地区)

センター地区以外では、ペデ沿いに商業施設
が少なく、むしろペデから若干離れたところに
立地している場合が多い

駐車場は大小問わずあちらこちらに立地

ペデ上に人が集まる要素が少ない
街頭アンケート概要




目的:市民のペデ利用状況と
ペデに対する印象の現状把握
日時:5月6日(金)、7日(土)
対象者:ペデ上の歩行者、松代SC利用者
場所:アンケート実施場所を大きく4地区に分ける。
センター地区(中央公園~ノバホール)・・・ 46名
松見地区(メディセン~学院大)・・・27名
竹園地区(CAPIO~南大通り)・・・33名
松代SC・・・21名
不明・・・1名
計:128名
アンケート結果から

あなたはペデを知っていますか
知らない(52%) → 知名度が低い
52%の回答のうち、
存在は知っていて名称は知らない(71%)
存在も名称も知らない(29%) → 認知度が低い
Q1-aの回答
Q1-bの回答(無回答を除く)
知っている, 48%
名称も存在も
知らなかった
29%
知らない,
52%
存在は知って
いたが、名称
は知らなかっ
た 71%
4:やや多い
1%
Q4-c:街灯の数
5:多い
0%
1:やや少ない
26%
3:ちょうどよい
28%

ペデに関する質問回答
街灯が少ない
(71%)
案内標識が足りない
(61%)
↓
設備に関する不満
2:少ない
45%
Q4-e:案内標識
4:やや分かりやすい
5%
5:分かり
やすい
0%
1:分かりにくい
16%
3:どちらでもない
34%
2:やや分かりにくい
45%
アンケート結果から

つくば市に足りないと思う施設はなんですか?
センター地区では駐車場(25%)
センター地区における回答割合
行政施設
3%
病院
7%
教育施設
6%
その他
6%
託児所
7%
駐輪場
14%
レジャー施設
17%
駐車場
25%
公園 商業施設
8%
7%
松見・竹園地区では駐輪場(24・23%)
が足りないという回答が比較的多い
↓
全体でみても1/4の人が足りないと感じている
竹園地区における回答割合
松見地区における回答割合
行政施設
6%
病院
6%
教育施設
6%
その他
6%
託児所
6%
行政施設
5%
駐輪場
24%
レジャー施設
21%
駐車場
11%
公園
0%
商業施設
14%
その他
託児所
7%
5%
駐輪場
23%
病院
5%
教育施設
7%
レジャー施設
24%
駐車場
19%
公園
0%
商業施設
5%
現状把握のまとめ①





ペデに関する認知度が低い
ペデの設備に関する不満は比較的多い
(街灯、路面、案内標識、景観など)
アクセス方法が曖昧
センター地区以外では、ペデ沿いに商業施設
が少ない
人が集まる要素が少ない
現状把握のまとめ②
・ ペデ沿いの商業施設
が少ない。
・ 不連続な施設配置
・ 車が主な移動手段
歩行動線が少ない
回遊性が生まれにくい
TXの開通によって・・・
・ TXの開通によって、つくば駅までを行
き来する人が増える。
・ 駅までの、もしくは駅からの移動手段と
してペデの利用度が上がる。
・ 来街者の増加
センター地区の経済ポテンシャルが増大
・ 「メインストリート」としての魅力を創出
・ 歩行者、来街者が楽しめる空間
・ 周辺施設の活性化
ペデの回遊性を高めよう!
計画コンセプト
ソフト面
ハード面
・魅力ある商店構成
・歩きたくなる道路
・特性・個性
・見たくなる街並み
・楽しめる・立ち止まる
・落ち着ける空間
「回遊性」を創りだすためには、
ソフト面とハード面での連携・連続が重要
具体的な計画案
ハード面の強化・・・連続性の強化



オープンカフェや露店の設置
ペデストリアンの景観の向上
ペデストリアンの快適性の向上
具体的な計画案
ソフト面の強化・・・連携性の強化



定期的なイベントの開催
ペデ周辺地区の魅力のPR強化
施設間での協力・連携の強化
最終発表に向けて



活性化に向けた具体的計画案の詳細な検討
現在のペデ周辺地区の歩行者数、つくばの販売額の
調査
将来の歩行者数・販売額の推測と、計画案の評価・
分析
☆これらを中心に最終発表へ向けて活動していく予定。
参考文献・web sights
・土浦市「土浦市都市計画マスタープラン(概要版)」
・土浦市「土浦市政マップ」
・土浦市産業部中心市街地対策室「平成17年度中心市街地活性化
推進・支援事業概要」
・土浦市「統計つちうら平成15年度版」
・多摩市まちづくり「魅力的な商業空間の集積ー多摩センタ駅周
辺ー」:http://www.city.tama.tokyo.jp/machi/kassei/m_kassei/p14.pdf
・タカハ都市科学研究所「中心市街地の活性化」:
http://www.udit.co.jp/kassei/
・国土交通省道路局「市街地活性化を目的としたオープンカフェの運
営実験」:http://www.mlit.go.jp/road/demopro/result/h16/207fujisawa.htm
ダウンロード

中間発表パワーポイント(pptファイル/4.65MB)