爪とは・・・
表皮の角層が変化して硬くなったもので、硬ケラチン
と呼ばれるタンパク質からできています。
爪の伸びる早さは、1日に0.1mmといわれ、手の爪が生
え変わるまで約6ヶ月。足の爪は、約10~18ヶ月かかると
いわれています。
健康な爪の状態は毛細血管の色が透けて見えるため、
全体的に薄いピンク色をしています。
 爪の役割
・手足の指先を保護している
・手足の指先の形を整えている
・手足の指の腹に加わる力を支えている
・細かい物を掴むことができる
・指先の感覚を鋭敏にしている
爪の構造
爪母:新しい爪が作られる
爪甲:爪全体のこと。
爪半月:水分を多く含んでいるため白く見える。
遺伝や年齢、手作業の頻度などによって個人差
がある。
爪床:爪を支えている部分。美しいピンク色に見える。
爪甲に密着しており水分を補給している。
爪上皮:爪母・爪半月を保護し、水分蒸発を防ぐ働きが
(甘皮)
ある。
①皮膚が硬くなりささくれの原因となる。
②細菌等が入りやすくなり、爪周囲炎の原因に
なる。
③爪母の保護力が弱くなる。
以上の理由から切ってはいけない!
爪の変形について
 溝ができたり、割れてしまったり、分厚くなってし
まったり・・・。爪の変形は身近によくあることです。
 その中から幾つか、日常生活でよく見かける変形につ
いてお話します。
巻き爪
なぜ巻き爪になるの?
 巻き爪の原因は深爪や遺伝・体質、靴などさまざま
です
深爪になっているところに足に合っていない靴を履
いていたりすると、無駄に足先に力がかかります。
これにより短く尖った爪が親指に食い込んでしまう
ことになり、この状態が長く続くと「陥入爪」にな
ります。
陥入爪を防ぐにはまず深爪をしないこと。
好んで深爪にしている方は、せめて1ミリ程度残して
爪を切るように心がけましょう。
巻き爪対処法
「爪を伸ばす」
巻き爪があるだけで、
痛み、炎症がなければ治療は必要ない。
見た目を改善したいか、陥入爪になる時に
治療を行う。
・形状記憶ワイヤー(プレート)での矯正
×自費・特定の医療機関・再発のリスク
○簡単・痛くない
・手術
×痛い・骨まで削ることもあり
○根治できる
目安:1本1万円
陥入爪の状態に対してのみ治療が必要。テーピング
等で様子をみましょう
テーピング
深爪を予防するには?
 深爪になるのは「爪の切りすぎ」もしくは「爪を
噛むクセ」のどちらかです。
爪を噛むことが日常的になっている方は、噛んで
しまう部位にテープを貼るなどして自分なりの予
防策を練る必要があります。
 また切りすぎてしまう方も爪の白い部分を1mm
は残して切るようにしましょう。
深爪は様々な爪のトラブルの原因です。
上記のような状態を防ぐためにも、爪を普段から
短めに切る人や爪を噛むクセのある人は、深爪に
ならないように意識することが必要です。
二枚爪
なぜ二枚爪になるの?
・過度なダイエットや偏食によるたんぱく質不足
・爪切り
・バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、鉄欠乏性貧血
・血行が悪い
・ネイルリムーバーを繰り返し使うことによる爪
の乾燥
・ギタリスト、ピアニストなど爪先に力を入れる
・水、消毒液を頻繁に使う
二枚爪を防ぐには?
 爪に刺激を与えることで二枚爪になっ
てしまうことも多いので、爪切りの代わ
りにやすりをかけることをお勧めします。
血行を良くするためにオイルを使った
マッサージを行い、水仕事、消毒液を使う
場合にはワセリンで手を保護しましょう。
 また、食事の栄養分は、生命維持のために重要な器官から
順番に栄養を分配されていくようになっています。
爪や髪の毛が栄養を受けとれるのは最後になります。
過剰なダイエットや好きなものだけ食べてしまうという
生活は即見直し、自分の体をいたわってあげましょう。
爪白癬
(爪水虫)
参考文献
 日本フットケア学会編集
 臨床看護2007
:フットケア
医学書院 2006年
フットケアをきわめる
1月号
へるす出版 2007年
 宮川晴妃著:メディカルフットケア実践マニュアル
株式会社東京法規出版
 夏井睦 「新しい創傷治療」
http://www.wound-treatment.jp/next/sengen.htm
病院でのフットケアの様子です
ダウンロード

爪のお話~