省庁意見(都市計画法関係)
を踏まえた職員体制
■ 事務分担の変更による職員配置数の再試算
○省庁意見を踏まえ、以下の都市計画法に関する事務の一部について、“特別区から大阪府”に
事務分担を変更
・都市計画の決定等に係る権限及び当該権限を前提とした都市計画手続きに係る事務
・開発審査会の設置権限及び当該権限を前提とした手続きに係る事務
○それを踏まえ、前回協議会で提示の職員配置数を再試算
≪大阪府の職員配置数≫
【
前
回
】
【
再
試
算
後
】
現員
H24年度
H29年度
設置日前
大阪府
8,843人
8,091人
現員
H24年度
H29年度
設置日前
大阪府
8,843人
8,091人
H29年度設置当初
大阪府
10,021人
H29年度設置当初
大阪府
10,026人【+5】
配置数案
(標準)
裁量範囲
9,419人
9,420人
配置数案
(標準)
裁量範囲
9,424人【+5】
9,420人
≪特別区の職員配置数≫
現員
H24年度
H29年度
設置日前
H29年度設置当初
大阪市
14,074人
現員
H24年度
13,091人
H29年度
設置日前
9,954人
9,250~10,480人
北区
2,415人
2,144人
1,980~2,270人
湾岸区
1,634人
1,490人
1,400~1,560人
東区
2,159人
1,958人
1,800~2,070人
南区
2,643人
2,404人
2,220~2,540人
中央区
2,148人
1,958人
1,850~2,040人
H29年度設置当初
大阪市
14,074人
13,091人
配置数案
(標準)
裁量範囲
10,994人【▲5】
9,949人【▲5】
9,250~10,470人
北区
2,414人【▲1】
2,143人【▲1】
1,980~2,270人
湾岸区
1,633人【▲1】
1,489人【▲1】
1,400~1,550人
東区
2,158人【▲1】
1,957人【▲1】
1,800~2,070人
南区
2,642人【▲1】
2,403人【▲1】
2,220~2,540人
中央区
2,147人【▲1】
1,957人【▲1】
1,850~2,040人
特別区 計
【
再
試
算
後
】
裁量範囲
10,999人
特別区 計
【
前
回
】
配置数案
(標準)
≪総括表≫
現員 H24年度
H29年度
設置日前
Ⅰ 大阪府
8,843人
8,091人
Ⅱ 大阪市
19,749人
現本庁
13,091人
14,837人
現区役所 4,912人
H29年度設置当初
配置数案
(標準)
裁量範囲
① 大阪府
10,026人
9,424人
9,420人
② 特別区 計
10,994人
9,949人
9,250~10,470人
北区
2,414人
2,143人
1,980~2,270人
湾岸区
1,633人
1,489人
1,400~1,550人
東区
2,158人
1,957人
1,800~2,070人
南区
2,642人
2,403人
2,220~2,540人
中央区
2,147人
1,957人
1,850~2,040人
③ 一 部
事務組合
360人
289人
289人
④ 5,675人(経営形態変更4,190人+保育所1,485人)は横置き
Ⅲ 大阪市
小中学校技能労務
1,262人
1,535人
府市職員数
Ⅰ~Ⅲ 総計
30,127人
総計
28,119人
(▲2,008)
(
)内はH24年度比
⑤ 特別区
小中学校
技能労務
①~⑤ 総計
1,262人
28,317人
(▲1,810)
653人
総計
25,990人
(▲4,137)
653人
総計
25,290~26,510人
(▲4,837~▲3,617)
ダウンロード

P15-18[PowerPointファイル/746KB]