天
国
の
犬
柏倉恭三
犬
は
ど
こ
へ
行
く
の
だ
ろ
う
天
国
へ
行
く
と
い
う
人
は
死
ん
だ
ら
名
眼前
をを
あ呼
けん
るで
こも
と
は
無
か
っ
た
。
一
緒
に
暮
ら
し
て
き
た
犬
が
死
ん
だ
。
十
六
年
間
、
今
朝
、
犬
が
死
ん
だ
。
家
族
に
囲
ま
れ
て
。
暖
か
い
ス
ト
ー
ブ
の
前
で
、
寒
い
冬
の
朝
に
死
ん
だ
。
寒
い
冬
の
夜
に
捨
て
ら
れ
て
い
た
犬
は
、
も
う
顔
を
な
め
て
く
れ
る
こ
と
も
な
い
。
来
る
こ
と
も
な
い
。
も
う
尻
尾
を
振
っ
て
駆
け
寄
っ
て
寒
か
っ
た
こ
と
だ
ろ
う
か
ら
。
お
な
か
が
空
い
て
い
た
こ
と
と
、
こ
の
犬
の
最
初
の
記
憶
は
、
腹
を
満
た
し
て
や
る
こ
と
だ
っ
た
。
常
に
暖
か
く
し
て
や
る
こ
と
と
、
私
た
ち
が
し
て
や
れ
る
こ
と
は
、
年
老
い
た
犬
に
、
ま
さ
に
最
初
の
子
供
だ
っ
た
。
私
た
ち
夫
婦
に
と
っ
て
、
こ
の
犬
は
、
娘
が
生
ま
れ
る
前
か
ら
い
た
何
を
得
る
の
だ
ろ
う
。
そ
し
て
私
た
ち
親
は
、
何
を
教
え
て
く
れ
る
だ
ろ
う
。
こ
の
犬
は
自
分
の
生
と
死
を
も
っ
て
、
ち
い
さ
な
人
間
の
妹
に
対
し
、
家
族
の
死
。
ま
だ
幼
い
娘
が
、
初
め
て
迎
え
る
い
つ
か
死
ん
で
い
く
事
。
老
い
て
い
く
事
、
愛
す
る
事
、
愛
さ
れ
る
事
。
生
ま
れ
て
く
る
事
、
育
つ
事
。
多
く
の
も
の
を
得
た
。
お
そ
ら
く
私
た
ち
は
、
そ
し
て
、
夢
の
よ
う
な
日
々
。
遊
ん
で
く
れ
る
だ
ろ
う
か
。
寂
し
く
な
い
よ
う
に
先
に
逝
っ
た
犬
た
ち
が
、
そ
れ
と
も
天
国
に
は
私
た
ち
は
三
人
で
も
寂
し
い
と
い
う
の
に
。
た
っ
た
一
匹
、
寂
し
く
は
な
い
だ
ろ
う
か
。
犬
に
も
天
国
と
い
う
も
の
が
あ
る
な
ら
・
・
・
犬
は
、
天
国
で
・
・
・
三
人
だ
け
の
生
活
に
な
る
。
私
た
ち
は
、
三
人
と
一
匹
の
生
活
か
ら
、
か
わ
り
が
無
い
の
な
ら
ば
、
人
間
と
動
物
に
生
き
る
こ
と
も
、
死
ぬ
こ
と
も
、
家
族
だ
っ
た
私
た
ち
人
間
。
こ
の
犬
と
、
そ
う
思
う
。
了
天
国
も
同
じ
で
あ
っ
て
ほ
し
い
。
い
つ
か
ま
た
会
う
、
そ
の
日
の
為
に
、
ダウンロード

『天国の犬』