日本語構造伝達文法
現状理解のための通時論
[2-3]
の
この項は 『日本語構造伝達文法(05版)』 の
第36章の内容に基づいています。
今泉 喜一
2011年 4月
印刷: 1-3,5-9,12,16-27,29,32-33,36,38,40,42-43
「の」の元来の機能
「の」をとらえる
A,B という二つの実体(名詞)をつなぐ機能をもつ「の」と「が」
A の B (右の歌)
A が B (梅が枝)
起源的には 「の」 は ソ トなる名詞(尊敬)に
「が」 は ウチなる名詞(親愛・軽侮・卑下)に付く。
ケセン語(山浦 玄嗣 やまうら はるつぐ 氏 1940年- )
とっつぁま の 背中 (他人の父親)
とっつぁま が 背中 (自分の父親)
現代でも方言に古い「の,が」の使い分けが残っている。
動詞介入
海人 の 釣り舟 → 海人 の
漕ぐ 釣り舟
「の」 は今日まで名詞つなぎの機能を保つ。
妹が家
→ 妹 が 住む
家
「が」 は従属節内の主格表示へ機能を変える。
「の」と「が」の構造
海人
海人
の 釣舟
o
o
kog図32
が
図33
が
sum妹が家
海人の 漕ぐ釣り舟
妹
家
ni
図34
-u
kog-
海人の釣り舟
妹
の 釣舟
家
ni
sum図35
妹が住む 家
-u
「の」の機能……実体つなぎ
八王子 ① 大学 ②
ni
手紙
arkara
Kta-
図36
ni
③
④
私
返事
⑤
o
kak-
八王子にある大学から来た手紙に私は返事を書く。
①
②
③
八王子の大学 の手紙 の返事を私は書く。
「の」の機能……実体つなぎ
八王子 ① 大学 ②
ni
手紙
arkara
Kta-
図36
ni
③
④
私
返事
⑤
o
kak-
八王子にある大学から来た手紙に私は返事を書く。
①
②
③
「の」 は便利。
八王子の大学 の手紙 の返事を私は書く。
「の」の意味
「の」 にはいくつの意味があるのか。
・私の家 (所有者)
・パイの箱 (内容物)
・絹のハンカチ (材料)
・近くの駅 (場所)
・来年の今日 (時)
・この大学の学生 (所属先)
・主婦の調査 (主体/対象)
・プロ用の道具 (性質)
・5リットルの牛乳 (数量)
・課長の鈴木さん (属性)
本当にこんなに意味があるのか。
・海の指 (意味はある? ない?)
・富士山のドア
背後に構造(文)があるときに意味がある。
2つの名詞間の意味関係は構造(文)の中から出てくる。
「の」 そのものに意味はない。
「の」 は, 結ぶ2つの名詞が1つの構造の中にあること を示すだけ。
ノ前名詞の格
「AのB」 の意味を明確に知るためには 構造を知れ ばよい。
中国 の 本
中国
ga
の
の
o
mot中国が本を持つ
(所有者)
中国が の 本
図37
本
本
中国
本
の
o
o
de
atuka(w)図38
(人)
中国
tukur-
本が中国を扱う
(対象)
中国を の 本
図39
中国で本を作る
(生産地)
中国で の 本
「AのB」 の意味を明確に知るためには A の格 を知ればよい。
の前名詞 の 格 を知ればよい。
(Aの構造上の位置)
ノ前名詞で意味明確化
ノ前名詞に格をつければ意味がより明確になる。
・私の家 (所有者)
・私が の家
・この大学の学生 (所属先)
・この大学に の学生
・パイの箱 (内容物)
・パイを の箱
・主婦の調査 (主体/対象)
・主婦が/を の調査
・絹のハンカチ (材料)
・絹での ハンカチ
・プロ用の道具 (性質)
・プロ用で の道具
・近くの駅 (場所)
・近くに の駅
・5リットルの牛乳 (数量)
・5リットル Ø2 の牛乳
・来年の今日 (時)
・来年 Ø2 の今日
・課長の鈴木さん (属性)
・課長で の鈴木さん
「の」 は 構造上の2名詞を結ぶ基本機能を持つ。
「の」 機能拡張 B省略
私
私
靴
の
服
春
o
hak図40
私 の 靴 my shoes
ni
ki図41
の o
春の服
の は 名詞A と 名詞B を結ぶのだから,の の後は 必ず名詞。
ノ後実体(B) の描写を省略しても 名詞の存在が感知される。
私 の (靴) *my (shoes)
英語ではノ後実体は省略不可。
春 の (服)
「の」 機能拡張 B含意
私
私
の 靴
服
春
の o
o
ni
ki-
hak図42
私の
mine
図43
春の
の描写 は ノ後実体の存在を前提にしている。
の は ノ後実体の存在まで含意している場合もある。
「の」 機能拡張 B含意
私
私
春
の o
o
ni
ki-
hak図42
私の
服
のの
mine
図43
春の
の描写 は ノ後実体の存在を前提にしている。
の は ノ後実体の存在まで含意している場合もある。
「の」 機能拡張 B含意
私
私
のの
の
春
の o
o
ni
ki-
hak図42
私の
mine
図43
春の
の描写 は ノ後実体の存在を前提にしている。
の は ノ後実体の存在まで含意している場合もある。
この段階では の は矢印の「関係」と「実体」の両方の機能になる。
Aの が一つの形式としてBの存在まで表すことになる。
「の」 機能拡張 B含意
私
私
のの
の
春
の o
o
ni
ki-
hak図42
私の
mine
図43
春の
前段階の「の」の2機能,矢印の「関係」と「実体」から
矢印の「関係」が外れ,「の」は「実体」のみになる。
「の」 機能拡張 B含意
私
私
の のの
の
春
の o
o
hak図42
の
ni
ki図43
春の
前段階の「の」の2機能,矢印の「関係」と「実体」から
矢印の「関係」が外れ,「の」は「実体」のみになる。
「の」 機能拡張 B含意
私
私
の のの
の
春
の o
o
hak図42
の
の
ni
ki図43
の
前段階の「の」の2機能,矢印の「関係」と「実体」から
矢印の「関係」が外れ,「の」は「実体」のみになる。
「の」 機能拡張 B含意
私
私
の のの
の
春
の o
o
ni
ki-
hak図44
実体「の」の誕生
の
図45
実体「の」の誕生
前段階の「の」の2機能,矢印の「関係」と「実体」から
矢印の「関係」が外れ,「の」は「実体」のみになる。
「の」だけで実体の存在を示す,形式実体「の」が生まれた。
名詞の代わりに使える非常に便利な 実体 「の」 が誕生した。
「の」 機能拡張 B含意
私
私
の のの
の
春
の o
o
ni
ki-
hak図44
実体「の」の誕生
の
図45
実体「の」の誕生
前段階の「の」の2機能,矢印の「関係」と「実体」から
矢印の「関係」が外れ,「の」は「実体」のみになる。
「の」だけで実体の存在を示す,形式実体「の」が生まれた。
名詞の代わりに使える非常に便利な 実体 「の」 が誕生した。
「の」機能拡張 実体「の」
実体「の」 は便利だが,それだけでは使用できない。
必ず修飾される必要がある。
修飾法は4種類ある。-動詞,形容詞,形容動詞,名詞-
私たち
の
の
norni
kta-
kta-
-u
図46
図47
の が来た ??
私たちが nor-u の が来た。
動詞による修飾
「の」機能拡張 実体ノ 動詞修飾
動詞による修飾 (助動詞による修飾)
の
私
妹
の
私
tukurtabe-
o
ta-
tabe-
o
ta-
o
ta-
-(u)
図48
の を食べた ??
図49
妹が tukur-i=t-Ø=a-Øu の を食べた。
作った
「の」機能拡張 形容詞修飾
形容詞による修飾
うるさ
の
.k-
-i
の
大き
.k-
私
k-
tabe-
ta-
図50
Urusa.k-i の が来た。
うるさい
o
-i
ta-
図51
Ooki.k-i の を食べた。
おおきい
「の」機能拡張 形容動詞修飾
形容動詞による修飾 (動詞 ar- による修飾)
nigiyaka
ni
の
ar-
-u
私
koburi の
-u
ar-
tabe-
ni
k-
o
ta-
ta-
図53
図52
Koburi-ni=ar-u の を食べた。
こぶりな
Nigiyaka-ni=ar-u の が来た。
にぎやかな
「の」機能拡張 名詞修飾
名詞による修飾 (「の」つなぎ修飾)
私たち の
norni
の
の
中国
の
e
k-
yuk-
ta-
どれ
de
ar-
-u
図54
図55
?私たちの の が来た。
私たちの [nor-u]の が来た。
?中国の の はどれだ。
*中国の [yuk-u]の 非主格
中国へ [yuk-u]の
これ,君の の に入れといて。
うちの の に聞いてみる。
君の (持っている) の
うちの (居る)の うちに居る 非主格
「の」機能拡張 包含実体
文の実体化(名詞化)
彼女 の
o
uta(w)-
私
の
彼女
歌
-u
o
uta(w)-
o
-u
kik-
図56
彼女が uta-u の を聞く。
彼女が uta-u (歌) を聞く。
彼女が uta-u の はこれだ。
17世紀ごろ
私
o
kik-
図57
彼女が uta-u の を聞く。
彼女が uta-u (様子) を聞く。
彼女が uta-u の が見える。
他の包含実体(こと,もの等)と異なり,の は意味を持たない。
包含実体 の は汎用性が高い。
「の」機能拡張 接続助詞
接続助詞(国語文法) ので,のに の構造
の
雨
-u
hur-
私
の
雨
-u
家
hur-
ni
de
彼
山
e
ni
yuk-
i図58
包含実体の一例
図59
雨が hur-u の で 家にいる。
雨が hur-u の に 山へ行く。
「で」 は 「理由」 の格表示
「に」 は 「状況」 の格表示
「順接」 の意味を生じる。
「逆接」 の意味を生じる。
「の」機能拡張 特異形式
望み
私
留学
の
-u
留学する の 望みあり
留学する
望みあり
日本語としては特異なこの「の」は
漢文訓読から生まれた。
『日本文法大辞典』「の」補説
終食之間
ショクヲ ヲフル ヒマタ で良いはず。
(食事を終えるまでの間)
しかし,これでは 「之」 のあることが
記憶できない。それで,
ショクヲ ヲフル ノ ヒマタ
と読むようになった。
日本語としては非文法的である。
留学する の 望みあり
留学o sur-u の 望み ga ar-
o
私
sur-
ni
ar図60 日本語として不自然な「の」
留学する の 望みあり
構造図示においては -u と の による特異な二重修飾となる。
漢文訓読では「留学する」を名詞化したものとして扱っていることになる。
(構造は別形式)
まとめ
① 「の」はA,Bという二つの実体をつなぐ機能をもつ。
「が」は主格表示へと機能を変えた。
② 「の」に意味はない。 2名詞が構造上にあることを示す。
③ 後ろのBが省略されて「Aの」となる。
④ 「Aの」が一つの形式としてBの存在まで表すことになる。
⑤ 「の」だけで実体の存在を示す,形式実体「の」が生まれる。
⑥ 形式実体「の」が包含実体へと機能を拡大する。
⑦ 接続助詞(国語文法) 「ので基・のに基」 (包含実体例)
⑧ 「留学する の 望み」の特異構造 (漢文訓読から)
「の」 に関するそのほかの問題
① 「彼に会うには予約がいる。」 と
「彼に会うのに予約がいる。」 の関係は?
② 「自由の女神」 と 「自由な女神」 の関係は?
③ 「魚のおいしいの」 の構造は?
④ 「この花」 の構造は?
⑤ 「のだ/のです基」 の構造は?
⑥ 「~のは~だ」 強調構文の構造は?
以上については 『日本語構造伝達文法(05版) 』 第36章,
第37章を参照してください。
のだ/のです基
あしたØni学校へ行く。
この構造はこのままでは
これで完結してしまう。
あしたØni学校へ行くの
「の」 包含実体に組み入れる(名詞化する)と
他の構造に組み込むことができるようになる。
のだ/のです基
あしたØni学校へ行く。
この構造はこのままでは
これで完結してしまう。
あしたØni学校へ行くの
「の」 包含実体に組み入れる(名詞化する)と
他の構造に組み込むことができるようになる。
あしたØni学校へ行くので会合を休む
のだ/のです基
あしたØni学校へ行くので会合を休む
のだ/のです基
の
とき
まえ
わけ
必要
あしたØni学校へ行くので会合を休む
あしたØni学校へ行くとき
あしたØni学校へ行くまえ
あしたØni学校へ行くわけ
あしたØni学校へ行く必要
(同時等)
(時前)
(理由)
(必要)
(に)マスクを買う。
に電話する。
を教えて。
がある。
「の」 以外の包含実体はもともと実体(名詞)であり,固有の意味をもつ。
「の」 には意味がないので,それだけでは意味が不明。
あしたØni学校へ行くの
(理由? 目的? 事情? … )
「の」 の意味は,組み込み先の構造との関係から生じる。
上図の例では,「の」 の意味は「理由」のように感じられる。
のだ/のです基
の
とき
まえ
わけ
必要
あしたØni学校へ行くので会合を休む
あしたØni学校へ行くとき
あしたØni学校へ行くまえ
あしたØni学校へ行くわけ
あしたØni学校へ行く必要
(同時等)
(時前)
(理由)
(必要)
(に)マスクを買う。
に電話する。
を教えて。
がある。
「の」 以外の包含実体はもともと実体(名詞)であり,固有の意味をもつ。
「の」 には意味がないので,それだけでは意味が不明。
あしたØni学校へ行くの
(理由? 目的? 事情? … )
「の」 の意味は,組み込み先の構造との関係から生じる。
上図の例では,「の」 の意味は「理由」のように感じられる。
のだ/のです基
話者の心中の思い
生じる意味
「の」 発話
理由
あしたØni学校へ行くの
(で,会合を休む。)
原因
予定
希望
決意
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(で,母が喜んでいる。)
(が私の予定だ。)
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(が私の希望だ。)
(が私の決意だ。)
主張
自慢
忠告
命令
実情
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(が当然だ。)
(で,自分をほめてやりたい。)
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(があなたのためだ。)
(があなたへの命令だ。)
(がほんとうのところだ。)
話者が心の中で感じていること
のだ/のです基
話者の心中の思い
生じる意味
「の」 発話
理由
あしたØni学校へ行くの
(で,会合を休む。)
原因
予定
希望
決意
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(で,母が喜んでいる。)
(が私の予定だ。)
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(が私の希望だ。)
(が私の決意だ。)
主張
自慢
忠告
命令
実情
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(が当然だ。)
(で,自分をほめてやりたい。)
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(があなたのためだ。)
(があなたへの命令だ。)
(がほんとうのところだ。)
話者が心の中で感じていること
のだ/のです基
のだ/のです基
あしたØni学校へ行くの
言語化されない情報
あしたØni学校へ行くので会合を休む
あしたØni学校へ行くので会合を休む
省略描写
のだ/のです基
あしたØni学校へ行くの だ。
? 形式断定基?
言語化されない情報
のだ/のです基
あしたØni学校へ行くの だ。
あしたØni学校へ行くん だ。
言語化されない情報
~の です。
~ん です。
形式断定基
形式断定基の適用
一応,文の形になる。
あしたØni学校へ行くの (で会合を休む) だ/です。
( )内は言語化されない,ほとんど無意識・直観的情報
のだ/のです基
「~ん だ 」 の公式
言語化されない情報
言語化されない情報
形式断定基
のだ/のです基
「~ん だ 」 の公式
属性A の
だ/です。
言語化されない情報
形式断定基
属性Bは言語化されない。
Bが何であるかは状況等から推測するしかない。
Bは含蓄・情緒として感じられることになる。
のだ/のです基
言語化されない情報
生じる意味
「の」 発話
話者が心の中で感じていること
理由
あしたØni学校へ行くの
(で,会合を休む。)
原因
予定
希望
決意
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(で,母が喜んでいる。)
(が私の予定だ。)
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(が私の希望だ。)
(が私の決意だ。)
主張
自慢
忠告
命令
実情
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(が当然だ。)
(で,自分をほめてやりたい。)
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(があなたのためだ。)
(が私のあなたへの命令だ。)
(がほんとうのところだ。)
のだ/のです基
言語化されない情報
生じる意味
「の」 発話
形式断定基
話者が心の中で感じていること
「だ」
理由
あしたØni学校へ行くの
(で,会合を休む。)
だ
原因
予定
希望
決意
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(で,母が喜んでいる。)
(が私の予定だ。)
だ
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(が私の希望だ。)
(が私の決意だ。)
だ
主張
自慢
忠告
命令
実情
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(が当然だ。)
(で,自分をほめてやりたい。)
だ
だ
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
あしたØni学校へ行くの
(があなたのためだ。)
(が私のあなたへの命令だ。)
(がほんとうのところだ。)
だ
だ
だ
だ
だ
のだ/のです基
「~ん だ 」 の公式
属性A の
「だ/です」は形式断定基
だ/です。
文としての形式を整えるために使用
言語化されない情報
形式断定基
属性A の (が理由/が実情/が……) だ/です。
省略された部分があるため,含蓄のある表現になる。
心中の思いを省略しているため,情緒的な表現になる。
ダウンロード

こちら - So-net