電子社会設計論 第9回
Electronic social design theory
中 貴俊
インターネット利用者の推移

インターネットの急激な発展



特に2000年に登場したフレッツISDN以降,
通信料金は定額制が主流に,かつ高速に
接続は常時接続が当たり前の時代に
つまりは,インターネット使い放題な時代に
インターネットの利用が一般的なユーザに浸透する
情報通信白書平成22年版
デジタルデバイド

パソコンやインターネットなど,IT(Information
Technology) を,自在に利用できる者とそうでない
者の間に生じる様々な格差を指すもの
若者と高齢者との間での情報格差が象徴的

エリアの対策としては


インターネットやブロードバンド環境エリアの拡大
代表的な例

公的個人認証サービス


2004年1月29日に電子証明書の発行
電子証明書を利用するには



住民基本台帳カードに搭載されているICチップを利用する
各種税の申告などがインターネットを使って可能
e-tax

確定申告


利用者は30代~40代が約半数を占める
利用状況は全体の約3割程度
デジタルデバイドの原因?



急激な環境の変化に対応できない
利用者に対するターゲットが偏っている
PCの存在が受け入れられない世代
どうするのか?

現状で深刻にとらえるべき年代は60代以上



対応策はある?


50代はかろうじて会社等で利用している世代
ただし,利用していない人も当然存在する
インターネットでの処理,電子認証も含めると,
現状ではPCを使わざるを得ない
あと10~20年もすれば問題ない?


現状が永久的に続けば・・・
新しい通信技術等が生まれれば動揺のことが起こりうる
考えてください

デジタルデバイドについて




このテーマに関することなら何でもかまいません
解消手段,今後の取り組み等の体制について,現状の問
題点,など
本来は調査してからが望ましいですが,それは個人的に
木になった方はしてもらうとして・・・
本日は,現在この講義を聞いてもしくは従来から感じてい
たことを踏まえてまとめてください.
ダウンロード

第9回