“Is Your Page Accessible? A
Comparative Study of Methods
for Accessing Web Page
Accessibility for the Blind”の紹介
2006年8月13日 UAI研究会
東京女子大学大学院 村岡雅子
• "Is Your Web Page Accessible? A
Comparative Study of Methods for
Assessing Web Page Accessibility for the
Blind“
• By Jennifer Mankoff, Holly Fait, and Tu
Tran
http://doi.acm.org/10.1145/1054972.1054979
要約
• 視覚障害のあるユーザに影響するアクセ
シビリティ問題を発見する手法を、いくつか
比較する。
– 自動ツール
– ウェブデザイナーによる専門家レビュー(スク
リーンリーダを使う場合と使わない場合)
– 視覚障害者の遠隔テスト
基礎研究
• 4つのウェブサイトからアクセシビリティの
基礎データを集めた。(表1)
• スクリーンリーダとそのユーザがアクセシ
ビリティを評価した。
基礎研究:方法
• 被験者:19-52歳の視覚障害者5人
• JAWSを使用。
(使用経験2年未満:1人、3年-6年:2人、6年
以上:2人)
基礎研究:方法
• 4つのサイトでそれぞれのタスクを行った。
(サイトによってタスクの難易度は違う。)
– Bus task: difficult
– Find Name task: medium
– Register task: medium
– Grocery task: easy
基礎研究:方法
• 被験者はタスクを実行している間、考えて
いることを声に出した。
• セッションはビデオで録画され、訪問ペー
ジとリンクもすべて記録された。
• 発見された問題の深刻度を分類した。
(5段階で、5が最も深刻)
基礎研究:結果
•
•
•
•
Bus task:10個の問題(深刻度1-5)
Find Name task:3個の問題(深刻度1-4)
Register task:9個の問題(深刻度1-4)
Grocery task:7個の問題(深刻度1-4)
比較研究
• スクリーンリーダを使うためにどのように開
発者を訓練すればベストなのか?
– モニターを消した時よりも、モニターをつけてい
る時の方が練習時間が10-15分短縮される。
• 発見的方法で見逃される問題
比較研究:方法
• Expert Review: ウェブサイト開発者(アクセシビ
リティ経験に乏しい)による専門的なレビューのタ
スク
• Screen Reader: ウェブサイト開発者(同上)によ
る、スクリーンリーダとモニターを使った専門的な
レビューのタスク
• Automated: Bobbyによる自動レビュー
• Remote: 遠隔の、目の見えないコンピュータ
ユーザによる専門的レビュー
比較研究:方法
• 被験者
– Expert Review(10人)とScreen Reader(8
人): 2-8年のウェブ開発経験を持ち、1ヶ月に
40-80時間をウェブ開発に費やすウェブ開発者
– Automated: Bobby
– Remote(9人): 視覚障害のあるJAWSユーザ
比較研究:方法
• Expert Reviewの被験者は、WCAGのP1
を紹介され、Screen Readerの被験者は、
同様にWCAGを紹介され、練習時間が与
えられた。
→問題を発見したら声に出してもらい、それを
記録した。
→タスクを終えた後、自分が出した問題のリ
ストをレビューさせ、深刻度をつけさせた。
比較研究:方法
• Automatiedでは、Bobby 4.0を使用。
• Remoteの被験者は、自分のコンピュータ
でスクリーンリーダを使い、発見した問題
のリストをメールした。(もし完遂できないタ
スクがあれば教えてもらった。)
比較研究:結果
• 問題を2つのカテゴリーに分けた。
– WCAG問題(WCAGにマッピングされている
問題)
– 実験に基づいた問題(我々の基礎研究で発見
したものにマッチする問題)
比較研究:結果
• 仮説1:
他のconditionよりも効果的に問題を発見
するconditionはない。
• 図1,2,3で示すように、この仮説は間違って
いる。
比較研究:結果
Thoroughness
• Screen Readerの被験者が最も高い平均
thoroughnessを出し(22.84%)、
Automatedが最も低く(3.49%)、他の2つ
はその間だった(14.48%と11.33%)。
(Remoteでは、タスクを全ては完遂できな
かった被験者がいることに注意。)
比較研究:結果
• (図2)Screen Readerは両タイプの問題で、
4人が50%以上に達している。
• Expert Reviewは、3人が実験に基づいた
問題で好成績だが、WCAG問題ははるか
に悪い。
• RemoteとAutomatedはどちらも悪い。
比較研究:結果
Validity
• RemoteとScreen Readerの被験者は最も
高い平均スコアを出した(66と42)。
Automatedは最も低く(2.4)、Expert
Reviewはその間だった(32)。
比較研究:結果
• 仮説2
それぞれのconditionで発見される問題の
タイプは同じものである。
• 図4で示すように、この仮説は間違ってい
る。
結論
• ウェブ開発者には、軽量な評価テクニック
が必要。
• スクリーンリーダを使う評価者が、最も効
果的に問題を発見した。
• 我々の結果により、最も重要だと見なす問
題のカテゴリーに基づいて、ウェブ開発者
はどの軽量手法にするかを決められる。
結論
• スクリーンリーダを使ってサイトをレビュー
するときが、最も信頼性が高い。
• ここで提示した手法は完璧ではない。しか
し、どれも軽量で、問題が定着化する前の
デザイン段階の早期に開発者が問題を発
見し、修正するのを助ける。
今後
• Remoteテストを修正し、改善したい。
• アクセシビリティ専門家にexpert reviewを
頼み、彼らが生成した問題と我々のユー
ザが発見した問題とを比較することにも興
味がある。
• 視覚障害に加えて、他の障害も含めるよう
にしたい。
ダウンロード

“Is Your Page Accessible? A Comparative Study of