携帯電話でのコミュニケー
ションについて
1班
真田 出水 佐伯 堺
仮説

女性のほうが携帯電話を使ったコミュニケー
ションを重要視する。
アンケート結果

質問5 「はい」と答え
た人が、男が87%で女
が95%で両方ともほと
んどの人が携帯電話を
使ったコミュニケーショ
ンを大事だと思ってい
ることがわかる。
仮説で立てたような男
女の差は出なかった。
携帯電話を使ったコミュニケーションを大事だと思うか?
60
50
40
はい
いいえ
30
20
10
0
男
女

質問6 「はい」と答え
た人が男が70%、女
が96%で両方とも多く
の人が絵文字、顔文字
を使うように心がけてい
るが女性のほうがその
傾向が強い。
絵文字、顔文字を使うように心がけているか?
60
50
40
はい
いいえ
30
20
10
0
男
女

質問7 「はい」と答え
た人が、男が40%、女
が77%でこの質問で
は男女で大きな差が出
た。
絵文字、顔文字を使っていないと怒っているように
感じるか?
50
40
30
はい
いいえ
20
10
0
男
女

質問8 男女差は出なかった。男女とも一般
通話機能以外はほとんど使っていない。

質問9 メール機能の
使用回数は女性のほう
が使用回数が多い。と
くにEメールとデコメー
ルで大きな差が出てい
る。
平均値
3
2.5
2
Eメール
デコメール
1.5
1
0.5
0
男
女
まとめ


女性のほうがEメールとデコメールを使った
コミュニケーション方法をとり、アンケート結果
からわかるように絵文字、顔文字を使って自
分の気持ちを相手により伝えようとしている。
通話機能は男女に差はないが、メール機能
を使ったコミュニケーションは女性のほうが重
要視していることから仮説はほぼ正しい。
ダウンロード

携帯電話でのコミュニケーションについて