災害時の医薬品供給体制等整備事業
別 添 ②
【事業目的】
災害時に迅速かつ適切に医療を提供するため、医薬品供給体制及び調剤実施体制の強化を図る。
【現状・課題】
薬剤師会
破損
薬剤師派遣
医療救護所等
(慢性疾患患者対応)
・頻繁に医療関係者が入れ替る
→ 服薬情報の継続した管理が困難
・患者情報(服薬情報)が不足
・代替薬での対応が必要(医薬品の在庫不足)
・医薬品ニーズ(種類・数等)の把握が困難
→ ニーズに応じた医薬品を速やかに供給
・e-お薬手帳の情報を蓄積するシステムの開発
→救護所が必要とする医薬品ニーズの蓄積と
当該情報をもとに備蓄センターへの供給要請
→服薬情報の共有
被災
薬剤師派遣要請
(医療救護活動に
関する協定)
大阪府
・薬局が被災した場合、迅速な地域における
調剤受入体制の整備が必要
・薬剤師の派遣・地域での受入体制が未整備
(全国から薬剤師が派遣)
・被災地の調剤体制を整備
→地域特性に応じた調剤実施体制の整備
→被災地に派遣された薬剤師等をコーディネートする薬剤師の設置
【災害時の調剤実施体制の整備】
全国薬剤師会
【災害対応薬事システムの構築】
○×薬 局
大阪 太郎
10/10/2
16:00
服薬情報
・・・・・・・・・
・・・・・・・
医療救護所等
データ抽出
大阪e-お薬手帳システム
派遣場所
人数等連絡
応援
薬剤師派遣
連携
データ抽出
大阪府
医薬品
災害対応薬事システム
供給要請
情報蓄積
医療救護所等
(慢性疾患患者対応)
薬剤師派遣要請
(医療救護活動に
関する協定)
大阪府
(災害対応電話)
医薬品備蓄センター
災害時医薬品供給体制対応会議の開催
府薬剤師会
(地区薬剤師会)
薬剤師派遣調整
(コーディネート)
ダウンロード

PowerPointファイル/508KB