ジェネリック
2004.11.28
薬
• 薬
– 大衆薬
– 医家向け
• 新薬(先発医薬品)
– 開発したメーカーが特許を持ち、独占的に医療機関に供給して
巨額の研究開発費を回収
• ジェネリック医薬品
– 20年~25年で特許が切れる
– 有効成分や製法の情報が国民の共有財産
– 他のメーカーでも同じように製造・販売ができる
• ★薬の銘柄でなく、成分(ジェネリック)で欧米では処方を書く
ジェネリックの価格
• ジェネリックは新薬と成分は同じ、薬効も
同じ
• ジェネリックの薬価(医薬品の公定価格)
は新薬の7割、価格は新薬の半分に抑えら
れる
• 長く服用を続ける慢性疾患を中心にジェネ
リックは経済的に有利
– 国民医療費が年間1兆円減の試算もある
欧米
• 米国
– 患者が、新薬かジェネリックかを選ぶ制度がある
– 全市場の52%がジェネリック(数量ベース)
• 英国
– 医師が新薬を処方する場合は理由が必要
– 52%がジェネリック
• ドイツ:50%
• 日本:12%
– 日本の医師は、銘柄で処方を指示しがち、成分名で
はない
後発医薬品の使用状況
•
•
•
•
•
特許切れ後に売り出される「後発医薬品」
国立の病院・診療所185施設での採用
2003年3月末:品目ベースで6.5%
(2002年9月末:品目ベースで5.3%)
厚労省は医療費抑制のため、国立病院な
どに対して、品質、情報提供、供給実態、
企業情報のチェックリストを示す使用促進
• 医療機関で3.1%から17.6%までばらつき
メーカー
• 2004年度に後発医薬品メーカーは、20億~60億
円程度の設備増資を計画
• 沢井製薬、東和薬品、二プロファーマ
• 高血圧、糖尿病、アトピーなど長期投薬でメリット
が大きい
• 普及の進まない要因(販売量で1割)
–
–
–
–
–
メーカーが中小企業で品質に漠然とした不安
メーカーに医療情報担当者が少ない
医師がジェネリックの商品名を知らない
コンピュータのデータ変更など手続が面倒
同成分でも吸収率が先発品と同じという証拠がない
ダウンロード

ジェネリック