第7章 市場と均衡
1
7.1 完全競争
プライステーカー
完全競争
完全競争市場
個別家計の直面する
供給曲線
個別企業の直面する需要曲線
2
市場均衡
E
yD
yS
E点
3
7.2 市場価格の調整メカニズム
競売人(オークショナー):市場で
価格調整を行う
4
均衡の安定性
ワルラス的調整過程
超過需要の時に価格が上昇し、超過供給の時に価格が低
下する調整メカニズム
5
マーシャル的調整過程
需要者価格が供給者価格を上回れば、生産を拡大し、逆
に供給者価格が需要者価格を上回れば生産が縮小す
る調整メカニズム
(短期的に生産量が調整)
6
7
7.3 市場取引の利益
[消費者余剰]
家計主体的均衡条件
価格=限界代替率
8
AEyE0
EyE0pE
AEpE
9
[生産者余剰]
企業主体的均衡条件
価格=限界費用
企業の供給曲線
10
仮定:固定費用なし
PEEB
11
社会的厚生
社会的余剰
消費者余剰+生産者余剰
12
社会的厚生
AEB
13
7.4 政策介入のコスト
[関税政策]
関税:外国からの輸入税に税金を課す
仮定:国内競争企業なし、無制限輸入可能
p*:外国財の価格(邦貨建て)
無関税
国内均衡点→
消費者余剰→
14
関税政策
財1単位あたりt円課税
F
P**
国内価格
G
国内消費点
消費者余剰
消費者余剰減少分
関税収入
仮定
FEG
15
7.5 資源配分の効率性
[パレート最適]
ある人の経済状態を悪化させることなしには、別の人の経済
厚生を改善することができない状態
[交換モデル]
U A  U (xA , y A )
U B  U ( xB , y B )
xi:個人iのx財消費量 yi:個人iのy財消費量
x*:個人Aのx財初期保有量 y*:個人Bのy財初期保有量
16
表7.A.1 金太郎と桃次郎
表7.A.2 交換前
17
表7.A.3 1回目の交換
表7.A.4 2回目の交換
18
表7.A.5 3回目の交換
表7.A.6 4回目の交換
19
図7.A.1 金太郎の好み
20
図7.A.2 桃次郎の好み
21
図7.A.3 交換可能領域
22
図7.A.4 交換
23
ボックスダイアグラム
24
契約曲線
PP
25
7.6 厚生経済学の第一定理
ボックスダイアグラム
パレート最適:無差別曲線の接点
各人の限界代替率均等
消費者効用最大化問題
最適消費条件
限界代替率=相対価格
26
図7.A.5 所得分配
27
ダウンロード

第7章 市場と均衡