プログラミング演習B
ML編 第4回
2006/7/11(通信コース)
2006/7/19(情報コース)
住井
http://www.kb.ecei.tohoku.ac.jp/
~sumii/class/proenb2006/ml4/
今日のポイント
1.
2.
3.
匿名関数、部分適用
レコードとレコード型
バリアントとバリアント型

パターンマッチング
レポートについて
課題の解答を
ml-enshu@kb.ecei.tohoku.ac.jp
にメールせよ。件名(Subject)は必ず
kadai4:A1TB2345:東北太郎
第何回の課題か(一桁の数字)
自分の学籍番号
自分の氏名
の形にすること(氏名以外半角)。
締め切りは一週間後の午前8時50分厳守。
質問は上述のアドレスにメールせよ。
–
レポートの不正は試験の不正と同様に処置する。
復習:高階関数
 「関数を引数として受け取る」あるいは
「関数を結果として返す」関数
–
関数も値として受け取ったり返したりできる
fun diff f =
let
fun f' x =
(f (x + 0.001) - f x) / 0.001
in
f'
end
匿名関数
letやfunで名前をつけて関数を定義
するのが面倒なとき:
fn 引数名 => 式
により、関数を表すことができる。
例
- fun diff f =
=
fn x =>
=
(f (x + 0.001) - f x)
=
/ 0.001 ;
val diff = fn : (real ->
real) -> real -> real
- (diff Math.exp) 1.0 ;
val it = 2.71964142253 : real
ちなみに…


fun succ x = x + 1
は
val succ = fn x => x + 1
と同じ
fun sum n =
if n=0 then 0 else sum(n-1)+n
は
val rec sum = fn n =>
if n=0 then 0 else sum(n-1)+n
と同じ
–
再帰関数をvalで定義するときはrecが必要
部分適用
「複数の引数をとる」関数に、
一部の引数だけ与えて使う
- fun distance x y =
=
Math.sqrt (x * x + y * y) ;
val distance = fn : real -> real -> real
- val distance1 = distance 1.0 ;
val distance1 = fn : real -> real
- distance1 1.0 ;
val it = 1.41421356237 : real
- distance1 2.0 ;
val it = 2.2360679775 : real
ちなみに…

fun distance x y =
Math.sqrt (x * x + y * y)
は
val distance =
fn x =>
fn y =>
Math.sqrt (x * x + y * y)
と同じ
–
MLでは、厳密には「複数の引数をとる関数」は存
在せず、「関数を返す関数」の一つとして表現され
ている
課題4. 1
1.
2.
3.
前回の課題3. 3の関数delta
を、letを使わずfnで書け。
前回の例題の関数composeを、
letを使わずfnで書け。
前回の課題3. 6の関数のそれ
ぞれを、funを使わずvalとfn
で書け。
基本データ型と構造データ型
int, real, bool, stringなどの
「基本データ型」だけでは
複雑なデータを表現できない
⇒ 基本データ型を合成した
「構造データ型」を利用する
 「XおよびY」のような「組み合わせ」を
表すレコード型(C言語の構造体に相当)
 「XまたはY」のような「場合わけ」を
表すバリアント型(C言語の共用体にほぼ相当)
レコードとレコード型

「レコード」:1つ以上の値にラベルをつけて
組み合わせた値

「レコード型」:レコードの型(1つ以上の型
にラベルをつけて組み合わせた型)
組み合わせる値や型の順序は影響しない
- { surname = "Sumii", given = "Eijiro",
=
age = 20 } ;
val it =
{age=20,given="Eijiro",surname="Sumii"}
: {age:int, given:string, surname:string}
- #age it ;
val it = 20 : int

構文
レコード
{ ラベル1 = 式1, ..., ラベルn = 式n }
 レコード型
{ ラベル1 : 型1, ..., ラベルn : 型n }
 フィールドの取り出し
#ラベル 式


「フィールド」:ラベルをつけてレコード
として組み合わされた値
課題4. 2
1.
2.
先の例のように、自分の苗字と名前と
年齢を組み合わせて、レコードとして
表せ。
そのレコードからフィールドgivenと
surnameを取り出し、文字列連結の二
項演算子^を用いて、
"Eijiro Sumii"
のように「名前スペース苗字」という
形の文字列を作る、という式を書け。
ちょっと微妙な注意…

SMLでは、たとえば先の例のようなレコードxから、
フィールドageを取り出す関数fを定義しようとすると、
- fun f x = #age x ;
stdIn:17.1-17.17 Error: unresolved flex record
(can't tell what fields there are besides #age)
というエラーになる。このような場合は
- fun f (x : {surname:string,given:string,age:int}) =
=
#age x ;
val f = fn : {age:int, given:string, surname:string}
-> int
のようにxの型を指定しなければならない。

ちなみにOCamlでは、レコードやレコード型はあらかじ
め定義する必要があるので、上述のような問題はない。
余談
 SMLを拡張したSML#という言語には、
「レコード多相」(record polymorphism)
という機能があり、前述のような問題はない。
(http://www.pllab.riec.tohoku.ac.jp/smlsharp/ja/)
eiw01 % smlsharp
restoring static environment...done
restoring dynamic environment...done
# fun f x = #age x ;
val f = fn : ['a,'b#{age:'a}.'b -> 'a]
# f { surname = "Sumii", given = "Eijiro",
>
age = 20 } ;
val it = 20 : int
バリアントとバリアント型

「バリアント」:いくつかの値のうち、
いずれか一つをとるような値
–

どの一つであるか、「コンストラクタ」と
いう名札(タグ)で区別する
「バリアント型」:バリアントの型
例1:曜日を表すバリアント
- datatype day =
=
Sun | Mon | Tue | Wed | Thu
= | Fri | Sat ;
datatype day = Fri | Mon | Sat | Sun |
Thu | Tue | Wed
- Sun ;
val it = Sun : day
- Mon ;
val it = Mon : day
- Sat ;
val it = Sat : day
例2:二者択一を表すバリアント
- datatype binary = Yes | No ;
datatype binary = No | Yes
- Yes ;
val it = Yes : binary
- No ;
val it = No : binary
注: bool型の値true, falseも
datatype bool = true | false
のようなバリアントとみなせる
例3:「整数またはエラー」を表す
バリアント
- datatype int_or_error =
=
Int of int | Error ;
datatype int_or_error = Error | Int
of int
- Int 123 ;
val it = Int 123 : int_or_error
- Int 45 ;
val it = Int 45 : int_or_error
- Error ;
val it = Error : int_or_error
例3:「整数またはエラー」を表す
バリアント(続き)
- fun my_div x y =
=
if y = 0 then Error else
=
Int (x div y) ;
val my_div = fn : int -> int ->
int_or_error
- my_div 10 3 ;
val it = Int 3 : int_or_error
- my_div 10 0 ;
val it = Error : int_or_error
例4:整数を葉とする木を表す
バリアント
- datatype itree =
=
ILeaf of int
= | INode of { left : itree,
=
right : itree } ;
datatype itree = ILeaf of int | INode of
{left:itree, right:itree}
- ILeaf 3 ;
val it = ILeaf 3 : itree
- INode { left = it, right = it } ;
val it = INode {left=ILeaf 3,right=ILeaf
3} : itree
- INode { left = it, right = ILeaf 7 } ;
val it = INode {left=INode {left=ILeaf
#,right=ILeaf #},right=ILeaf 7} : itree
構文
バリアント型の定義:
datatype 型の名前 =
コンストラクタ1 of 引数の型1
| コンストラクタ2 of 引数の型2
| ...
| コンストラクタn of 引数の型n

引数をとらないコンストラクタは
of以降を省略する
構文(続き)
バリアント型の値を作る式:
コンストラクタ 引数

関数適用と同じく並べて書く
–

というか、SMLではコンストラクタも
関数の一種とみなされる
定義のときにof以降を省略した
コンストラクタは引数をとらない
課題4. 3
1.
2.
3.
my_divにならって、整数の割り算の
余りを求める関数my_modを書け。
除数が0のときはErrorを返すこと。
「浮動小数またはエラー」を表す
バリアント型real_or_errorを定義し、
浮動小数の割り算をする関数my_slash、
平方根を求める関数my_sqrt、
自然対数を求める関数my_lnを書け。
引数が定義域外のときはErrorを返すこと。
文字列を葉とする木を表すバリアント型
streeを定義し、木の例をいくつか作れ。
課題4. 3の2. の注意

浮動小数には誤差がありうるので、=で比較しては
いけない。誤差も考慮して、<=などで比較すること。
- fun is_zero x = (x = 0.0) ;
stdIn:17.17-17.26 Error: operator and
operand don't agree [equality type
required]
operator domain: ''Z * ''Z
operand:
''Z * real
in expression:
x = 0.0
- fun is_zero x =
=
(~0.001 < x) andalso (x < 0.001) ;
val is_zero = fn : real -> bool
パターンマッチング
バリアントがどの値であるか
という「場合わけ」
例題:先の「曜日を表すバリアン
ト」を受け取って、休日だったら
true、平日だったらfalseを返
す関数holidayを書け。
例題の解答
- fun holiday x = case x of
=
Sun => true | Mon => false
=
| Tue => false | Wed => false
=
| Thu => false | Fri => false
=
| Sat => true ;
val holiday = fn : day -> bool
- holiday Sun ;
val it = true : bool
- holiday Mon ;
val it = false : bool
- holiday Fri ;
val it = false : bool
- holiday Sat ;
val it = true : bool
例題2
先の「整数を葉とする木」を表す
バリアントを受け取り、すべて
の葉の整数の合計を返す関数
isumを書け。
例題2の解答
- fun isum t = case t of
=
ILeaf i => i
= | INode r => isum (#left r) +
=
isum (#right r) ;
val isum = fn : itree -> int
- isum (ILeaf 3) ;
val it = 3 : int
- isum (INode { left = ILeaf 3,
=
right = ILeaf 7 }) ;
val it = 10 : int
構文
case 式 of
コンストラクタ1 引数1 => 式1
| コンストラクタ2 引数2 => 式2
...
| コンストラクタn 引数n => 式n
↑
コンストラクタが引数をとらない場合は省略
課題4. 4
先の「二者択一を表すバリアン
ト」を受け取って、Yesに対して
はNoを、Noに対してはYesを返す
関数hinekureを書け。また、そ
の関数の働きを実際に確かめよ。
課題4. 5
次の考え方に基づいて、先の「整数を
葉とする木を表すバリアント」tを受
け取って、その葉の数を返す関数
sizeを書け。
–
–
tがILeaf iの形だったら1を返す
tがINode rの形だったら、左の木の葉
の数であるsize(#left r)と、右の木
の葉の数であるsize(#right r)の和
を返す
課題4. 6 (optional)
次の考え方に基づいて、先の「整数を
葉とする木を表すバリアント」tを受
け取って、その木の高さを返す関数
heightを書け。
–
–
tがILeaf iの形だったら0を返す
tがINode rの形だったら、左の木の高
さと、右の木の高さのうち、より小さ
くないほうに1を加えて返す
ダウンロード

val it