中学・高等学校
保護者用
親子のための
ケータイ・パソコンがあれば楽しい世界!
反面、いろいろな問題が
起こっている
でも…こんな世界もある!
依然多いワンクリック請求
絶対に料金を払わない
警察や消費生活センター等に相談
http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20080909.html#chap2
*個体識別番号には,個人情報
が含まれていません。
携帯電話の利用の実態について
中学生の約半数が携帯電話所有
「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」 (2008年度文部科学省調査)
通話よりもメールを使用
「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」 (2008年度文部科学省調査)
ネット利用は,携帯電話から
「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」 (2008年度文部科学省調査)
情報収集から発信へ
「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」 (2008年度文部科学省調査)
携帯電話は, 「ケータイ」
•携帯電話は,もはや通話よりも
•メール,インターネット,カメラ,音
楽,ゲーム等の通話以外の機能
を多く使う。
•多機能端末
ネット依存に注意
「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」 (2008年度文部科学省調査)
ネットワーク利用犯罪の内訳
(2009年2月 警視庁調べ)
○ 児童買春は
減少(507件、前年比
- 4 4件、- 8 . 0%)。
青少年保護育成条例
違反は
増加(437件、前年比
+207件、+90.0%)。
○ 出会い系サイト規
制法違反は大幅に増
加(367件、前年比
+245件、 +200.8%)
子どもたちが利用しているサイトや内容
ケータイでよくアクセスするサイト内容
保護者は「乗換検
索」「時刻表」「グル
メ情報」など数個程
度のWebサイト
中学生は「魔法のi
らんど」「モバゲー」
「グリー(GREE )」「ア
メブロ(Amebaブロ
グ)」など、非常に多く
のWebサイト
個人情報を公開してしまいやすいサービス
ホムペ(ホームページ)
ブログ
プロフ(自己紹介サイト)
リアル(リアルタイム日記)
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)
プロフ(自己紹介サイト・プロフィールサイト)
•プロフとは,「プロフィール」の略
•サイトの作成ページに用意された「ハンドル
ネーム」「性別」「誕生日」など数十項目の中か
ら,アンケートに答えるように記入するだけで
自己紹介のページを作ることができる。
•顔写真も掲載でき,掲示板もあり,手軽に友
人関係を広げることができることから,中高生
を中心に100万人以上の使用者がいると言
われている。
ブログやプロフ公開の実態
高校2年:4割以上
中学2年:2割弱
自分の子どもが公開したことがあると
思う保護者
2割弱
「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」 (2008年度文部科学省調査)
プロフ例
無料の作成サイト
http://pr.cgiboy.com/
ひとつでは大丈夫だと思っても
いろいろな情報をつなぎあわせる
と個人を特定できる場合がある。
例
文化祭の日程,近くの店名
部活動名,ニックネーム,
公開しているブログ名等
学校裏サイト
「学校裏サイト」とは,公式な学校のサイトとは別に,
卒業生や在校生によって情報交換を目的に作られ
た非公式なサイトのことをさします。
ほとんどが掲示板を使っていることから「裏掲示
板」とも呼ばれています。
内容としては,部活動のことやテストの情報交換,
卒業生同士の近況報告など,しっかりとした利用規
約に基づいて運営されているものもたくさんあります。
書き込まれた内容は広がる
子どもの様子に注意
 登校時間になると頭痛,腹痛などを訴え,
登校を渋るようになる。
 学校へ行きたくないと言いだすことが増え
る。
 遅刻したり,早退することが多くなる。
 口数が少なくなり,学校のことや友達のこ
とを話さなくなる。
 利用する頻度が急に増えたり,極端に少な
くなる。
参考資料:愛知県教育委員会義務教育課
もし,ネットいじめにあったら
1.メールや掲示板の内容を保存・印刷したり,
画面の写真を撮る。
2.メールアドレスを変更する。または,しばら
く携帯電話を使わないようにする。
3.掲示板の管理人やプロバイザに削除依頼をす
る。
4.学校や警察の生活安全課に相談し
書き込んだ児童生徒の特定や指導
を依頼する。
子どもたちに伝えてほしいこと
「1人で悩む必要はないこと」
「親も一緒になって守り解決して
いくこと」
安心させることが重要
自分の子どもが掲示板等に悪口を書いた時
1.ネット上に一度書いた内容は,他のブログ
や掲示板などに広がって,取り返しがつか
なくなる場合があることを,子どもに理解
させる。
2.悪口を書いたブログの作成者に謝罪したり,
掲示板であれば削除依頼をする。
3.場合によっては学校に相談する。
ケータイ総合サイトの例

http://yahoo-mbga.jp/

http://gree.jp/?action=login

http://ameblo.jp/

http://ip.tosp.co.jp/
情報モラル教育
心を磨く
情報社会の倫理
法の理解と遵守
 情報社会における正しい判断や望ましい態度
公共的なネット
を育てること
知恵を磨く
ワーク社会の構築
安全への知恵
情報セキュリティ
 情報社会で安全に生活するための危険回避
の方法の理解とセキュリティの知識・技術,健
康への意識
財団法人 コンピュータ教育開発センター
「5分でわかる情報モラル教育」より
ネット社会の特徴は
ネット社会は,光と影が表裏一体
情報モラル,こうやって伝えよう
ケータイの使い道に関心を
子どもがケータイをどのように
使っているかご存知ですか?
フィルタリングサービス
フィルタリングの利用率
 子どもの強い要
望があっても
フィルタリングを
外さないように
しましょう。
「子どもの携帯電話等の利用に
関する調査」 (2008年度文部科
学省調査)
家庭でのルールづくりが大切

ルールの例
夜
時をすぎたら使わない
 食事中はケータイをさわらない
 勝手に買い物や応募をしない
 名前や住所を教えない
 写真をのせない
 人と会う約束はしない
 ケータイの使用料金は1か月
円以内にする
 自分のWebページやブログは親に相談してから作る
 困ったりわからないことがあれば大人に相談する
子どもから目を離さない
 良く利用しているサイトなどを子どもに聞
いてみましょう。
 ブログへの書き込みは親がチェック!
住所,電話番号,学校名,最寄駅等
顔写真,近所の写真はのせない。
家庭での雰囲気づくり
基本は親子のコミュニケ―ション
・挨拶をする
・声をかける
・気にかける
・見守る
・ほめる
・子どもの話をきく
ダウンロード

親子のための