輝いて、自宅で
~終わりよければすべてよし~
日本介護福祉士会 田中雅子
地域で安心して暮らすために
• 医療と介護・福祉サービスの充実
• 良質なサービス従事者の質の確保
介護サービス従事者の現状
不十分な労働・雇用条件
短期間の離職
労働市場内の人材の循環が十分でない
従事者の質のバラツキ
事業者による能力開発とキャリア支援が
不十分
介護の仕事が魅力ある職業として十分確
立していない
介護職の役割と仕事の特性①
 生活全体を支援するための幅広い役割
⇒利用者の生活に寄り添い、生活の時間・経験の一
部を共有することまでをも期待される
⇒利用者の代弁や権利擁護、各種サービス等につ
いての情報提供や相談など家族への支援、地域
の社会資源やサービスとの橋渡しなど、利用者の
生活環境の整備
⇒利用者を取り巻く社会関係や生活文化を理解
介護職の役割と仕事の特性②
 利用者との協働作業としての介護
⇒介護は、利用者と介護職が協働して、より
よく暮らそうとする目標をともにし、このた
めの方法や可能性を見つけ出し、創りだし
ていく協働作業。(時には、利用者から多くのこ
とを学び、成長し、支えられるている)
⇒利用者と介護職との協働作業、相互の関
係性によりケアが創造される
介護職の役割と仕事の特性③
 介護は考え・判断する精神労働
⇒介護は身体的な行為を媒介とした精神労
働。多様な生活環境のなかで、利用者の
心情、心身の状況、周辺の環境要因など
に配慮しながら、瞬時に自分のとるべき行
動を判断しなければならない
求められる介護福祉士像
(「介護福祉士のあり方及びその養成プロセスの見直しに関する検討
会」報告書から
• 尊厳を支えるケアの実践
• 現場で必要とされる実践
的能力
• 自立支援を重視し、これ
からの介護ニーズ、政策
にも対応できる
• 施設・地域(在宅)を通じ
た汎用性のある能力
• 心理的・社会的支援の重
視
• 予防からリハビリテーショ
ン、看取りまで。利用者の
状態の変化に対応できる
多職種協働によるチームケ
ア
• 一人でも基本的な対応が
できる
• 「個別ケア」の実践
• 利用者・家族。チームに
対するコミュニケーション
能力や的確な記録・記述
力
• 関連領域の基本的な理
解
• 高い倫理性
「終わりよければすべてよし」
介護職の課題(悩み?)
• 利用者・家族から求められる医療ニーズへの対応
平成19年2月、日本介護福祉士会東海・北陸ブロック7県の「医療的行為に
関するアンケート」から
問「吸引・点滴・経管栄養・インシュリン投与などの行為は法律で禁止されて
いることを知っていますか?」
↓
「知っている」97.6% 「知らなかった」2.4%
問「経管栄養(鼻管・胃ろう)について
↓
「行っている」28.2% 「行っていない」68.8%
「行っている」者のうち、医師・看護職員からの指示が67%、家族・本人から
の依頼が6.5%
ダウンロード

資料(パワーポイント)