演者の利益相反自己申告が必要となる金額(年間)
① 役員・顧問職
100万円以上
② 株式
利益100万円以上/全株式の5%以上
③ 特許権使用料
100万円以上
④ 講演料等
100万円以上
⑤ 原稿料等
100万円以上
⑥ 研究費
200万円以上
⑦ その他の報酬
30万円以上
演者の利益相反状態の開示
該当の状況
① 役員・顧問職
あり ・ なし
② 株式
あり ・ なし
③ 特許権使用料
あり ・ なし
④ 講演料等
あり ・ なし
⑤ 原稿料等
あり ・ なし
⑥ 研究費
あり ・ なし
⑦ その他の報酬
あり ・ なし
企業名等
演者の利益相反状態の開示
すべての項目に該当なし
ダウンロード

利益相反