大岩研究会1 サブゼミ第一回
環境情報学部4年
二宮温子
授業計画


最終目的(Goal):メッセージの伝わる授業
をつくれるようになる
学習目標:

受講者に伝えるメッセージを決めることができ
る

一意にする
メッセージを伝える授業にする




箇条書き(メッセージの階層構造)
用語の統一
授業に用いる具体例の検証
ワークショップを含む場合、その題目の検
証
模擬授業をしてみよう

題目:箇条書きを教えてください
条件;



5分間の授業です
対象なども考えてください
授業をつくる際に考えたことをできるだけ紙に
メモしてください
それでは、10分間考えてみてください・・・
みんなの発表
どうすれば伝わる授業になるか
●今日はその1つの方法論を講義します●
具体例
本日の私の授業
条件:
 時間 1時間
 場所 o17
 対象 大岩研究会1 新規履修者
授業計画


最終目的(Goal):メッセージの伝わる授業
をつくれるようになる
学習目標:

受講者に伝えるメッセージを決めることができ
る

一意にする
Goalとは最終目的です
Goalとは
授業後に受講者に達成してほしい状態
のことです。※授業後に受講者がこうなっていてほしい、と
いうこと

複数人で教える時、Goalがあるとうれしい
こと

実際の授業をしていて、質問が出た時などの対処が
統一できる ex.)御所見TA研修
私がGoalを設定した過程
1.
2.
3.
仮決定
検証
決定
1.仮決定

今大岩研究会1が抱える課題
メッセージはある!!しかし、


各班のメッセージがうまく伝わっていないこと
毎回の発表のレビューが生かせていないこと
↓それなら、
Goal(仮):メッセージを明確にもち、受講者と
相互に達成度を検証する指標がつくれる
2.検証



1時間で伝えきれるか
「メッセージ」とは何か
達成度を検証する指標とは何か
3.決定
Goal:メッセージの伝わる授業をつ
くれるようになる

メッセージとは?


受講後、受講者の心に残るもの
一意である
学習目標
学習目標とは?
Goalを達成するための目標を細かく分解し
たものです。→ゆえに、ピラミッド構造


学習目標があるとうれしいこと

自分のインストラクションを自分で評価しやすくなる


受講者がどこまで達成できたか
受講者がどこでつまずいたか
フィードバックし、次に生かすことができる
学習目標(例)

伝えるメッセージを一意にする

メッセージの検証
↓
メッセージを決めるため
メッセージを伝える授業内容に
する



授業に用いる具体例ー本日の私の授業
ワークショップの題目ー「正しい箇条書きを
教えてください」
パワーポイントの箇条書きー矛盾のない
構造にする
なぜ具体例を私の授業にしたか
私が今一番伝えたいメッセージは、
【メッセージを伝える授業しようぜ!!】
ということ。だからこそ伝えられる。メッセージ
の伝わる授業を授業で体感してもらいた
かったからです。
なぜ【箇条書きを教えてくださ
い】という題目にしたか

題目の条件




みんなが知っていること
本質が理解できているか曖昧なこと
ネタ勝負でないこと
個々人によって多様性がでること
他の選択肢との比較
題目を【分数の足し算】にするということも考
えられました
↓なぜ、そうしなかったか
 伝えたいメッセージに限りがあり、個々人
の多様性がでてきにくいこと。
 「やり方」の授業になってしまうこと。
なぜ箇条書きが重要か
伝えたいメッセージを構造化して、簡潔に第
三者に伝える手段であるからです
具体例:(旧)私のパワーポイント
Goal(種明かし編①)
★今大岩研究会1が抱える課題は、
メッセージはある!!しかし、
●各班のメッセージがうまく伝わっていないこと
●毎回の発表のレビューが生かせていないこと
↓それなら、
Goal(仮):メッセージを明確にもち、受講者と相互に
達成度を検証する指標がつくれる
フィードバック
さきほど、みなさんが授業を考える時に
メモした紙を見直してみてください
☆ポイントを次からのスライドで挙げます
↓
次に、試しに今言った方法でもう一度授業を
つくってみてください
まとめ


最終目的(Goal):メッセージの伝わる授業
をつくれるようになる
学習目標:

受講者に伝えるメッセージを決めることができ
る

一意にする
↓
●メッセージを伝える授業にする●
模擬授業~Again~
みなさんの発表
改善の感想をどうぞ



どこを改善しましたか?
なぜ改善しましたか?
この方法はどうでしたか?
やりやすかったですか?
次回予告
次回は、
ポイントを押さえた、次に生きる評
価ができるようになりましょう
◇評価は、メッセージを伝えると言うこと、そ
れをどう授業にするかを自己と他者の両
面から考えることです。
ダウンロード

ppt