100KeV以上のeventのHXRと電波の
power-law indexの比較
CDAW2010 @ NSRO
2010.10.29
(グループ2)
中島、大山、西塚、川手、大井
2
動機
• 17GHz・34GHzのマイクロ波バーストは、主に
数100keV-数MeV程度の電子によるジャイロ
シンクロトロン放射
• 100keVの硬X線バーストは100-200keV程度の
電子による制動放射
• →数100keV-数MeVの硬X線は17GHzと同じ電
子を見ているか?
3
• Silva et al. (2000)
– 硬X線から求められる電子スペ
クトル指数とマイクロ波から求
められる電子スペクトル指数
は一致しない
– dx – dr ~1
硬X線から求められる電子
のべき指数
先行研究
• Lin et al. (2002)
マイクロ波から求められる電子のべき指数
Silva et al. (2000)
– 硬X線スペクトルに見られる数
百keVにおけるべきの折れ曲
がり(高エネルギー側が3程度
hardening)
通常観測することのできる数百keVの硬X線による
電子のべき指数と、17GHzを放射する電子のべき
指数は異なる場合のほうが多いのではないか?
Lin et al. (2002)
4
方法
Dulk (1985)
Tandberg-Hanssem & Emslie
(1988)
非熱的電子の輻射量が多い
フレアを選択的に解析
・両者の差はどの程度存在するか
・Silva et al. (2000)とどの程度一致するか
・どのような条件で差が生じているか
5
イベントリスト
X
Y
S30E85
-825
-481
0:47
S12E74
-899
-236
23:13
S07W16
270
-108
23:12
S08E58
-805
-147
6:36
N05E89
-992
93
2:38:00
1:48
S10E52
-751
-211
1:43
2:03:00
2:12
S10E39
-599
-236
near limb
4:31
4:38:10
4:45
N08E82
-943
118
disk
21:30
21:35:00
23:18:30
23:20:00
22:43
S11E00
-15
-304
Limb/Disk Start Time
Date
Class
1
2002/5/31
M2.4
limb
0:04
00:07:20
0:25
2
2002/7/20
X3.3
limb
21:04
21:28:00
21:54
3
2002/7/23
X4.3
disk
0:18
4
2003/5/27
X1.4
disk
22:56
5
2003/6/17
M6.8
disk
22:27
6
2004/1/6
M5.8
near limb
6:13
00:30:30
23:02:00
23:05:30
22:46
22:52:30
6:22:30
7
2004/7/15
X1.8
disk
1:30
8
2004/7/16
X1.3
disk
9
2005/8/25
M6.4
10
2005/9/10
X2.1
11
2005/9/13
X1.7
disk
23:15
Peak(17GHz)
End Time position
#
23:30
[1] 2002 May 31, 0:04 - 0:25UT M2.4
limb event
6
[1] 2002 May 31, 0:04 - 0:25UT M2.4
limb event
γ = 1.2
α = 1.2
7
[2] 2002 Jul 20, 21:04 - 21:54UT X3.3
limb event
8
[2] 2002 Jul 20, 21:04 - 21:54UT X3.3
limb event
γ = 2.2
α = 0.5
9
[3] 2002 Jul 23, 00:18 - 0:47UT X4.3
disk event
10
[3] 2002 Jul 23, 00:18 - 0:47UT X4.3
disk event
γ = 3.0
α = 0.5
11
[4] 2003 May 27, 22:56 - 23:13UT X1.4
disk event
12
[4] 2003 May 27, 22:56 - 23:13UT X1.4
disk event
γ = 3.3
α = 2.0
13
[5] 2003 Jun 17, 22:27 - 23:12UT M6.8
disk event
14
[5] 2003 Jun 17, 22:27 - 23:12UT M6.8
disk event (peak 1 at 22:46UT)
γ = 3.1
α = 1.0
15
[5] 2003 Jun 17, 22:27 - 23:12UT M6.8
disk event (peak 2 at 22:52UT)
γ = 2.8
α = 1.0
16
[6] 2004 Jan 6, 06:13-06:36UT M5.8
near limb event
α = 0.9
γ = 2.9
17
[8] 2004 Jan 6, 06:13-06:36UT M5.8
near limb event
γ = 4.5
α = 0.3
18
[9] 2005 Aug 25, 4:31-4:45UT M6.4
near limb event
19
[9] 2005 Aug 25, 4:31-4:45UT M6.4
near limb event
γ = 2.9
α = 1.2
20
[10] 2005 Sep 10, 21:30-22:43UT X2.1
disk event
21
[10] 2005 Sep 10, 21:30-22:43UT X2.1
disk event (peak 1 at 21:36UT)
γ = 3.2
α = 0.5
22
[10] 2005 Sep 10, 21:30-22:43UT X2.1
disk event (peak 2 at 21:45UT)
γ = 4.2
α = 0.9
23
[10] 2005 Sep 10, 21:30-22:43UT X2.1
disk event (peak 3 at 21:56UT)
γ = 3.2
α = 0.7
24
25
結果
#
Date
Class
Limb/Disk
Peak(17GHz)
gammma
alpha
1
2002/5/31
M2.4
limb
00:07:20
1.2
1.2
2
2002/7/20
X3.3
limb
21:28:00
2.2
0.5
3
2002/7/23
X4.3
disk
3.0
0.5
4
2003/5/27
X1.4
disk
3.3
2.0
5
2003/6/17
M6.8
disk
6
2004/1/6
M5.8
near limb
00:30:30
23:02:00
23:05:30
22:46
22:52:30
6:22:30
3.1
2.8
2.9
1.0
1.0
0.9
7
2004/7/15
X1.8
disk
2:38:00
8
2004/7/16
X1.3
disk
2:03:00
4.5
0.3
9
2005/8/25
M6.4
near limb
10
2005/9/10
X2.1
disk
2.9
3.2
4.2
3.2
1.0
0.5
0.9
0.7
11
2005/9/13
X1.7
4:38:10
21:35:00
21:45
21:56
23:18:30
23:20:00
disk
26
Silva+(2000)との比較
マイクロ波、HXRともに硬いイベントを見ている
マイクロ波から求めら
れる電子のべき指数
HXRから求められる電
子のべき指数
27
Silva+(2000)との比較
HXRから求められる
電子のべき指数
δx = γ - 0.5 だとδx – δr ~ 0になりそう
HXRべき指数
–マイクロ波べき指数
マイクロ波から求めら
れる電子のべき指数
28
考察
• 数百keVのknee以上のエネルギーを電子で見ているとすると、
何がkneeを作っているのか
center-to-limb variationが存在する
→footpoint電波源とlooptop電波源とで差が生じる
limb eventの方がべきが柔らかい
→磁場の強い場所、低エネルギーを見ると、べきが柔らかい
– →kneeより低エネルギー
側は加速電子数に対して
さほどべき指数は変わら
ず、高エネルギー側は加
速電子数が多いほどべき
指数は硬くなる
HXRから求められる
電子のべき指数
• 17GHzフラックス(非熱的
放射量)が大きいほど、
硬X線のべき指数は変
わらない一方、電波のべ
き指数はhardening
HXRべき指数
–マイクロ波べき指数
結果その2
29
30
まとめ
• モデルとしたγ+1.5は正しいか
-> 空間構造を考慮した追解析が必要
->各イベント毎の特徴を抽出する
• 今回はsilva+(2000)と比べて強いイベントであ
り、べきは硬い
-> 数百keVで非熱的輻射の強いイベントを選択的
に解析
ダウンロード

程度の電子によるジャイロシンクロトロン放射