降水セルから見た
甑島ラインの形成過程
長さ : 約150km以上
降水セルひとつひとつが
甑島ラインを形成するまでの過程を明らかにする。
五島ライン
五島列島
2001/06/19/11:30JST
長さ:約80km
諫早ライン
1997/07/11/16:00JST
長崎半島
長さ : 約70km
甑島ライン
2002/07/01/12:20JST
甑島列島
ドップラーレーダーデータ
(気象研レーダー・NASDAレーダー)
Regional Analysis data
鹿児島ゾンデデータ
上甑島
長島
下甑島
川内
風プロファイル計算地点
鹿児島
降水セルとは
降水セル
24
降水セルの定義
「高度2kmでの反射強度が24dBZ以上の閉曲線」
を降水セルと定義する。
降水セルの特徴
・水平スケール
・鉛直スケール
・移動速度
・移動方向
・寿命
約5~12km
約1~6km
平均8~12m/s
ほぼ北東方向
最大約35分
35分後
約25km
12m/s
発生
ラインの形成
降水セルの
①寿命 ②移動方向
③移動速度
④発生数
⑤発生位置
高度2kmにおける降水セルの
発生地点( )分布図
第3領域
第2領域
第1領域
第1領域
第2領域
第3領域
古いセルの後面にできる例
10:40
10:45
Ⅱ
b
A
A
Ⅰ
A
B
10:50
A
A
B
Ⅱ
b
A
B
b
Ⅰ
A
Ⅰ
b
10:45
Ⅱ
b
古いセルの右側にできる例
11:40
A
C
Ⅰ
11:45
11:50
A
C
A
C
Ⅱ
b
A
D
A
D
Ⅱ
b
b
Ⅰ
11:40
A
C
b
Ⅰ
A
D
Ⅱ
b
まとめ
◆2002年7月1日に形成した甑島ラインの形成
過程を調べた。
・甑島上だけでなく、風下側海上、長島付近に
おいても、降水セルの発生が見られた。
◆特に第2領域では、
・ライン形成前半には、
古いセルの後面に新たなセルが発生。
・ライン形成後半には、
古いセルの後面だけでなく、
前面や右側にも新たなセルが発生。
長さ : 約150km以上
五島ライン
五島列島
2001/06/19/11:30JST
長さ :約80km
諫早ライン
1997/07/11/16:00JST
長崎半島
長さ : 約70km
甑島ライン
2002/07/01/12:20JST
甑島列島
環境場
V (m/s)
・RH85%以上の湿潤
(surface~800hPa)
・LCL=375m
・LFC=1743m
-3
シアの大きさ:5.0×10 /s
U (m/s)
Froude number
By Smolarkiewicz and Rotunno(1989)
U0
Fr 
Nh
U0: a uniform horizontal wind
N: Brunt-Vaisala frequency
h: top height of a mountain
U0=6.9m/s,N=1.08×10-2/s,h=604m
Fr = 0.82
山を乗り越える気流の傾向が強い
ダウンロード

甑島ラインの研究