昭和大学保健医療学雑誌
総
説
第 11 号
2013
生活療法批判に関する一考察
山口 芳文
1)
、 鈴木 憲雄
1)
、作 田浩 行
1)
、増 山英 理 子
1) 昭和 大学
保健 医療 学部
2 )昭 和大 学
保 健医 療学 研究 科
要
1)
、 水野 高 昌 2 )
作 業療 法 学科
普 通研 究生
旨
精神科病院での生活療法についての批判が今から約40年前に展開された歴史がある。そ
の主な批判の論点は、治療者側の患者に対する治療の押しつけ、治療目的の不明確さ、画一
的内容、人権の無視,などであり、患者中心の医療を目指すことが求められた。その批判を
契機にして、精神科医療状況は大きな変化が期待された。しかしながら、その後の経緯をみ
ると、幾多の 精神科医 療 での不祥事が 続いて来 た 。
本論では、生活指導を中心にした生活療法への批判と擁護の歴史を振り返り、生活療法の
あり方につい て検討す る 。
Key Words:生活療法、 生活指導、精 神科病院
はじめに
生活療法の中でも生活指導は、作業療法、レク
精神科病院での生活療法についての批判が今
リエーション療法に比べ、基礎的な部分を担って
から約40年前に展開された歴史がある。その主
いる。生活指導の内容として、「精神障害者行動
な批判の論点は、治療者側の患者に対する治療の
別生活指導指針」4)では、「起床・就寝・更衣」
押しつけ、治療目的の不明確さ、画一的内容、人
「洗面・歯磨」「結髪」「食事」「排泄・生理」
権の無視、などであり、患者中心の医療を目指す
「着装」「手足の清潔」「入浴・洗髪」「爪切」
ことが求められた。その批判を契機にして、精神
「調髪・顔そり」「化粧」「持ち物の始末(日用
科医療状況は大きな変化が期待された。しかしな
品購入)」「居室の清潔」「レクリエーション」
がら、その後の経緯をみると、幾多の精神科医療
「作業」「対人関係と社会性」「余暇活動」の1
での不祥事
1)
が続いて来た。
7項目に分けられ、生活指導の徹底が図られた。
生活療法の歴史
このような歴史と当時の批判を再度明確にし,
現在の精神科医療状況に照らし合わせ、その現代
(1) 生活療法の提唱
生活療法の提唱者である小林5)は、精神外科
的意義を考察することは、精神科医療の内容を吟
味する上で重要なものと思われる。
手術を終えた患者にその後療法として行った生
本論では、生活指導を中心にした生活療法への
活指導が効を奏したことを認め、手術をしていな
批判と擁護の歴史を振り返り、生活療法のあり方
い荒廃患者にも生活指導を行い、昭和 30 年に生
について検討する。
活療法の考えを公にした。そこでは、患者の日常
生活療法とは
生活を人間的なものにするために作業や遊びを
生活療法(くらし療法)は、生活指導(しつけ
取り入れて患者の病的な症状・行動・日常生活・
療法)、レクリエーション療法(あそび療法)、
環境等を治療的方向へ向けようと働きかけ6)、
作業療法(はたらき療法)と定義2)され、活動
閉鎖、拘禁、放置の精神科病院の現状に対し「精
の場、範囲を着実に広げて行く態度の育成、自発
神科病院を治療的環境へ」というスローガンのも
性、自主性、協調性、勤労意欲、経済観念を育て
とに生活療法は出発7)した。
社会性を持たせる3)ことを目的としている。
(2) 生活療法の広がり
11
昭和大学保健医療学雑誌
第 11 号
次第に生活療法はわが国の精神科病院に広が
2013
日課による拘束、病棟の運営・維持のための雑用、
り、生活指導の分析と検討が細密化された。昭和
諸規則による管理が行われた。
44 年に発表された国立療養所看護共同研究班に
表1
生活指導の実態12)(筆者要約)
よる「精神障害者行動別区分」、「精神障害者行
生活指導
生活指導の例
動別生活指導指針」により、生活指導の精密な規
固定化した週課表、日
チャイムによる一斉起
8)
。作成の主な動機は、
課表等により、生活指
床、布団の運び入れ、洗
生活療法の基礎で前療法とされた生活指導につ
導が重点的に行われ
面、歯みがき、着衣、タ
いて、科学的基準を持たねばということであり、
管理されていた
バコ配布、大量の向精神
格化に取り組み始めた
結核における安静度や分類に比せられるものを
創り出したということであったと推測される
薬、手洗い、配膳・配食、
9)
。
つな張り、一斉に食事、
一方、生活療法が全盛となると、薬物療法と生
ホール掃除、残飯係、病
活療法とは不可分の一体となって、精神科病院に
棟巡視、ラジオ体操、グ
おける患者管理を一層押し進め
10)
、生活療法に
ループ会、作業療法(箱
積極的に取り組んだ病院ほど、入院が長引くとい
う事態が進行
おり)、コーラスなど
10)
していった。
生活指導作業等によ
配膳当番、便所当番、風
る使役、本来なら職員
呂の手伝い、ホール当
生活療法は昭和44年、病院精神医学会以降、
が行わなければなら
番、ポリシャー手伝い、
学会の場において公然と批判されるようになり、
ない病棟の運営・維持
布団介助、歯みがき当
昭和47年、日本精神神経学会総会で生活療法を
のための雑用を生活
番、残飯捨て当番、手洗
テーマとするシンポジアムがもたれ、「生活療法
指導作業と称して行
い誘導当番、チャイム
は患者抑圧を合理化する役割を果たし、今後は生
わせた
係、洗面所当番、各部屋
(3) 生活療法の批判
活療法なる語を廃棄して、
・・」と結論づけた
4)
。
掃除、請求物品受け、洗
しかし、全国的には生活療法は以前と変わらず
濯物運び、包布運び当
行われている病院も多く、日本精神科看護協会で
番、ベット部屋の掃除当
は生活療法を拡充し、強化する方向での取組みが
番、廊下掃除当番、ちり
以前よりむしろ積極的になされ、
「よい生活療法」
捨て当番、買物とり当
を目指して努力がなされているともいえる状況
番、足洗い当番、新聞と
にあった
4)
。生活療法は拘禁と放置の下で荒涼
り当番など
としていた精神科病院の中で、素朴で人道主義的
諸規制の集積と強要
電話許可制、手紙検閲
な職業意識に支えられて出発した様々な活動が、
制、タバコ1日6本、マ
「精神科病院を治療的環境に」というスローガン
ッチ所持厳禁、買物は看
の下に組織化されてきたものだけに、それに対す
護課一括購入、単独外
る批判は困惑と反発を招かずにおかなかった11)。
出・外泊不許可、懲罰と
しかし、生活療法は施設症を打ち破る活動ではな
しての保護室使用、保護
くて、それを助長、促進する機能を果たし、入院
衣の安易な使用、大量の
治療の中で社会的自立を完成させるといった「収
向精神薬、集団操作、男
容主義の完成」を目指すようになった8)
女病棟境閉鎖、病室と看
生活療法への批判
護・治療室間の閉鎖など
生活療法のうち、特に生活指導に対する批判を
(2)生活指導の方法・手段への批判
明らかにする。
「精神障害者行動区分表」、「精神障害者行動
(1)生活指導の実態
別生活指導指針」に対し、その批判では、患者の
精神科病院では、表1に示すように病棟内での
12
昭和大学保健医療学雑誌
第 11 号
2013
行動を「何故か」と問わないで表面的にとらえて、
応、院内寛解といった別の形のホスピタリズム、
一方的に「あるべき行動」を提示して指導すると
施設症を生んでしまった 11)という批判である。
ころにあり、患者との関わりをぬきにして指導が
(4)患者に対する職員の態度への批判
一人歩きすることの危険性
8)
を指摘している。
生活指導とは、人並みの習慣を身につけるため
また、生活指導での週課表、日課表によって細部
躾を行う、いわば生活のリズムを人並みに回復さ
にわたり過剰に機械化され、模式化され、様式化
せるための再教育であり、病院の最も重大な仕事
されるに至っては、患者-治療者関係は非人間的
の一つとされていた12)。患者本人の内発性,自
で、硬直化したものとならざるを得ないとする秋
発性、自立性、主体性等とは無関係に、職員が患
元の批判を紹介
13)
している。さらに、治療者自
者を外から徹底的に加工ないし規制して病院の
身への批判として、患者との関わりの中で内的緊
枠にはめ込む行程であった12)。患者が自己主張
張に耐えて治療者としての変革を遂げ、共感性と
し、自己を実現していく可能性を引き出すのでは
自らの客観性を深めていこう
2)
とせずに、「す
なく、「無為、自閉的」な患者に対する画一的強
ぐに役立つ対応や処置」を求めすぎることの中に、
精神医療に関わる我々の危険な体質がある
8)
制的な働きかけ、何もしたがらない患者にはとに
こ
かく体を動かさせるやり方、そして「それによる
とを指摘している。生活指導の精密化が精神科看
病像の変化は得られる筈」とする人間蔑視の安易
護の豊かな展開を妨げたのではないか
11)
な治療観が生活療法にはある14)とする批判であ
という
批判もある。
る。
(3)精神科病院の治療構造への批判
その基礎をなす方法を示す「しつけ」、「働き
生活療法批判は、生活療法が行われている精神
かけ」、生活指導については、人が他の人をその
科病院の治療構造との関連からもとらえられる。
現在ある状態から、自分の想定(期待)する状態
多くの患者は、入院生活を送る中で絶望や屈辱を
に変化させようとする行為であり、行為者自身は
繰り返し味わされ、感じることや考えることをや
常に不変で、対象者の方が常に変化を期待され、
め,自分の主体性や自分というものを放棄せずに
要求され、かつ「行為」はもっぱら変化を期待さ
はいられない所に追い込まれ、放置すればそのよ
れる方に向かってのみ、一方向的になされる4)。
うな状態に陥ってしまう内部的力を精神科病院
治療者ー患者関係での「信頼関係」、「約束」、
は持っている
8)
という批判である。
「自由」、「責任」も「一方向性」に規定された
精神科病院に確固として存在し続けていた抑
質のものとなる4)。精神力動的な意味での「相
圧的、権威主義的構造を科学性や療法という名で
互作用」とか、精神分析での転移、逆転移とは全
穏やかに薄め免罪にすることによって、医療従事
く異なり、「しつけ」等の行為がより有効に運べ
者の根本的自己変革を遅滞させる役割を果たし
るように治療者側の態度とかやり方を変える、と
ていた2)。また、精神科病院への収容とともに
いうことを意味している4)。
始まる「非個性化」「非個人化」というべき様々
問題であるのは7)、精神科病院における生活
な生活者としての自己決定を奪い取る過程、生活
指導や遊びや労働そのものではなく、「伝統的精
の隅々まで秘密を奪い取られ、自己決定に伴う苦
神科病院の治療構造」を支えていた治療者絶対と
悩や責任までも医師や看護職員によって代行さ
いった発想、懲罰的雰囲気を背景とした諸活動で
れてしまい、人間としての尊厳や誇りをも完全に
あり、懲罰という強制力を自分の背景に持ちなが
放棄する事を強制する規則と支配の状況
11)
が精
ら患者に関わっているということに無自覚な治
神科病院の治療構造にはあった。
療者のあり方である。さらに、精神科病院の中で
このような全体状況の中で、病院内での開放化
の生活は、「生活を奪っておいて生活が下手だ」
と生活療法の浸透によって患者の病院内での日
と患者を批判し、プライバシーの喪失、患者の人
常生活行動の自立はもたらされたが、それが直ち
間としての誇りや尊敬を徹底的に押しつぶすよ
に社会復帰する力とはなりえず、患者の病院内適
うな処遇、自主的な判断を育てるどころか、すっ
13
昭和大学保健医療学雑誌
第 11 号
2013
かり押しつぶしてしまうような四角四面な規則
擁護する。
や慣習、時には患者に対する野蛮な仕打ちさえ横
(2) 精神科病院状況と生活療法
行
7)
するものであった。
生活療法は、精神科病院における治療活動に体
生活療法の擁護
系と秩序を与え、病院の運営の近代化、合理化を
前項では、患者の主体性、治療者側の自覚的態
それなりに可能とし促進した。生活療法批判では、
度、それを支える精神科病院の「治療構造」など
病院の抑圧的治療形態、強制収容所性を解体し、
の観点から、生活指導を中心とした批判について
開放や解放が精神分裂病の自然治癒力を引き出
述べた。ここでは、生活療法擁護の立場からの意
す前提としたが、抑圧的形態を除去すれば治癒に
見を紹介する。
導けるものではなく、生活療法、社会復帰活動を
(1) 生活療法の治療的意義
捨てて何が残ろうか 17)と生活療法を擁護する。
さらに、元吉18)は、生活療法を欠いては精神
今まで行われた生活療法への批判に対し、以下
の反論13)が行われた(表2)。
科病院の医療は片輪になる。当時の厚生省の定め
た保険診療における「精神科の治療指針」(昭和
表2 生活療法批判に対する反論
13)
(筆者要約)
36年)にもその重要性が強調されているが、こ
①精神病者ことに分裂病者の治癒過程は、ある一
れに対する技術評価は無論のこと所要経費も治
つの精錬された治療法によって治療が達成され
療指針に基づく診療行為であるにもかかわらず、
るようなことは現実にはない。性質を異にした医
何の給付もされていない。遂には生活療法を放棄
療活動や看護活動を寄せ集めた、いわば多様な活
せざるを得ない事態に立ち至ることも計り難く、
動のモザイクによって治って行く。
一層薬物療法の偏重を来し、社会復帰への道はい
②患者-治療者間の人間関係を重視し、民主的な
よいよ狭められ、慢性患者は益々病院内に沈殿し、
関係を基盤に据え、非指示的かつ受容的な態度を
入院期間はさらに長期化し、病床の回転率は低下
取り、十分に力動性を考慮しており、「過剰に機
し、かえって医療経済を悪化させるという悪循環
械化され、模式化され、様式化された」点は認め
を来すこと必至であろう18)と生活療法の中でも
られない。
作業療法の問題にも言及している。
③生活療法の解釈や実践は病院によって差異が
(3)生活療法の復権
臺19)は、生活療法は一方の極に狭い意味の行
あるため、一般の批判でなく、実証的な批判が必
要である。
動療法、神経症的性癖、行動異常などの変容に用
④週課表は、緩やかなもので批判するようなもの
いられる技法を持ち、他方の極に障害克服のため
ではなかった。
の啓発、自己発見等の精神療法と重なり合う幅広
いスペクトルを持ち、課題の段階的拡大、場面の
生活療法を実践するに際し、医師による個人面
転換と役割操作、社会的学習は互いにからみ合い
接(精神療法)、看護師による生活指導、作業療
ながら進行し、生活療法を真にあるべき姿に戻し
法士による作業療法等が、患者の治療ならびに社
復権する必要があると主張した。
生活療法批判のその後
会復帰という一致した目標に向かって統合され、
(1) 社会生活技能訓練
治療チーム内の話し合いを頻繁にもってコミュ
ニケーションを常によくしていく必要がある15)。
竹村は最近の生活技能訓練(以下,SST)の普
その結果、従来ではなかなか改善しそうになかっ
及は洗練された技術とはいえ、生活療法の逆輸入
たいくつかの点が、院内院外を問わず日常生活の
に他ならない20)と指摘する。安西21)は、生活
いろいろな場面で根気よく治療者より患者に向
療法が目指したものは患者の生活行動の改善で
かう一方的な社会生活指導を繰り返していると、
あり、目標としているものは SST との間に共通点
徐々にではあるが尐しでも常識的なレベルを獲
が多いが、SST は構造化された学習環境の中で練
得するようになった事例
習を繰り返し、獲得した技能を実生活で生かせる
16)
もあると生活指導を
14
昭和大学保健医療学雑誌
第 11 号
ろ病院の外で発展していくことになった10)。
ように学習の般化が促されるとし、その違いを強
調している。
しかし、樋田
2013
また、「生活療法の旗を捲く」時期と、専門病
22)
は、生活療法はわが国で「働
棟化の進行は一致しており、専門病棟化の進行が
きかけ」と「しつけ」という独自の原理の下に育
病院全体のマネージメントから主要な医長たち
った、固有の内容をもつ治療体系であり、これを
を撤退させ、しかも医長による管理体制だけは形
「生活経験の学習」としてその概念を拡張し、SST
式的に強化され、内因性精神病の「専門的治療」
と同一視することは、それが必ずしも学習理論に
は置き去りにされ、停滞と後退を余儀された24)。
基づく行動療法とはいえない点から無理がある
さらに、例えば、病院精神医学会は「病院・地域
と批判する。さらに猪俣
23)
は表3に示すように、
精神医学会」になったが、「地域」をつける事に
SST に対する疑問を生活療法との関連で示して
よって病院精神医学会は、なすべきだった病院改
いる。
革にあまり力を入れなくなってしまったのでは
表3
SST に対する疑問点
23)
ないか25)との指摘もある。
(筆者要約)
考
①管理的治療環境、制限された人間関係、社会的
察
スティグマの中にある長期入院患者にとっては
生活療法は、活動の場、範囲を着実に広げて行
スキルの問題だけに還元され、生活療法と同じく
く態度の育成、自発性、自主性、協調性、勤労意
院内管理になってしまう不安がある。
欲、経済観念を育て社会性を持たせる3)ことを
②獲得された行動は日常生活場面へと般化され
目的としている。その目的にも拘らず、生活療法
にくい。ソーシャルスキルの評価と同時に SST
は多くの批判に曝されてきた。その理由について
プログラム自体の評価も問われる。
考察する。
③本人のスキルだけに還元する評価尺度でよい
(1) 生活指導基準の細密化
生活指導基準が細密化・明確化されたのはなぜ
のか。家族や社会・施設の病理性とその相互作用
か。
を同時に評価する尺度が必要である。
そこには治療者絶対、懲罰的雰囲気、強制力を
背景にした関わりに無自覚的治療者の存在が指
(2) 精神科病院状況
摘されている。職員の無自覚的な不安のため、生
生活療法をめぐる論争は、明確な決着をみない
ままに終焉を迎え、推進論者達は、「中間施設」
活指導を行う上でのしっかりした枠組みを必要
待望論へとなだれ込み、批判者達は、病院の開放
としていたといえる。細密化される一方で、無為、
化と地域活動の発展により、生活療法を乗り越え
自閉的な患者に対する画一的強制的な働きかけ、
ようと考えた10)。
何もしたがらない患者にはとにかく体を動かさ
生活療法批判により、病院の活力が失われ病棟
せるやり方、そして「それによる病像の変化は得
や各職種の人々はそれぞれの狭い世界に穴ごも
られる筈」とする人間蔑視の安易な治療観が生活
り、病院の全体性や統一性については問わず、そ
療法にはある14)と思われる。
の日暮らしですぎた24)。また、既に超長期に入
細密化することで、患者の個別性が欠落する可
院していた患者群は、開放化と院内の治療体制の
能性が考えられる。例えば、患者の行動評価表作
改変にも拘らずめざましい改善を示さず、在院患
成時においても、信頼性と妥当性の検討がなされ
者は増え続け、開放化を徹底的に押し進め、日本
たからといって、個別性を無視し平均からの偏り
における治療共同体を目指した病院の実践は、道
のみに着目するような評定であってはならない。
半ばにして挫折を強いられた10)。さらに医師ー
(2) 生活療法がもたらしたもの
生活療法に積極的に取り組んだ病院ほど入院
看護者のヒエラルヒー構造を温存したまま、医師
主導型で急進的に展開された運動は長続きせず、
が長引く事態が進行したのはなぜか。また、生活
医師の勤務交替であえなく後退を余儀なくされ
療法は入院治療の中で社会的自立を完成させる
といった「収容主義の完成」を目指すようになっ
た例もあり、治療共同体的な発想と実践は、むし
15
昭和大学保健医療学雑誌
第 11 号
2013
18)
たのはなぜか。
とし、生活療法の必要性を唱えている。また、
生活指導の基準が明確となり、それにより患者
生活療法では患者-治療者間の人間関係を重視し、
の「あるべき行動」といった理想の患者像に沿っ
民主的な関係を基盤に据え、非指示的かつ受容的
た見方により、退院の基準が決められたために退
な態度を取り、十分に力動性を考慮している13)
院に至らず、入院が長引いたと思われる。また、
と擁護している。
患者との関係性を無視した「指導するーされる」
しかし、精神科病院は「精神科特例」により一
一方的強制的な介入や職員による代理行為の結
般科に比べ職員の人的不足が顕著である。そのた
果、個々の患者への理解が尐なくなり、患者自身
め患者との関係性や個別性を顧みる余裕に乏し
は受身的となり、自主性や判断する機会が減尐し、
く、すぐに役立つ対応や処置の優先、科学的であ
退院への意欲をなくしていったと考えられる。
ろうとするが故に数字で患者を捉えようとする
さらに、退院するための個別的な支援や生活技
傾向、患者の問題点に目が行き健康な側面を取り
能の習得への働きかけが行われず、病棟内での病
上げることが尐ない、など「精神科病院を治療的
棟維持のための雑用、諸規則による生活管理によ
環境へ」は充分に達成されたとはいえない。患者
り、患者を院内生活という枠に順応させる結果と
の心的現実をもとにした精神科特有の患者理解
なった。
の方法や観察、相互関係からの把握が必要である
精神科臨床では、一つの治療法によって治療が
と思われる。
達成されるようなことは尐なく、身体(薬物)・
(4) SST への批判
精神・社会的な側面を持った様々な医療・援助活
近年、精神科で行われることが多くなった認知
動により成果が達成されるが、生活指導一辺倒で
行動療法や SST は、過去の生活療法批判の観点が
の医療活動であった点が批判の対象となったと
盛り込まれているか。
もいえる。
竹村は最近の生活技能訓練(以下,SST)の普
(3) 治療的環境
及は、生活療法の逆輸入に他ならず生活療法と
生活療法により、閉鎖・拘禁・放置の状況に対
SST との間には学習原理を用いる点で共通点が
し「精神科病院を治療的環境へ」を目指したが、
ある20)という。しかし、管理的治療環境、制限
それが実現したか。
された人間関係、社会的スティグマの中にある長
精神科病院の持つ治療環境によって、患者は絶
期入院患者にとってはスキルの問題だけに還元
望や屈辱を味わい、感じることや考えることをや
され、生活療法と同じく院内管理になってしまう
め、自分の主体性や自分というものを放棄せずに
不安がある。患者本人のスキルだけに還元する評
はいられない所に追い込まれ、そのような状態に
価尺度だけでなく、家族や社会・施設の病理性と
追いやってしまう内部的力を精神科病院は持っ
その相互作用を同時に評価する尺度が必要であ
ている8)といった指摘や精神科病院に確固とし
る23)という。SST の運用にあたっては、生活療
て存在し続けていた抑圧的、権威主義的構造を科
法批判で指摘された内容、特に押し付けや強制、
学性や療法という名で穏やかに薄めることで免
画一的内容、個別性や関係性の欠如、などとの関
罪にし、医療従事者の根本的自己変革を遅滞させ
連について再考し、実施する必要がある。
る役割を果たしていた
2)
まとめ
という批判がある。そ
の根底には、患者は病識や現実検討力に乏しく、
精神科病院は患者の主体性や個別性を排除す
指導を必要とする対象であるという認識が職員
る力を持っているため、治療者は病院の持つ影響
に潜んでいるものと考えられる。
力に気付き、患者との関係性や個別性の中から治
一方では、生活療法を欠いては精神科病院の医
療や援助の内容を柔軟に設定し、一方的な価値観
療は片輪になり、一層薬物療法の偏重を来し、社
や治療観を患者に押し付けないように心がける
会復帰への道はいよいよ狭められ、慢性患者は
ことが重要である。また、すぐに役立つ対応や処
益々病院内に沈殿し、入院期間はさらに長期化し
置、指針やマニュアル化、数値化を求めすぎない
16
昭和大学保健医療学雑誌
第 11 号
ようにすることも必要である。
2013
15)中久喜雅文:シンポジアム(精神療法と生活
精神科においては、ヒエラルヒー構造のないチ
療法)、治療的共同社会の理念を応用した生
ームワークのもとに情報共有が行われ、多次元的
活療法.
精神神経学雑誌 71:1249-1253、
1969.
な治療や援助、多様な活動の提供が重要である。
文
16)山崎達二:シンポジアム(精神療法と生活療
献
法)、慢性長期在院者の生活療法の経験から.
1)冨田三樹生:精神科病院の事件・事故につい
精神神経学雑誌 71:1259-1261、1969.
て.病院・地域精神医学 47:403-411、2005.
17)小林八郎:生活療法批判の批判(2).日本
2)藤沢敏雄:シンポジアム(生活療法とは何か?)、
精神科病院協会月報 10:15-16、1977.
「生活療法」を生み出したもの.精神神経学
18)元吉功:私立精神科病院における生活療法の
雑誌 75:1007-1013、1973.
現状.病院精神医学 10:1-21、1965 春.
3)佐藤達夫:精神科領域に於ける生活指導理論
19)臺弘:生活療法の復権.精神医学 26:803-814、
体系の試み.病院精神医学 24:81-86、1969
1984.
冬.
20)竹村堅次:続 日本・収容所列島の六十年.
4)樋田精一:
「生活療法」について.日本精神科
近代文藝社、1991.
病院協会監修、精神科作業療法、牧野出版、
21)安西信雄:生活技能訓練( Social Skills
pp.115-144、1975.
Training)特集へのコメント.作業療法ジャ
5)小林八郎、小林清男:リクリエーション療法.
ーナル 25:348-349、1991.
日本医事新報、1662 号、1956.
22)樋田精一:SST に関わる若干の問題の整理.
6)井上正吾:シンポジアム(生活療法とは何か?)、
「作業療法」について.精神神経学雑誌 75:
作業療法ジャーナル 25:350-356、1991.
23)猪俣好正:シンポジウム(SST と精神科リハ
1003-1007、1973.
ビリテーションの新たな発展)、SST の課題.
7)藤沢敏雄:生活療法批判・その後ーまとめに
日社精医誌 6:101-104、1997.
かえて.精神医療 12:296-301、1983.
24)藤沢敏雄:
「生活療法」批判その後、4.生活
8)藤澤敏雄:精神医療と社会.批評社、1998.
療法批判後の展開と挫折.
精神医療 9:53-60、
9)藤沢敏雄:
「生活療法」批判以後、1.なぜ「生
1980.
活療法」批判か.精神医療 8:106-115、1979.
25)日本精神神経学会百年史編集委員会:学会
10)浅野弘毅:精神医療論争史.批評社、2001.
の100年そしてこれから.日本精神神経学
11)藤沢敏雄:「生活療法」批判その後、3.生活
会百年史、pp.556-580. 2003.
療法批判後の混乱と問題の整理.精神医療
9:69-76、1980.
12)野村満:シンポジアム(生活療法とは何か?)、
烏山病院の生活指導病棟において、我々はい
かなる姿勢の下に実践を行ったか.精神神経
学雑誌 75:1021-1029、1973.
13)小林八郎:生活療法批判の批判(1).日本
精神科病院協会月報 9:9-10、1976.
14)樋田精一:烏山裁判の報告.病院精神医学
35:44-63、1973.
17
昭和大学保健医療学雑誌
第 11 号
2013
Consideration about the criticism to living learningーfocusing on the living instruction
Yoshifumi YAMAGUCHI1), Norio SUZUKI1), Hiroyuki SAKUTA1),
Eriko MASUYAMA1), Takamasa MIZUNO2)
1) Department of Occupational Therapy, School of Nursing and Rehabilitation
Sciences, Showa University
2) Department of Occupational Therapy, Faculty of Health Technology, Bunkyo
Gakuin University
Abstract
The criticism about the living learning in mental hospitals have took place about 40
years ago. The points of this criticism were compulsion of the medical treatment to a
patient, indefinite of a goal of treatment, uniform contents, and human rights .Therefore,it
has been expected to aim at the medical treatment led by a patient. Psychiatric care was
considered that big changes are brought by the criticism. However,there have been some
scandals regarding this psychiatric care.
In this paper, we look back upon the criticisms and protections to the living learning,and
we propose the ideal way of the living learning.
Key Words: living learning, living instruction, mental hospital
18
ダウンロード

総 説 生活療法批判に関する一考察 要 旨 はじめに 生活療法