成功する卒論
失敗する卒論
九州大学 文学部
社会学・地域福祉社会学研究室
2012年版
1
卒論の採点基準
• 1.構成力
25点
• 論理立てた構成、先行研究のレビュー、仮説、リサーチ、
実証や検証、分析、考察
• 2.リサーチ力
25点
• リサーチや調査の方法や質・量
• 3.分析力
25点
• 社会学的な発見と分析、考察や示唆
• 4.表現力(卒論にふさわしい表現力)
25点
• オリジナリティ、卒論への取り組みや意欲でも、加点
2
卒論
成功の方程式は、ない
3
卒論
失敗しやすいパターンは、ある
4
失敗のパターン 1
• 広すぎる問題関心(拡散)
• あれもこれも…でもどれひとつ深まらない・・・
• 漠然とした一般的なテーマ
• 一般論に始まり、一般論に終わる……
• 何が問題なのか、「問いかけ」がない
• 問う、問いかけ、リサーチ・クエスチョンがない・・・
5
失敗のパターン 2
• 「先行研究」を踏まえていない
– 先行研究を調べない
– 先例や先行研究を知らないと、非効率、いきあた
りばったりになる
• 「先行研究」とは何かが、分からない・・・
– インターネットでキーワード検索したら出てきた本
や論文を「先行研究」と思ってしまう・・・
• 「先行研究のレビュー」になっていない
– 「レビュー」とは無批判に受容することではない
– 「批判的受容」あるいは「批判的乗り越え」である
6
先行研究って何ですか?
• 見知らぬ町を旅するときの「地図」であり「ガイ
ドブック」
– 地図を持たないまま町を歩き回っても道に迷うだ
け
– 信頼できる「ガイドブック」がないと、どこを見るべ
きか分からない
– 「ガイドブック」にも善し悪しがあって、それを見分
ける力がないと「情報に振り回される」
– インターネットで出てきた情報を無批判に信頼す
ることは危険
7
失敗のパターン 3
• 「問いかける力」がない
– リサーチやデータを集めるだけでなく「問う」こと
• 「批判力」がない
– 現実のデータやリサーチを「批判する力」(否定し
たり拒否することではない)
• 「深める力」がない
– 現実の表面だけでなく、その奥に何か深めまるも
のを発見していく
8
「問い」がないと
「社会科見学」になってしまう
• 「社会」を見学しました。「社会」についてお勉
強しました。「社会」がこうなっていることが分
かりました・・・で終わる
9
失敗のパターン 4
• 調査やリサーチの「こだわり」
• 自分が、苦労して集めた事例やデータがない
• すべて、伝聞、聞き書き、引用・・・
10
借り物ばかりだと……
• 「自分なりのこだわり」やオリジナリティが出に
くい。くいついて深めることがない。
• どこか「ひとごと」のような一般論一般論にな
りがち
11
失敗のパターン5
理論や概念に振り回される
• 自分でなく、「コトバ」が勝手に考えてしまう
• 理論や概念、かっこいい流行語などのコトバには足を
すくわれやすい
12
卒論の課題
• オリジナルなリサーチをする
• 先行研究をしっかり踏まえる
• 問いを深める(問い、批判力、深める分析)
13
かっこいいコトバに要注意
• 考えていないのに、考えた気になってしまう
– 自分で、自分のコトバをつむぎだしたい
– オリジナルな言葉をつくるくらいの気持ちで
14
レポートと論文の違いとは
• レポートは「調べたことを書く」
– 内容は、取材(調査)結果、伝聞や引用など
– つまり、調べるれば調べるほど、レポートはすら
すらたくさん書ける
– しかし、オリジナルではない
– 論文とは認められません
• 行政データをただひたすら書き写した卒論が出てきた
ときには頭をかかえました……
15
ところが、論文は・・・
• オリジナルな材料から、何かを「発見」し、そ
れを分析・考察・応用すること。
– 材料づくりだけでも重要な貢献になる(社会調査
など)
– そこから分析して、発見していくことが、論文の
(そして調査や研究の)醍醐味
– 予想と違った結果がでても「失敗」ではない
– 結果が思うようにでなくても「失敗」ではない
16
ダウンロード

成功する卒論、失敗する卒論 2012