僕らの原子力
~近代科学の光と影~
1、原子力とは・・・
原子核を構成する陽子や中性子
を結び付けているエネルギー(核エ
ネルギーを)、原子核反応(核分裂ま
たは核融合)によって取り出したもの。
あるいは取り出すことのできるエネ
ルギー。
1)原子力のイメージ
①神が人間に与えたもうた神聖な力である。
②人間に夢と希望を与える科学の偉大な成果である。
③国家の力を示し、国を守るための重要な力である。
④最小から最大を生む新しいエネルギー資源である。
⑤新しい技術に応用し、経済的利益を生む資本であ
る。
⑥産業を発展させ、社会を進歩させることができる。
⑦人類の生活を快適で幸福なものにすることができる。
⑧人間の創造を絶する恐ろしい力である。
⑨人間の生活や生命を脅かす危険な存在である。
⑩地球生態系と調和しない、反自然的な存在である。
2)原子力の誕生
純粋に学術的で国際的な研究の中で生まれる
↓
強大な破壊力を利用した爆弾という戦争技
術の拡張の可能性としての原子力
↓
「平和利用」としての原子力発電
核分裂連鎖反応
(この反応は数ある反応の一つです)
原子力発電の構造としくみ
参考:STS教育読本 かもがわ出版 川村康文
産業廃棄物の行方は・・・
• ×捨てる
→
○管理する
• 産業廃棄物を最終的にどう処理する?
• 原子炉をどう解体する?
3.原子力と安全性
1)原子力発電所の安全対策
2)放射線の管理と線量限度
3)巨大技術の問題点
1)原子力発電所の安全対策
今、社会はとても便利になっている。しかし、
この便利さの裏には危険が潜んでいる。
たとえば便利さに必要不可欠な電気には放
射線の出る原子力が使われている。
工業では失敗は成功の元として必
ずつきまとうものとされている、
しかし放射線の放出を伴う原子力
発電では万が一でもあってはなら
ないことである。
(1)多重障害
原子炉の安全を守る五つの構造
①核燃料を焼き固めペレットにす
る。
②ペレットから出る熱だ
けを取り出すための被覆
管に煮詰めて燃料棒にす
る。
③高熱高圧に耐えれる容器
の中で反応させる。
④また③の容器を格納容
器で覆う。
⑤さらに厚いコンクリートの建
物にすること。
実際には少量の放射線漏れがあるが、
④⑤のおかげでほとんど外部には影響
がない。
(2)フェイルセーフ。
人為的な操作ミスが起こったとき、重大な事実
につながらないような仕組み。
操作の手順を間違えると動作しない仕掛けや、
異常な事実が起こったときに自動制御によっ
て原子炉を緊急停止させるシステムがある。
(3) 原子炉の自己制御性
原子炉に使われる水は自然に反応を穏やか
にする効果がある。
ウランにも自然に制御する効果がある。
(4)非常用炉心冷却装置
万が一の場合に、炉に注水
して過熱を抑える。
参考:STS教育読本 かもがわ出版 川村康文
以上を見ると、事故は起こらないように思える。し
かし、実際には予想を超えた事故が起こっている。
このためにも自己を防ぐシステムの研究も十分にお
こなわれる必要がある。
2)放射線の管理と線量限度
放射線は、人体に悪影響を及ぼすが人間の五
感では放射線を感じることはできない。だか
ら、放射線を扱っている周りの地域では漏れ
や放出のないように常に厳しく監視しなけれ
ばならない。
かつては放射線をどのくらい浴びなければ安全と
いう「許容線量」があった。しかし、病気になる事
例が出ていた。現在は「やむをえない場合の上限
値」をあらわす「線量限度」が職業人と一般人と
に分けて定められている。
3) 巨大技術の問題点
実際に電力を供給している原子炉はとても
大きいものである。このシステム全体をす
べて管理することは無理である。また、全
体の予算や方針を決定する人が必ずしも科
学者であるとは限らない。このようなとき
にシステム全体の運用に対する判断は非常
に難しくなる。
原子力が有用である理由
①、少量の燃料から大量のエネルギーを取り
出せる。→経済性が高い!
②、いずれは枯渇する石油などの代替として
不可欠。
③、二酸化炭素の排出を伴わない。
→地球温暖化に寄与しない!
①についての問題点
「少量の燃料から大量のエネルギーを取り出せる」について
1、安全対策
2、後処理のためのコストが増大
(放射性廃棄物の処理、核燃料の再処理、使用後の発電所の撤去など)
もはや原子力は安くない!!
②についての問題点
「いずれは枯渇する石油などの代替として不可欠」について
1、石油などの枯渇は問題ない!!
2、新たなエネルギー資源の確保!!
・メタンハイドレートの利用など
原子力に頼る必要はない!?
③についての問題点
「二酸化炭素の排出を伴わない」について
二酸化炭素排出量抑制策として原発の増設
放射性物質は大気中に放出できない
原子力発電の廃止を打ち出す
多くの問題点が山積み
原子力事故と安全性
・1979年3月27日 アメリカのスリーマイル島原子力発電所2号炉で冷
却水喪失による炉心溶融事故。
・1986年4月26日 旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所4号炉での事
故により、 大量の放射性物質が大気中に放出。
・1995年12月8日 福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」での火災。
・1999年9月30日 茨城県東海村にあるJCOの核燃料工場での事故。
このほか、多くの事故が発生!!
国民の不安がつのる
今後の課題
1、経済成長維持に伴うエネルギー確保!!
2、安全性や、地球生態系との調和!!
国民投票や住民投票
脱原子力
原子力に限らず科学技術システムの民主化!!
自分の安全は自分自身で決めよう!
お
わ
り
粟野 智久
池田 幸代
中川 貢希
熊 義史
佐藤 真也
ダウンロード

僕らの原子力