日本発ドイツ
日本発ドイツ便り:
ドイツ便り:Rolltreppe
便り:
今回は「関西人あるある」から始まります。
出張や旅行で東京に行ったとき、空港や駅のエスカレーターで、いつものように「右側」に立って、東京
の人から「はぁ。これだから田舎ものは!」みたいな顔されたことないですか?
もしくは大阪でエスカレーターの左側に立っている人見つけたときに「こいつ東京もんか?」って思った
ことないですか?
不思議なことにエスカレーターのルールって大阪と東京と違います。なぜでしょうね?
東京の人は多分「こっちのルールが世界標準」って思っているかもしれませんが、残念ながら大阪ルール
がインターナショナルルールです。
他の国の事情は分かりませんが、少なくとも確認が取れているドイツ・オーストリア・スイス(要はドイ
ツ語圏)は「右=立つ人」
「左=歩く人」です。
ドイツ語でエスカレーターは
Rolltreppe(ロールトレッペ)もしく
は Fahrtreppe(ファールトレッペ)と
言います。どちらも意味は同じです。
エスカレーターの機能には何も違いは
ありませんが、足長族向けに階段一段
の高さが気持ち高いと思います。背も
高い人が多いからか、手すりの位置も
高め。動くスピードも少し早いような
気がします。
日本のように「手すりを持て」とか「足
元に気をつけろ」とか「子供は手をつ
ないで乗れ」なんていう音声ガイドは
聞いたことがないです。
あと、この先危険?というかそれぞれ
の段の左右端とか奥に白とか黄色で線
が入っているのも見かけたことはあり
ません。
ある日のフランクフルト国際空港にて、
スーツケースをごろごろ両手に引きな
がら何気なく歩いていたら、こんな表
示を見つけました。通り過ぎてから
「あ!」と気が付いたのですが、嬉し
くなって、わざわざ上ったエスカレーターをもう一度降りてきて写真撮ってきました。日々の小ネタ探し
に余念がない、ということにしておいてください。でも、傍から見たら、結構不思議な人ですよね~。☺
日本発ドイツ便り ~Rolltreppe~ von Eriko T. am 27/07/15
表示部分アップです。ドイツ語圏の統一ルールは Rechts stehen(レヒツ・シュテーエン:立つ人は右側)
、
Links gehen(リンクス・ゲーエン:歩く人は左側)
。足型まで書いてあって分かりやすいですね。
写真提供は K. T さん。Danke schön!
こちらはウィーンの地下鉄駅の Fahrtreppe。やっぱり Bitte rechts stehen!(右側に立ってください!)っ
て書いてありますね。
ところで、下の青い部分、Fahrtreppenbenutzungshinweise って恐ろしく長い単語が書いてありますが、
これはドイツ語の面白い特徴の一つで、
どんどんくっつけて
(もちろんくっつけ方のルールはありますが)
、
いくらでも 1 単語を長くすることができるんですね~。この場合、Fahrtreppe+Benutzung + Hinweise と
3 つの単語が合体しています(なので Fahrtreppenbenutzungshinweise で探しても辞書には載っておりま
せん)
。
日本発ドイツ便り ~Rolltreppe~ von Eriko T. am 27/07/15
この長ーい言葉が何を言わんとしているかというと「エスカレーター使用時の注意事項」☺
読み方は、ファ
ファールトレッペン・ベヌッ
ヌッツングス・ヒン
ヒンヴァイゼ。ドイツ語って面白いでしょう?
ファ
ヌッ
ヒン
ちなみにイタリアのエスカレーター(こちらは Scala mobile:スカーラ モービレ と呼ぶそうな。動く
階段の意味ですね)の状況は?と聞いてみたら、そんなルールはないようで、皆さん好き勝手に右に立っ
たり左に立ったり真ん中に立ったり。
急ぐ人は permesso, permesso!(ペルメッソ、ペルメッソ!:すんません。すんません~。って感じ)と
言いながら人をかき分け急ぐ。が標準的だそうです。
(あはは、いちいち賑やかしいところがイタリアらし
い?)でもミラノとかローマとか都会部分では最近はドイツ語圏と同じルールが徐々に浸透してきている
とか。
そんなこんなで、大阪とドイツではエスカレーターは「右=立つ人」
「左=歩く人」でお願いします。 ☺
日本発ドイツ便り ~Rolltreppe~ von Eriko T. am 27/07/15
ダウンロード

ドイツ便りNO.271