【1 事業の内容及び実施方法】
1.1. 事業内容(実施方法を含む)
1.1.1. 3D-CAD入力及び図書作成作業
記述内容
5.4(別紙1) 提案書雛形 【雛形頁番号1】
 事業内容(実施方法を含む)について具体的に記述する。
 事業内容(実施方法を含む)
【基礎点評価の観点】
・事業目的と整合しているか。
・日立GEニュークリア・エナジー株式会社で運用しているCADシステムを
使い入力が出来る環境が整っていいるか。
・配置図面作成に関する、知見、実績があるか。
・原子力施設における許認可申請に関する知見を有しているか。
・工事認可申請書の関する知見を有しており、且つ工事認可申請書に関
する設計図書作成の実績はあるか。
・配管における溶接事業者検査に関する知見を有しており、且つ溶接事
業者検査に関連する溶接詳細図作成の実績はあるか。
【加点評価の観点】
・具体的かつ詳細か。
・提案の内容に創意工夫が見られるか。
・事業内容に関する提出物の様式例が提案されているか。
・日立GEニュークリア・エナジー株式会社の意図と合致しているか。
・水処理設備に関する知見を有しており、且つハード設計の実績は
有るか。
1
設計図書作成及び現場調査
【2 事業実施計画】
記述内容


5.4(別紙1) 提案書雛形 【雛形頁番号2】
 確実に成果をあげるために、応札者が行う事業実施計画(作業内容・スケジュール)について、主要なマイルストーンを記述し、提案したスケジュー
ルの根拠を具体的・客観的に記述する。
作業内容、スケジュール
スケジュール
記述例
(以下の項目等を含めて記述)
•
事業内容、担当者、開始日、終了日、作成資料名、マイルストーン
四半期
1
2
3
4
○○
【基礎点評価の観点】
・仕様書に基づき妥当なスケジュールになっているか。
○○
○○
その他
中間報告
報告書作成

工夫及び遅滞なく作業を完了するための工夫
•
•
•
過去、XXXXにて利用したスケジュールをテンプレートにしてスケジュールを作成した。
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
・・・・・・・・・・・・・・・
2
設計図書作成及び現場調査
【加点評価の観点】
・スケジュールを策定する際の検討結果が示されているか。
・日立GEニュークリア・エナジー株式会社が当該スケ
ジュールの妥当性を検証できる表現となっているか。
【3 事業実施体制】
3.1 事業実施体制、役割分担
記述内容
5.4(別紙1) 提案書雛形 【雛形頁番号3】
 業務の実施体制や役割分担について、体制上の役割分担や担当者数がわかるように記述する。
 実施体制については、個々の業務の担当が分かるようにし、各チームのリーダークラス要員については、役職及び担当者名を記述する。応札者が
当該業務における実績を有する場合、その実績が当該業務の実施に当たり有益であることを具体的・客観的に記述する。(例えば、「過去の実績に
おける経験者を当該業務の各チームに従事させる」等)
 業務実施体制
記述例
XXXXXリーダー
役職
XXX
XXX開発チーム
役職
名前
XXX XXXXXX
名前
XXXXX
XXX研究チーム
役職
名前
XXX XXXXXX
XXXチーム
役職
名前
XXX XXXXXX
XX担当
【基礎点評価の観点】
・事業を遂行可能な体制が構築されているか。
・事業を遂行可能な人数が確保されているか。
・福島第一原子力発電所内で作業できる体制を構築
しているか。
XX担当
さらに追加的な内容がある場合は「添付資料」として添付。
 役割分担


各チームの主な役割
主たる担当者の実績
3
設計図書作成及び現場調査
【加点評価の観点】
・各部門/各担当者の役割分担が明確になっているか。
・担当者が不在時にバックアップできるような体制となって
いるか。
・本事業に活用できる様々な知見を有する体制となってい
いるか。
・日立GEニュークリア・エナジー株式会社からの要望等に
迅速・柔軟に対応できる体制が備わっているか。
【3 事業実施体制】
3.2 類似事業実績
記述内容
 組織として、本事業に関する専門知識、ノウハウ、過去の経験等について記述する。
 専門知識、ノウハウ


5.4(別紙1) 提案書雛形 【雛形頁番号4】
XXXXXXXXXX
提案書に別途含める、XXXXXXXXXXの参照 等
 過去の実績
(以下の項目等を含めて記述)
 提供先(※実名が記述できない場合は、必ずしも実名を記述する必要は
ない。その場合、例えば「中央府省A」といった形式で記述する)
 実施概要
 実施時期
 主たる業務実施担当者
等
さらに追加的な内容がある場合は「添付資料」として添付。
4
設計図書作成及び現場調査
記述例
【基礎点評価の観点】
・類似の事業にて本事業に有効活用できる知見を
蓄積しているか。
【加点評価の観点】
・類似の事業で蓄積した知見の活用方法が
具体的かつ詳細に示されているか。
・類似の事業にて特筆すべき成果を挙げて
いるか。
【4 添付資料】
4.1. 事業実施に係る工数と費用
記述内容
5.4(別紙1) 提案書雛形 【雛形頁番号5】
 「2.事業実施計画」にて提案した事業実施方法を実現するために必要な工数又は費用を、下記項目単位で記述する。
なお、人件費の場合は従事者のクラス別(主任研究者、研究者等)に分けて工数を記述する。
 【契約件名】見積り詳細
項 目
1.1.1
工数計(時間)または費用
記述例
1.1.2
1.1.3
1.1.4
計
工数で記載できない場合(購入品等)は費用で記載する。
5
設計図書作成及び現場調査
ダウンロード

1.1. 事業内容(実施方法を含む)