ソーシャル・キャピタルと倫理形成
静岡大学哲学会 2006年11月3日
吉田寛(静岡大学情報学部)
1.情報倫理学の動向
2.ソーシャル・キャピタル
3.ソーシャル・キャピタルと倫理形成
情報倫理学information ethics

情報技術の発達に伴って社会に現れてきて
いる倫理的問題に対処する学問
– 法やモラルの空白(モラルギャップ)に対処
– 独自の研究領域

吉田の情報倫理学
– 単に社会規範を立てる、憶えこむことは情報倫理
学でも情報倫理教育でもない
– 情報倫理は、情報技術、情報関連法と協力して
情報社会を作る(資料1-1)
情報倫理学の話題

第一期 コンピュータの登場と導入
– コンピュータの登場とインパクト
– コンピュータの存在を理解し社会的に受容するという課題
– コンピュータと人間存在、データベースと市民社会などの
テーマ

第二期 情報技術の普及
– PCとインターネット、ソフトウェア産業
– 普及が従来の社会に引き起こした問題に対処する課題
– 著作権、個人情報、セキュリティなどのテーマ
情報倫理学の動向

第三期 情報社会の構想
– ネット、PC、携帯、RFIDなどは当たり前
– 情報技術を前提とした社会の構想という課題
– 情報社会の望ましいガバナンス形成、情報技術者の役割
などのテーマ

「ガバナンスgovernance」
– ガバナンス=統治、共治(原語は「船の舵取り」)
• 合意形成や秩序形成の仕組み、やり方
• グッド・ガバナンス(資料1-2)の省略的使用(混同の原因に)
– ガバメント=政府
• 近代的国家のガバナンスの中心
– 政府や市場の支配を脱した現代社会の新しい統治が「ガ
バナンス」をキーワードに論じられる(資料1-3)
情報社会のガバナンス
(吉田のイメージ)
多くのアクターに
よる協同統治
NGOなど
コミュニティ 市民組織
リーダー
アカデミズム
有識者?
ステークホルダー
合意による舵取り
技術者
政府
専門家
自治体
企業
ジャーナリズム
営利組織
ソーシャル・キャピタル Social Capital

社会資本(社会関係資本) (資料1-4)
– 市民間の人間関係(信頼、規範、価値)
– 人的資本(学歴資本)、文化資本と対比される(ブ
ルデュー)

パットナム(社会学)による(再)提示
– イタリア、アメリカ社会の実証研究
– 民主主義をうまく機能させるための資本として、
人間関係(共有された信頼、規範)を評価
パットナムのソーシャル・キャピタル論

イタリアの南北格差(物的・人的資源)
– ソーシャル・キャピタルの差に依存

ゲーム理論によるソーシャル・キャピタル理論
の正当化(資料2)
– 共有地の悲劇、囚人のジレンマ

米国における近年の連帯とソーシャル・キャ
ピタルの減退
– 投票率、地域、治安、宗教などへの参加の減衰
ソーシャル・キャピタル研究


ソーシャル・キャピタル研究は、経済学、社会学、政
治学などを中心に展開(宮川&大守、2004)
ウールコックによるソーシャルキャピタル研究の分
類(M.Woolcock 1998)
–
–
–
–
–
–
–

社会理論と経済発展
家族および若者の行動
スクーリングと教育
コミュニティ生活
仕事と組織
民主主義とガバナンス
集合行為の問題
→倫理学はソーシャル・キャピタルに関心を向けて
こなかった?
ソーシャル・キャピタルと倫理学

規範や信頼に対する観方
– ソーシャル・キャピタルとして、経済学的観点、政治学的
観点などから評価される
– 行為規範、徳として倫理学は検討の対象としてきた

「ソーシャル・キャピタル」という観方
1. 個人ではなく、個人間や集団の持つ属性
2. 社会への実効性から評価する

倫理学でも可能だが困難な観方?
– 1は可能 ex.ヒューム(共感)、和辻(「間」の倫理学)
– 2は可能だが現代では困難な点もある 計量的方法論
を導入する必要(→社会学などとのコラボレーション)
ソーシャル・キャピタルとガバナンス

グッド・ガバナンスにはソーシャルキャピタルが必要
(資料5)
– ボウルズ&ギンティス「ソーシャル・キャピタルと共同体の
ガバナンス」
• 共同体における信頼や配慮、規範がよいガバナンスのためには
必要
– ヒューム『人性論』
• 共感が公共の善には必要
– アリストテレス『二コマコス倫理学』
• 共同体には愛(フィリア)が必要

グッドガバナンスを求める倫理学はソーシャル・キャ
ピタルを評価すべき
– 情報社会形成におけるソーシャル・キャピタルの必要性
(パットナム、世界銀行)(資料6)
応用倫理学とソーシャル・キャピタル

応用倫理学の課題と特性(情報倫理学ほか)
=現代社会の問題を倫理的観点から分析、
批判、解決の提案などを行う(伝統的課題)
技術の定着
=倫理的観点から現代の社会形成について
分析、批判、提案を行う(新たな課題)
– テーマとしてのガバナンス
→ソーシャル・キャピタルに対する倫理的評価
– 事例研究の必要性(コラボレーション)
→ソーシャル・キャピタル研究への親和性
ソーシャル・キャピタルと倫理形成
1.
ソーシャル・キャピタルをどう倫理的に評価
するか
– グッド・ガバナンス推進のための条件として評価
(倫理形成の条件として評価)
– どのようなソーシャル・キャピタルが、どのように
評価できるか(実証的社会研究、計量的研究と
の協同)

問題
– 実証研究といかに協同するかという方法論上の
問題
– 個人的「徳」の評価とどう区別するべきか
ソーシャルキャピタルとしての倫理
2.
倫理はソーシャル・キャピタルとしてどう評
価されるか
–
–
–

経済、政治的効果という観点からの評価
グッド・ガバナンス推進のためのソーシャル・
キャピタルとして評価(1と合わせて入れ子状の
構造をなす)
どのような倫理がどのようなソーシャル・キャピ
タルとして評価できるか
問題
–
倫理が非規範的基準によって評価される点
(規範性の喪失?)
基本参考文献
『哲学する民主主義』ロバート・D・パットナム、
NTT出版
 『ソーシャル・キャピタル 現代経済社会のガ
バナンスの基礎』宮川公男・大守隆、東洋経
済新報社、2004年
 Social Capital a theory of Ssocial strutture
and action, Nan Lin, Cambridge U.P., 2001.
 『ソーシャル・ガバナンス』神野直彦・澤井安
勇、東洋経済新報社、2004年

おまけ 倫理学の問いについて

倫理学の基本的な問いの立て方
– 理論的な問い(A)と実践的な問い(B)
A:「Xは善い」と判定するアルゴリズム、定義の提示
–
–
–
–
–
「善く生きる」とはどういうことか(ソクラテス)
「善」とは何か
「善い人」とはどのような人か(徳倫理)
「善い行為」とは何か(義務論、功利主義)
これらについての知、表現とはどういうものか(メタ倫理)
• 「善さ」を定義することは可能なのか?
B:「Xを善くする」にはどうしたらよいか
– 「善い社会」「善い人間」を作るにはどうしたらよいか
(アリストテレス、イギリス道徳哲学、マルクス)
• →ソーシャル・キャピタルへの関連性と可能性?
• →「政治学」「法学」「経済学」「教育学」の課題?
• 応用倫理学? 理論でなく活動(ないし技術)としての倫理学?
ダウンロード

「ソーシャル・キャピタルと倫理形成」(pptスライド)