思想と行為
第3回 プラトン
「『イデア』に恋いこがれる魂」
吉田寛
プラトン、どんなひと?






古代アテネの人
BC427-347
ソクラテスの弟子(~28
歳)
さすらいの理想主義者
(~40歳)
教育者、思想家(~80
歳)
学校教育、国家制度の
礎を残す
生涯独身を通す
若きプラトン
BC427年 アテネ生まれ
 有力な家柄の若者として、政治家を目指す
 兄や叔父の友人であるソクラテスとの交流
(幼少のころから?)
 アテネの敗北(プ23歳)と独裁政権&恐怖政
治の混乱と挫折
 民主制の復活、そしてソクラテスの処刑(プ28
歳)→放浪と遍歴

遍歴の思想家


傷心のプラトン在りし日
の師ソクラテスの「対
話」を執筆『弁明』『クリ
トン』etc.
地中海周辺各地の政
治を観察しつつ自らの
思想「イデア論」を固め
る。『国家』完成
写真 http://home9.exblog.jp/2238624/
アテネの学園にて
40歳のとき、アテネに帰還して、自分の学園
「アカデメイア」を創設
(アカデミー、アカデミックの語源)
 自分の理想「哲人政治」の教育の実践
 「問答法」→哲学&政治、法律家を輩出
 60歳、66歳で、哲人政治の実現を夢見てシ
チリアへ渡航する→挫折
 アテネに帰還→死

イデア論の基層 ソクラテス

「ソクラテスの死」のショック
– 政治の問題への関心
– 勢いではなく理性による統治を

ソクラテスの「対話術」継承
– 論理=ロジック=ロゴス
の重視
– 絶対的な「魂の善さ」の探求

ソクラテスの「対話編」を執筆
– 師の思想を下敷きにして自分の思想を構築
「イデア」の発見と希求

ものごとには「相」=イデア(idea)がある!
– 美しいものはある相(「美しさ」という特徴)を共通して持っ
ている
– 便利なものには「便利さ」という相、善い行為には「善さ」と
いう相が共通している。
– 自転車には「自転車性」があり、クスノキには「クスノキ
性」がある。
– これを人は判別して「自転車」「クスノキ」と呼び分けたり、
「善」「悪」を判定したりする。

イデアを知らなければ迷妄の人生だ!
– 愛知(哲学)=イデアの探求
イデアこそ真の存在

存在論
イデア VS. 現象(われわれの見てる世界)
– 範型性:コップは「コップ性」(コップのイデア:飲み
物を入れて飲むのに利用できるという性質)をも
つからコップ
– 純粋性:コップ性こそ純粋な混じり気のないコップ
そのもの、コップの理想だ
– 永遠性:コップは壊れるけど、コップ性は壊れな
いで他のコップにもコップ性を注ぎ続ける
– 実在性:コップ性こそ真の存在で、個々のコップ
はコップ性の影のようなもの(影絵)

「美」「善」のイデアについても同様
– 純粋な善、純粋な美、・・・・・。
イデアの認識

認識論
イデアを認識することが大切だ。
– コップ性を理解するからコップを判別できるし、コップを作
ることができる
– 「美」を認識しているから、美しいものを作るとこができる。
– 「善」を認識しているから、善い行為ができる。
(ソ:「善く生きる」への理論的解答の一歩)


イデアは経験できない(線の太さもない純粋な「三角
形」を見たことがあるか? )
感覚経験でなく、経験を生かしながら、最終的には
理性で「観る」「把握する」しかない。
– モノゴトに共通する相を探す、「対話法」による理性的アプ
ローチ(帰納法?)が大切
魂と身体
心身論
理性 精神=魂の働き イデアを認識する
 感覚 身体的な認識 イデアを認識できない
 感情 身体的な要素の混入 イデアの認識を
妨げる


善く生きる=哲学
– プ:魂の清浄化=身体からの離脱
– ソ:「飲み食い」でなくただ「魂」を配慮する人生
イデアの収束
形而上学
– 道具:コップ→コップ性→便利さ→有用性→善さ
– 表現:絵画→絵画性→芸術性→美しさ→善さ
– 行為:通学→通学性→向上性→卓越性→善さ

すべてのイデアは階層をなし、その頂点に
「善」のイデアがある。
– すべての行為、道具、精神、存在者が求めてい
る=「正しさ」、「有用性」、「健康」、「美」、「均整」
などに共通する相=「善そのもの」
– 本当に純粋で永遠で強力で普遍的で求心的
– ソ:絶対的な善がある!⇔ソフィストの「相対主
義」
プラトンの教育学

理想の学園「アカデメイア」
– アテナイ郊外「アカデモス」の学園(BC387開校)
名の由来 http://logos.vis.ne.jp/education.html
• 古代随一の教育機関 現在の「学会」「大学」のモデル?
– 目的=善のイデアを把握する人材育成
• 哲学者(愛知者)=学者、教育者
• 政治家=市民のリーダー
– 方法 知性(理性)を磨く
• ソクラテス的「対話法」がメイン
• 「算術」「幾何学」「天文学」「音楽理論」などが予備学として重視さ
れる(感覚・経験でなく、理性を磨く学問)
• 経験(実験や観察)を重視する知は軽視される
– 持続と衰退
• 学校は弟子たちに受け継がれ900年間存続(529年ローマ皇帝に
より解散)
• 派閥争い、懐疑論化(アカデメイア派=懐疑論)
哲人政治

プラトンの政治学
– 魂の三分説
• 魂=知性(思慮)、気概(勇気)、欲望(節制)
• 国家=愛知者(行政)、軍人(軍事、治安)、農夫や職
人(生産)
• 正義=三者が自分の「分」を守る(徳を実行)する
– 政治は愛知者によって行われるべき
• 善のイデアを把握できるほど善い政治ができるはずだ
から
• モノや名誉でなく、魂の善さを大切にするから
– 哲人王の理想の追求 シラクサでの失敗
プラトニック・ラブ


肉体関係のない、純愛?
プラトンの理想の人間とは、
「イデアへ恋いこがれる魂」(『饗宴』)
1. 人を愛し、恋いこがれる者は、愛するもののうち
に「美」を感じて恋いこがれるのである
2. 「美のイデア」への憧れと情欲との戦いが始ま
る
3. 情欲に打ち勝った純粋な愛=プラトニック・ラブ
4. 二人の死=身体からの離脱によって、成就?
理想と現実

「理想」って何だろう?
– 「理想」(行為、性質、状態などに関して、考え得る最高の
状態。未だ現実には存在しないが、実現可能なものとして
行為の目的であり、その意味で行為の起動力である。『広
辞苑』)

プラトンの「善のイデア」
– 善のイデアは最高の行為、状態、性質の純粋形(ただし、
イメージというよりは抽象的な存在?)
– 現実には存在しない
– しかし、それを把握することではじめてそれを実現できる
(プラトン)
「理想」
– 「理想主義」 理想を立てて、理想実現を目指す
– 「現実主義」 理想にこだわらず現実を処理
• 「理想論」 現実からかけ離れすぎてる考え

理想主義 VS. 現実主義
– 一長一短。あなたはどっち?
– どちらもリスクがある
• 理)現実離れ、独断 現)無方向、日和見
政治と理想

政治には「理想」が必要では?
– 「理想の社会」実現の手段としての「政治」
– 政党政治=政策の選択≒理想とその実現手段の評価?
– 「マニフェスト」によって、理想と具体的手段を明らかにす
る(はず)→ただの「言質(公約) 」に
– 何を実現しようとしているのか分からない政党自民党の
描く理想の社会とは?
自民党立党宣言 http://www.jimin.jp/jimin/jimin/rittou/index.html
民主党は? 公明党、社民党、共産党は?
– 皆さんの思い描く理想の社会とは?
参考文献

『プラトンの哲学』岩波新書、藤沢令夫。プラトン紹
介の名著。言語や技術についての現代的な問題と
もリンクさせている。

『国家』岩波文庫、プラトン。イデア論のほか、
哲人政治の理念が対話を通して力強く語られ
る
ダウンロード

第三回