市役所ごみゼロの概要
ヨコハマ3R夢プランの基本理念
目標
環境モデル都市
持続可能なまちの実現
市民・事業者・行政が更なる
協働のもと、3Rを推進すると
ともに、なお残るごみを適正に
処理することで、限りある資
源・エネルギーの有効利用と
確保に努め、環境モデル都市
として、環境負荷の低減と健
全な財政運営が両立した持続
可能なまちを目指します。
環境負荷低減
健全な
財政運営
市 民
事業者
資源・エネルギー
の有効活用と確保
行 政
更なる協働
特に
発生抑制
再使用
再生利用
安全で安定した
処理・処分
3Rの推進
適正処理
の推進
取組1
取組2
G30を礎に
2
ヨコハマ3R夢プランの目標
計画期間:平成22(2010)年度~平成37(2025)年度
もっとチャレンジ・ザ・3R
ごみと資源の総量を 削減→リサイクルを徹底し、さらにリデュース、リユース
平成25(2013)年度までに3%以上削減(平成21(2009)年度比)
平成37(2025)年度までに10%以上削減(平成21(2009)年度比)
ごみ減量から始めよう脱温暖化
燃やすごみの削減
ごみ処理に伴い排出される温室効果ガスを 焼却工場での発電
平成25(2013)年度までに10%以上削減(平成21(2009)年度比)
平成37(2025)年度までに50%以上削減(平成21(2009)年度比)
ごみ処理の安心と安全・安定を追求
3
市役所ごみゼロの取組
市役所ごみゼロでは、横浜市(外郭団体を含む)が財産所有する
すべての施設で取組を進めます。
● 廃棄物の適正処理
● 分別の徹底(再使用・再生使用の促進)
● 発生抑制(総排出量の削減)
市役所ごみゼロを進めるため
各職場で、市役所ごみゼロがより一層推進されるよう、「ごみゼロ推進委員」は
職場のリーダーとして取組を進めます。
キャプテンG
(区・局・統括
本部に1名)
分別BOX
施設C
ごみゼロ推
進委員
ごみゼロ推進委員
施設A
A課
B課
ごみゼロ推進委員
ごみゼロ推
進委員
ごみゼロ推進委員
施設B
C課
ごみゼロ推
進委員
ごみゼロ推進委員
取組の具体例
~分別を徹底し、廃棄物の資源化と適正処理を進めるため~
ルート回収の実施
横浜市(外郭団体を含む)が設置する施設等から排出
される廃棄物について、収集運搬委託・処分委託を一括
して契約、ルートを組んで収集。
H22年度実績→約1300施設が参加
①燃やすごみ
②産業廃棄物(廃プラスチック類・ガラスくず・金属くず・ゴムくず)
③蛍光管・乾電池 ④廃食用油 ⑤古紙(売払い)
○一般的な廃棄物を、統一ルールで排出し資源化・適正処理を促進!
○パソコンや家電リサイクル対象品はメーカーの回収に!
○粗大ごみや電子機器など特別なものは対象外!
取組の具体例
~市職員一人一人が市役所ごみゼロに取り組むため~
オフィス3R夢プランの策定
すべての区・局・事業本部で実施します(原則、課ごと)
「ヨコハマ3R夢プラン」に基づき、
各職場が自主点検を実施し目標を策定。
年度末に達成状況の振り返りを行います。
H21年度実績→約729プラン(策定・振り返りまで実施)
H22年度実績→約763プラン(策定)
【参考】環境行動目標について (オフィス3R夢プランとの関係)
横浜市ISO環境マネジメントシステムでは、区局統括本部は、
「横浜市役所環境行動宣言」に基づき、「環境行動目標」を策定
することになっています。
環境行動目標の策定(平成23年度版) 赤字の取組はオフィス3R夢プランと同様
・「節電行動の徹底」を必ず盛り込む他に、「エコオフィス活動」「3R夢
プラン」「地球温暖化対策」「生物多様性の取組」などそれぞれの取組
をできるだけ盛り込み、策定
環境行動目標と具体の取組事例 <抜粋>
○エコオフィス活動の推進
環境行動目標は局全体のもの
①裏紙の利用
②2up(ツーアップ)印刷の励行など →各職場共通の目標にできる。
ただし、必ず職場ごとの課題を
○ヨコハマ3R夢プランの推進
抽出し、独自の目標も設定して
①「オフィスでも3R夢」の取組
ください。
②マイカップ・マイボトルの使用
③会議などでの茶器の使用(ペットボトルや使い捨てコップは使わない。)
④イベントの飲食物にはリユース食器を使用
(使い捨て容器や割り箸を使わない。)
取組の具体例
~みなさんの取組をさらに確かなものにするため~
訪問分別チェックの実施
各施設を訪問して分別状況を確認します。
H21年度 7か所(4区・7局・事業本部)
H22年度 9か所(6区・6局)
★分別ボックスの品目は適正か?
★混入している廃棄物の内容、種類、量、割合はどうか?
★分別表の掲示などは、行われているか? など・・・
※改善が必要な場合には、改善報告書の提出をお願いします。
施設が事業用大規模建築物に該当する場合は、さらに、立入調査を受ける
ことがあります。
訪問分別チェック 改善報告例
改善策を周知する掲示
改善策の例
BOXに具体的な品目名を追加
燃やすごみに混入されていたもの
菓子箱
もえるごみ → 使
用済テッィシュ・ガム
の包み紙
ミックスペーパー →
菓子箱・付箋紙・ち
ぎった紙・レシート
菓子の個別包装
(プラスチック素材)
付箋紙
プラスチック →
プラマークのついている菓
子の個別包装
取組の具体例
~廃棄物の基礎からより詳しい内容まで、知識を増やしていただくため
~
今年から、パワーポイント資料による自己研修を開始!
新任のごみゼロ推進員には、スタートアップ研修会も開催します。
依頼があれば、出張して研修も行います。
是非、御利用ください。
分別の例をいくつか見てみましょう。
このごみの種類は?
産業廃棄物(廃プラスチック類)
このごみの種類は?
産業廃棄物(廃プラスチック類)
このごみの種類は?
2種類に分かれます
このごみの種類は?
産業廃棄物(廃プラスチック類)
家庭ごみではストローは燃やすごみです。注
意!
産業廃棄物(金属くず)
家庭ごみではアルミのふたは燃やすごみです。注
意!
このごみの種類は?
3種類に分かれます
このごみの種類は?
産業廃棄物(廃プラスチック類)
一般廃棄物(燃やすごみ)
一般廃棄物(古紙・ミックスペーパー)
このごみの種類は?
一般廃棄物(古紙・紙パック)
洗わないと、残った牛乳が腐って
臭いが発生したり、カビが発生して
資源化が困難になります。
このごみの種類は?
産業廃棄物(金属くず)
家庭ごみではアルミホイルは燃やすごみです。注
意!
平成23年度 年間スケジュール
・ルート回収実績報告(22年度 第4・四半期)
4月
・キャプテンG選出→報告(4月15日まで)
・オフィスG30プランの振り返り→報告(4月28日まで)
・ごみゼロ推進委員選出(4月中)
・キャプテンG連絡会議 (5月11日)
・オフィス3R夢プラン(原則課単位)策定→報告(6月10日まで)
・スタートアップ研修参加申し込み→報告(5月31日)
・オンライン研修(5月中旬~)
(随時)
6月
・YCAN掲載(H22振り返り・H23オフィス3R夢プラン策定)
・スタートアップ研修(6月22日)
・出前出張講座
7月
・ルート回収実績報告(23年度 第1・四半期)
9月
・次年度ルート回収参加希望調査
10月
・ルート回収実績報告(23年度 第2・四半期)
1月
・ルート回収実績報告(23年度 第3・四半期)
3月
・オフィス3R夢プランの振り返り
5月
・訪問分別チェック
の実施
ダウンロード

ごみゼロ推進委員