高エネルギーガンマ線源の
X線対応天体探査
河合誠之 (RIKEN)
鳥居研一 (NASDA)
未同定GeVガンマ線源探査
• 未知の一群
– しかし一般に誤差領域が大きく同定困難
– 銀河面に集中
• 若い種族(パルサー、星生成領域、SNR)と関連
• 低銀緯未同定 GeV flux limited sample
– 強いGeV flux --- 小さな誤差円
– Gemingaのような弱電波パルサーを期待
– 高エネルギー粒子:非熱的X線を期待
• AO-4~AO-7で10天体観測
– 多くからX線源を検出
未同定ガンマ線源の観測例
• 2EG 1811-2339
– 非熱的拡散X線源を発見 (Kawai, et al. 2000)
– 近傍の分子雲と相互作用 (Oka, et al. 1999)
→パルサー風と分子雲の衝突、衝撃波加速
• GeV1837-0610, GeV1417-6100
– 非熱的拡散X線源を発見
– 電波パルサーを発見
• IC443, W28, W44
– 分子雲と相互作用している超新星残骸
ASCA GIS
2EG 1811-2339
Oka, et al. 1999
未同定ガンマ線源 GEV 1837-0610
位置
: (l, b) = (25.82, 0.33)
星生成領域と分子雲の近傍
ガンマ線で明るい
Flux = 8 x 10-8 γcm-2s-1
ASCAの観測
1998年4月と10月 (80 ks)
電波パルサー
?
GIS イメージ
0.7
2 keV
4
GEV 1837-0610
10 keV
Analysis T. Sakamoto
スペクトル (GIS 2)
Power-law モデル
MEKA モデル
GEV 1837-0610
スペクトル領域
Soft成分とHard成分
両方が含まれる領域 (半径11.2’)
(標準バックグラウンドを使用)
Power-law モデル
NH = 1.9 x 1022 cm-2
Γ = 2.1
Flux = 8.1 x 10-12 erg cm-2 s-1
(2-10 keV)
χ2 = 1.16
MEKA モデル
NH = 1.7 x 1022 cm-2
kT = 4.6 keV
Flux = 8.1 x 10-12 erg cm-2 s-1
(2-10 keV)
χ2 = 1.05
Analysis T. Sakamoto
ASCA GIS
による観測例
未同定ガンマ線源の拡大探査対象
•
•
•
•
3EG catalog の未同定ガンマ線源
90%誤差領域が GIS視野におさまる
「あすか」がまだ観測していない
近くに明るい連星X線源がない
– 5個に絞られる
3EG Name
R.A.
Dec.
l
b
theta
Notes
==========================================================================
J1858-2137 (284.61,-21.62) ( 14.21,-11.15) 0.36*
J1719-0430 (259.79, -4.51) ( 17.80, 18.17) 0.44
(PLN) J1719-04
J0556+0409 ( 89.06, 4.15) (202.81,-10.29) 0.47
2EGS J0555+0408
J0613+4201 ( 93.49, 42.02) (171.32, 11.40) 0.57
GEV J0615+4200
J1810-1032 (272.52,-10.54) ( 18.81, 4.23) 0.39* only viewed in P12
===========================================================================
AO-9への提案
• 未同定高エネルギーガンマ線源の
X線対応天体探査の拡大 (40ks x5)
• 超新星残骸からの非熱的放射 (30ks x6)
– Shell での衝撃波加速
– パルサー駆動シンクロトロン雲
ダウンロード

高エネルギーガンマ線源のX線対応天体探査