くらしのにほんご
とよなか
パワーポイント授業をやってみよう。」
1
スライドをやってみよう
1.この画面の上の「スライドショー」
を左クリックしてください。
次に一番左の「最初から」を左ク
リックするとスライドが始まります。
2.スライドショーになって画面が大き
くなったら、画面のどこでもいいの
でもう一度左クリックしてください。
スライドをやってみよう
(1)基本的にはマウスを左クリックするだけで授業が進んでいきます。
☆ では、やってみましょう。
☆ ⇒下の
の中のどこでもいいですからクリックしていきましょう。
スライドの授業は楽しい
よ!
面白くてわかりやすいの
で
生徒さんにはとても評判がいい
よ。
クリックするだけで授業が進んでいく
ので
先生にも評判がいいよ。
だれがやっても面白い授業ができる
し、
どんな授業かみんなで共有できるので、協力して良くしていけ
るよ。
☆ このスライドはここまでです。 ここで左クリックすると次の
スライドに
移ります。 ではクリックして次のスライドに移りましょう。
スライドをやってみよう
(2)スクロール(マウスのロールを手前に回転する)しても進みます。
☆ では、今度はスクロールでやってみましょう。
☆ ⇒どこでもいいですからスクロールして進めていきましょう。
スライドの授業は楽しい
よ!
面白くてわかりやすいの
で
生徒さんにはとても評判がいい
よ。
クリックするだけで授業が進んでいく
ので
先生にも評判がいいよ。
だれがやっても面白い授業ができる
し、
どんな授業かみんなで共有できるので、協力して良くしていけ
るよ。
☆ このスライドはここまでです。 ここでスクロールすると次の
スライドに
移ります。 ではスクロールして次のスライドに移りましょう。
スライドをやってみよう
(3)戻るときは逆スクロール(マウスのロールを向こう側に回転する)でOK。
☆ では、今度は左クリックやスクロールで進めたあとに
☆ ⇒逆スクロールで戻ってみましょう。 途中のどこでも戻れます。
スライドの授業は楽しい
よ!
面白くてわかりやすいの
で
生徒さんにはとても評判がいい
よ。
クリックするだけで授業が進んでいく
ので
先生にも評判がいいよ。
だれがやっても面白い授業ができる
し、
どんな授業かみんなで共有できるので、協力して良くしていけ
るよ。
☆ このスライドはここまでです。 ここで左クリックすると次の
スライドに
移ります。 ではクリックして次のスライドに移りましょう。
スライドをやってみよう
(4)マウスポインターが
のところはクリックするとそこが動きます。
動き方は文字・図形・イラスト・写真などいろいろです。
☆ では、動かしてみましょう。 ポインターが
⇒
になったところで
や文字や絵をどれでもいいからクリックしてください。
スライドの授業は楽しい
よ!
は
面白くてわかりやすい
よ
☆ ところで気がつきました
マウスポインターが
のところでクリック
か?
すると
そこが動きます。 それ以外のところではポインターが
になっていま
すね。
のところでクリックすると次に進みます。 このスライドはここまで
ですから
のところでクリックして次のスライドに移りましょう。
スライドをやってみよう
では復習です。
(1)マウスポインターが
のところで左クリックすると進んでいきます。
(2)スクロール (マウスのロールを手前に回転する) しても OK。
(3)戻るときは、逆スクロール(マウスのロールを向こう側に回転する)で OK。
(4)マウスポインターが
のところはクリックするとそこが動きます。
☆ これで基本的にはスライド授業ができます。
馴れてくると、これで授業ができますが、 スライドによってはこれらを
組み合わせて進めるスライドもあります。
スライドの標準画面(スライドショーに入る前の画面~あとで説明します)
の下に
のような欄があって
そこに進め方が指示してあります。
わからないときはその指示を見て進めましょう。
☆ では、次のスライドに移りましょう。
ください。
のところでクリックして
スライドをやってみよう
次のスライドは「Ⅰ.自己紹介B]の 「No.8」 のスライドです。
このスライドは 「~も~」 (N1もN2) を練習するためのスライドです。
このスライドの下に次のような指示が出ています。
①クリックしていき、「例」の「宋さん( )中国人です。」が出たところでSに
( )を言わせる。「宋さん(も)中国人です。」クラスの全員に確認させる。
②「例」が終わり、「キャシーさん」の顔が回転したら次のSに言わせる。「キャ
シーさんはアメリカ人です。」 ③次に「ケリーさん」の顔が回転したら次のSに
言わせる。「ケリーさんもアメリカ人です。」 ④順にクリックして「鈴木さんも日
本人です。」まで言わせる。 ⑤そのあと≪言ってください≫が回転したらTは
言わせたい人物の顔をクリックして回転させ、言わせる。 同じ国籍が続くと
きと続かない時を混ぜる。⇒と逆の順序に言わせてもよい。
このスライドの意図は次の通りです。
① 初めに鈴木さんから時計回りに国籍を言わせて「~も~」と「~は~」
の使い分けを練習させたあと ② 次はTがアトランダムに人物の顔を回転
させて指示し、「~も~」と「~は~」の練習をスピーディーにやることです。
☆ では、
ましょう。
のところでクリックして次のスライドに移り実際にやってみ
【れんしゅう 】
鈴木(すずき)
日本(にほん)
山田(やまだ)
ワン
日本(にほん)
中国(ちゅうごく)
≪言ってください≫
例:
鈴木さんは日本人です。
ワンさんは中国人です。
宋さん(も )中国人です。
リー
宋(そう)
韓国(かんこく)
中国(ちゅうごく)
ケリー
アメリカ
キャシー
アメリカ
スライドをやってみよう
これで授業は OK です。
☆ あとは 「終わり」 と「始め」 の操作です。
☆ スライドを終わるとき。
マウスを「右クリック」します。
⇒表示メニューから「スライドショーの終了(E)」
をクリックします。
☆ スライドを始めるとき。
次へ(N)
前へ(P)
・
・
・
・
ヘルプ(H)
・
スライドショーの終了(E)
「スタート」 ⇒ 「コンピューター」
⇒ 「ハードディスク」(C)
または(D)〔開く(O)〕
⇒ 開きたい課 例: Ⅰ.自己紹介B〔開く(O)〕
◇ 目的の課が開いたら
⇒ 画面の上の「スライドショー」 をクリック
⇒ 画面の上の左 「最初から」 または 「現在のスライドから」をクリック
☆ これでスライドの開始と終了ができました。
参考情報がありますのでクリックして次のスライドへ進んでくだ
スライドをやってみよう
※ ここでは 参考情報を お知らせします。
画面切り替えの方法 ~ 画面の下の記号でも切り替えができます。
☆ 画面の下に出ている記号をクリックすると画面が切り替わります。
標準画面
スライドショー
スライド一覧
閲覧表示
「進む」 「戻る」 ~ パソコンのキーでもできます。
☆ パソコンの
←
〈パソコンのキー〉
→
↑
↓ キーでも進んだり戻ったりできます。
↓
→
進む (左クリック・スクロールと同じ)
↑
←
戻る (逆スクロールと同じ)
↑
←
↓
→
スライド画面の下にある、次のような表示では その文型の学習スライド
にジャンプすることができます 。
~も~です
[ス7]
① パソコンのキーボードの上から2段目にある「数字キー」で
「7」と押してから「Enter」キーを押すと
⇒スライド「7」の「~も~です」の学習に入ることができます。
② 「~も~です」の学習が終わると、そのスライド画面の右下に
[ス5] のような表示があります。
そこで「数字キー」の「5」を押してから「Enter」キーを押すと
⇒スライド「5」の元の会話場面に戻ることができます。
③ 実は、この表示がないところでも、上のようにスライドNo.の
数字を押して「Enter」キーを押せばどのスライドからでも好きな
スライドNo.にジャンプすることができます。
主なスライドNo.をメモしておくと便利かもしれませんね。
おわり
ダウンロード

やってみようパワーポイント授業(13)