プログラムが実行されるまで
2002年4月14日
海谷 治彦
1
Cというか一般的なUNIX, Linuxのバイナリ
Cプログラムの開発の流れ
プログラミング
(手作業)
コンパイル
hoge.c
ソースコード
(原始プログラム
hoge.c 等)
実行
a.out
ロードモジュール
(実行可能プログラム
a.out 等)
2
分割コンパイル
プログラミング
(手作業)
ソースコード
(原始プログラム
hoge.c 等)
コンパイル
リンケージ
・エディット
オブジェクトコード
(目的ファイル,
マシン語,
hoge.o など)
実行
ロードモジュール
(実行可能プログラム
a.out 等)
3
本授業で注目する点
• オブジェクトコード(マシン語)の中身の構造
• ばらばらのファイルに分かれたマシン語が
相互利用できる仕組み(リンケージ)
• マシン語がマシンに読み込まれる仕組み
(ロード)
• 読み込まれてからの振る舞い
4
相互利用とは?
// a.c
int foo(){
.....
}
// b.c
int bar(){
x=foo();
}
// c.c
main(){
x=bar();
}
コンパイル
a.o
a.o から
foo() をどう探す?
コンパイル
b.o
b.o から
bar() をどう探す?
コンパイル
c.o
5
マシン語に読み込まれる
レジスタ
a.out
ロード
メモリ
•ロードモジュールはどのよ
うに配置される?
•配置後,計算過程におい
てレジスタ,メモリ等はどう
変化する?
6
ノイマンマシンの基本構造
レジスタと呼ばれる数個の変数と,メモリと呼ばれるたった1
つの配列しか使えないプログラミング環境.
7
Javaプログラム開発の流れ
プログラミング
(手作業)
コンパイル
javac hoge.java
hoge.java
ソースコード
(原始プログラム
hoge.java 等)
実行
java hoge
hoge.class
クラスファイル
(hoge.class 等)
8
JavaとC(等)との違い
• リンケージはどこでやっているのか?
– ロードした後,マシン内でやっている.
• ロードはどうやってやっているのか?
– 必要なクラス(マシン語)のみロードする.
9
// a.c
int foo(){
.....
}
// b.c
int bar(){
........
}
// c.c
main(){
if(x>10)
foo();
else
bar();
}
Cのロード
コンパイル
コンパイル
コンパイル
基本的にリンクされた
関数は全てマシン内
に読み込まれる.
a.o
b.o
c.o
リ
ン
ク
a.out
ロ
ー
ド
foo()
bar()
main()
.
.
.
.
10
// foo.java
class foo{
.....
}
// bar.java
class bar{
........
}
// go.java
class go{
... main(...){
if(x>10)
new foo();
else
new bar();
} ....
Javaのロード
コンパイル
コンパイル
foo.class
bar.class
•事前にリンクしない.
•必要に応じて必要な
クラスを追加ロード.
•(分岐等の場合,一方
しかロードされない.)
go.class
コンパイル
最初のロード
java go
例えば,
go.class
foo.clas
s
.
.
.
11
Cの場合のロード元
•基本的には自身の記憶デバ
イス(ディスク,FD,CDROM
等)からしかロードできない.
•1つのプログラムにおいて,
多様なロード先を持つことは
難しい.(というか原則,ロード
は1回)
12
Javaの場合のロード
FD
•多様なソースから
クラスをロードでき
る.
ディスク ディスク
ロード
ネット
•1つのプログラムが
複数のソースを持て
る.
DB
13
JVMの基本構造(大雑把)
クラスファイルの
内容チェック
クラス
ファイル
クラスローダー
クラスローダー
クラスローダー
クラスローダー
クラスデータを保存
クラスファイル
ヒープエリア
ヒープエリア
ヒープエリア
Javaスタック
メソッドエリア
実行
エンジン
ヒープ
各実行スレッドのローカルデータ
(実行経過)を保存
インスタンスデータ
を保存
14
ダウンロード

プログラムが実行されるまで