大阪バードフェスティバル2010 記念フォーラム
残せるか チュウヒの聖地を 大阪に
2010.11.20 日本野鳥の会大阪
調査地(堺7-3区)の概要
・産業廃棄物の広域的総合
的処理を目的に1974年以
降、1994年までの20年間
にわたり面積280ヘクター
ルに及ぶ海面の埋め立て
が行われ造成された土地
・その後2004年までの10年
間、管理型廃棄物と安定
型廃棄物による陸上埋立
処分が行われてきた
・裸地から草地への変遷、
沈下による湿地の出現な
どを通じ、チュウヒなどの
草原環境を好む野鳥の生
息地となっている
南港野鳥園
大和川
堺7-3区
仁徳天皇陵
7-3区のうち、約100haが「共生の森」として
位置づけられ、現在、市民・NPO等の参加に
よる森づくりが2004年よりスタートしている。
T調整池(S山から見たところ)
Q池
S山
T調整池
堺第7-3区
全景
S山から南を見た景色
Z池
Z池からS山を見る
チュウヒ 法などによる位置づけ




絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関
する法律:指定なし
環境省レッドリスト EN:絶滅危惧ⅠB類
近畿地区鳥類レッドデータブック
ランク1:危機的絶滅危惧種
大阪府における保護上重要な野生生物
-大阪府レッドデータブックー 冬鳥として記載
絶滅危惧Ⅱ類:絶滅の危険が増大している種
チュウヒとオオタカ
チュウヒ
オオタカ
♂48㎝~♀58㎝
♂50cm~♀56cm
翼開長
♂113㎝~♀137㎝
♂106cm~♀131cm
主な生息地
埋立地(湿地・草原)
里山(平地~山地の林)
絶滅危惧IB類(EN)
準絶滅危惧(NT)
指定なし
指定あり
60つがい程度
1824~2240羽
イヌワシ650羽、クマタカ1800
羽より少ない
増える傾向がみられる
全長
環境省レッドリスト
絶滅のおそれある野
生動植物の種の保存
に関する法律
生息数推定(日本)
堺第7-3区の土地利用状況
一次処分地(開放区域)
C
B
み
な
と
堺
グ
リ
ー
ン
ひ
ろ
ば
E
D
H
G
風車
ひろば
A
F
エコタウン
二次処分地(立入制限区域)
L
P
K
O 草地
J 丘 陵
N 丘 陵
(植栽地)
I
T 調整池
(植栽地)
M
X(植栽地) Z 湿 地
S 丘 陵 W 草地 Y
共生の森(約100ha)
R 丘 陵
V 草地
共生の森エリア
U
のうち、草地、湿地
環境が約50haを
占めている
(植栽地)
Q
湿 地
※図中のアルファベットは埋立処分地の区画(ポンド)名を示す
=メガソーラー発電所(一部稼動)
N
堺第7-3区でのチュウヒの繁殖状況
■ 1980年代後半まで、数少ない冬鳥として、淀川や南港埋立地
などに渡来
■ 1988年、堺7-3区埋立地で 繁殖行動が確認される
■ 2005年、予備調査 巣材運びやつがい間の餌渡しを確認
■ 2006年 2つがいの営巣を確認
1つがい繁殖失敗、1つがい1羽のヒナが巣立ち
大阪府内で初めての繁殖確認
■ 2007年 2つがいが繁殖行動
1つがいの巣(ヒナ3羽)発見、うち2羽が巣立ち
■ 2008年 メス1羽のみ記録、繁殖行動確認できず
■ 2009年 1つがいが営巣、1羽のヒナが巣立ち
■ 2010年 繁殖行動確認できず
わずか6年の間に、チュウヒの繁殖状況は確実に悪化 ・・・
2005年の調査
(5~7月に3回実施)
5月2日
・2つがいの
生息を確認
・巣材運び、
つがい間の
餌渡しなど
の繁殖行動
を観察
2005.5.2 Tポンドつがい 下がメス、上がオス
巣材を運ぶ♀
2005.5.2 (Tポンドつがい) メスの巣材運び
2005.5.2 (Tポンドつがい) 巣の近くでのオスのとまり
2005.5.2 巣があると思われるアシ原の上を飛ぶTポンドつがい
2005.5.2 別つがいのオス 白っぽい個体の飛翔
2006年の調査 (5~6月に4回実施)
5月1日
・成鳥5羽を同時
に確認
・3つがいが営巣行動
に入っていると考え
られる
・うち1つがいは、昨年
同様Tポンドで営巣
の模様
つがいのメスの近くにやってきた別つがいのオスを追
うためにスピードを上げて目の前を飛んでいったオス
6月 営巣確認調査
2006.6.9
5月に確認していたNポンド
つがいの巣があると思われ
る草地に入って営巣確認調
査を実施
背の高いススキの群落の中に巣があった。
卵やヒナの姿なく、放棄されたと思われる。
産座には細かい枯れ草が使われている。
大阪で初めて繁殖を確認
2006.6.20
Tポンドつがいの巣を調整
池内のアシ原の中で発見。
20日齢程度のヒナが1羽
巣の上にいた。
2006.7.18
巣立ち雛を確認
2007年の調査
(月1回、4~7月は月2回実施)
2007.3.29 求愛飛行 上が♂
ネズミをつかんでいる
2007.4.25 ♂の止まり
2007.5.2 ハシボソガラスを追う♂
2007.6.11 巣と3羽の雛を確認
第3子を孵化後5日として、
第2子が孵化後8日、
第1子が孵化後11日齢程度と推定される
2007.6.25 雛は2羽に
第1子 25日齢 推定 ,第2子 22日齢 推定
第3子 おそらく死亡
巣を上から見ると・・・
2007.7.9 巣立ち
2007.7.9
巣の近くに
巣立ったヒナを
2羽確認
▼第2子
▲ 第1子
2007.7.21
巣立ち雛を見守る♂

2008.1~3
ケアシノスリが
数羽越冬
チョウゲンボウ
ハヤブサ
ミサゴ
チュウヒの食べ物
ペリットとヒヨドリの食痕
カルガモの食痕
2006.5.1 撮影
5.23 撮影
メガソーラー発電計画
<堺第7-3区太陽光発電所(仮称)>
事業者 :関西電力(株)
面 積:約20ha 発電出力:約10MW(約1.0万kW)
発電電力量:約1,100万kWh/年 設置形態:陸上設置
総事業費:約50億円
着工予定:平成21年度
運転開始予定:平成23年度
(最終完成予想図)
チュウヒ保護の課題
■ 市民やNPO、企業などが参加した
「共生の森」づくりが2004年からスタート
■ 湿地部とその周辺は、そのまま手を
つけずに野鳥の生息できる環境を残す
ことになっているが、面積は約50haしか
なく、チュウヒの生息には不十分
■
今後、「共生の森」の事業の中に、チュウヒ
の重要性をしっかりと位置づけし、チュウヒの
保護のために草地環境の保全を図っていくこ
とが必要
■ 堺シャープ工場の建設による餌場(堺2区埋立地)
の消失
■ 関西電力によるメガソーラー発電所の計画
生息地の大改変
堺第7-3区「共生の森」構想
背景及び必要性
○ ベイエリア北部の埋立地は公園・緑地の
整備が進むものの、海辺の自然生態系
復元の観点からは不十分。
○ 自然の少ないベイエリアにおいて生き物
の生息空間となる大規模な「都市自然」の
創出が必要。
○ 世界都市大阪として内外に誇り得るシン
ボル的な「みどり」の創出が必要。
整備方針
・ 森に湿地、草地、池などが介在する大規模な
「ビオトープエリア」を形成
・ NPO、ボランティア等、多様な主体の参画
・ 塩害に強い郷土樹種による維持管理コストの
軽減
・ 苗木から埋立地の環境に馴染ませながら長期
的に育成
(仮称)共生の森
堺第7-3区埋立地跡地利用の一部として
の 「みどり」を創造
○
○
○
○
○
効 果
コストを抑えつつ、自然性の高い大規模
なみどりを創出
ベイエリアの景観および環境の向上
野鳥をはじめ生き物の生息数の増加
ボランティア活動の活性化
世界都市としての大阪のイメージ向上
事業イメージ
・NPO、ボランティア等の手による森づくり活動を
主体とし、行政は必要な基盤整備等の活動支
援を実施。
・事業予定地の現状を活かし、シンボル的な森づくり
を行なうゾーン、自然の遷移に委ねるゾーンなど、
特徴ある整備。
・将来的にNPO等の自主的な運営へ移行。
■事業規模(想定):約100ha
守ろう! チュウヒの聖地
チュウヒに
ご 注 意 !
保護・啓発活動
▲2007.11.4
「はじまりの森」植樹祭の自
然観察イベントでチュウヒの
保護を訴える
2008.12.21
野鳥観察会
堺7-3区の野鳥について説明
堺7-3区埋立地の野鳥
ハヤブサ 若鳥
タゲリ
タゲリ
カモの群れ
セイタカシギの繁殖 2006年6月
ケリ
ツバメチドリ
オオバン
アオアシシギ
チュウヒの生息(繁殖)環境を保全するために(提言)

生息エリアの確保と多様な草地・湿地環境の創出
・残された湿地環境と草地環境の維持、保全
・植物遷移による森林化を避けるために定期的に草刈や
低木の伐採を行う
・ヨシ原の適正な管理を行う。営巣場所として利用可能な
ヨシ原は、水位調整を人為的に行えるようにする。
・多様な生き物が生息できる環境の創出
Z池、Q池を生き物のあふれるビオトープとする。
池の形状を緩傾斜とし、水鳥の採餌や休息の場として利用
できる泥湿地を創出する。
チュウヒのくらしを支える生物の多様性を確保
堺7-3区 大阪で唯一チュウヒが繁殖する広大な埋立地
草原や湿地を残し、チュウヒとの共生を・・・
お わ り
ダウンロード

堺第7-3区