PPM手法を適用した
訓練評価手法構築の試み 第2報
- 平成13年度から平成16年度までの
指導員研修改善の経過 -
職業能力開発専門学科
研修課
新井 吾朗
砂田 栄光
1.はじめに(第1報まとめ)
高
内容改善コース
追加拡大コース
中止・停止コース
募集改善コース
受
講
者
率
低 低
満足度
高
1.はじめに (第1報まとめ)
①単純で低コストであること
②コース間の相対的な比較は、客観的で
あること
③コース内容の問題と募集方法の問題との
切り分けができる
④定常的に実施しているアンケートの数値を
容易に活用できる
2.方法
2-1.評価対象とした研修
実施年度
13年度
14年度
15年度
16年度
(8月まで)
一般・指導
技法研修
25
16
15
8
短期実践
研修
39
40
40
18
専門研修
34
30
30
14
98
86
85
40
合
計
2.方法
2-2. PPMの活用方法
①コース評価の担当教員への通知方法
第1段階:コース終了数日後に、修了生が記入したアンケートの解答用紙を
そのまま担当教員に配付
第2段階:PPMチャートは、毎月実施している研修会議で研修主幹]に示す。
第3段階:研修課職員が改善提案を心がけて伝える。
②コース改善の方向
■コースに対する満足の程度を高める取り組 み
コースの内容改善を担当教員に依頼
コースの内容と受講者ニーズのミスマッチを防止
■受講率を高めるための取り組み
定員の見直し
受講率の低いコースの実施中止
ニーズ調査の徹底
3.結果
3-1.全体的な改善の傾向方法
(●短期、■専門、▼一般、◆技法)
●34
■34
●30
●33
●20
●32 ▼12 ■31 ◆1
●6
●27 ●35
■12 ■10
■8
●11 ■21 ●12 ●3
■20
●17 ●4
●10
◆5
140
平成13年度PPMチャート
●31
●5
■1
130
●22
■15
●21
●15
●18
■25
120
■18
■23
●38
■32
▼9
■6
■33
●36
●13
●37
▼6
●39 ▼5
●23
◆2
110
●29
■12
100
■26
■27
●14
■28
▼8
●24
●9
■7
●1
■5
●25
◆4
●16
●2
◆6
■13
●26
▼2
◆9
◆11
▼7
■17
●19
■11
90
◆3
■19
80
70
■24
■16
■4
◆12
■9
●7
60
■29
●28
●8
▼11
2.75
3.00
3.25
3.50
3.75
アンケート結果→
■30
■22
◆7
4.00
▼3
▼4
■3
◆8
◆10 ▼1
■14
4.25
▼10
▼13
4.50
4.75
5.00
←
受
講
率
(
%
)
3.結果
3-1.全体的な改善の傾向方法
(●短期、■専門、▼一般、◆技法)
●47
●48
●39
●40
●44
●38
●2
●1
●3
●5
●11
●12
●15 ●10
●16 ●8
■5
●13
■1
◆1
▼3
平成14年度PPMチャート
■8
●14
●7
●45
●37
●41
●43
■6
●9
■37
●6
140
◆2
130
◆4
■3
120
▼2
●18
■26
■25
■2
●42
■24
●46
◆3
110
■7
▼1
100
●23
▼12
●4
▼4
■9
■4
▼13
●35
●54
●49
●56
●55
●26
●34
●53
◆7
●21
●33
●50
■14
■10
●27
■13
■12
■18
■21
●28
90
▼5
■23
●29
80
●36
◆5
●51
●19
●57
■28
2.75
3.00
▼10
◆10
■20
■22
●58
▼9
●22
●52
■27
3.25
▼8
●24
3.50
3.75
アンケート結果→
◆9
●20
4.00
▼11
●32
●31
■16
▼6
■15
●25
4.25
70
●30
◆8
■19
■17
■11
◆6
4.50
4.75
60
▼7
5.00
←
受
講
率
(
%
)
3.結果
3-1.全体的な改善の傾向方法
(●短期、■専門、▼一般、◆技法)
▼8
▼6
■17
●16
●8
●31
●35
●1
●5
140
平成15年度PPMチャート
●40
▼5
●30
●12
■4
●27
●36
■24
■3
■12
●10
■11
◆2
■25
●20
●29
●14
130
120
◆1
◆3
▼7
110
●34
■5
●18 ●2
●24
●26
●28
▼3
■6
■11
●9
■7
●25
●22
●17
●23
■8
●6
■22
●32
■2
2.75
3.00
3.25
3.50
3.75
アンケート結果→
◆4
●19
■26
●33
■23
■27
■28
■16
100
▼10
90
●7
▼2
■15
◆4
▼4
■15
●15
■18
●11
■29
●3
●13
■1
■10
■9
◆7
▼1
●21
■20
▼9
■14
◆5
■19
■13
●4
4.00
4.25
4.50
80
70
60
4.75
5.00
←
受
講
率
(
%
)
3.結果
3-1.全体的な改善の傾向方法
(●短期、■専門、▼一般、◆技法)
■13
◆4
■5
140
平成16年度PPMチャート
◆2
130
120
●11
■11
■10
●18
■4
●2
110
■9
◆1
100
90
●6
●7
■6
●1
●3
80
◆3
▼2
▼1
■2
■8
70
◆5
●5
■3
60
●9
●7
■12
■実践研修
■1
●13
▼3
2.75
3.00
3.25
3.50
3.75
アンケート結果→
4.00
4.25
4.50
4.75
5.00
←
受
講
率
(
%
)
3-1.全体的な改善の傾向方法
23%
28%
15%
33%
11%
38%
12%
40%
平成13年度
平成14年度
7%
38%
6%
31%
8%
46%
19%
44%
平成15年度
平成16年度
(7月まで)
内容改善コースの変化(減少)が顕著
3-2.研修の種類別に見た改善の傾向
①一般・訓練技法研修の改善
受講率の低いコースをある程度淘汰
②専門技術研修の改善
PPMチャートによる、
教員による自主的な「内容の改善」
の動機付け
③短期実践研修の改善
「関連情報シート」の掲載 (H15)
3-3.個別の研修改善事例
●H15年
●H13年
●H14年
●H16年
●H13年
短期実践 A コース
●H13年
●H15年
●H14年
短期実践 B コース
●H13年
●H15年
●H15年度
●H14年度
短期実践 C コース
図 21
短期実践研修
●H14年
短期実践 D コース
個別コースの評価変化
3-3.個別の研修改善事例
13年度
14年度
15年度
凡例
12
14
改善
4
18
3
22
17
1
未対応
1
9
5
2
新規
評価悪化
5
中止
低
満
足
3-3.個別の研修改善事例
●H13年
●H14年A’
●H13年
●H14年A
●H14年
●H15年A
●H15年A’
専門技術A コース
●H15年
専門技術 B コース
●H14年
●H13年
●H15年
専門技術 C コース
図 23
専門技術研修
個別コースの評価変化
4.考察
4-1.PPMの特徴
留意点
①縦横軸の意味を明確にしておく必要があること
②PPMだけでコースの良否の全てを判断できないこと
③縦横軸の評価項目および中位点の設定は、訓練を
設定している目的、受講者の受講目的、在職者の
場合は派遣してくる企業の目的等を考慮して設定し、
それを明確に示す必要があること
4-2. PPMチャートの中位点位置について
クレーム数
評点
クレーム率
対象者数
進め方
研修成果
進め方
研修成果
4.75
1
0
0.037
0.000
27
4.5
9
3
0.333
0.111
27
4.25
12
1
0.279
0.023
43
4
11
5
0.282
0.128
39
3.75
10
2
0.357
0.071
28
3.5
22
7
0.647
0.206
34
3.25
14
4
0.560
0.160
25
3
37
11
1.088
0.324
34
4-2. PPMチャートの中位点位置について
0.6
1.2
研修方法
1.0
研修成果
0.4
0.8
0.3
0.6
0.2
0.4
0.1
0.2
0.0
0.0
3
3.25
3.5
3.75
4
評点
4.25
4.5
4.75
進め方 クレーム率
研修成果 クレーム率
0.5
4-3.残された課題
(1)PPMチャートの適切な利用の促進
(2)評価の自動化
【参考文献】
[1] PPM手法(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)は、各種の事業に対する投資
等の優先順位を決定するような経営戦略立案のための情報を簡易に示す手法。
詳しくは、[1]を参照のこと。
[2] 新井・砂田,PPM手法を適用した訓練評価手法構築の試み,職業能力開発研究 第
21巻,2003
[3] コースに対する満足の程度は前掲同書2で、コース後に行うアンケート調査の「研
修目的を達成できたか」、「研修内容を習得できたか」という二つの問いに対する
5段階評定の平均値と設定した。
[4] 能開総合大では各科毎に1名の研修主幹を定めて、研修課と各科との間で研修
実施に関する連絡会議を定期的に行っている。
[5] L.J.Briggs,Instructioanl Design,pp47-95,1977
ダウンロード

平成13年度から平成16年度までの指導員研修改善の経過