ドイツ
医師会強制加入の規定
義務違反に対する処罰規定
弁護士と医師
日独の比較
岡嶋道夫
1
医療職法(州法)ノルトライン・ヴェストファーレン州
第1章 カンマー(医師会、歯科医師会、薬剤師会、獣医師会)
§2 所属
§6 任務
第2章 職業従事
§31 職業規則の公布
第3章 卒後研修
第1節 医師の卒後研修
第2節 薬剤師の卒後研修
第3節 獣医師の卒後研
第4節 歯科医師の卒後研修
第4章 一般医学の専門教育
第5章 責問権(非難権)
第6章 職業裁判権
岡嶋道夫
2
医療職法から
強制加入に関連する条項
§2 所属
(1) カンマーに所属するのはノルトライン・
ヴェストファーレン州において職業に従事
する総ての医師、薬剤師、獣医師及び歯
科医師であるが、職業に従事しなくても
通常の住所を有する者も所属する。 監
督官庁で官吏として従事している者は除
く。
(2) 略
岡嶋道夫
3
医療職法から
強制加入に関連する条項 (続き)
(3) 総てのカンマー所属者は、1ヵ月以内に
管轄のカンマーに申告し、法的に必要な
資格証明書を提出しなければならない。
カンマー所属者は職業従事の開始、終
了、及びその他の変更並びに住所の変
更を届け出て、カンマーの命令を守らな
ければならない。
岡嶋道夫
4
医療職法から
第5章 非難(責問)権
§56 軽微性-責問
(1) 医師会理事会は、罪が軽微で職業裁判
所手続の開始を申請する必要がないと思
われるときには、本人に義務づけられた職
業義務を傷つけた医師会所属者を責問す
ることができる。 これは、公務員がその公
務員義務を傷つけた場合には適用されな
い。
(2) 同じ事情によって職業裁判手続が開始さ
れれば、責問権は解消する。(以下略)
岡嶋道夫
5
(3) 責問は職業裁判所の支配下にある。 決
定が下されたときには、その法的救済につ
いての教示が伴う。
(4) 医師会所属者を注意する会長の権利は
留保される。
(5) 職業裁判上の処置に関する記録は、職
業裁判所手続に至らなかったときには決
定の確定力後3年間、職業裁判所手続と
なったときには決定の確定力後10年間保
存され、その後破棄される。
岡嶋道夫
6
第6章 職業裁判権
§57 職業義務違反
(1) 職業義務に違反した医師会所属者は職業裁判
権の支配を受ける。
(2) 公務員義務に違反ということであれば、公務員
である医師会所属者にはこれは適用されない。
(3) 罰金までに相当する職業義務違反から5年以
上経過していれば、職業裁判所の処分は及ばな
い;期限が経過するまでに職業裁判の手続開始
の請求があったり、またはそれと同じ事実によっ
て刑事手続が開始されていれば、期間はこの時
点から手続の続く間は停止する。
岡嶋道夫
7
義務違反に対する処罰
ドイツ
日本
弁護士
医師
連邦:
州:
連邦弁護士法
医療職法
国:
なし?
医道審議会令?
弁護士法
岡嶋道夫
8
弁護士
医師
会長の注意
会長の注意
弁護士会理事会:非難権 医師会理事会:非難権
ド 懲戒委員会
懲戒委員会
イ
ツ 弁護士裁判所Anwaltsgericht 医師職業裁判所
控訴:弁護士上訴裁判所 二審制
上告:連邦通常裁判所
(それ以上の上告はない)
弁護士会綱紀委員会
日 弁護士会懲戒委員会
本 不服:日本弁護士連合会
不服:東京高等裁判所
岡嶋道夫
医道審議会
医師法、医療法、歯科医師
法などの他の法律の規定
により審議会の権限に属さ
せられた事項を処理
9
制
裁
弁護士
医師
ド
イ
ツ
理事会:
制裁の種類は不明
弁護士裁判所(名誉裁判所)
戒告
けん責
25,000ユーロまでの科料
1年-5年の活動禁止
弁護士職からの排除
日
本
第五十七条 次の四種とする
戒告
2年以内の業務停止
退去命令
除名
医師会の懲戒委員会:
注意
戒告
5,000マルク(約2,500ユーロ)までの科料
資格や免許の停止(2年まで)
医師職業裁判所:
注意
戒告
被選挙権の剥奪
10万マルク(約5万ユーロ)までの科料、
職業を行う資格なしという決定(免許剥奪)
岡嶋道夫
10
ダウンロード

S33