コンテンツ・クリエイティビティ・ビジネス(9)
2013年6月11日
廣瀬 禎彦
http://www.hirose-sadahiko.com/
メディアの階層構造
• 新しいメディアはそのコンテンツとして古いメディアを包含す
ることができる
• 最新のメディア:インタネット
インタネットはこれまでの
すべてのメディアをそのコンテンツとして包含することができ
る
• 少なくとも、インタネットはこれまでのメディアの時間的な特徴
をすべて包含している
不定期、定期、季刊、月刊、週刊、日刊、時間、瞬間
新しいメディアはこれまでの権威を壊す
• 携帯電話と親の関係
家庭内の電話が一台の固定電話の時代、親が電話を管理し、子供の
友達付き合いはほとんど把握できていた
携帯電話の出現で子供同士が親を経由せずに連絡を取り合うことが
できて、親が子供を監督できる範囲が狭まった
電話の中身も知るすべが無くなった。知っているのは請求される
使用金額だけ
新しいメディアはこれまでの権威を壊す(2)
• 社長と秘書、取り巻き、現場
従来、社長と話すには秘書を通じて
携帯電話出現、携帯電話の番号が知れると、それを知った人直接
いつでも社長とつながる。 秘書の仕事の権威も薄れる。 社長を
守れなくなる。 スケジュールが混乱する、、、、
最近はスケジュールをソフトウエアでシェア、、、社長のスケジュール
を見れる人が増えて、、、あらたな管理へ
某有名プロダクションの社長:携帯は自分から発信のみ。 発信が
終わると電源をオフにしてしまう。(防御対策例)
新しいメディアはこれまでの権威を壊す(3)
• 社長と管理職、社長と現場
これまで: 組織の階層を経由して伝達、報告
メール出現後: 社長から現場の担当者に直接問い合わせ
現場への社長からの直接指示
その結中間管理職の権威が薄らぎ、組織の階層構造が変化し、
付加価値のない管理職は職を失う(大企業のリストラターゲット)
本社の権威: 情報を持っていること、予算をもっていること。
情報共有が進むと本社の権威も薄らぐ
クイズ
• 新しいメディアが既存の権威を崩している例をあげよ
新しいメディアはこれまでの権威を壊す(4)
• 印刷の出現と協会の権威
手書きだった大量に印刷される
僧侶以外でも聖書が手に入る(貧乏な僧侶にも)
聖書を読み、考え、それぞれの解釈をする人が増える
新たな解釈が出てくる、 カソリックへの批判が芽生える
宗教改革のきっかけになる
ルネッサンスをもたらす
新しメディアはこれまでの権威を壊す(5)
• 国家とインタネット
国家はメディアを国家管理のもとに置きたがる
電波法、例えば。
インタネットそのものは国家管理を嫌う
注意:Googleなど、インタネット上に作られたプラットフォームは
管理されやすい
中国とGoogleの関係
メディアの国家管理と安全保障は、ある意味で表裏一体
それではプライバシー保護は?
最近の米国のCIAのケース
新しいメディアはこれまでの権威を壊す(6)
• 中国政府とGoogle
• Googl自身のユーザー検閲
• Appleの検閲
• Facebookの検閲
• 日本政府は?
• なぜ、スマートフォンはハッキングされる?
(Person of interest)
ダウンロード

ccbをダウンロード