生活綴り方の生活指導
コミュニケーションの形成
集団の意味(再)
• 個別教育(紳士教育)と集団教育は本質的な
違いがあるのか。
• ハナ・アレントの「公的生活」の意味。
教育にとっての作文
• 言語教育は教育の土台 読・聴・話・書
• 明治期の作文教育 正式的説明主義 →
自由発表主義(自発的表現)
• 大正期 鈴木三重吉 芸術教育運動(文芸と
しての綴り方)
• 昭和 「綴方生活」小砂丘忠義
• 戦後の綴り方復興 やまびこ学校
学習指導要領の作文観(1)
• 1・2年の目標 (2) 経験した事や想像した事などについて,
順序が分かるように,語や文の続き方に注意して文や文章
を書くことができるようにするとともに,楽しんで表現しようと
する態度を育てる。
• 内容(1) 書くことの能力を育てるため,次の事項について指
導する。
ア 相手や目的を考えながら,書くこと。
イ 書こうとする題材に必要な事柄を集めること。
ウ 自分の考えが明確になるように,簡単な組立てを考えること。
エ 事柄の順序を考えながら,語と語や文と文との続き方に注
意して書くこと。
オ 文章を読み返す習慣を付けるとともに,間違いなどに注意
すること。
学習指導要領の作文観(2)
• 3・4学年 (2) 相手や目的に応じ,調べた事などが伝わる
ように,段落相互の関係などを工夫して文章を書くことができ
るようにするとともに,適切に表現しようとする態度を育てる。
• (1) 書くことの能力を育てるため,次の事項について指導す
る。
ア 相手や目的に応じて,適切に書くこと。
イ 書く必要のある事柄を収集したり選択したりすること。
ウ 自分の考えが明確になるように,段落相互の関係を考える
こと。
エ 書こうとする事の中心を明確にしながら,段落と段落との続
き方に注意して書くこと。
オ 文章のよいところを見付けたり,間違いなどを正したりする
こと。
学習指導要領の作文観(3)
• 5・6学年 (2) 目的や意図に応じ,考えた事などを筋道を
立てて文章に書くことができるようにするとともに,効果的に
表現しようとする態度を育てる。
• (1) 書くことの能力を育てるため,次の事項について指導す
る。
ア 目的や意図に応じて,自分の考えを効果的に書くこと。
イ 全体を見通して,書く必要のある事柄を整理すること。
ウ 自分の考えを明確に表現するため,文章全体の組立ての
効果を考えること。
エ 事象と感想,意見などとを区別するとともに,目的や意図に
応じて簡単に書いたり詳しく書いたりすること。
オ 表現の効果などについて確かめたり工夫したりすること。
学習指導要領の作文観(4)
• 表現課題が多く「外」にある。経験や想像・調
べたこと・考えたこと
• 文章の的確性を磨くことが主な目的・内容と
なっている。
↓
作文がコミュニケーションのための方法である
と考えられているか。
生活綴り方の作文観
• 生活をありのままにつづる(原点)
生活表現のなかに子どもの真実を読む
生活をありのままに書く
貧しさのなかに人間生活の回復を
• 生活に根ざした真実の表現を
本当のことを正直に書く
「書かない自由」が提起していること
綴り方における生活・言葉・表現活動
• 表現がのびることと生き方が確かになること
表現がのびるということ
生き方が確かになるということ
生き方を育てる表現の具体的指導
戦前生活綴り方が現れた意義
• 国定教科書での厳格な教育内容統制
作文は唯一の自由な教育内容分野
• 科学的認識の欠落
書くことを通して事実を見つめ、思考する。
• 自己表現の欠落
書くことによる自己表現
コミュニケーションにおける書く意味
• 会話によるコミュニケーションとどのように違
うか。その長短を考えてみよう。
綴り方教育の日常的実践
•
•
•
•
•
日記 教師との対話(赤ペン)
作文 表現したいことを表現する
印刷 学級での共有(親や含む)
紹介と討論 認識の検討
認識の改めと表現の改善
綴り方実践の近年の困難性
• 個人情報管理の感覚が浸透
• 集団を人間的協力の場というより、競争の場
としてとらえる感覚
• 他人に知られたくないという感覚
生活綴り方の生活指導的意味
・かつての学生の演習での主張
学級崩壊を起こさせない教育方法として、生
活綴り方が最も優れている。
・どこにそうした力があるのか。
文章によるコミュニケーションの長所を考え
てみよう。(いじめを事例に)
ダウンロード

生活綴り方の生活指導