建築人間工学について
地域資源管理科学専攻
労働環境工学分野
松岡 紘典
身体的条件
心理的条件
・身長
・欲求
・体重
・動機づけ
・年齢
・好き嫌い
等
・健康
・能力
社会文化的条件
等
生活環境
・経験
・家族構成
・価値
・ライフスタイル
・倫理
・役割
等
また、個人か集団か
でも変わる!
等
人間の視覚・知覚・感性などの特
性や、設計の基本となる人間の活
動能力から決まる単位・寸法、災
害防止や環境との調和にかかわる
人間の個として、あるいは集団と
しての行動法則、人口の密度の関
係など、建築と人間、空間と人間
に関するあらゆる問題を調査・研
究する学問である。
世界で建築人間工学の考えが
利用されている例を見ていっ
てみよう!!
サンフランシスコ
車椅子使用者でも座れる座席が300以上ある。車椅
子使用者が通路を通る場合に係員が椅子を移動して
くれる。車椅子使用する観客がいない場合には、一般
の観客も使用する。
セントラルパーク
車椅子を使用する子供が利用できる
遊具の構成をしており、安全面を考え
て、ゴムチップ製の地面やベンチを使
用している。
カリフォルニア大学
校舎に入るドアは自動ドアになっており、車椅子使用
者でも開けられる様にボタンが設置してある。
ショップモビリティ
まちの中心部に電動ス
クーターや車イスなどの
移動用機器を備え、常時
または一時的な移動の
困難を持つ人に貸し出す
システム。
グロスター
「ハリーポッター」の舞台にもなった大
聖堂。一部を除くが、バリアフリー化
が行われ、車椅子やスクーターでも
入る事が出来る。
車を排除したため、広い歩道スペー
スを確保出来、至る所にベンチが設
置してある。
トロント空港
家族トイレ。車椅子用トイレも別に設備されて
いる。介護者が異性の場合などでも気兼ねなく
利用する事が出来る。
エレベーター。視覚に障害を持つ人でも、はっ
きりとどのボタンを押したか分かる様に設計さ
れている。点字が分からない視覚障害者や海
外からの旅行者でも判別しやすい。
バンクーバー
駅構内の電車の乗り
入れ口。ホームと車両
の段差がゼロ。
コロンビア
バスは低床化はされていないが、バス停がバスの床に
合わせて高く設計されているので、車椅子使用者でも
スムーズに乗車できる。
スウェーデン
エレベーターのボタン。腕の力が無くてもボタンを押せる
ように設計されている。
南アフリカ共和国
ジグザグに設置されたスロープ。直線に設置するより
傾斜が緩やかになっている。
大体、建築人間工学が社会の中でどの
様に利用されているか分かったね!
次は、日本の事例を挙げながら、建築
人間工学について、もう少し深く掘り
下げていくよっ!!
日本でも、「障害のある人の社会参加が
1994年 ハートビル法
阻害されているのは、その人に障害が
(正式名:高齢者・身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する
あるためではなく、今まで見捨てられて
法)
きたニーズを持つ人を受け入れる事が
1995年 福祉のまちづくり条例
出来ない社会に問題があるのでは無い
2000年 交通バリアフリー法
か!?リハビリするのは社会ではない
のか?」という社会モデルの考えが定着
(正式名:高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する
法律)
してきたんだね。そして、その考えから
バリアフリー⇒ユニバーサルデザインの
2004年 バリアフリー新法
取り入れと、変わっていくんだ。
(正式名:高齢者、身体障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)
•障害のある人が社会生活していく上で障壁(バリア)となるものを除
去すること。もともとは段差解消などハード面(施設)の色彩が強い
が、広義には障害者の社会参加を困難にする障害の除去(ソフト面
の思いやり、気持ち)を含む。
全員が利用
しやすいもの…
•改善または特殊化された設計なしで、最大限可能な限り、全て
の人々に利用しやすい環境と製品のデザイン。
•バリアフリーはもともとあったバリアを取り除くこと、それに対し
ユニバーサルデザインは最初から取り除かれている(特別な調
整をしない)ことを指す。
こういった施設はどういった考え
から取り入れられているのだろう?
UDモデル住宅の一例
大型商業施設
全ての人間に対して利用しやすい建築物をつくるにあたって考えなければな
らない事は、全ての人間の寸法、動作スペースがその建築物にあることである。
特に子供や障害者にとって利用しづらい建物であってはならない。国でも高齢
者・身体障害者等の利用を配慮した建築設計基準を出しているので、その基
準を踏まえて建築設計を行った方が良い。
建築計画や空気調和設備の設計に必要な、室内の温度や湿度の目標値
の標準のあり方は、先進諸国でもほとんど統一されていない。わが国の法律
(ビル管法、建築基準法、省エネルギー建築設計指針等)の室内の温湿度の
規定は室の種類さえ問わない大まかなものであって、高齢者・障害者等の
配慮が見受けられない。空気の環境としては、アスベスト問題やシックハウ
スへの対策が講じられている。
私たちの環境では様々な音が発せられている。音は時間や環境、時には私
たちの心理状態によって、心地よい音にもなるし、不快な騒音にもなる。建築
物にはどういった音に対しての設計を行ったら良いのだろうか。
聴力を補助する役割
音声案内・感応性の聴力補助
騒音レベルの代表例
騒音レベル 騒音の程度例
最大可聴値
航空機のエンジン近く
会話不可能
120dB
騒音の激しい地下鉄の駅
110dB
工場サイレンの近く
列車が通過する時の高架下
100dB
地下鉄車内、電車の駅
90dB
機械作業場、空調機械室、印刷工場内
会話困難
80dB
交差点、マーケット、国道
会話に少し大きな声が必要 70dB
劇場、百貨店、銀行のロビー、騒がしい事務所
レストラン、大きな商店、ホテルのロビー
普通の会話
楽に会話ができる
60dB
都市周辺住宅地、事務所内
50dB
劇場、映画館の観客のざわめき
一般の住宅(平均値)
40dB
静かな住宅地
郊外
30dB
ラジオ放送スタジオ
20dB
木の葉がすれ合う音
10dB
ささやき声
0dB
最小可聴値
騒音の程度
騒音を防止する役割
音楽を楽しむ役割
遮音・吸音性の高い設計
コンサートホール・音楽室
人間の生活の中では、活動・休息の為に適度な明るさ(暗さ)が必要で
全ての人に対応した光の環境を建築物
あり、照明や採光の技術はくらしにふさわしい環境を制御するために
に求めるなら、照明は明るさの確保(通
存在する。また、光によって生じる視覚もともに重要である。建築物は
常の建築計画で必要とされている照度の
こういった光の環境についてどの様に設計すれば良いのだろうか。
1.5~2.0倍)と、明度差がはっきりした
標識の設置(特に黄色を使う時には要注
意)が必要だね!標識には視覚以外に判
断出来る方法をとると効果的!!
色の見えやすさ(明度差)
建築物が関わる災害として、地震の様な自然災害と火事等の突発的な事
故が考えられる。建築物に関わる災害で被害を受けるのは人間である。特
に、不特定多数の人間が集まる商業施設やオフィスビル等では出口に一
気に人が押し寄せて集団パニック状態になり、死傷者を増やす可能性も否
めない。そこで、群集の行動法則を調べる事により、災害に対応出来る様
な建築物の設計を行う必要がある。また群集の行動法則を知る事により、
交通渋滞の緩和・建築物の配置等にも活かす事が出来る。
・歩行者の歩行軌跡データの解析シュミレーション
・群集心理を踏まえた上での建築物設計
⇒出入り口の広さの検討
⇒避難経路の案内の明示化
・誘導案内システムの設置化
建築人間工学という分野を考えた時、ユニバーサ
ルデザインという考え方を切って考える事が出来
ない。ユニバーサルデザインは「過去よりは現在、
現在よりは将来へと改善の手順を着実に積み重
ねていくことを求めている」ので、今後の建築人間
工学では、より多くの人が建物を利用できる様な
研究と、それを実現する為の社会形成を行ってい
かねばならない。
参考
文献
図解 バリアフリーの建築設計-福祉社会の設計マニュアル- 第二版
荒木兵一郎・藤本尚久・田中直人著
彰国社
高齢者のための建築環境
日本建築学会編
彰国社
DIOMOND CITY
http://www.diamondcity.co.jp/csr/ud.html
ユニバーサルデザイン・ネット くまもと
http://www.pref.kumamoto.jp/ud/index.html
バリアフリーからユニバーサルデザインへ
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s99433as/ud/
木島英登バリアフリー研究所
http://www.kijikiji.com/consultant/ex/usa.htm
TOLI ONLINE
http://www.toli.co.jp/housetopics/main_topic_feb1.html
ダウンロード

Document