災害、事件、事故の後で
兵庫県スクールカウンセラー
スーパーバイザー
高橋 哲
災害、事件、事故後の三種類のストレス
災害の発生
大切な人や
日常生活の変化
ものの喪失
外傷後ストレス
・・・・・・・・・・・・喪失によるストレス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日常生活上のストレス
災害、事件、事故の後
大きな災害や事件、事故を体験し、死ぬかもしれないという恐
怖やショックを感じると、ふつう私たちは次のようなストレスを
感じる
1 災害(自然災害、戦争、大きな事件、事故など)そのものによるストレ
ス(トラウマ反応)
A 実際にそれを体験し恐怖やショックを感じたことによるストレス
B 実際には体験していない想像の恐怖やショックによるストレス
2 災害(事件、事故)によって大切な人やもの、場所、思い出などを失っ
たことによるストレス(喪失反応)
3 被災(害)後の日常生活の変化、不自由な生活、将来への不安などが
継続することによるストレス(日常生活上のストレス反応)
災害後の子供の心の状態
complicated stress
after an incident
収束
a month later
one or two month~
収束
Traumatic
stress
Daily life stress
Loss stress
Double pain
Triple pain
Number of the children who needs mental care
1996
1997
1998
1999
2000
小学生
中学生
合計
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
0
1000
2000
3000
4000
5000
Siddharlta college(4.5years later)
90%
80%
70%
60%
50%
Series1
40%
30%
20%
10%
0%
flash back
bad dream
aggression
hyper arousal
grief(depression)
physical reaction
1
2
3
4
5
6
トラウマ反応
つぎのようなことは起こっていませんか?
・
・
・
・
・
・
・
・
思い出したくないのにいやなことを思い出す
こわい夢を見て目が覚める
体験に関連する感覚にとても敏感である
災害に関連するニュースなどがとてもこわい。
また同じような事が起こるのではないかと心配である
そのときのことが思い出せない
ボーっとして何も手につかない
知らず知らずのうちに災害に係わることを避けている
トラウマ反応とは?
トラウマ反応→PTSDの中核となる反応
① 災害に関わる記憶の凍結、侵入 → 再体験
恐怖の記憶が心の中で整理されず、主体のコントロールを超えて意識に
侵入してくる。(フラッシュバック、夢、子供の無意識的な模倣遊びなど)
② 身体的、感覚的な過敏さ → 過覚醒
恐怖につながる刺激に対する過敏、過剰な反応
③ 意識や思考の鈍感さ、また意識的・無意識的な回避
→ 麻痺、解離、回避
何も感じない、ぼーっとする(麻痺)
現実感がなくなる、記憶があいまいになる(解離)
出来事に関連することを意識的、無意識的に避ける(回避)
初期には無意識的な麻痺や解離であった反応が、時間の経過の中で回避
行動として固定化する。(ASD→麻痺・解離、PTSD→回避)
トラウマ記憶をどう考えるか
A トラウマ記憶は一般のエピソード記憶とは異なっている
・ 扁桃体からの過剰な情動信号の配給
思い出すと怖くなる、いやな気持になる
・ たえず発火の臨界点にある記憶
いつもフラッシュバックに怯えている
B トラウマ記憶の形成時の問題
・ 前頭葉を経由しない情動反応
判断する前に情動が反応する=過覚醒
CBT(exposure)の有効性
リラクセーションの有効性
トラウマ反応の特徴
A トラウマ反応は実際の体験に対する反応である。
体験 → トラウマ記憶の形成というプロセスが必要である
B トラウマ反応は身体的かつ無意識的である。
コントロールできないフラッシュバック、我慢しようと思っても身体が反応し
てしまう、注意力の低下が起こっていることに気づかない・・・など
C どのような出来事がトラウマとなるかは、人によってまたそれを受ける
状況によって異なっている。また同じ出来事に対する反応の大きさも人
によって異なっている。
あるトラウマティックな状況に曝露されたときのトラウマリアクションの起こり
方、大きさなどには、遺伝的背景や成育歴、それまでの生活史、現在のスト
レス状況などが関係しており、反応は主観的である。
子供のトラウマ反応
子供のトラウマ反応は、再体験、過覚醒、麻痺、解離、回避な
どを背景として、現象的には次のように表れることが多い。
A 幼児期から少年期前期にかけて → 退行
・ いつもよりお母さんに甘え、そばから離れない
・ 一人でできていたことができなくなっている
B 少年期中期から思春期前期にかけて → 行動化
・ とても高揚してはしゃぎまわる
・ いらいらして人やものにあたる
思春期以降では、成人と同じように、抑うつ、身体化などが表
れる。
トラウマリアクション
それまでに経験したことのない大きな恐怖やショック
トラウマ記憶の生成
トラウマ記憶が生み出す反応
それがストレスとなる
=トラウマティックストレス
トラウマリアクションの固定化=PTSD
トラウマリアクション
喪失反応
つぎのようなことは起こっていませんか
・ なぜ自分にそのようなことが起こったのか、悔しくて仕方な
いと思う
・ 周りのものに怒りの気持ちがわいてくる
・ 悲しくて涙が出てやりきれない
・ もう何をしても無駄だと思う
・ 一人ぼっちになってしまったと思う
喪失反応のプロセス
喪失反応は普通次のようなプロセスで進行する。それぞれのステージで、
抑うつ、怒り、身体化などが起こる。
体験→ショック→無感覚状態→悲哀
悲哀の段階
抑うつの段階
希望の段階
① 否認 : そんなはずはない
↓
② 怒り : なぜ自分にそんなことが起こらなければならないのか
他者に対する怒り → 攻撃
自己に対する怒り → 自責
↓
③ 絶望 : 希望を失ってしまった → 抑うつ、身体化
↓
喪の仕事 : 喪った対象を心の中に生かす作業
↓
④ 受け入れ : 心の中の対象とともに生きてゆこう
喪の仕事
喪の仕事=mourning work
心の中の大切な対象を喪失した後、その穴を埋め
合わせるために行なわれる作業。
それは基本的に個人の心の中の作業であるが
・ 追悼式典
・ 故人を偲ぶアルバムや文集
・ その他のモニュメント(机に花を置くことも重要)
など全体的な目に見える作業も重要
喪失による悲嘆の持続
喪失による悲嘆が終わらない → モーニングワークができな
い、または不適切なモーニングワークが行われている。
1 抑うつの反応がベースにあるので、まず共感的に寄り添
うことが必要。
2 一見無意味に見えてもモーニングワークに協力
喪失に特化した援助は、どのようにモーニングワークを行うの
かがその目的となる
継続するストレス反応
次のようなことは起こっていませんか
・
・
・
・
・
どうも体調がすぐれない
気力がなくいろんなことが手につかない
自分はだめな人間だと思う
いらいらして人やものにあたりたくなる
どうでもよいことに熱中してしまう
・ お酒の量が増えたり、気晴らし食いをしたり、不必要なもの
を買い込んだりする。
ストレスの蓄積と症状
心
症状
ストレスの侵入
ストレスの限界線
↑
ストレス
↓
ストレスの排出、表現
(広義の言葉として)
継続するストレス反応の結果
適切なストレスの表現 → 適切な言葉、適切な行動
不適切なストレスの表現 → 攻撃性の身体、自己、対象への発散
身体化 : 頭痛、腹痛、風邪を引きやすくなる、その他
あらゆる身体表現性の症状 → 心身症
攻撃性が自分自身に向かう
行動化
: 自責、自傷、自殺 → 抑うつ
攻撃性が外側の対象に向かう
: 攻撃性の直接的な発散または依存
→ 問題行動、依存症
日常的なストレスの具体例
1 日常生活の変化
災害時の避難所、仮設住宅、家族関係の変化、経済状態の変化
災害や事故後の身体的変化
事件後の集団登下校など
2 災害、事件、事故に対する誹謗、中傷、うわさなど
災害、事故の再来のうわさ、行政の対応に関するうわさ、
事件後の被害者に対する誹謗、中傷など
3 過剰な報道活動
子供へのいきすぎた取材活動など
4 その他
3つのストレスの本質は何か
1 できごとそのものに対する恐怖感
→ トラウマ記憶への対処
2 喪失に対する悲しみ
→ 悲しみに対する受容、共感
モーニングワークへの協力
3 日常生活のストレス
→ ストレスに対処する方法を知る
記憶の問題
ストレス=うつ
の問題
災害では1がベースになってその上に2、3が重なるが、事
件や事故の場合は2、3だけが起こる場合も多い
あたりまえの反応
予測できない大きな災害(自然災害、戦争、事件、事故)
こころの変化(こころの傷)
PTSR : post traumatic stress reaction
心の変化(傷)は特殊な状況に対する当たり前の反応で、
誰にでも起こる。(それが起こらないほうが心配)
PTSD : post traumatic stress disorder
PTSDは当たり前なら終息するはずのトラウマ反応がずっと持続する
特殊な症状である
あたりまえの反応
予測できない大きな災害(事件、事故)
こころの変化(こころの傷)
= PTSR : post traumatic stress reaction
心の変化(傷)は特殊な状況に対する当たり前の反応で、誰にでも起こ
る。(それが起こらないほうが心配)
それに対してPTSDは当たり前なら終息するはずのトラウマ反応がずっ
と持続する特殊な症状である。
PTSD : post traumatic stress disorder
PTSDとPTSR、ASD
PTSR : 心的外傷後ストレス反応(post
PTSD : 心的外傷後ストレス障害(post
traumatic stress reaction)
traumatic stress disorder)
Acute stress disorder : (ASD)急性ストレス障害、初期に起こる治療の必要な状態
1~2ヶ月
事件
事故
災害
→ PTSR →
(ASD)
症状の終息
症状の持続=PTSD
誰にも起こる
→心のケアが必要
治療が必要
こころのケアの時間経過①
1~2ヶ月
災害の発生
こころの変化(PTSR)
症状の終息
トラウマ反応
症状が持続すると
・・喪失反応
PTSD(心的外傷後ストレス障害)
・・・・継続するストレス反応
こころのケア
専門家の治療的対応が必要
(カウンセリング、薬物)
重いこころの傷
(ASD:急性ストレス障害)
こころのケアの時間経過②
1~2ヶ月
6ヶ月
1年
災害の発生
継続するストレスの蓄積
こころの変化
症状の終息
トラウマ反応
症状が持続すると
喪失反応
PTSD(心的外傷後ストレス障害)
継続するストレス反応
こころのケア
重いこころの傷
治療的対応が必要
(心理療法、薬物療法)
学校での援助者の目的と役割
災害
Red←医療
被災した子供
教員
Yellow←カウンセラー
Green
教員は子供に心理教育を行い、そのセルフケ
アを援助し、GreenからYellowへの移行をくい
とめる。カウンセラーは子供がどの領域にいる
かを見極め、適切な援助を提供するとともに、
カウンセリングやリラクゼーションなどによって
YellowからRedへの移行をくいとめる。
Red zone
: PTSDや抑うつ、身体化
によって日常生活が困難
になっている児童生徒、医
療によるケアが必要。
Yellow zone
: 単独でのセルフケア
が難しくなっている児童
生徒。カウンセラーの
関わりが必要。
Green zone
: 教員による心理教育に
よってセルフケアの可能な
児童生徒。
個別ケアと全体対応
災害・事件・事故
Red Zone(ASD)
→ 外部の治療機関へ
クス
ト
レ
生徒集団
ス
Yellow Zone
→ 個別対応
SCによるカウンセリング
チ
ェ
ッ
Green Zone
→ 全体(集団)対応
ストマネ授業など
PTSRの援助
1 Traumatic Stress
安全感、安心感の保障
2 Loss Stress
変わらない態度で寄り添う
心理教育と
relaxation
3 Daily Life Stress or Depression
共感的に聞く
全体対応と個別対応のバランスが重要
トラウマ反応への援助
トラウマ反応への援助の基本は、安全感、安心感の保証とい
うこと。
安全感、安心感の保証
トラウマ反応の終息
つらい体験=トラウマは無くなるわけではない。安全感、安心感を十分
に保障することで、トラウマを自分で抱えておける力が回復する。
十分に保証されないと(周りの無理解など)
症状の持続=PTSD
「たいしたことはない」「こんなことに負けていてどうする」
「気持ちを強く持って」「がんばれ」などは反応を当事者の責任に帰すことに
なる。
→ 「こんな大変なことがあったのだから、調子を崩すのはあたり
まえだよ」という言葉が必要
3つの安全感
3つの安全感
① 大丈夫、二度とあなたはそのような危険な目に遭うことは ないと
いう安全。災害の場合の避難所の設置など速やかで確実な行政的
対応とともに、援助者の力強い働きかけも重要。
② あなたのそばにはいつも私がいますよ、という安全。子どもにとって
は親や先生の対応が重要。
③ あなたの辛さは、誰にでも起こる正常な反応なのですよ、という安心。
心の傷に対する周りの理解が重要。
喪失反応への援助
喪失反応への援助の基本は寄り添うということ。
否認から受容までのプロセスをよく理解し、どの段階でも変わらぬ態度
で暖かく寄り添う。
・ 感情の抑制(感情に巻き込まれず辛いことも冷静に聴く)
「涙を流す」のはよいが「手をとりあって泣く」のは不適切
・ 具体的なメニューの提示(何でもではなく何ができるか)
「何でも言ってね」ではなく「○○を手伝おうか」と声をかけるのがよい
・ 「喪の仕事」への協力(一見無意味に見えても)
本質は喪失した対象を何らかの形で取り込む、対象と一体化するということ
・ 人、もの、場所だけではなく、信頼感、親密感、安心感などを喪った
場合も同じ。
具体例としては教員の不祥事など、いじめ被害や親の離婚、性虐待なども該当
日常のストレス反応への援助
1 ストレッサー(ストレスの原因)の現実的な除去
それがむづかしい時には、現実的なストレスを減少させるための援助
2 ストレスを適切な言葉や行動として表出させ、共感的に受
け容れる
表現しやすい環境を作る、無理に引き出してはいけない。吐き出してなくし
てしまうことではない。
3 ストレスマネージメント(心理教育とリラクセーション)
ストレスに対する知識(どのようなことが起こっているのか、どう対処すれば
よいのか)を教え、心身のリラックスを促し、落ち着いて自分でストレスに対
処できるようにする。
子どもの場合、一緒に実践することが効果的。
リラクセーションとストレスマネージメント
ストレスとは、心や身体の緊張が持続すること(ストレス反応)。したがって
安全感の保障、寄り添う、話を聞くなどの他に、心や身体の緊張を直接ほぐす
対応=リラクセーションが有効である
A ストレスについて知る(心理教育)
災害のメカニズムについて(防災教育)
事件や事故を起こす人の心について
ストレスを引き起こす心の仕組みについて
B 緊張をほぐすリラクセーション
呼吸法、漸進的弛緩法、動作法
自律訓練法など
ストレスに自分で対処できるようになる
=ストレスマネージメント
〈実習〉 リラクセーション
1 呼吸法
2 漸進性弛緩法
3 簡易自律訓練法
最初期の援助
最初期の援助の要点は、過剰な情動反応を鎮めること。
1 心理教育とリラクセーションによって、自分のストレスのコ
ントロールができるようになること・
2 最初期の描画による表出は適切ではない。
→ 富永3原則
3 自然な表出はおだやかに受け止める
→ トラウマは表現を求めている
心理援助的注意点(富永三原則):
1.不能保证对灾民进行持续援助的心理援助者/团体,不可以直
接和灾民直接接触。如果要接触,一定要和当地的援助者,包括
心理援助人员和教师一起行动。
2.促进恐怖情绪的表现,比如说让孩子绘画或者写作文描绘地
震时的情景,如果在缺乏安全感的空间(例如在灾害刚刚发生之
后,以及周围没有持续援助的人)下,会导致二次心理创伤。
3.关于心理创伤的评估(比如说IES-R、Ptsr-e
d),仅仅实施评估也会给灾民造成二次心理创伤,一定要是能
够持续进行援助的人在创伤的心理教育的同时进行适当的评估,
并保证能够提供一对一的心理咨询援助。
心理援助の注意点
1,継続してケアできない心理援助者(グループ)は、被災者への直
接関与をしてはいけません(接触するときは、現地の対人援助職者
(心理士・教師など)と一緒にすること)。
警告
2,恐怖の感情表現を促すこと(地震の絵や作文を描かせる等)は、
安全感のない空間(継続してケアできない人、災害直後)では、二次
被害を与えます。(Debriefingの有効性は実証されていませんし、二
次被害を与えると強く警告している論文もあります)
3,トラウマのアンケート(IES-RやPtsr-ed)は、アンケートのみ
実施することは、二次被害を与えます。必ず継続して関与できる人
が、トラウマと喪失の心理教育を同時に実施してください。
冨永良喜・高橋哲
PTSDへの移行
PTSR : 特殊な事態に対する当たり前の反応
PTSD : 当たり前なら起こらない特殊な反応
次のような場合PTSDが起こりやすくなる
1 周りの無理解
→ 当たり前のことを特殊と認知される
2 そのときにすでにストレスが多く蓄積していた
→ トラウマに対処する主体の力が少なくなる
3 類似の体験の重複
→ トラウマから回復することなくトラウマを受ける
(回復していても類似の体験には反応しやすい)
心のケア-PTSDの治療
ストレスがPTSDとして長期化した場合は、適切な治療が必要
次の3つのプロセスが順次並行して行なわれる。
重篤な症状には投薬も必要
① 安全感の保証
↓
↓ ② 体験の再構成(カウンセリング)
↓
↓
↓
↓
③ 社会関係への再結合
PTSDの治療の実際
1 カウンセリング
2 認知行動療法
3 EMDR
治療にはいろいろな技法が用いら
れるが、以下の項目は共通して重
要であり、それは従来のカウンセリ
ングとは異なっている。
1 直面化を避けない
2 身体的な関わり
4 力動的心理療法
3 中立性を重視しすぎない
など
5 遊戯療法、芸術療法
6 薬物療法
現在主流となっているのは認知行
動療法的な取り組みである。
PTSDのカウンセリング
PTSD化したTrauma Reactionのカウンセリングは、安全な
環境で、体験の記憶に正面から向き合い、それに付随する
情動の過剰な興奮に馴れていく方法が、最も治療効果が高
いと言われている。→ 曝露療法
記憶の回避(心理的回避) → PTSD
回避せずに馴れる → 「向き合うことはそれほど苦しいこと
ではない」=体育会系治療法
記憶に正面から向き合うことはやはり苦しい
PTSDのカウンセリング
1 記憶に正面から向き合うこと=直面化は絶対に必要
2 向き合って馴れるだけでなく、その記憶を保持するために、
記憶となった体験への新しい意味付けが必要。
体験の再構成、物語化
3 マイナスの意味を持つ記憶の保持は苦痛だが、プラスの意
味を持つ記憶の保持は誇りとなりうる。
トラウマ(こころの傷)のスティグマ(聖痕)への変容
「憑きモノ」の「神」への変容
回避されたマイナスの記憶に正面から向き合い、その記憶
の意味の変容を行うことで、その記憶を保持しやすくする。
(補足)Exposerモデルについて
1 exposerモデルではトラウマ反応の中核にあるものは回避
であると考えられる。
・現実的な回避行動と心理的な回避機制
→ 回避せずに直面化
2 このモデルはレイプ被害者への治療から導かれている。
したがってトラウマ、喪失、一般ストレスのうちトラウマのみ
に焦点を当てることになる。
3 したがってexposerを中核におきつつも、それに生活感覚や
悲しみへの共感、身体性への接近などを付加した治療理論
を持たねばならない。
事例と技法
1 初期援助で描画を用いるのは危険な場合が多いが、個別カ
ウンセリングでは描画を用いることが多い・
(そのほか、箱庭療法なども効果的だが、象徴解釈に走ら
ないことが大切。表現手段として描画や箱庭を用いたトラウ
マカウンセリングである。)
2 小さな子どもにはプレイセラピーが適切である。この場合も
遊びを表現手段としたトラウマカウンセリングと考える。
3 描画や遊びなどの言語以外の表現手段を用いたカウンセリ
ングでは、どのように「直面化」を行うかは工夫が必要。
4 思春期以降は言語面接によるトラウマカウンセリングも可能。
災害と事件、事故の違い
恐怖やショックによるストレス(トラウマ反応)のうち
A 体験された恐怖
→新しいトラウマ
B 想像された恐怖(過去の体験)→古いトラウマ
のどちらの反応が大きいかによって対応が異なる
災害 : Aが多い(身体的、無意識的反応)が中心 → 表出よりも
体験を抱えることが重要
事件、事故 : Bが多い(反応はAより意識的) → 表出が有効
ただし直接の被害者はA体験された恐怖なので災害に同じ
また、過去に類似の体験をしている場合もAに近い
想定されるトラウマティックストレスの分布
事件、事故
災害
その他のストレス
体験された
トラウマティック
ストレス
想像された
トラウマティック
ストレス
体験された恐怖と想像された恐怖
A 体験された恐怖(災害の被災者) → トラウマになりやすい
・ 無意識的、身体的反応が主
・ 症状は重い
・ 初期には表出よりもリラクセーションが有効
B 想像された恐怖(被災地の周辺、または事件、事故被害者
の家族など)
・
・
・
・
Aに比べて意識的
Aに比べて症状は軽い
表出が有効
ただし、過去に類似の恐怖を体験しているときは、その恐怖がよみ
がえり、Aに近い症状となる
(補足)いわゆる緊急支援モデルについて
1 緊急支援モデルはミッチェルのデブリーフィングの考え方を基礎に置いて
いる。(ミッチェル、エヴァリーの理論は援助者をケアするためのものであ
るのに、それがいつのまにか被害者支援の理論にすり替わっている。)
2 このモデルは「混乱収拾モデル」であり「こころのケア」モデルではない。
3 初期の介入は72時間というが、この72時間には何の根拠もない。(介
入する側の都合で考えられた時間枠である。)
4 当事者性がないので被害者、被災者がトラウマ反応を味わうことを許さ
ない。
5 スクールカウンセラーとの有機的結合が忘れられている。
6 このモデルは災害に対応できない。
災害後の危機管理の実際
1 直後から1週間
→ 安心感を与え動揺を静める
余震など災
害の継続の
2 1週間から1~2ヶ月
程度によっ
→ こころのケア=PTSRからPTSDに
てかわって
くる
移行させないためのかかわり
3 1~2ヶ月から半年
→ 体験の再構成=描画や言語による振り返り
4 半年から1年
→ 社会関係への再結合
学校での援助の時間系列
発生
1週
1ヶ月
2ヶ月
半年
1年
・PTSDの診断
・個別カウンセリング
・緊急職員研修
・管理職による説明
・ストレスチェック
・グループワーク
・リラクセーション
・保護者説明会
・表現による表出
・体験の再構成、物語化
・モーニングワーク
・社会関係
への再結合
こころのケア -初期援助技法Ⅰ(直後)
1 説明会 : 生徒、保護者に対して、起こりうることを説明
a 緊急職員研修(SCなど校内の専門家による)
→ 心の傷とそのケアについての基本的知識を得る
b 管理職による説明会(校長、教頭など)
→ 児童・生徒や保護者に適切な情報を与え、動揺を
静める
c 専門家による保護者説明会(SVなどの上位の専門家)
→ ① 起こったことの意味づけ、「なぜそんなことが、
ここで、わたしたちに起こったのか」という疑問
にできるだけ答える。
② 心の傷とそのケアの基本的知識を与える
影響が広域に亘る場合はマスコミへの協力依頼も必要
こころのケア -初期援助技法Ⅱ(1週)
2 ストレスチェック : 初期の段階で個別のかかわり(治療)が
必要な児童生徒を見つけるためのスクリーニング
・ 事件、事故、災害の規模によって全校、学年、クラスなど
の実施単位を考える。
・ 反応は無意識的、身体的なので、一見元気そうな場合も
チェックが必要。
・ 得点の高い児童生徒に対しては、SCその他の専門家に
よるカウンセリングを実施する。(重篤なものは医療へ)
・ 全体への心のケアを行う前に必要
・ 実施時に災害に関する心理教育を必ず行う
こころのケア -初期援助技法Ⅲ(1週~2ヶ月)
3 リラクセーション : 緊張感が高まっているので、心理的、
身体的なリラックスが必要。
→ 動作法、呼吸法、簡易自律訓練法など
4 グループワーク : グループでの自然な言語的表出。リラクゼーショ
ンと組み合わせて行う。
援助者に対しては必要ならばデブリーフィング(半強制的表出)
が必要な場合もある。
5 表現による表出 : 描画、文章など。初期にはそれ自体が傷を生む
こともあるので注意
6 個別カウンセリング : ストレスチェックの高得点者など症状が重い
場合(専門家による)
こころのケア 中・長期援助技法Ⅰ(2ヶ月~半年)
1 体験の再構成
体験を振り返り、凍結し、浮遊した記憶を整理された記憶
に変えていく作業。体験の物語化
→ 全体に対してはテーマのある描画、作文などが中心
PTSD状態になっている児童生徒に対しては、個別カ
ウンセリングの中で行われる。
2 モーニングワーク
喪失反応が中心となっている場合は、この時期にモーニン
グワーク(喪の作業=喪った対象を心の中に生かす作業)が
行われる。
危機対応
危機対応とは次の二つを迅速かつ的確に、またゆるぎなく行う
ことである。
A 危機管理(crisis management)
・ 現実的な様々の危機への対処
危機対応
人員の配置、役割の分担、マスコミ対応など
・ 心のケアプログラムの確定
B 心のケア(mental care)
・ 問題をもった個人への治療的対応
・ 全体のストレス低減のための対応
学校におけるこころの支援
・
支援
教員
緊急研修
個別カウンセリング
支援
支援
児童・生徒
心理教育
ストレスチェック
ストレスマネージメント
相互の支援
リラクセーション
個別カウンセリング
支援
支援
保護者
保護者説明会
個別カウンセリング
カ
ウ
ン
セ
ラ
ー
・
援
助
者
ダウンロード

PowerPointデータ