T3 (トリヨードサイロニン) 抑制試験
T3 suppression test
バセドウ病が治癒したか診断するための検査。
甲状腺ホルモン内服薬 T3 (薬品名 チロナミン) を投与
して、TSHを下げて、甲状腺ヨード摂取率を測定する。
はじめに、負荷をしないで ヨード摂取率測定検査を実施。
次に、1週間 チロナミン(25μg)を、1日3錠内服 してから
再度 甲状腺ヨード摂取率測定検査を行う。
T3負荷時のヨード摂取率が、1回目の 50% 以下 になれば
陽性 (バセドウ病は 治癒した) と診断する。
T3負荷期間中は、甲状腺機能亢進症状が出るので、
心疾患(特に心不全)を伴う患者には禁忌。
バセドウ病
Basedow's Disease Graves' Disease
甲状腺組織は 血中のTSH を受取って甲状腺ホルモン産生
量を調節する、TSHを受取る場所(TSH受容体)を邪魔する
蛋白質(TSH受容体抗体)が血液中に多く存在すると、TSH
とは無関係に、TSH受容体が刺激され甲状腺組織の機能
亢進が続き、腫大してホルモンを過剰に産生する。
治療には、甲状腺の機能を抑制する内服薬(メルカゾール)
を数年間飲み続ける。内服薬を中止しても良いと判断する
検査として、T3抑制試験を行う。
T3負荷で、TSHは下がる。TSH低下に従ってヨード摂取率
が下がれば、
TSH受容体を邪魔していたTSH受容体抗体が減少した
と判断できる。
デキサメサゾン (デキサメタゾン) Dexamethasone
薬品名 デカドロン
合成コーチゾル内服薬
デキサメサゾンを多量に内服すると、脳下垂体が副腎皮質
のコーチゾル産生過剰と判断して、ACTH分泌を下げる。
ACTHが減ると正常副腎皮質のコレステロール摂取が減る。
デキサメサゾン負荷 Adosterol scintigraphy
131I-Adosterol
静注の 3日前から撮像最終日(7日後)まで
10日間、毎日 デキサメサゾンを 4mg 内服。
正常な副腎皮質の Adosterol 集積が低下する。
デキサメサゾン負荷によって 副腎皮質腺腫の鑑別ができる。
コーチゾル産生腺腫 (Cushing 症候群)か、
アルドステロン産生腺腫 (原発性アルドステロン症) か。
負荷なしの画像では右副腎の集積が明らかに高いので、
左側の正常副腎への集積が正常か低下しているか判断困難。
デキサメサゾン負荷で ACTH が抑制され、左副腎の集積が低下した。
はじめから ACTH が抑制されている コーチゾル産生腺腫ではない。
右副腎皮質の アルドステロン産生腫瘍 と診断。
副腎腺腫
正常副腎
副腎腺腫
正常副腎の描画欠損
Malignant Lymphoma
in the stomach
Brain meta ( Lt. frontal )
Stage Ⅳ
(他臓器転移あり)
67Ga
scintigraphy は、
リンパ腫などの悪性疾患の
病期(stage)分類に有用。
MRI T1, T2
腫瘍のPET検査
18F-FDG
腫瘍病変、炎症病変はブドウ糖摂取が多い。
病変のブドウ糖集積測定(SUV測定)、転移巣検索。
悪性疾患の病期分類に有用。
11C-Methionine
腫瘍病変、炎症病変はアミノ酸摂取が多い。
病変のメチオニン集積測定(SUV測定) 、転移巣検索
脳への集積が低いので、脳内病変の検出可能
11C-Acetate
病変の酸素代謝測定。
18F-FDG PET
肺癌、リンパ節転移
癌はブドウ糖を
消費して増大する
FDG-PET:健康保険適用15疾患
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
てんかん
虚血性心疾患
肺癌
乳癌
大腸癌
頭頸部癌
脳腫瘍
膵癌
9. 悪性リンパ腫
10. 転移性肝癌
11. 原発不明癌
12. 悪性黒色腫
13. 食道癌
14. 子宮癌
15. 卵巣癌
胃癌、原発性肝癌 、泌尿器は 対象外
当院における全身18F-FDG PET検査手順
1. 検査5時間前より糖分摂取禁止 (血糖が高いと不可。)
2. 約185MBqの18F-FDGを注射器に採取し、
ウェルカウンタで測定。測定時刻も記録。
3. 患者の体重、身長を測定。
4. 血糖値確認のため静脈血採血後、
18F-FDGを静脈投与し、投与時刻を記録。
5. ウェルカウンタで注射後注射器を測定。
測定時刻も記録。
6. 45分~1時間後に排尿し、撮像開始。
(FDG は、尿への排泄量が多い。)
3D収集 8Beds(約1m)で全身撮像約40分。
1Bed(12cm)で5分
(Transmission3分、Emission2分)
7. 逐次近似法(OSEM)で再構成。
病変部位のSUV測定。
血糖値測定。
FDG-PET では、病変の SUV を必ず算出する。
悪性病変のSUVは、2.5 ~ 3 以上。
123I-BMIPP
myocardial SPECT 心筋脂肪酸代謝画像
(β-methyl-iodophenyl pentadecanoic acid )
111 MBq 静脈注射、20~30分後に、SPECT撮像。
BMIPP は、脂肪酸。食後は血中脂肪酸が増えるので、
5時間程度の絶食の前処置が必要。
正常心筋は、脂肪酸を摂取してエネルギーを得ている。
不安定狭心症など、過去に血流が低下した部位の心筋や、
心筋組織が変性する心筋症は、血流が保たれていても心筋
に障害があり、脂肪酸でエネルギーを産生できないので、
BMIPPを取込まない。(障害心筋はブドウ糖で生きている。)
201Tl、99mTc-MIBI、99mTc-Tetrofosmin
は、心筋血流が
低下した部位の検出しかできないが、
SPECT では、血流低下部位 および 心筋障害
部位 ( 虚血既往、心筋症 ) も検出できる。
123I-BMIPP
123I-BMIPP
心筋脂肪酸代謝 SPECT
不安定狭心症 Unstable Angina
心尖部前壁に、安静時血流はあるが、
脂肪酸代謝が低下し、障害心筋。
過去に虚血既往があったと判断。
BMIPP で所見があれば CAG を行う。
腎動態検査(レノグラフィ)
前処置: 30分前に250ml飲水
99mTc-DTPA
DTPA (diethylene triamine penta-acetic acid) はキレート剤。
金属を包んで尿へ排泄する。 金属中毒の解毒剤。
( Gd-DTPA は、MRI の造影剤として利用される。)
糸球体から尿へ濾過される。 糸球体濾過率(GFR)の測定。
投与量 200MBq (大人)
99mTc-MAG3、 131I-OIH(馬尿酸)
糸球体および近位尿細管から尿へ排泄される。
有効腎血漿流量(ERPF)の測定。
投与量
99mTc-MAG3
200MBq (大人)
131I-OIH
10MBq (大人)
(β線放出核種)
99mTc-DMSA
腎静態シンチグラフィ
正常腎実質 (近位および遠位尿細管)に集まる。
腎臓の機能、局所的障害部位を調べる。
主にVUR(膀胱尿管逆流症)に伴う腎盂腎炎による
腎実質の炎症後瘢痕(scarring)の有無を調べる検査
99mTc-GSA
•99mTc
肝シンチグラフィ (アシアロ肝シンチ)
141 keV、 コリメータ LEHR。
前処置: 5時間の絶食。 空腹時に行う。
99mTc-GSA
185MBq (GSA 3mg)静脈注射と同時に、
20分以上の心臓、肝臓の正面ダイナミック収集
(128x128マトリックス)。 その後、SPECT撮像。
GSA(ガラクトシル血清アルブミン)が 肝細胞表面の
アシアロ糖タンパクに結合し、肝細胞の分布を画像化する。
肝の局所的評価および肝予備能評価に用いられる。
3min/frame
ダイナミック収集画像。
心臓と肝臓全体が
撮像範囲に入ることが重要。
(外れても3分以内に直せばOK)
GSAの肝予備能の指標
HH15 : 3分後に対する15分後の心カウント比.
GSAの血中消失率
LHL15 : 15分後における(心+肝)に対する
肝カウント比. GSAの肝摂取率
HH15,LHL15 と 慢性肝疾患重症度との関係
重症度
HH15
LHL15
正常
0.54±0.04
0.94±0.02
軽度
0.63±0.08
0.91±0.04
中等度
0.74±0.08
0.84±0.07
重症
0.83±0.05
0.71±0.11
3分と15分の正面像があれば算出可能
GSA SPECT画像で、切除予定区域と残存肝との
GSA集積比を求めることで、肝切除後の肝機能低下の
程度が定量的に推定できる。
エアロゾル 肺吸入シンチグラフィ Aerosol Scintigraphy
99mTc標識のDTPAやHSAをエアロゾル(霧状)にして、
数μm~10nm径 程度の粒子を吸い込むことで、
気管支、細気管支の通過性を画像化する。
投与量(吸入量)は、37MBq以上にする。
撮像は、胸部の正面、背面、左右斜位像を撮る。
肺気腫や慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)
では、細気管支の通過が悪いので肺末梢が描画されにくい。
75Se-メチオニン
75Se
膵シンチグラフィ
(セレン) 半減期 120日 γ線 136keV, 265 keV
半減期が長く、エネルギーも高いので被曝量が多く、
現在では行われていない。
メチオニンは必須アミノ酸。 蛋白質の材料なので、
酵素合成の盛んな 膵臓、肝臓に強い正常集積を示す。
11C-メチオニン
PET
上咽頭癌
メチオニンは
必須アミノ酸
癌は細胞分裂が
盛んなので、
蛋白質の原料の
メチオニンを多く
消費して増大する
11C-Methionine
Normal 酵素合成の盛んな肝、膵に強く分布
cisternography 脳槽シンチグラフィ
111In 173 keV、 MEGPコリメータ、 半減期2.8日
111In-DTPA
111In-DTPAを脊髄腔に
37MBq 注入(腰椎穿刺)。
注入直後に腰椎背面撮像(穿刺が成功したか確認)
3, 6, 24, 48 時間後に頭部正面、側面を撮像。
脊髄腔に入った111In-DTPAは、髄液の流れに乗って
3~6 時間後に、頭蓋底部、シルビウス溝に分布。
24時間後に、大脳半球周囲髄膜下に分布して
ここで血液中に吸収される。
正常では、側脳室には
流入しない。
髄液は、側脳室の脈絡叢で
産生され脊髄腔に流出する。
正常圧水頭症 (NPH : Normo-pressure hydrocephalus )
水頭症だが、側脳室髄液の圧力は高くない。
脳萎縮、脈絡叢の髄液産生能低下で生じた脳室拡大。
Cisternographyで、側脳室が描画される。
緊急の治療は不要。
Cisternographyで、側脳室が描画されない水頭症は危険。
すぐ治療しないと脳が圧迫されて脳ヘルニアの危険あり。
MRI T2
Cisternography ANT
Rt. Lateral
99mTc-PMT
胆道シンチグラフィ
PMT(pyridoxyl-5-methyltryptophan)は、ビリルビン
(赤血球が分解されたもの。胆汁の材料になる)の類似物質
で、肝細胞に取り込まれ、速やかに胆汁へ排泄される。
胆嚢炎では、胆嚢管が狭窄し胆嚢内のPMT分布を示さない。
5min/F
99mTc-Sn-colloid
(スズコロイド) 肝シンチグラフィ
99mTc-phytate (フチン酸) 肝シンチグラフィ
フチン酸は、血中でカルシウムと結合してコロイドを形成する。
コロイドは、肝、脾、骨髄の網内系細胞(クッパー細胞など)に
貪食(どんしょく)される。
投与20~30後に撮像。プラナー像、SPECT像
肝硬変 cirrhosis
脾臓の腫大、肝外側区腫大、肝右葉萎縮
123I-MIBG(ヨードベンジルグアニジン)
meta iodo benzyl guanidine
123I
159keV LEHR または 123I 専用コリメータ
111 MBq 静脈注射
20分後に、プラナー像とSPECT撮像
4時間後に、プラナー像とSPECT撮像
MIBGは、交感神経の終末端にノルエピネフリン
(NE: 心臓の拍動を調節している神経伝達物質)
と同じ機序で取り込まれるので、
心筋の交感神経機能の評価に用いられる。
(131I-MIBGは、褐色細胞腫、神経芽細胞腫の診断や
治療に利用されている。)
123I-MIBG
心筋(Heart)と縦隔(Mediastinum)に
関心領域(ROI)を設定して
それぞれのROI内の平均カウントを求め、
心/縦隔 比 (H/M ratio) を算出。
20分後のプラナー像で Early H/M
4時間後のプラナー像で Delayed H/M
を算出。
正常では、どちらも 2~2.5 以上。
心不全、心筋症では、
心筋交感神経障害のために
どちらも低下、または Delayedだけ低下。
(縦隔のカウントはバックグラウンド値)
Pheochromocytoma
褐色細胞腫
骨転移
131I-MIBG
脳血流SPECTの統計解析。 SPM解析、SSP解析、eZIS解析、など。
各年齢ごとに10~20例の正常例SPECT像の脳形状を合わせて、
各部位の平均集積と標準偏差を求めたデータベースを用意する。
IMP SPECT 平均画像
アルツハイマー病 Alzheimer ( 脳血流 IMP SPECT )
早期
左右対称性に
頭頂葉の変性。
血流も低下。
中期~後期
変性の範囲が
左右側頭葉、
前頭葉に拡大。
Alzheimer症例のSPM解析。 病変部位が明瞭に表示される。
ダウンロード

甲状腺ヨード摂取率を測定する。