原子力の発電コストについて
追加資料
【事故リスクコストの計算方法】
事故リスク対応費用
(円/kWh)
9.0円/kWh~
0.6
政策経費
1.1
・福島原発事故による損害(約9
兆円)を、モデルプラントにあわ
せて補正すると6兆円強。
・損害額を40年で積み立てるとす
ると0.6円/kWhに相当。
・ただし、損害額は増える可能性
があるため、下限。損害想定額
が1兆円増えると0.1円/kWh
上昇。
立 地 交 付 金 ( 約 1,200 億 円 /
年)、もんじゅ等の研究開発費
(約1,400億円/年)を含めた約
3,200億円を反映。
損害想定額(約6兆円強(福島原発事故の約9兆円を補正))
平成23年度発電実績(2,772億kWh)×40年間
=0.6円/kWh(損害想定額が1兆円増えるごとに0.1円/kWh増)
含まれているもの
・廃炉費用(現時点での見通し)
・損害賠償費用の一部
・除染費用の一部
・行政経費
(損害賠償関係)
・生命・身体への損害
・地方自治体の損害
(除染費用関係)
・中間貯蔵/最終処分の費用
・高濃度汚染の除染費用
【核燃料サイクルコストについて】
核燃料サイクルコスト
1.4
・現状モデル(再処理+中間貯蔵)のコストを利用。
フロントエンド
運転維持費
3.1
0.2
含まれていないもの
・ウラン燃料費用
・中間貯蔵費用
・MOX燃料費用
・再処理費用(ガラス固化体費用含
む。)
・最終処分費用(処分後のモニタリング
費用も含む。)
追加的安全対策
(約200億円)
資本費
2.5
【安全対策コストについて】
・緊急安全対策のコストを加算。
含まれるもの
・防潮壁、電源車配置など緊急安全対
策
※稼動年数40年、設備利用率70%(実績ベース)、割引率3%
バックエンド
含まれないもの
・中長期の信頼性向上対策
ダウンロード

PowerPointファイル/200KB