Equalizer LXシリーズ
製品・機能説明資料
株式会社ネットワールド
1
Equalizer LX 主な特徴/機能
10Gbpsインターフェースを実装 (SFP+)
 SSL処理能力の大幅増強 (大規模 ECサイト向け)
 IPv6対応 (IPv4/IPv6のデュアルスタック)
 HTTPヘッダ情報による最適なコンテンツへの誘導が可能
 Equalizer OSを刷新し、安定した機器動作を実現
 N+1機能搭載で複数台での冗長化が可能
 仮想アプライアンスとして導入が可能 (Equalizer OnDemand)

2
Equalizer LX インターフェース
ご要望の多かった日本語GUI に対応
 ドラッグ&ドロップによる直観的な設定が可能
 CLIコマンドが大幅強化、設定/運用をより容易に

3
製品ラインナップ
価格
DATA CENTER
ENTERPRISE
MID-SIZE
E970LX
E670LX
E470LX
SMALL
E370LX
※E250GXは継続販売中
E250GX
パフォーマンス
4
Equalizer LX ラインナップ
E370LX
E470LX
E670LX
E970LX
ポート数: 10/100/1000 Base-T x 6ポート
SSL処理: 7,500 TPS(1024bit) 2,000 TPS(2048bit)
大容量SSD 搭載
IPv6 対応
Sorryページ機能
SSLオフロード
(ソフトウェア)
N+1 冗長対応
仮想サーバ連携
広域負荷分散
TCP Multiplexing
ポート数: 10/100/1000 Base-T x 8ポート
SSL処理: 29,000 TPS(1024bit) 17,000 TPS(2048bit)
大容量SSD 搭載
IPv6 対応
Sorryページ機能
SSLオフロード
(ハードウェア)
N+1 冗長対応
仮想サーバ連携
広域負荷分散
TCP Multiplexing
ポート数: 10/100/1000 Base-T x 8ポート、 SFP+ x 2ポート
SSL処理: 42,000 TPS(1024bit) 25,000 TPS(2048bit)
大容量SSD 搭載
IPv6 対応
Sorryページ機能
10Gbps 対応
SSLオフロード
(ハードウェア x 2)
N+1 冗長対応
仮想サーバ連携
HTTP圧縮
広域負荷分散
TCP Multiplexing
ポート数: 10/100/1000 Base-T x 8ポート、 SFP+ x 2ポート
SSL処理: 56,000 TPS(1024bit) 33,000 TPS(2048bit)
大容量SSD 搭載
IPv6 対応
Sorryページ機能
10Gbps対応
SSLオフロード
(ハードウェア x 2)
N+1 冗長対応
仮想サーバ連携
HTTP圧縮
広域負荷分散
TCP Multiplexing
冗長電源オプション
5
「Equalizer LXシリーズ」
機能説明
6
多様な負荷分散アルゴリズム
■ 7つの負荷分散アルゴリズム
・
・
・
・
・
・
・
Round Robin
Static Weight
Least Connection
Fastest Response
Adaptive
Custom
Server Agent
-
ラウンドロビン
静的な重み付けラウンドロビン
最小コネクション数
最小レスポンス
Least Connection と Fastest Response の組み合わせ
Least Connection と Fastest Response の比率をカスタマイズ設定
サーバエージェント、もしくは VLB による負荷分散
クライアント
WEB サーバ1
新規リクエスト
負荷分散アルゴリズムに従い
適切なサーバへ送ります。
アルゴリズムに従い
WEB サーバ2へ
WEB サーバ2
※ Server Agent は弊社サポート対象外となります。
7
IPv4 / IPv6 デュアルスタック
IPv6リクエスト
2607:f0d0:1b02:0051:0000:0000:0000:0001
クライアント A
WEB サーバ1
IPv4リクエスト
192.168.100.1
WEB サーバ2
● IPv4 / IPv6 デュアルスタック対応
IPv4アドレス と IPv6アドレスを混在して設定することが可能です。
また、グローバルIPとして IPv6を設定し、内部でIPv4アドレスにNATし
サーバへ負荷分散することも可能です。
8
サーバセッション維持機能
クライアントからの通信を
同一サーバへ振り分け
クライアント A
TCP リクエスト
WEB サーバ1
再 TCP リクエスト
WEB サーバ2
● サーバセッション維持とは
同じクライアントからのリクエストを、同じサーバへ負荷分散する機能です。
サーバアプリケーションの仕様などで同一サーバへ接続する必要がある場合に使用します。
Equalizerでは以下2つの代表的な設定が可能です。
・Sticky Time
- 送信元IPアドレスに従ったサーバセッション維持
・Cookie Insert - サーバセッション用のCookieを挿入する
9
SSLオフロード機能
クライアント
サーバ証明書
サーバへHTTP通信
[ 非暗号 ]
WEB サーバ1
HTTPSリクエスト
[ 暗号 ]
暗号を復号して負荷分散します。
サーバの応答は、暗号化して返します。
WEB サーバ2
クライアントの HTTPS通信を Equalizerが終端し、サーバへ振り分けます。
● SSLオフロード機能が提供するメリット
・ HTTPS通信の復号・暗号は Equalizerが行うため、サーバリソースを抑えることが可能 です。
・ 証明書は Equalizerにインストールされるため、証明書更新は Equalizer のみで完了 します。
E470LX以上のモデルでは専用ハードウェアで処理 します。
10
複数ドメインの集約(SNI)
クライアント
HTTPSリクエスト
[ 暗号 ]
サーバ証明書1
www.abc.com
サーバ証明書2
www.xyz.com
サーバへHTTP通信
[ 非暗号 ]
WEB サーバ1
複数サイトのサーバ証明書をアップロー
ドし、リクエストに従って応答します。
WEB サーバ2
● SNI(Server Name Indication)機能が提供するメリット
・ HTTPS通信で名前ベースバーチャルホストを使用している際にSNI機能を有効にすることで、
1つのグローバルIPアドレスで複数ドメインサイトを使用することができます。
※ SNI機能を使用するにはブラウザがSNI対応している必要があります。
11
サーバ Active/Standby構成
クライアント
通常はサーバ1 に振り分ける
が、サーバが DOWN すると、
WEB サーバ1
リクエストをサーバ2へ振り分
けます。
Hotspare
WEB サーバ2
● Backup サーバの設定機能
サーバをHotspareとして設定することで、その他のサーバが全てダウンした場合に
Backupサーバとしてリクエストが振り分けられます。
クライアントからのリクエストは通常振り分けされません。
12
サーバメンテナンスモード
クライアント
新規リクエストは Quiesce 以外
のサーバへ
既存リクエストのみ Quiesce
サーバへ
Quiesce
● サーバメンテナンスモード
既存セッションを切断せずに、新規リクエストの振り分けを停止します。
こうすることで、サーバを縮退的に停止させることが可能になります。
設定すると、その時 Active なサーバセッション以外はQuiesce設定のサーバ に新規セッション
を送信しません。
アクティブなサーバセッションが0に近づくのを待ち、サーバのリブートやシャットダウン、ネット
ワークからの切り離しを行う事によりサービスのダウンタイムを最小化することが可能になります。
13
サーバヘルスチェッ
ク
WEB サーバ1
・ICMP によるチェック
・TCPハンドシェイク によるチェック
・ACVによるアプリケーションチェック
WEB サーバ2
● サーバヘルスチェック
サーバに対して通信を行い、サーバの状態を確認しています。
通信が正常に行えない場合、ダウンと判定され負荷分散対象から外されます。
チェック方法は以下の2つです。
・ ICMP
・ TCPハンドシェイク (L4/UDP クラスタは除く)
・ ACV (アプリケーションレベルのチェック)
14
Match Rules(アプリケーションレベルでの振り分け)
クライアント
設定ルール名 “Match_Member”
ルール: リクエストのディレクトリ名
を確認し /member/ が含まれている
場合にはWEBサーバ1 に振り分ける。
L7クラスタ宛ての HTTP リクエスト
http://www.example.com/member/index.html
リクエストヘッダに /member/ が含まれ
ているので、ルールに従い、WEBサー
バ1へ振り分けられます。
WEB サーバ1
WEB サーバ2
● アプリケーションレベルでの振り分け機能
リクエストのHTTPヘッダを精査し、定義したルールに従ってサーバへ振り分けを行います。
定義可能なHTTPヘッダ情報 (一例)
‐ホストヘッダ名(ドメイン名)
‐ URI のパス名
‐ URI のディレクトリ名
‐ URI のファイル名
‐ URI のパラメータ
‐ http ヘッダー (User Agent、set-cookie など)
‐ クライアントの IP アドレス
15
Sorryページ / リダイレクション機能
HTTPリクエスト
http://www.example.com/index.html
クライアント
DOWN!
WEB サーバ1
Sorryページを表示
サーバが全てダウン
DOWN!
WEB サーバ2
● Sorryページ表示機能
Match Ruleのルールにて指定されている振り分け先サーバが全てダウンした場合に、Equalizerがサーバに
代わってSorryページを表示します。
また、HTTPリダイレクションを行い別サイトへ転送することも可能です。
16
仮想サーバ連携 (Virtual ロードバラン
ス)
クライアント
Virtual Center
■ VLB 機能
Virtual Centerで管理しているESXサーバ上に起動
している仮想サーバを対象に負荷情報を取得。
その情報を元に最適な負荷分散対象となるサーバ
を選択し、通信の振り分けを行います。
仮想サーバ群
仮想サーバ群
VMwareサーバ
17
モデル別性能比較一覧
スループット
サーバプール
プールごとのサーバ数
S S L処理タイプ
圧縮機能
E2 5 0 G X
1 .2 G bps
256
512
S oftw are
-
E3 7 0 LX
4 .8 G bps
256
512
S oftw are
-
E4 7 0 LX
8 G bps
256
512
H ardw are
-
E6 7 0 LX
1 0 G bps
256
512
H ardw are
○
E9 7 0 LX
1 3 G bps
256
512
H ardw are
○
VLA N
D irect S erver R eturn
O utbound N A T
Policy B ased R outing
IPv6 対応
LA C P
L7 M atch R ules
R esponders
S m art Events
N TP
S yslog
SNM P
アラートメール
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
18
製品価格

E250GX
– Equalizer E250GX
– Equalizer E250GX-HA(二重化パック)

E370LX
– Equalizer E370LX
– Equalizer E370LX-HA(二重化パック)

\2,400,000
\4,550,000
E670LX
– Equalizer E670LX
– Equalizer E670LX-HA(二重化パック)

\1,320,000
\2,450,000
E470LX
– Equalizer E470LX
– Equalizer E470LX-HA(二重化パック)

\498,000
\996,000
\3,517,000
\6,700,000
E970LX
– Equalizer E970LX
– Equalizer E970LX-HA(二重化パック)
\5,595,000
\10,700,000
19
サポートについて
20
サポート

有償サポート・サービス(初年度から有効)
–
–
–
–
オンサイトインストレーション・サービス
センドバック保守サービス
良品先出センドバック保守サービス
オンサイト保守サービス-H/W交換サービス
平日9:00~17:00(対応目標:翌営業日対応)
24時間365日
(対応目標:4時間)
*到着目標:4時間対応可能地域 全国主要都市 の近郊で対応可能。
※その他の地域については別途担当営業までお問合せ下さい。
◆各サービス共シリアルごとの保守契約となります。
冗長化構成の場合には、2台分の保守契約が必要です。
21
TEC-World
WEB投稿型ヘルプデスク”TEC-World”によるサポート
これまでのノウハウを生かし、サポートいたします。
22
ダウンロード

1 - ネットワールド