自殺に傾いた人を
支えるために
-相談担当者のための指針-
平成20年度厚生労働科学研究(こころの健康科学研究事業)編
内 容
1.自殺に傾いた人の心理と行動
2.自殺の危険因子
3.自殺に傾いた人への対応の基本
4.アセスメント(評価)と対応
5.社会資源を利用した継続的な支援・ケアの提供
6.継続的支援の効果の評価と修正
7.相談担当者に対する支援とケア
8.地域の自殺対策と生きやすい地域づくりに向けた取り組み
9.参考文献
1.自殺に傾いた人の心理と行動
自殺に傾いた人の支援を行おうとする際に、まず、その相
手のことを知り、理解することが必要。
→ 自殺に傾いた心の状態はどのようなものなのか、それを知
ることは相談対応と支援のための第一歩
自殺に傾いた人の心理と行動
・無力感、絶望感にとらわれていて、孤立無援感に陥りやすい。
・自分自身に対する自信を失いがちで、自分には価値がないと思いが
ちである。
・考え方や物事の見方に柔軟性を欠いていて、抱えている問題を合理
的に解決することができない。
・自殺によって、「終わらせること」、あるいは困難から「抜け出
す」ことが唯一の解決方法だと思い込んでしまう
(「死にたい」ではなく、「終わらせたい」、「抜け出したい」)。
・自殺を考える一方で、「生きたい」という願望が同時に存在し、
誰かに助けを求めている。
・自殺を考えていることを誰かに気づいてもらいたい、助けてもらい
たいという思いを、態度やことば、仕草などで伝えている。
・自殺に傾く過程で、多くの人が精神疾患を発症している。
・精神不安定や不快な気持ち、不安を取り除くためにアルコールや
薬物を過量に使用し、冷静な判断を欠いている状態で自殺が企図
されたり、結果として自殺に到ることが少なくない。
・ その人の衝動的な傾向や自身に対する攻撃性が、自殺企図を後押
しすることがある。
2.自殺の危険因子
脳卒中の危険因子が高血圧であったり、肺がん
の危険因子が喫煙であったりするように、自殺にも
自殺を生じやすくするような危険因子があることが
知られている。
【自殺の危険因子として知られているもの】
・ 自殺をしようという意思(自殺念慮)をもっている。死ぬことを考えてい
る(「死ぬことができるなら」、「死んでしまいたい」:希死念慮)。
・過去に自らを傷つけたことがある(手首を切る、大量に薬を摂取するな
ど)。
・過去に自殺未遂をしたことがある。
・最近、親しい人を失った(死別、離別、別居、離婚、失恋など)
・最近、仕事を失った。
・最近、経済的に破綻をした。
・相談相手や助けてくれる人がなく、孤立をしている。
・自殺手段を手に入れやすい環境にある(薬物等の薬品や毒物、火器等)
を手に入れやすい。
・自殺に関する情報にさらされる(報道機関による過剰な自殺報道、報道
やインターネットで自殺手段が詳しく紹介されるなど)
・精神疾患にかかっている。
・がんなどの進行性の病気にかかっている。慢性疾患や慢性の疼痛をかか
えている。
・自らの健康状態を省みない行動(違法薬物の摂取、アルコールの過剰摂取、
危険行為、治療不遵守など)
3.自殺に傾いた人への対応の基本
【心構えと基本姿勢】







相手の状況をいったん受け止め、相手の気持ちや立場に
立って共に問題解決を考える。(受容と共感)
相手の心情に応じて穏やかな対応を心がける
まず、相手の話すところにじっくりと耳を傾ける。良し悪しの
判断をせずに虚心に話 を聴く(傾聴)。
たとえ相手が投げやりになっていても、また自らを傷つけるよ
うな行動をとっていたとしてもいたずらに責めたり、批判的な
態度をとらない。むしろ相談に訪れたこと、 死にたい気持ち
や、自傷・自殺未遂について打ち明けてくれたことをねぎらう。
いかなる状況や相談でも、真剣に捉える。
安易な励ましや安請け合いはしない。
説明や提案は明確に行う。行動を促す場合や何らかの紹介
を行う場合は、具体的・実際的で相手にとって役に立つもの
でなければならない。
★1 相談担当者が留意すべきこと
・相談担当者は、死にたい気持ちを打ち明けられて、
動揺したり不安に感じることがある
・自らの人生経験や価値観から、無意識のうちに自殺
に傾く人に批判的な思いを抱く事がある。
→ そのような自分の気持ちや考え方をまず自覚したうえ
で、これを制御し、相談者への理解や共感に務める事が
大切。
【対応の基本】
傾聴に努め、まず状況を把握する。
 問題となっていることがらを整理する。大抵の場合、問題は
複合的な場合が多い。
 自殺の生じる危険性のアセスメント (評価)をする
(いま死にたい気持ちがどうなのか、危険因子があるか、身
近に支援をしてくれる人がいるのか、キーパーソンはだれな
のかなど→アセスメント (評価)についてはさらに後述)。
 自殺の危険性が高い場合には、医療機関での対応、身近
な人や警察官への要請などを通じて安全を確保する。
 自殺を防いできた、あるいは自殺を予防する方向に作用す
る要因を見定め、これを強 化する
→これらの要因については後述

自殺をしてしまうこと以外の解決法があること
を伝え、その方法を話し合う。
 キーパーソンを見定め、ともに支援にあたるこ
とを要請する。
 ケアと社会資源の導入を検討する。
 自殺をしない約束を交わす。
 必要に応じて支援を継続する。可能な限り、支
援導入後の状況を確認し、ケアや支援 の有効
性についてアセスメントをする。
 相談対応の内容は文書に残し、他の人でも同
様の対応ができるように整備をしておく。

★2 してはいけない対応
してはいけない対応としては・・
1)単に「死んではいけない」といった教えを説くような対応や、自
傷・自殺企図行為をとがめること
2)問題となっていることが大した問題ではないとしたり、無視した
りすること
3)「死ぬ気があれば何でもできる」、「弱音を吐くな」といった、実
態を無視した、あるいは的外れな励ましをすること
4)感情的になったり大げさに振る舞うこと
5)たらいまわしの危険をはらむような対応や情報提供を行うこと
6)相談者の生命の危険性を度外視して、ただ秘密は守ると約束
すること
★3 具体的支援の重要性
自殺に傾く人は、単に、「うつ病だから」自殺するわけではな
く、多くの場合、生活・経済問題や、職場や学校での問題、介
護問題など、具体的な問題、生きづらさを抱えている。した
がって、社会資源の活用によって当座の生活の安心を確保する
といった具体的な支援が、自殺を予防するのに効果的である。
★4 個別性と地域性への配慮
自殺に傾く人の置かれた状況は一人ひとり異なる。支援に際し
ては、その個性と地域性を十分に考慮する必要がある。
★5 家族への支援
自殺に傾く人と同じように、その家族の置かれた状況や、
精神的な状態等を把握し、必要な支援を行うことが求めら
れる。家族には支援が必要である一方で、その家族自身が
もちろん自殺に傾く人にとって最も重要な支えとなる。家
族は、最も身近な社会資源である。
【相手の気持ちに焦点をあてること】

相手の話と言葉には常に注意を払う必要があるが、しかし
最も重要な事は、相手が今、 どのような思いでその話題を
語っているのかという、相手の「気持ち」の部分に焦点 をあ
わせることである。

相談者とのコミュニケーションが十分となり、その置かれた
状況が把握できるようなり、そして相談者からの信頼がある
程度得られた段階で、今の時点での死にたい気持ちの有無
を確認することができる。この条件下であれば、死にたい気
持ちを尋ねることが自殺を促すことはないと考えられている。
★6 死にたい気持ちを打ち明けられたときの
心構え
死にたい気持ちを相談者に尋ねることは、勇気のいることであ
る。すなわち、そのことを尋ねるとかえって危険ではないか、
自殺を引き起こしたりはしないかと心配になるかもしれないが、
もし相談者と十分なコミュニケーションが取れているのであれ
ば、むしろそのことを話題にしないのは不自然である。
→死にたい気持ちを聞き、そしてその相談者の辛い気持ちに寄
り添うことそのものがケアをすることである。困難な状況を
改善する方法があることを伝え、「死なないこと」の約束に
つなげることが大切
4.アセスメント(評価)と対応
確実に自殺の危険性を予測することは不可能である。
→ しかし、アセスメント(評価)を工夫することで、ある程度、そ
の危険性を予見することは可能。アセスメントを行うというこ
とは、これに基づいて対策の手立てをより明確にしていくと
いう点でメリットが大きい。 また、自殺予防というと、ついつ
い危険因子にばかり目が行きがちであるが、相談者を護る
保護的因子を探り、その因子を強めたり、本人の潜在的な
力を引き出すことも大切。
【自殺の危険度の評価と対応】






自殺の危険因子の数とその程度
自殺の計画性の有無、計画があるとすればどれくらい
具体性があるのか
自殺手段の有無、自殺手段が身近かどうか
支援者の有無、ケアや支援などの社会資源とつな
がっているのか、それが利用しやすい状況にあるか
自殺を防ぐような要因や環境にあるかどうか
WHOから提示されている、危険度に応じた対応法例
を改編引用したものを参照
危険度
軽度
兆候と自殺念慮
・精神状態/行動の不安定
・自殺念慮はあっても一時的
自殺の計画
ない
対応
・傾聴
・危険因子の確認
・問題の確認と整理、助言
・継続
中等度 ・持続的な自殺念慮がある
具体的な計画はない ・傾聴
・自殺念慮の有無にかかわらず
・問題の確認
複数の危険因子が存在する
・危険因子の確認
(支援を受け容れる姿勢はある)
・問題の確認と整理、助言
・支援体制を整える
・継続
高度
・持続的な自殺念慮がある
具体的な計画がある ・傾聴
・自殺念慮の有無にかかわら
・問題の確認
ず複数の危険因子が存在する
・危険因子の確認
・支援を拒絶する
・問題の確認と整理、助言
・支援体制を整える
・継続
・危機時の対応を想定し、
準備をしておく
重度 ・自殺の危険が差し迫っている
自殺が切迫している ・安全の確保
・自殺手段の除去
・通報あるいは入院
《軽度の危険性の場合に望まれる対応 》
相談者の気持ちを支えることが中心
→ 支援対象者に、これまでどのようにして問題を解決してき
たのかということを話してもらうことで、その人のもつ潜在的な
力に注目させることができる。必要に応じて、本人の同意のも
と、保健所や精神保健福祉センター、かかりつけ医や精神科
医師などの保健医療の専門家に紹介する。できれば、再び
連絡を取り合うことの約束をしその後の状況について確認を
試みる。
《中等度の危険性の場合に望まれる対応》
より強いかかわりが必要
→ 死にたいという気持ちの裏にある「生きたい気持ち」に気
づくように働きかける。自殺に代わる当面の選択肢を相
談者とともに探索し、いくつか呈示してみる。心や身体の
病が疑われるときや、どのように対応したらよいかの判断
が困難な場合、できるだけ早い対応を要する場合は、本
人の同意のもと、保健所や精神科医師などの保健医療
の専門家を紹介し対応の手配をしたり、家族や友人等と
連絡を取る。決して自殺をしないよう約束をする。
《高度~重度の危険性の場合に望まれる対応》
安全の確保のために、状況によっては自殺手段を取り
除いたり、付き添いが必要。また、状況によっては、家族
や友人などに連絡し、駆けつけてもらわなければならない
こともある。
自殺行為が確認された場合には救急車(119)に通報した
り、今後の安全の確保が困難と思われる場合は、警察
(110)に通報・保護を依頼するなどして本人の安全の確保
に努める。なお、これらの通報は、本人・家族が通報でき
る状況であれば、そのことを促し、もし本人・家族が意思
決定できない、あるいは拒絶する場合には、相談担当者
の判断で通報しなければならないこともある。
【自殺を防ぐ方向に働く要因】



自殺に傾いた人は、無力感や絶望感、あるいは自責
感を感じて家族や周囲の人の助けを得ようとせず孤
立している場合が少なくない。まず相談できる家族や
周囲の人がいるのかどうかを確認する。
その上で、自殺の危険因子を確認する作業と並行し
て、自殺を防ぐ要因(相談者を護る“保護因子”)を探る。
保護因子は、「内的因子」(その人自身に固有の因
子)と「環境因子」に分けられる。
《内的な因子》

体や心の健康度が高いこと

社会(地域、学校、会社や組織、家族など)への帰属
意識やつながり感

充実した社会生活:
良好な家族機能、対人関係の充実、学業・仕事の充実、
経済生活・住居の充足、生きがいをもっていること、ほ
どほどの余暇 、ストレスや困難な状況に柔軟に対応
しうる力をもっていること
《環境因子》




支援・ケアの体制が身近にあって利用できること
精神保健福祉や自殺予防に関する情報を得やすいこ
と
住んでいる地域、活動している地域、所属する学校や
組織において精神保健福祉サービスを受けやすい環
境が整っていること
住んでいる地域、活動している地域、所属する学校や
組織において精神保健福祉や自殺予防に関する啓
発・教育が普及し、その地域の人々がこれらの課題を
よく理解している事
5 .社会資源を利用した継続的な
支援・ケアの提供
自殺に傾いた人の多くは、心身の健康問題の他にも何らか
の社会的問題や生活を続けていくことに困難を感じている。
社会資源とは、自殺に傾いた人が「困ったときに頼ること
ができる人や場所」として、相談担当者が提示しうる地域
生活支援サービス資源のことである。社会資源の活用によ
り、その「生きづらさ」を減らしたり、解消したりするこ
とができる可能性がある。
【社会資源やケアの利用に際しての留意事項】




社会資源やケアの利用に際しては、その内容を十分に説
明し、それを利用することに関して同意を得ることが原則 。
社会資源やケアの利用に際しては、相談者に特有の状況
や地域特性を考慮し、個別的な支援を考慮。情報提供は、
真に意味のある情報、真に役に立つものを。
社会資源が実際に利用されるためには、単なる情報提供だ
けではなく、その調整が必要であり、紹介先担当者との事前
のやりとりと予約、相談者が訪問した際に対応してくれる担
当者のことまで、事前に調整をしておくことが望ましい。
利用しようとする社会資源が継続的に利用できるかどうかを
事前に検討しておかなければならないし、相談者が継続的
に利用するよう支援したり、その後の利用状況を確認する。
【相談担当者が活用・提示しうる社会資源】

健康および社会経済問題に関連する相談支援内容は多様多岐にわたる。
そのため、相談支援機関の整理・提示方法は、自治体ごとに様々。
【課題別】心身の病、心の健康、子育て、児童虐待、いじめ、ひきこもり、薬
物・ギ ャンブル依存、女性への暴力(DV)、一人親、高齢者介護、障害者地
域生活支援、生活 消費問題、就労・復職支援、経営・金融問題、人権問題、
犯罪被害者支援、その他
【支援手段別】電話、eメール、面談、訪問
【活動主体別】市町村、保健所、精神保健福祉センター、家族会、精神保健
福祉ボランティア団体、セルフヘルプ・グループ(断酒会、当事者グループ)、
各種NPO団体、相談担当者研修・ゲートキーパー研修終了者等

各自治体の自殺対策にかかる社会資源や支援サービス内容、支援体制状
況は様々。今後、各自治体は、地域の実状をふまえた相談担当者研修や体
制整備などにより、顔のみえるネットワークの充実化を図ることが望まれる。
★7 相談担当者は重要な社会資源
自殺に傾いた要因が、短期間で解決されるようなことは
多くはない。しかし、状況の改善にむけた相談者と相談
担当者の共同作業のプロセスと関わり合いの継続こそが、
自殺予防の重要な要因である。
→ 社会資源とは、窓口や組織や病院だけではない。相談担
当者研修の終了者や、一般市民、精神保健ボランティア、
介護ヘルパー、地域包括支援センター、かかりつけ医、一
般病院のスタッフ、その他、など、自殺に傾いた人を支援・
ケアする一人ひとりこそが重要な社会資源。
6 継続的支援の効果の評価と修正
自殺に傾いた人に対し、どのような支援とケアを、どのく
らい継続的に提供することが必要かということは一人ひとり
異なっている。
ただ、自殺に傾いた人が、その追い込まれた状況から抜け
出すには、身近な生活の場で、個別的かつ具体的な支援を、
継続的に提供することが求められる。
→ 継続的な支援とケアの提供に際しては、あらかじめ対応担
当者を決めておき、本人と共に支援の効果を評価し、状況の
変化に応じて支援内容を修正するなどの調整が必要
【出会い方の相違による支援の効用と
限界】

自殺に傾いた人との出会いと支援とケアの提供手段は、eメー
ル、電話、面談、訪問などさまざまである。
→ 出会いと支援の方法には、それぞれ効用と限界があるため、
各相談窓口の担当者相互の顔のみえるネットワークづくりが
必要。
出会い
と支援
の方法
対応時間・地域・
交流手段
効用
限界
その他
・頻回な再
相談への対
処の工夫が
必要
・メールは・
救急隊・警
察への出動
要請判断が
困難
・面談、訪
問などの支
援への入り
口的役割
文書回答と
なるため表
現に注意が
必要
Eメー
ル
・24時間対応が
可能
・広域対応可能
・文字での交流
・匿名性が高く、
相談しやすい
・夜間の相談が可
能
・日常相談から広
域的・専門的相談
まで幅広い対応が
可能
・使用法が分からな
いと利用できない
・継続的支援の保証
がない
・返答に時間差があ
る
・頻回相談が起こり
うる
・危険度の評価が難
しい
電話
・最大24時間までの対
応が可能
・広域対応可能
・声での交流
・誰もが、いつで
もどこからでも使
える
・即応できる
・匿名性が高く相
談しやすい
・日常相談から広
域的・専門的相談
まで幅広い対応が
・直接本人の様子の
観察ができない
・声だけでの評価・
支援
・頻回相談が起こり
うる
・継続的支援関係が
保証できない
面談
・対応時間に制限
・市町村・保健所・管
轄域での対応
・対面での交流
・直接本人の様子
の観察ができる
・共に対応法を工
夫しうる
・継続支援が可能
・顔のみえるネットワー
クづくりが可能
・サービスを受けら
れる地域に居住し
ているか、身近な
所に窓口がなけれ
ば利用が困難
・相談場所まで足を
運ぶ手間がかかる
訪問
・対応時間に一定の制
限あり
・生活圏域の対応
・家庭での交流
・課題を包括的に
把握できる
・継続支援が可能
・顔のみえるネットワー
クづくりが可能
・支援対象者にとっ
て敷居が高い・訪問
時間に制限がある
・
・危険度の
評価が比較
的容易
・電話や
メールによ
る相談支援
の併用があ
りうる
★8 社会資源を十分に活用するために必要なこと
相談者は、精神疾患の影響等で、体力や気力、自発性が低
下していたり、判断力が低下している可能性がある。その
ため、社会資源を紹介するだけであとは本人任せというや
り方では、その社会資源が十分に活用されない場合がある。
→ 他の専門機関への相談を勧める際には、相談機関と連絡
先を伝えるだけに終わらず、紹介先に対応が可能かどうか
を確認する。できれば、相談対応日時、窓口名、担当者名な
どを確認のうえ、相談者にそれを伝え、また、後日、結果を
知らせてもらうよう依頼するなど、確実に紹介先につなぐ方
法を工夫することが望まれる(個人情報保護の観点から、こ
れらの支援は、本人・家族の同意を得て行う)。
★9 継続的な支援に向けた相談体制の整備
自殺に傾いた人に、一貫性のある継続的な支援とケアを確
実に提供するためには、本人や家族・関係者とともに、支
援の効果を評価し、状況に応じて支援内容や方法を調整す
る役割を担う者またはチームを、あらかじめ定めておく。
7.相談担当者に対する支援とケア
自殺に関連した相談業務を継続的に実施するには相談担当者に
大きな負荷がかかる。そのため相談担当者の所属する組織や部
署では、相談担当者が燃え尽きないように支援するための工夫
や体制作りが必要。





【支援の方法・内容の具体例】
相談担当者自身の心の健康を保つためのセルフケア技能の向上
のための研修
相談対応技能を高めるための研修
定期的な事例検討会や自殺対策の課題・問題を話しあうための話
し合いの場づくり
専門家や、自殺対策ネットワークの構成員との交流の機会づくり
必要時に、自分自身が専門家により精神的ケアを受けることので
きる体制
★10 担当者が燃え尽きないために
自殺に関連した相談に日々従事することは容易なことでは
ない。いくら多くの事例にうまく対応できているとしても、
あまりうまく支援ができなかった事例のことが気にかかり、
相談業務に息苦しさを感じることもあるかもしれない。
→ 自殺に傾く人を一人の力だけで支える事はできない。相談
担当者は、一人でできることの限界を知り、自殺に傾く人一
人に対して、支援を共に提供しうる仲間や手段をできるだけ
多く準備しておく
8.地域の自殺対策と生きやすい
地域づくりに向けた取り組み
自殺には、健康問題や家族問題だけではなく、失業、倒産、
多重債務、長時間労働等の社会的な要因が複雑に関係して
おり、保健医療、福祉、心理、経済、法律等のさまざまな
視点からの支援が必要。
→ 自殺対策を効果的に押しすすめるためには、各種地方行
政機関のみならずさまざまな領域の民間人たちが、相
互に協力しあいながら生きやすい地域づくりに取り組む
必要がある。
【地方行政機関の機能・役割分担の見直し】

平成18年に障害者自立支援法と自殺対策基本法が施行されたことにより、
地方行政機関の機能・役割分担の見直しがなされた。
・市町村:母子保健、老人保健福祉、障害者福祉相談に加え、
地域住民のメンタルヘルス相談も含む、日常生活
にかかる総合相談や個別支援
・保健所:市町村支援と精神科医療の利用にかかる相談
・精神保健福祉センター:
自殺の実態把握などの調査研究、広域情報センター機
能、相談担当者(ゲートキーパー)養成、精神保健福祉
関連団体の支援、広域地域資源 ネットワークづくり支援
・ 包括的・総合的な地域の自殺対策を推進するためには、市町村、都道府
県、国の各種行政機関が個々ばらばらに相談支援活動を行うのではなく、
相互に連携しあって、立体的層構造的で有機的な相談支援体制を築き上
げる必要がある。
【公民協働で取り組む「生きやすい地域づくり」】
さらに行政機関相互の連携のみならず、障害者当事者グル
ープ、家族会、各種精神保健福祉関連団体の他、市民グルー
プや民間NPO法人などが公民協働で、生きやすい地域づくり
に取り組むことが必要である。
・行政機関と協働で取り組む地域の民間団体の具体例
社会福祉協議会、司法書士会、弁護士会、かかりつけ医、各種
民間医療機関、電話相 談機関、各種NPO法人、精神保健福祉
および各種ボランティアとその団体、学校保健、職域保健、地
域保健関連の各種民間団体、マスメデイア、その他
9.参考文献/参考資料











各自治体の地域特性をふまえた「自殺に傾いた人への支援とケア」のための
ガイドラインやマニュアル等を作成する上で参照しうる資料を幾つか示す。
1)自殺総合対策のあり方検討報告書「総合的な自殺対策の推進に関する提
言」平成19年
4月
2)自殺総合対策大綱 平成19年6月
3)自殺未遂者ケアガイドライン作成指針、平成20年3月
4)自殺対策加速化プラン 平成20年10月
5)自殺予防 プライマリ・ヘルスケア従事者のための手引き[ WHO(河西千秋/
平安良雄監訳、2007年10月)]
6)自殺予防 プライマリケア医のための手引き[ WHO(河西千秋/平安良雄監訳、
2007年10月)]
7)自殺予防 教師と学校関係者のための手引き[ WHO(河西千秋/平安良雄監
訳、2007年10月)]
8)自殺予防 職場のための自殺予防の手引き[ WHO(河西千秋/平安良雄監訳、
2007年10月)]
9)わたしのこころサポート講座テキスト、神奈川県地域(大和市)自殺対策推進
連絡協議会テキスト作成委員会、平成20年3月
まとめ
途切れないケアを!
これからも御一緒に!
「おつかれさまでした」
ダウンロード

自殺の危険因子