フレアリボン内の微細構造で探る
エネルギー解放機構
浅井 歩1,
増田 智2, 黒河 宏企1, 柴田 一成1 ,
横山 央明3, 下条 圭美3 , 石井 貴子1
1: 京大理, 2: 名大STE研, 3: 国立天文台野辺山
2002年5月31日 地球惑星科学合同大会
釈迦に説法なんですが、、、
更に細かい構造 ⇒ フレアやCMEの発生メカニズム
エネルギー解放率
エネルギー解放率
プラズモイドの高さ
2
dE B
3
 vi A  B
dt 4
B : 磁束密度
vi : inflow速度
A : リコネクション領域の面積
硬X線ライトカーブ
エネルギー解放率を
足元から測る
いつどこでエネルギー
解放が起きたか?
Ha線で見られる輝点
解放される量は?
Haフレアリボンの
成長と光球磁場強度
東
60,000km
西
Observation
Flare
・ 2001年4月10日 05:10 UT
・GOES X2.3 クラス
・NOAA 9415
NOAA 9415
Data
Ha線・・花山天文台
ザートリウス望遠鏡
光球磁場・・SOHO / MDI
硬X線・・ようこう / HXT
電波・・野辺山 電波ヘリオグラフ
Ha 像 (飛騨天文台・
フレアモニター望遠鏡で撮影)
足元の物量を測る
フレアリボンの先端でエネルギー解放がなされたとみなし、
先端の位置を追う
またそこでの(光球の)磁場強度を測る
見積もる物理量
足元の物理量で見積もる
リコネクションレート
単位時間当たりにリコネクション
領域に入ってくる磁束密度
Bcoronavi = Bphotospherevfoot
ポインティングフラックス
単位時間当たりにリコネクション
領域に入ってくる磁気エネル
ギー
Bcorona2vi ∝ Bphotosphere2vfoot
(Bcorona = αBphotosphere)
(磁束の保存)
リコネクション領域の面積は一定と仮定
エネルギー解放率
電波
硬X線
リコネクション
レート
(v×B)
ポインティング
フラックス
(v×B2)
Poynting Fluxと非熱放射
見積もったPoynting Fluxの変動は
硬X線のライトカーブのピークを良く再現している
ピーク1
では
硬X線のデータがない、
最初の電波のピーク
(ピーク1)を再現できるか?
(電波のライトカーブ)
電波
硬X線
エネルギー総量
全ポインティング
フラックス
ピーク1はピーク2
の約5分の1の
エネルギー解放
ポインティングフラックス
Poynting Fluxと非熱放射
見積もったPoynting Fluxの変動は
硬X線のライトカーブのピークを良く再現している
が
硬X線のデータがない
始めのピーク(ピーク1)を
このままでは再現出来ない
ピーク1
電波
硬X線
心配ご無用
フレア初期(ピーク1)は南で、
その後は北でエネルギー解放
が顕著に起こっている
フレアリボンの間隔やフレア
ループの長さはフレアの進行
とともに大きくなる
フレアループの大きさを考慮する
とピーク1のエネルギー解放も
説明できる
フレアループの長さ
フレアリボンの大きさを考慮する必要がある!!
コロナ磁場の見積もりが異なる
(Bcorona = αBphotosphere)
ポテンシャル磁場より、
北 : Bcorona ~ 0.28×Bphotosphere
南 : Bcorona ~ 0.70×Bphotosphere
⇒両方ともBcorona = Bphotosphereで計算
北の方がより大きく見積もられている
ループの長さを考慮
フレアリボンの大きさを考慮する必要がある!!
まとめ
足元で見積もったポインティングフラックスで
硬X線のライトカーブをよく再現できた
見積もったポインティングでは、北側に偏っ
たエネルギー解放が見られるが、フレアリボ
ンの長さを考慮すると矛盾なく説明できる
新たな謎
では、、、
フレアリボンの成長を決めるのは何か?
成長が促進されたり抑制されたりするのはなぜか?
⇒大域的な構造
フィラメントの噴出、方向
シアー度との関連
これらを調べる必要がある
フレアループの長さ
フレアリボンの大きさを考慮する必要がある!!
相関の高いHαカーネルの中から
代表的な組を選び、半円を仮定して
フレアループの長さを仮定する
北 : 107,000km
南 : 67,000km
半円
電波像ムービー
Poynting Fluxと非熱放射
電波
硬X線
リコネクション
レート
(v×B)
ポインティング
フラックス
(v×B2)
ダウンロード

PPT file