ソフト酸化水の消毒•殺菌に対する評価
 作業台上の生菌数
 給水ビン内の生菌数
 マウス生体への影響
○石郷岡 清基•助川 康子•鈴木 美帆子•松田 幸久
秋田大バイオサイエンス教育研究センター
動物実験部門
方
法
• ソフト酸化水の使用条件:pH6.4 有効塩素濃度 10〜20ppm
• 供試マウス:ICR系の♂10週齢
1)作業台上を処理群(20ppm)と無処理群で生菌数の比較
2)給水ビン内の生菌数:A群 20ppm酸化水で処理
B群 10ppm酸化水を自由飲水
C群 水道水および滅菌水を自由飲水
3)生体系への影響:10及び20ppm酸化水を30日間自由飲水,
肝機能及び病理組織学的検査を実施
作業台上の生菌数
無処理群
処理群
1分
10分
60分
15
16
20
0
1
3
※ 3ヶ所の平均値
給水ビン内の生菌数
A群
B群
水道水
酸化水
C群
日
滅菌水
滅菌水
水道水
1
2
<10
<10
5
<10
3
20
5
<10
>100
30
5 >100
50
20
>100
>100
肝機能検査
ALP
LDH
GOT
コントロール
70
122
57
32
10ppm
70
283
43
30
20ppm
65
>900
554
64
正常範囲
70〜200 400〜590 70〜150
GPT(U/L)
20〜60
QuickTimeý Dz
TIFFÅià•
èkǻǵÅj êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈÇž ǽDžÇÕïKóvÇ­Ç•
ÅB
QuickTimeý Dz
TIFFÅià•
èkǻǵÅj êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈÇž ǽDžÇÕïKóvÇ­Ç•
ÅB
10ppm群
QuickTimeý Dz
TIFFÅià•
èkǻǵÅj êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈÇž ǽDžÇÕïKóvÇ­Ç•
ÅB
QuickTimeý Dz
TIFFÅià•èkǻǵÅj êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈÇž ǽDžÇÕïKóvÇ­Ç•ÅB
20ppm群
結 語
1, 酸化水は床、壁、作業台、ドアノブ等の殺菌または
噴霧により浮遊菌にも有効と思われる
2, 次亜塩素酸ナトリウム液等と比較し、非常に安定している
3, 生体系への影響では肝炎を疑ったが組織学的には多少
反応はあるものの問題はなかった
ダウンロード

ソフト酸化水の消毒•殺菌に対する評価