生物の実験
9.酵素のはたらき
目的
動植物の細胞に幅広く存在する、
酵素カタラーゼを使い、酵素の
性質を調べる。
仮説
カタラーゼのはたらきは、熱や、
酸・アルカリの影響を受ける。
準備
・鶏の肝臓、酸化マンガン(Ⅳ)、蒸留水、
3%過酸化水素水
・5%塩酸、10%水酸化ナトリウム溶液
・試験管、駒込ピペット、ピンセット
・アルコールランプ、線香、マッチ
方法
1.カタラーゼは、過酸化水素水の分解反応を促
進する酵素。
化学反応式
2H2O2 → 2H2O+O2
2.試験管A~Fに記号をつけて,順次実験書の
操作を行い、試験管をよく振ってから次の項目に
ついて観察をする。
①気泡の発生,泡の様子を観察する。
②反応の大きな試験管に線香の火を入れ、観察
する。
試験管(最初に入れるもの)
lF
水
2
m
過酸化水素水(H2O2)4ml
+
lE
ムD
C lB
水
水 溶
水
塩
水
2 液
酸
酸
2
m 2
m
化
2
m
m
ナ
l
l
ト
リ
ウ
lA
水
2
m
試験管(後から入れるもの)
Ⅳ
(F
)
少酸
量化
マ
ン
ガ
ン
水
E
D 片C
鶏
の
焼
き
肝
臓
片
鶏
の
肝
臓
片
水
水
酸
化
ナ
ト
リ
ウ
ム
片B
lA
鶏
の
肝
臓
鶏
の
肝
臓
水
2
m
塩
酸
水
水
(実験のポイント)
①駒込ピペットは使う溶液によって使い分ける。
②試験管Eで使う鶏の焼き肝臓をつくる
③線香の火を入れて観察する。
考察
1.試験管Aは、なぜ必要か。
過酸化水素水の反応が、ニ
ワトリの肝臓内にある酵素
(カタラーゼ)によって起きて
いるか調べるための対照実
験として必要。
2.反応の大きな試験管では、線香の火はど
うなったか?
線香の火は大きく燃え上がった。
したがって、発生した気体は
酸素(O2)
である。
3.カタラーゼの働きに対する熱の
影響を考えてみよう。
・試験管
B と E
を比較し・・・
カタラーゼは熱の影響に
よって働きを失う。(失活す
る)
4.カタラーゼの働きに対する酸・アルカ
リの影響を考えよう。
・試験管 B と C・D
を比較し・・・
カタラーゼは酸・アルカリ
の影響によって働きを失
う。(失活する)
5.酸化マンガン(Ⅳ)の働きを考えよう。
試験管
B と F
を比較し・・・
酸化マンガン(Ⅳ)はカタラー
ゼと同様に過酸化水素水を
水と酸素に分解する。
実験お疲れ様でした。
最後に感想を書いて
実験書(プリント)を提出して
ください。
ダウンロード

ダウンロード